白髪染めはいつからはじめる? 判断ポイント&染め方を紹介

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-12-10 06:00
投稿日:2021-12-10 06:00
 年齢を重ねると共に、だんだん増えてくる「白髪」。カラーをしている人は、いつから白髪染めに変えたほうが良いのだろう?と、悩んでいませんか? そこで今回は、白髪染めをはじめる時期の判断基準や、染め方ごとのメリット、デメリットをご紹介します。

いつから白髪染めをはじめるべき? 2つの判断ポイント!

そろそろかな…(写真:iStock)
そろそろかな… (写真:iStock)

 白髪染めをはじめる時期は、平均で40歳前後と言われています。でも実際には個人差がありますよね。そこでまずは、その判断ポイントについてチェックしてみましょう! 

「分け目や表面の白髪」が気になった時

 白髪染めをはじめる見極めポイントとしては、白髪の生える場所をチェックするのが一般的です。ポイントは、分け目や髪表面に白髪が目立ってきた時。人から見える目立つ部分にちらほらと白髪が目立つようになってきたら、白髪染めを検討しても良いでしょう。

地毛が黒くて「数本の白髪」でも目立つ時

 地毛が暗めの人は、たとえ数本の白髪でもとても目立ってしまいます。「少しなら抜いてしまえばいいや」と思う人も多いようですが、薄毛の原因になってしまったり、頭皮にダメージを与えてしまったりすることもあるので、注意が必要!

 数本の白髪だとしても、目立つのが気になるようであれば、白髪染めをはじめることを検討したほうが良い時期だと言えるでしょう。

いつから白髪染めをするか決まったら「染める方法」が重要!

 ご紹介した白髪染めの判断基準に当てはまっていたなら、白髪染めを検討するのも一つの方法です。でも、一番重要なのが「染める方法」。何度も繰り返すことなので、しっかりメリット&デメリットについて知っておきましょう。

カラートリートメントで染める方法

自分で染める?(写真:iStock)
自分で染める? (写真:iStock)

 白髪を染める方法として手軽なのが、カラートリートメントです。シャンプーの後、通常のトリートメントと同じように使うだけで、徐々に染料を染み込ませて髪を染めていくことができます。

 安価で髪へのダメージがない点がメリットですが、色持ちが悪い点や染まりにくい点はデメリットだと言えるでしょう。白髪が少ない人や、髪の傷みがひどい人におすすめです。

市販の白髪染めで染める方法

 白髪染めは、生えてくるたびに何度も繰り返して行うことです。「できるだけリーズナブルに」ということであれば、市販の白髪染めを使ってみるのも手。今は、セルフでも染めやすいタイプがたくさん出ています。

 しっかり染まって色持ちも良いものの、市販の白髪染めは髪が傷みやすいのが最大のデメリット。繰り返して使ううちに、白髪は染まってもバサバサの髪になってしまい、反対に老けて見られる可能性もあります。

ヘアマニキュアで染める方法

 髪に優しく、しっかり染まるものを選びたい人には、ヘアマニキュアがおすすめです。髪の表面をコーティングするタイプなので、リーズナブル、なお且つしっかり髪を染めることができます。

 デメリットは、自分で行うのが難しいことでしょう。ヘアマニキュアの染料は、頭皮などの皮膚につくとなかなかとれません。そのため、生え際から1cm程度はカラー剤をつけられませんし、セルフで皮膚についてしまうと数日落ちない場合もあります。

美容院で染める方法

プロに頼む?(写真:iStock)
プロに頼む? (写真:iStock)

 髪の状態に合わせてダメージなく綺麗に染めたいという人は、美容院で染めてもらう方法がおすすめです。セルフで染めるよりも綺麗な髪をキープできるでしょう。また、色のバリエーションも豊富なので、白髪染めでも髪色を明るくしたいという場合にもおすすめです。

 デメリットとしては、ほかの方法に比べるとコストが高いのと、通う労力が発生する点でしょう。

いつから白髪染めをはじめるかは「見た目」で判断して

気になり始めたら試してみて(写真:iStock)
気になり始めたら試してみて (写真:iStock)

 白髪が生える場所は、人によってさまざまです。たくさん白髪が生えていても、目立たない場所に生えているのであれば、すぐに白髪染めをはじめる必要はないでしょう。

 反対に、数本しか生えていなくても目立ってしまうのであれば、白髪染めをはじめるのもありだと思います。ぜひ、ご紹介したポイントを目安にして、白髪染めをはじめる時期を判断してみてくださいね!

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


【生理の腰痛】丸腰じゃ戦えない!自宅でできる腰痛の解決策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
日焼け止めの落とし方をおさらい 体もクレンジングするの?
 紫外線の強い季節に欠かせない日焼け止め。一日に何回も塗り直すわりには、クレンジングを適当にしてしまっている人も多いよう...
姑チェックは厳しいぞ! 帰省ネイルの注意点&好感度UPテク
 年末年始や夏休みになると、夫の実家に帰省する人も多いですよね。ここで意外と見落としがちなのが「帰省ネイル」。デザインに...
気を付けて! 令和版・ヤリモク男“ホイホイメイク”3つの特徴
「ヤリモク」とはその言葉の通り、最終的に“やる”のが目的の男の人のこと……。ちゃらちゃらした男をよく引き寄せてしまうとい...
拷問動画多すぎ!深夜の飯テロ対策5選、ドカ食いを回避せよ
 深夜に飯テロ番組や食欲をそそるようなSNSを見てしまい、空腹に悩まされた経験がある人は多いでしょう。ダイエット中の人に...
旅行で活躍の予感!雑誌の付録で「トラベルセット」まで完成
 雑誌の付録で、旅行セットが作れました♪  化粧水・乳液のセットはたっぷり使えるサイズで何泊でも使えそう。ヘアオイルと...
立派な二の腕をカバーする! 細見えノースリーブ着こなし5選
 夏の着こなしの定番アイテムといえば、涼しげに見えるノースリーブですよね。でも中には、「太い二の腕が気になるから、ノース...
ニオってる?夏の汗・皮脂が臭う原因と対策【部位別に解説】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
美容マニアも愛用!「炭酸パック」の魅力&使い方5ステップ
 女性はいくつになっても綺麗な肌に憧れるものですよね。年齢とともにすっぴんに自信を持てなくなる人は多いですが、でも、年齢...
自信過剰なの?すっぴん派が明かす「私がメイクしない理由」
 大人世代に突入して、若いころとは違って「メイクしないと出掛けられない」と感じ始めた女性が多いはず。  だからこそ、メ...
甘辛コーデは時代遅れ? おしゃれ女性が知ってるやり方はコレ
 キュートとクールを両立した甘辛コーデ。「何歳になってもかわいい服を楽しみたい」という女性にとって関心の高いスタイルでは...
ほんのり&抜け感で男ウケ抜群! あざといアイメイクの方法
 一見、男ウケを狙っていない感じなのに、しっかり可愛い「あざとい女性」たち。男性からすると、がっつりメイクで“ウケを狙っ...
美胸の秘訣を伝授!女が輝ける「美しいおっぱい」の3大要素
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
女性ウケとは別なんです!“夫ウケメイク”で夫婦円満に
 頑張ってメイクをしているのに「夫に褒めてもらえない」と、不満を抱いている妻たちは多いようです。でも、もしかするとその原...
大人女性なら覚えておきたい“上品肌見せコーデ”のお作法4選
 肌見せコーデは、若い女性だけでなく大人女子からも人気です。ただし、大人の女性が上手に着こなすためには、ただ肌を見せると...
気になる「VIO専用シェーバー」の使い心地 2022.7.26(火)
 アンダーヘアの処理ってどうしていますか? 完全に毛をなくす「つるすべ派」、少しだけ整える「ナチュラル派」、あえてそのま...