キレイな眉をキープする♡ 眉毛を整える頻度&お手入れ方法

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-09-20 06:00
投稿日:2021-09-20 06:00
 眉毛は、人の表情に大きな影響を与えるものですよね。細すぎるとキツい人に見えてしまったり、ぼさぼさだとだらしなく見えたり……。そこで今回は、意外と知らない眉毛のお手入れ頻度や、具体的なお手入れ方法をおさらいしていきましょう! 自然でキレイな眉をキープして、明るい表情を作ってくださいね♡

みんなどうしてる? 眉毛を整える理想のお手入れ頻度って?

眉毛…ちゃんと整えてる?(写真:iStock)
眉毛…ちゃんと整えてる? (写真:iStock)

 まずは、キレイな眉をキープするための理想のお手入れ頻度をご紹介します。

眉毛の理想のお手入れ頻度は「週に1回程度」

 眉毛のお手入れは、1週間に1回程度が理想だといわれています。眉毛が生えるスピードや毛の量などによって個人差がありますが、最低でも週に1度は眉毛をチェックする習慣をつければ、表情に悪い印象を与えてしまう状態は避けられるでしょう。

眉毛が濃い&伸びるのが早い人は「3日に1回」

 眉毛が濃い人や、毛が生える速度が早い人の場合、1週間に1回のお手入れだとキレイな眉毛のラインが乱れてしまいます。もし1週間に1回では遅いと思ったら、3日に1回ほど、無駄に生えた眉毛をケアするようにしましょう。

 ただし、くれぐれも毎日抜くことは避けてくださいね。眉毛が、細く短くなる原因となってしまいます。

週に1回の頻度で行う♡ キレイな眉毛を作るお手入れ方法

理想の頻度は週に一回くらい!(写真:iStock)
理想の頻度は週に一回くらい! (写真:iStock)

 続いては、週に1回のお手入れで、剃りすぎず抜きすぎず、程よいキレイな眉毛をキープするためのお手入れ方法を見ていきましょう。

【準備】最低限持っておきたい道具

 眉毛のお手入れには、最低限、以下の道具を揃えておくことをおすすめします。
・眉毛カット用ハサミ
・眉用カミソリ
・眉用コーム

 この3つの道具があれば、どんな眉毛もカット&整えることができますよ。

1. 先になりたい眉毛を描いておく

 まずは、自分がなりたい眉毛を参考にしながら、理想の眉毛を描いていきます。ここでは、パウダーやアイブロウペンシルなど、普段自分が使っている道具を使って描いていきましょう。

2. コームを使ってはみ出たところをカットする

 コームで眉毛を毛の流れに剃って梳かしながら、描いた眉毛からはみ出した部分をカットしていきます。コームの上部分に出た毛だけをカットしていくため、切りすぎてしまうのを防ぐことができます。

3. 短すぎる毛を眉用カミソリで剃っていく

 余分な毛をカットしたら、コームからはみ出さないくらいの短い眉毛を眉用カミソリで剃っていきます。肌が切れてしまうのが不安な場合には、電気シェーバーもおすすめです。

 この時、眉毛周辺の毛だけを剃ると、白く色ムラがあるように見えてしまうため、額の産毛まで一緒に剃ると、より綺麗に仕上がりますよ。

眉毛のお手入れに自信がない人は「眉毛サロン」もおすすめ

眉毛サロンでプロの手を借りるのもあり(写真:iStock)
眉毛サロンでプロの手を借りるのもあり (写真:iStock)

 自分で眉毛をお手入れする自信がない人は、眉毛サロンに通うのもおすすめです。眉毛サロンはそれぞれの顔の形や骨格に合わせて、左右整った眉毛に整えてくれる場所。セルフカットとプロのお手入れの差に驚くことでしょう。

 眉毛サロンに通う場合には、月に1回の頻度でのお手入れがベスト。価格は1,000円台〜5,000円台が相場です。リーズナブルなサロンも多いので、調べてみてくださいね!

キレイな眉毛になるにはお手入れの「理想の頻度」を守って♡

キレイな眉毛をキープして♡(写真:iStock)
キレイな眉毛をキープして♡ (写真:iStock)

 顔の印象を大きく左右する眉毛は、意外と自分でのお手入れが難しいパーツでもあります。お手入れのしすぎは、眉毛自体の毛が薄くなったり、短くなったりと後悔してしまう原因にもなるでしょう。

 ぜひ、理想のお手入れ頻度を守りながら、時には眉毛サロンも活用してキレイな眉毛をキープしてくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


40代が似合う「くすみを隠すメイク」ファンデに頼りすぎない
 40代になると目立ってくる「くすみ」。隠そうとして厚塗りにすると崩れるし、薄くつけても全然隠れない……。そんな悩みを抱...
マスクにメイクが付いちゃった! ぶっちゃけ変える頻度は?
 コロナ禍ではじまったマスク生活。女性にとっての一番の悩みは、メイクの汚れが付いてしまうことではないでしょうか。マスクを...
メイクアイテムの正しい使用期限、知ってる? 目元は要注意
 メイクポーチの中を定期的に掃除していますか? よく見ると、中には使用期限を過ぎている古いアイテムが入っている人も……。...
朝だけじゃダメ! 日焼け止めをメイクの上から塗り直す方法
 日焼け止めはこまめな塗り直しをすることではじめて、十分な効果を得られます。でも、メイクをしてしまったら「どうやってメイ...
おフェロ度UP「モーヴ色」メイクで40代の大人可愛いを実現!
 今、大注目の「モーヴ色」を使ったメイク。もう試しましたか? モーヴ色は、使う人を選ばない色として人気ですが、加えて40...
【0円で復活】ディオールの口紅が折れた!2022.6.30(木)
 ポッキーン。ゲットして間もないディオールの口紅が、折れてしまいました。ショック過ぎる……。  このままポイする選...
「おばさん体型」疑惑!特徴は?スリムな40代に近づく対処法
 40代を超えたあたりから、体がだんだんと「おばさん体型」になってきていると感じたことはありませんか? 今回は、おばさん...
「夏の涼しいコーデ4選」見た目&着心地グーな楽ちんスタイル
 暑い夏でも、涼しいコーデをして軽やかに過ごしたいと思いませんか? でも、単純に肌の露出を増やすのは、体型に自信がない人...
「白髪染め」失敗した! 楽しみながら戻すにはどうする?
 染めても繰り返し生えてくる白髪に、白髪染めを使っている人は多いですよね。でも、真っ黒になりすぎてしまったり、明るくした...
人に言えない「尿漏れ」問題 大きな声で笑ったら“じゅん”!
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「夏の汗対策」汗っかきさんは“冷却ポイント5つ”を覚えて!
 暑い夏、汗による悩みは尽きませんよね。メイク崩れやニオイ、汗染みなど、困っている人も多いはず。そこで今回は、悩み別に4...
「オフィスカジュアル」でデニム着用 アリorナシ線引きは?
 近年、働き方の幅が広がり「オフィスカジュアルOK」の会社も増えてきていますよね。そこで毎回のように議論になるのが「デニ...
痛くないよね?40代でも「背中開きトップス」が着たいんです
 ヘルシーで涼しげなムードが魅力的な、背中開きトップス。夏のコーデに取り入れたい気持ちがある反面「大人の女性が着るのは痛...
【基本のスキンケア】物価高でケチる前に0円で見直せること
 物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調...
おうちパックで蘇る! エステ&サロン級のうるツヤ肌と髪
 人と会う機会が増え、久しぶりに再会した人から老けたと思われたくないと、肌と髪の手入れを大急ぎでしています。  エステ...