一重・二重別!赤みアイシャドウの上手な塗り方&失敗の原因

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-11-04 06:00
投稿日:2021-11-04 06:00
 大人の可愛さや艶っぽさを同時に演出できる「赤みアイシャドウ」は、今まで何回もブームになってきましたよね♡ でも、いざ挑戦してみると、奇抜な印象になってしまった人も多いはず。そこで今回は、まぶた別に赤みアイシャドウの上手な塗り方をご紹介します! 失敗する原因も押さえて、赤みアイシャドウを使いこなしてくださいね♡

赤みアイシャドウが浮いてしまう2つの原因

赤みシャドウって難しいよね(写真:iStock)
赤みシャドウって難しいよね (写真:iStock)

 まずは、赤みアイシャドウがうまく馴染まなかったり、腫れぼったくなってしまったりする原因からチェックしていきましょう。

1. アイシャドウの色選びが原因

 赤みアイシャドウには、いろいろな色味があります。中でも、明度の高い明るい赤色を選んでしまうと顔の中で赤色が浮いてしまい、かなり派手で奇抜な印象に。

 よりナチュラルな赤みアイシャドウに仕上げたいなら、バーガンディーのような深みのある赤色を選ぶのが◎。これだけで、ぐんと肌に馴染むはずです。

2. アイシャドウの塗り方が原因

 赤みアイシャドウを使う際には、がっつり囲みメイクにするなど、いつも通りの塗り方だと派手になりすぎてしまう場合があります。

 特に、一重の女性は、塗り方ひとつで腫れぼったい印象に。でも、このあとご紹介する塗り方のポイントを守れば、上手に仕上げることができますよ♡

一重・二重別♡ 赤みアイシャドウの上手な塗り方のポイント

 赤みアイシャドウで失敗しがちな原因がわかったところで、さっそくまぶた別に上手な塗り方をチェックしていきましょう!

一重&奥二重の人の赤みアイシャドウの塗り方のポイント

 一重や奥二重の人が赤みアイシャドウを用いると、どうしても腫れぼったくなってしまい、失敗しがち。でも、ポイントを守れば、うまく活かすことができますよ。

【ブラウンと混ぜて赤みを抑える】

手持ちのブラウンと混ぜてみて(写真:iStock)
手持ちのブラウンと混ぜてみて (写真:iStock)

 お手持ちの真っ赤なアイシャドウを使いたい人は、ブラウンアイシャドウと混ぜて使うのがおすすめ。これだけで、腫れぼったい印象を軽減させることができます。手の甲に両方の色をとり、ブラシでしっかり混ぜてから塗りましょう。

【目尻にだけポイントで塗る】

 一重や奥二重の人は、赤みアイシャドウを目尻にだけ使うようにしましょう。まぶた全体に塗ると、インパクトが強くなったり、どうしても腫れぼったさが出てしまいます。

 アクセントカラーをのせる目尻部分だけor目尻の三角ゾーンだけに塗ったほうが、自然な仕上がりになりますよ♡

【アイラインのように細めに使う】

 さりげない透明感や儚さを出したい時には、アイラインのように使うのもおすすめ。いつものアイラインの上に目尻だけ細くラインを入れれば、赤い色を存分に楽しめます。

 また、下まぶたのキワの黒目の幅だけに細く赤みアイシャドウをラインで入れると、儚く透明感のある目元になりますよ♡

二重の赤みアイシャドウの塗り方のポイント

 続いては、二重の人の赤みアイシャドウの塗り方をチェックしていきましょう! ぱっちりとしたもともとの二重を、さらに印象深く見せるメイク方法、ぜひマスターしてください♡

【中央から目尻に薄く塗る】

 二重幅に常に赤色が見えてインパクトが出てしまう場合、上まぶたの中央から目尻にかけて、うっすらと赤みアイシャドウを塗ってみましょう。透き通る儚げな目元に仕上がります。

【涙袋に塗る】

涙袋に塗るのも♡(写真:iStock)
涙袋に塗るのも♡ (写真:iStock)

 大人可愛い印象に仕上げるなら、涙袋に薄く塗ってみましょう。アイホールにはピンク系のアイシャドウを塗り、涙袋に薄めの赤いアイシャドウ+ラメを少しだけ。目元が赤く潤んで、可愛らしい目元が完成します。

【スモーキーな赤で大胆に塗る】

 二重幅を活かしてたっぷり赤みアイシャドウを塗りたい時には、スモーキーな赤がおすすめ。二重幅から少しはみ出るように全体にくすんだ薄めの赤色を塗ると、深みのある大人っぽい目元になります。細かいラメ入りだと艶っぽさも出すことができます。

赤みアイシャドウは塗り方次第でいろいろな印象に♡

赤みアイシャドウを使いこなそう(写真:iStock)
赤みアイシャドウを使いこなそう (写真:iStock)

 赤みアイシャドウといっても、塗るまぶたの種類や塗り方、色味ごとにかなりガラッと印象が変わります。ぜひあなたにぴったりの色&塗り方をマスターして、赤みアイシャドウを楽しんでくださいね♡

ビューティー 新着一覧


信頼できる定番アイテムが正解!毛穴がスッキリするアイテム3選
 最近、使ってよかった毛穴ケアアイテムを3つご紹介します。もうすっかり「定番アイテム」として定着している商品は、リピート...
アイシャドウが二重の溝に溜まるのが嫌!原因&5つの対処法
 アイメイクをした時、二重の溝にアイシャドウが溜まってしまう……と、悩んでいませんか? 実は、この悩みは、メイクのテクニ...
“エモ顔メイク”で魅力的な女性に♡ 6つの特徴&メイクのコツ
 最近、女性が一番なりたい顔だと言われている「エモ顔」。トレンド感満載のワードですが、中には「“エモ顔”ってどんな顔?」...
ツヤ肌は誰でも作れる♡ メイク&スキンケアの6つの秘訣
 赤ちゃんのようにみずみずしいツヤ肌は、女性なら誰もが憧れるものでしょう♡ でも現実には、加齢や乾燥など、さまざまな原因...
外出時にファンデが乾燥したときの応急処置方法&カサつく原因
 朝、完璧にメイクをしたはずなのに、時間が経つにつれて乾燥し、ファンデが粉吹いてしまう……と悩んでいる女性も多いのではな...
寒い季節の静電気対策!服がまとわりつく原因&防ぐコツ6つ
 寒い季節になると、私たちを困らせる「静電気」。服が体にまとわりついたり、パチっと痛い思いをしたり……と、なにかとストレ...
前髪にワックスをつける時の3つのポイント&上手な使い方♪
 髪型の中でも「前髪」って、目に入ってくる場所ですよね。どうせなら、おしゃれに決めた前髪をキープしたい!と、ワックスを使...
令和の最新オルチャンメイク大公開♡ やり方&5つのポイント
 少し前に大流行した韓国の「オルチャンメイク」。真っ赤なリップに太めの平行眉で美少女を演出したのは昔の話……と思いきや、...
クラシカルもカジュアルもOK♡万能サイドゴアブーツコーデ
 肌寒い季節になってきましたね! 春夏に重宝したスニーカーやパンプスよりも、もう少し足元を暖かくおしゃれしたい気分♡とい...
一年中しっとりボディ♡ 美肌の作り方&心がけるべき生活習慣
 しっとりしていてツヤのある乾燥知らずのボディを手に入れるためには、日々のケアや生活習慣が重要なポイントになります。そこ...
ネイルあるある8選!笑いも失敗も全部“おしゃれ”に変えて♡
 多くの女性がハマっているネイル♡ そんなおしゃれの影には、誰もが体験しているあるあるネタがいっぱい! そこで今回は、ネ...
計るだけダイエットのやり方5STEP!成功させるポイント
 ダイエットにはさまざまな方法がありますが、「どんなに効果がある」と言われる方法でも辛ければ続きません。無理のないダイエ...
新垣結衣が羨ましい…短いバスタイムで美肌ボディを保つコツ
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違っ...
くせ毛を活かすアレンジ方法4選!やっかいな髪質を味方に♡
 やっかいなくせ毛。広がってしまったり、いつも同じ方向に流れてしまったりと、悩みは尽きませんよね……。でも、そんなくせ毛...
体重が増えた…太った体をすぐに戻す方法&成功させるコツ♪
「何だか体が重い……」と、久しぶりに体重計に乗ってみると、思ったよりも太っていてビックリ!なんて経験がある人もいるでしょ...
似合う髪型がわからない人必見! オーダーのポイント&注意点
 何年も同じ髪型をしていると、「そろそろ飽きてきたな」と思いながらも自分に似合う髪型が分からず、結局、同じスタイルになっ...