一重・二重別!赤みアイシャドウの上手な塗り方&失敗の原因

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-11-04 06:00
投稿日:2021-11-04 06:00
 大人の可愛さや艶っぽさを同時に演出できる「赤みアイシャドウ」は、今まで何回もブームになってきましたよね♡ でも、いざ挑戦してみると、奇抜な印象になってしまった人も多いはず。そこで今回は、まぶた別に赤みアイシャドウの上手な塗り方をご紹介します! 失敗する原因も押さえて、赤みアイシャドウを使いこなしてくださいね♡

赤みアイシャドウが浮いてしまう2つの原因

赤みシャドウって難しいよね(写真:iStock)
赤みシャドウって難しいよね (写真:iStock)

 まずは、赤みアイシャドウがうまく馴染まなかったり、腫れぼったくなってしまったりする原因からチェックしていきましょう。

1. アイシャドウの色選びが原因

 赤みアイシャドウには、いろいろな色味があります。中でも、明度の高い明るい赤色を選んでしまうと顔の中で赤色が浮いてしまい、かなり派手で奇抜な印象に。

 よりナチュラルな赤みアイシャドウに仕上げたいなら、バーガンディーのような深みのある赤色を選ぶのが◎。これだけで、ぐんと肌に馴染むはずです。

2. アイシャドウの塗り方が原因

 赤みアイシャドウを使う際には、がっつり囲みメイクにするなど、いつも通りの塗り方だと派手になりすぎてしまう場合があります。

 特に、一重の女性は、塗り方ひとつで腫れぼったい印象に。でも、このあとご紹介する塗り方のポイントを守れば、上手に仕上げることができますよ♡

一重・二重別♡ 赤みアイシャドウの上手な塗り方のポイント

 赤みアイシャドウで失敗しがちな原因がわかったところで、さっそくまぶた別に上手な塗り方をチェックしていきましょう!

一重&奥二重の人の赤みアイシャドウの塗り方のポイント

 一重や奥二重の人が赤みアイシャドウを用いると、どうしても腫れぼったくなってしまい、失敗しがち。でも、ポイントを守れば、うまく活かすことができますよ。

【ブラウンと混ぜて赤みを抑える】

手持ちのブラウンと混ぜてみて(写真:iStock)
手持ちのブラウンと混ぜてみて (写真:iStock)

 お手持ちの真っ赤なアイシャドウを使いたい人は、ブラウンアイシャドウと混ぜて使うのがおすすめ。これだけで、腫れぼったい印象を軽減させることができます。手の甲に両方の色をとり、ブラシでしっかり混ぜてから塗りましょう。

【目尻にだけポイントで塗る】

 一重や奥二重の人は、赤みアイシャドウを目尻にだけ使うようにしましょう。まぶた全体に塗ると、インパクトが強くなったり、どうしても腫れぼったさが出てしまいます。

 アクセントカラーをのせる目尻部分だけor目尻の三角ゾーンだけに塗ったほうが、自然な仕上がりになりますよ♡

【アイラインのように細めに使う】

 さりげない透明感や儚さを出したい時には、アイラインのように使うのもおすすめ。いつものアイラインの上に目尻だけ細くラインを入れれば、赤い色を存分に楽しめます。

 また、下まぶたのキワの黒目の幅だけに細く赤みアイシャドウをラインで入れると、儚く透明感のある目元になりますよ♡

二重の赤みアイシャドウの塗り方のポイント

 続いては、二重の人の赤みアイシャドウの塗り方をチェックしていきましょう! ぱっちりとしたもともとの二重を、さらに印象深く見せるメイク方法、ぜひマスターしてください♡

【中央から目尻に薄く塗る】

 二重幅に常に赤色が見えてインパクトが出てしまう場合、上まぶたの中央から目尻にかけて、うっすらと赤みアイシャドウを塗ってみましょう。透き通る儚げな目元に仕上がります。

【涙袋に塗る】

涙袋に塗るのも♡(写真:iStock)
涙袋に塗るのも♡ (写真:iStock)

 大人可愛い印象に仕上げるなら、涙袋に薄く塗ってみましょう。アイホールにはピンク系のアイシャドウを塗り、涙袋に薄めの赤いアイシャドウ+ラメを少しだけ。目元が赤く潤んで、可愛らしい目元が完成します。

【スモーキーな赤で大胆に塗る】

 二重幅を活かしてたっぷり赤みアイシャドウを塗りたい時には、スモーキーな赤がおすすめ。二重幅から少しはみ出るように全体にくすんだ薄めの赤色を塗ると、深みのある大人っぽい目元になります。細かいラメ入りだと艶っぽさも出すことができます。

赤みアイシャドウは塗り方次第でいろいろな印象に♡

赤みアイシャドウを使いこなそう(写真:iStock)
赤みアイシャドウを使いこなそう (写真:iStock)

 赤みアイシャドウといっても、塗るまぶたの種類や塗り方、色味ごとにかなりガラッと印象が変わります。ぜひあなたにぴったりの色&塗り方をマスターして、赤みアイシャドウを楽しんでくださいね♡

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


光熱費も気になるからやめたい! お風呂スマホのデメリットと代替案3選
 頑張った一日の最後に入るお風呂は、とても気持ちがいいですよね! 癒しや美容、健康のためにスマホを見ながら長風呂している...
風邪の正式病名って?【専門家監修】引きやすくなった要因とエキナセア
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
30代40代の間違いメイク 老け見えしないハイライト&シェーディング3選
 アラフォー世代は、年齢を重ねるにつれてたるみや肌の変化に応じたメイクを心得ておくほうが安心です。昔と同じメイクを続ける...
【MEGUMI顔になれる美容セット】現品きたー!2商品も入った豪華付録
 MEGUMIさん、年齢を重ねるごとに魅力が増していて憧れの存在です。  美容法は参考になるものが多く、同世代の方...
アラフォーの“白髪が目立たない髪型”最適解 若見えにはアレをなくす
 アラフォーにもなると、白髪に悩まされてる人が増えてきます。本数が少ないうちは、抜いたり切ったりできますが、増えるとだん...
デリケートゾーンの吹き出物発見!【医療専門家監修】自然に治るの?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「D-up」40代が買うならどれ?金欠でも欲しいプチプラコスメの“盛り力”
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
実践済み!アラフォー以上の使用満足度爆騰「美容家激推し」ブランド2選
 アラフォーやアラフィフと呼ばれる年代になって、これまで愛用していたコスメブランドの商品が「なんとなく合わない」と感じる...
臭った足で部屋に入る彼…【専門家監修】臭いの原因は2つ!日頃のケアは
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
キャプスタイルの前髪のしまい方は? “張り付いた海苔”を回避するテク6選
 キャップをかぶるときに悩むのが、前髪のしまい方。「なんだかモサっとしてしまう…」「前髪がぺちゃんこにつぶれて張り付いた...
その定番アイメイク、やらかしてます…今すぐアプデしたいダサ見え5選
 定番アイメイクテクニックには、今の時代にそぐわず、古くさくてダサい印象になるアイメイクも…。目元を華やかに見せ...
一度でもいいから足首が細くなりたい…太くなる原因&簡単対策方法3つ
 細く引き締まった足首は、女性の憧れですよね。でも、時には足がむくんで象のような足首になる人も…。  今回は足首を細く...
「綺麗なおばさんになりたい」って変ですか? 今すぐ真似したい6つの習慣
 二十歳を過ぎたらあらゆることは自己責任ですが、それは「見た目の美しさ」に関しても同じ。実際に、自分の外見や内面を磨いて...
永久脱毛って本当にずーっと生えてこない? 気になる“その後”の体験談
 最近では、一般的になってきた永久脱毛ですが、中には「まだ自己処理をしている」「痛みや信頼性が不安で永久脱毛した経験がな...
座りっぱで気づけば、おしりの汗!女性向け3つの対策と便利グッズ
 暑い夏場や座りっぱなしで過ごしている時、おしりに汗をかいてしまい「臭いやムレが気になる」と悩んでいませんか?  洋服...
彼氏やペットとの生活が幸せすぎて怖い…要因はホルモン?【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...