30代・40代でもミニスカートはOK? 着こなしポイント♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-12-09 06:00
投稿日:2021-12-09 06:00
 いくつになっても、女性はおしゃれを楽しみたいものですよね。しかし、年齢を重ねるごとに、ミニスカートを履くことを躊躇してしまう人は多くなっているよう。確かに、周囲に「年甲斐がない」「痛い人」なんて思われたくないですよね。そこで今回は、30代・40代の女性がミニスカートを上手に着こなすポイントをご紹介します。

30代女性がミニスカートを着こなす4つのポイント

 30代になると、大人としてある程度は落ち着いた雰囲気を出すことが大切ですが、老けすぎない印象を作ることも大切ですよ。

1. 上品さをプラスする

厚手素材×辛口トップスで上品に(写真:iStock)
厚手素材×辛口トップスで上品に (写真:iStock)

 ミニスカートというと「元気ハツラツ!」というイメージを持っている人も多いでしょう。だから、選び方を間違えてしまうと子供っぽく見えてしまうことも……。

 30代のミニスカート選びは、上品なデザイン、素材のものを意識しましょう。ツイードやベロアといった厚手の素材を選ぶことで、一気に上品さと大人っぽさを演出することができますよ。

2. 辛口トップスで子供っぽさをなくす

 ミニスカートは、トップスに何を合わせるかで印象が大きく変わってしまいます。30代になったら、フリルやリボンなどがついた甘めのトップスは避け、無地、アニマル柄、レザー素材などの辛口のものを合わせましょう。

 また、全体的に落ち着いたカラーを選ぶことで統一感を出すことができ、上品に仕上げることができますよ。

3. セットアップで大人っぽさを演出する

 ミニスカートというと、どうしてもカジュアルな印象になりがち。それを避けるためには、セットアップがおすすめです。

 テーラージャケットなどを合わせれば、簡単にきれい目スタイルを作ることができます。プライベートだけでなく、ビジネスシーンでも楽しめるでしょう。ただし、ビジネスシーンでの場合は、あまりに丈が短くならないように注意してくださいね。

4. ブラウスを合わせて大人っぽい雰囲気に

ブラウスでかっちりと(写真:iStock)
ブラウスでかっちりと (写真:iStock)

 ミニスカートとコーディネートしようとすると、ついついTシャツやパーカーなど、カジュアルなものを合わせてしまう人が多いようです。しかし、これではカジュアルすぎて幼い印象になってしまうので、注意が必要!

 これを避けるには、ブラウスを合わせるのがおすすめです。たとえば、無地のタイトスカートに柄物のブラウスをプラスするなど、大人っぽい綺麗目スタイルを意識すると◎。おばさんっぽい印象になるのを防ぐこともできますよ。

40代女性がミニスカートを着こなす4つのポイント

 40代になると体型が気になったり、露出をすることに抵抗がある人も多いでしょう。しかし、40代だって、まだまだミニスカートを着こなすことができる歳。ポイントを押さえて、思い切りおしゃれを楽しみましょう!

1. 短すぎない丈を選ぶ

 40代のミニスカート選びは、何よりも丈の長さがポイント! 当然ですが、短ければ短いほど「痛い」と思われがちなミニスカート……。

 理想の丈は、膝上丈がマスト。膝が見えるか見えないか程度の丈の長さであれば、コーディネートもしやすいですし、露出も気にならないはずです。

2. レギンスなどで肌見せを抑える

タイツやレギンスを活用(写真:iStock)
タイツやレギンスを活用 (写真:iStock)

 ミニスカートというと、「肌見せが気になる」と思う人が多いでしょう。年齢とともに、肌露出を抑えるのが一般的ですよね。

 そのため、肌見せが気になる人は、レギンスやタイツなどをプラスすることがおすすめ。冬はロングブーツを合わせるのも良いでしょう。これらをプラスすることで過度な露出を避けることができ、抵抗なくミニスカートが楽しめるようになりますよ。

3. ロング丈アウターをプラスしてバランスを整える

アウターは長めがちょうどいい(写真:iStock)
アウターは長めがちょうどいい (写真:iStock)

 ミニスカートを上手に着こなすためには、全体的なバランスを考えることも大切です。ミニスカートにトップスだと、体型が気になったり、バランスが悪いと感じることもあるでしょう。

 そんな時には、ロング丈のアウターをプラスしてみましょう。こうすることで、全体のバランスが整うだけでなく、腰回りやお尻などをカバーすることができますよ。

4. アラフォー世代はヘムスカートがおすすめ

 40代になると、ミニスカートを履きたくても抵抗感を抱く人が多いでしょう。そんなアラフォー世代には「ヘムスカート」がおすすめ!

 ヘムスカートとは丈の長さが左右、前後非対称のデザインのものをいいます。裾がアシンメトリーになっていることで、肌露出を少なくすることができます。

30代・40代になっても上手にミニスカートを着こなそう!

いくつになってもミニスカートを履きたい!(写真:iStock)
いくつになってもミニスカートを履きたい! (写真:iStock)

 年齢とともに、ミニスカートに抵抗を感じる人は多いでしょう。でも、ご紹介したきたように、30代、40代になってもミニスカートは着こなし次第で楽しむことができるアイテム。「もう、年だから……」なんて諦めずに、ミニスカートにチャレンジしてみてくださいね!

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


指先まで潤う♡ 自宅でできるハンドケア&マッサージのやり方
 顔やボディのケアに比べて、つい後回しになってしまうのがハンドケア。しかし、手元は年齢が出やすい場所ですので、できること...
生理中でも快適♡不快感をなくす便利なおすすめアイテム5つ
 毎月やってくる生理は、女性にとって、とても憂鬱な期間ですよね……。でも、もしかしたらその不快な症状を軽減させることがで...
洗顔ブラシの嬉しい効果4つ♡ 正しい使い方や注意点も
 美容家の多くは「スキンケア用品を使う前に、しっかり肌の汚れを落とすことが大切」と言いますよね。でも、手で洗顔料を泡立て...
リモートワークで太るのはどうして? 原因&5つの対処方法
 コロナ禍をきっかけに、仕事形態は大きく変わってきていますよね。リモートワークが増えた人も多いのではないでしょうか。そん...
ぽっちゃりでも小顔に見える♡ 髪の長さ別おすすめ髪型9選
 ぽっちゃり体型で、「顔が大きく見えてしまう」ということに悩んでいる女性は多いですよね。でも実は、その悩み、髪型次第で解...
コスメの上手な収納術4選♡自宅でも外出先でもスッキリ快適
 一回のメイクで使うコスメの数って、結構ありますよね。しかも、ファンデーションやリップ、マスカラなど、サイズも長さも形状...
お正月はなぜ太る?原因&無理なくできるリセット方法4選♪
 お正月休みが終わると、「またこれから仕事か……」と思うと同時に、「制服が入るだろうか?」なんて心配になる人もいるのでは...
サロントリートメントの持続時間って? 長持ちさせるコツ♪
 トリートメントには、自宅で行うセルフトリートメントと、美容室で行うサロントリートメントがあります。サロントリートメント...
生理の日を快適に♪ おすすめデリケートゾーンケアグッズ3選
 身体も重く、気持ちも沈みがちになる生理期間……。少しでも楽になるように、と、アレコレ試してみて、気に入ったアイテムを3...
毛穴吸引器の正しい使い方のポイント!黒ずみ毛穴も綺麗に♡
 毛穴の黒ずみって嫌ですよね。だからといって、毛穴パックを繰り返してしまうと余計に毛穴が目立つという噂もあるし……。そん...
フェミニン系で大人可愛く♡3つの特徴&コーデのポイント♪
 流行りの「フェミニンコーデ」とは、女性らしい柔らかい印象のコーデのことを言います。可愛くなりすぎない大人フェミニンは、...
“ビッグカラーコーデ”ってダサい? 着こなしの6つのコツ♡
 2021年からじわじわブームが来ている、大きめの襟を使ったビッグカラーコーデ!「ダサいと思われそう」「私には着こなせな...
仲間由紀恵のような美髪に! ホームケア“格上げ”3アイテム
雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違った...
メイクで理想の顔に♡ 童顔の特徴&大人っぽく仕上げるコツ
 可愛らしい印象が強い童顔ですが、子供っぽく見られてしまうことをデメリットだと感じている人も多いよう。「童顔でも大人っぽ...
蒸しタオル美容を週1回のとっておきケアに♡ メリット&手順
 忙しい日々で、普段から美容に時間をかけられない人って多いですよね。でも、そんなあなたにぜひ、おすすめしたいのが「蒸しタ...
適度な運動の目安ってどのくらい?理想的な運動量&メリット
 健康維持やダイエットのために運動をはじめるとき、よく耳にするのが「適度な運動」という言葉。そもそも、適度な運動とは、い...