30代・40代でもミニスカートはOK? 着こなしポイント♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-12-09 06:00
投稿日:2021-12-09 06:00
 いくつになっても、女性はおしゃれを楽しみたいものですよね。しかし、年齢を重ねるごとに、ミニスカートを履くことを躊躇してしまう人は多くなっているよう。確かに、周囲に「年甲斐がない」「痛い人」なんて思われたくないですよね。そこで今回は、30代・40代の女性がミニスカートを上手に着こなすポイントをご紹介します。

30代女性がミニスカートを着こなす4つのポイント

 30代になると、大人としてある程度は落ち着いた雰囲気を出すことが大切ですが、老けすぎない印象を作ることも大切ですよ。

1. 上品さをプラスする

厚手素材×辛口トップスで上品に(写真:iStock)
厚手素材×辛口トップスで上品に (写真:iStock)

 ミニスカートというと「元気ハツラツ!」というイメージを持っている人も多いでしょう。だから、選び方を間違えてしまうと子供っぽく見えてしまうことも……。

 30代のミニスカート選びは、上品なデザイン、素材のものを意識しましょう。ツイードやベロアといった厚手の素材を選ぶことで、一気に上品さと大人っぽさを演出することができますよ。

2. 辛口トップスで子供っぽさをなくす

 ミニスカートは、トップスに何を合わせるかで印象が大きく変わってしまいます。30代になったら、フリルやリボンなどがついた甘めのトップスは避け、無地、アニマル柄、レザー素材などの辛口のものを合わせましょう。

 また、全体的に落ち着いたカラーを選ぶことで統一感を出すことができ、上品に仕上げることができますよ。

3. セットアップで大人っぽさを演出する

 ミニスカートというと、どうしてもカジュアルな印象になりがち。それを避けるためには、セットアップがおすすめです。

 テーラージャケットなどを合わせれば、簡単にきれい目スタイルを作ることができます。プライベートだけでなく、ビジネスシーンでも楽しめるでしょう。ただし、ビジネスシーンでの場合は、あまりに丈が短くならないように注意してくださいね。

4. ブラウスを合わせて大人っぽい雰囲気に

ブラウスでかっちりと(写真:iStock)
ブラウスでかっちりと (写真:iStock)

 ミニスカートとコーディネートしようとすると、ついついTシャツやパーカーなど、カジュアルなものを合わせてしまう人が多いようです。しかし、これではカジュアルすぎて幼い印象になってしまうので、注意が必要!

 これを避けるには、ブラウスを合わせるのがおすすめです。たとえば、無地のタイトスカートに柄物のブラウスをプラスするなど、大人っぽい綺麗目スタイルを意識すると◎。おばさんっぽい印象になるのを防ぐこともできますよ。

40代女性がミニスカートを着こなす4つのポイント

 40代になると体型が気になったり、露出をすることに抵抗がある人も多いでしょう。しかし、40代だって、まだまだミニスカートを着こなすことができる歳。ポイントを押さえて、思い切りおしゃれを楽しみましょう!

1. 短すぎない丈を選ぶ

 40代のミニスカート選びは、何よりも丈の長さがポイント! 当然ですが、短ければ短いほど「痛い」と思われがちなミニスカート……。

 理想の丈は、膝上丈がマスト。膝が見えるか見えないか程度の丈の長さであれば、コーディネートもしやすいですし、露出も気にならないはずです。

2. レギンスなどで肌見せを抑える

タイツやレギンスを活用(写真:iStock)
タイツやレギンスを活用 (写真:iStock)

 ミニスカートというと、「肌見せが気になる」と思う人が多いでしょう。年齢とともに、肌露出を抑えるのが一般的ですよね。

 そのため、肌見せが気になる人は、レギンスやタイツなどをプラスすることがおすすめ。冬はロングブーツを合わせるのも良いでしょう。これらをプラスすることで過度な露出を避けることができ、抵抗なくミニスカートが楽しめるようになりますよ。

3. ロング丈アウターをプラスしてバランスを整える

アウターは長めがちょうどいい(写真:iStock)
アウターは長めがちょうどいい (写真:iStock)

 ミニスカートを上手に着こなすためには、全体的なバランスを考えることも大切です。ミニスカートにトップスだと、体型が気になったり、バランスが悪いと感じることもあるでしょう。

 そんな時には、ロング丈のアウターをプラスしてみましょう。こうすることで、全体のバランスが整うだけでなく、腰回りやお尻などをカバーすることができますよ。

4. アラフォー世代はヘムスカートがおすすめ

 40代になると、ミニスカートを履きたくても抵抗感を抱く人が多いでしょう。そんなアラフォー世代には「ヘムスカート」がおすすめ!

 ヘムスカートとは丈の長さが左右、前後非対称のデザインのものをいいます。裾がアシンメトリーになっていることで、肌露出を少なくすることができます。

30代・40代になっても上手にミニスカートを着こなそう!

いくつになってもミニスカートを履きたい!(写真:iStock)
いくつになってもミニスカートを履きたい! (写真:iStock)

 年齢とともに、ミニスカートに抵抗を感じる人は多いでしょう。でも、ご紹介したきたように、30代、40代になってもミニスカートは着こなし次第で楽しむことができるアイテム。「もう、年だから……」なんて諦めずに、ミニスカートにチャレンジしてみてくださいね!

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


韓国発タッセルカットが似合う人!タンバルモリとの違いは?
 今、韓国でじわじわと「タッセルカット」の人気が高まっています。でも、タッセルカットは個性的な髪型のため、自分の顔の形が...
胸が小さい=垂れる心配も少ない!“貧乳”こそのメリットあり
 体にまつわるコンプレックスは人それぞれ違います。中でも、胸の小ささをコンプレックスに感じている人は多いでしょう。でも、...
美肌を育てる!40代にぴったりな「ミニマルメイク」のすすめ
 40代を超えると、必要な物だけを厳選してシンプルに暮らしているミニマリストに憧れますよね! とはいえ、実際には生活の中...
美容院に行く前に読んで!夏のヘアカラーを長持ちさせるコツ
 夏場は髪色を明るく軽い色に変えたくなる人、実際に変えた人は多いのではないでしょうか。でも、そこで出てくる悩みが「ヘアカ...
コントロールカラーってなんぞ?メリット&選び方をおさらい
「コントロールカラーというアイテムは知っているけど、どうやって選んだらいいのかよくわからない……」と、購入を躊躇している...
【生理の腰痛】丸腰じゃ戦えない!自宅でできる腰痛の解決策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
日焼け止めの落とし方をおさらい 体もクレンジングするの?
 紫外線の強い季節に欠かせない日焼け止め。一日に何回も塗り直すわりには、クレンジングを適当にしてしまっている人も多いよう...
姑チェックは厳しいぞ! 帰省ネイルの注意点&好感度UPテク
 年末年始や夏休みになると、夫の実家に帰省する人も多いですよね。ここで意外と見落としがちなのが「帰省ネイル」。デザインに...
気を付けて! 令和版・ヤリモク男“ホイホイメイク”3つの特徴
「ヤリモク」とはその言葉の通り、最終的に“やる”のが目的の男の人のこと……。ちゃらちゃらした男をよく引き寄せてしまうとい...
拷問動画多すぎ!深夜の飯テロ対策5選、ドカ食いを回避せよ
 深夜に飯テロ番組や食欲をそそるようなSNSを見てしまい、空腹に悩まされた経験がある人は多いでしょう。ダイエット中の人に...
旅行で活躍の予感!雑誌の付録で「トラベルセット」まで完成
 雑誌の付録で、旅行セットが作れました♪  化粧水・乳液のセットはたっぷり使えるサイズで何泊でも使えそう。ヘアオイルと...
立派な二の腕をカバーする! 細見えノースリーブ着こなし5選
 夏の着こなしの定番アイテムといえば、涼しげに見えるノースリーブですよね。でも中には、「太い二の腕が気になるから、ノース...
ニオってる?夏の汗・皮脂が臭う原因と対策【部位別に解説】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
美容マニアも愛用!「炭酸パック」の魅力&使い方5ステップ
 女性はいくつになっても綺麗な肌に憧れるものですよね。年齢とともにすっぴんに自信を持てなくなる人は多いですが、でも、年齢...
自信過剰なの?すっぴん派が明かす「私がメイクしない理由」
 大人世代に突入して、若いころとは違って「メイクしないと出掛けられない」と感じ始めた女性が多いはず。  だからこそ、メ...
甘辛コーデは時代遅れ? おしゃれ女性が知ってるやり方はコレ
 キュートとクールを両立した甘辛コーデ。「何歳になってもかわいい服を楽しみたい」という女性にとって関心の高いスタイルでは...