簡単に作れちゃう♡ 涙袋がない人のための1分間メイク方法!

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-12-25 06:00
投稿日:2021-12-25 06:00
 クリっとした大きな目の美人には欠かせない「涙袋」。涙袋があることで、より目の存在感もアップするので、「私には涙袋がない……」と悩んでいる人もいるかもしれません。でも、大丈夫! 涙袋は1分あれば簡単に作ることができるんです♡ また、実は、涙袋がないメリットもあるんですよ。そこで今回は、涙袋の作り方や、涙袋がないことのメリットなどをご紹介します。

涙袋がない人にもメリットはあるの?

涙袋がなくても大丈夫!(写真:iStock)
涙袋がなくても大丈夫! (写真:iStock)

 涙袋メイクをご紹介する前に、涙袋がない場合のメリットも知っておくと良いかもしれません。たとえば……

・加齢による目の下のたるみが目立ちにくい
・目の下にシワができにくい
・すっきりシャープな印象に見える

 ……など。もちろん、涙袋にもメリットはたくさんありますが、ぜひ自分の顔の良さを活かしつつ、プラスアルファのメイクとして楽しんでみると良いと思います!

目元の印象が弱い人必見♡ 1分間でできる涙袋メイク法

 続いては、涙袋がない人でも簡単にすぐできる「涙袋メイク法」をチェックしていきましょう!

1. 涙袋メイクに必要なアイテム

必要なメイクアイテムは?(写真:iStock)
必要なメイクアイテムは? (写真:iStock)

 涙袋メイクをするには、以下のアイテムを用意しておきましょう。

・ハイライトとして使うアイシャドウ
・影を作るための暗めのアイシャドウやアイライナー 

 ハイライトとして使うアイシャドウは、細かい粒子のパールが入ったベージュや淡いピンク色を選びましょう。この時、あまり明るい色を選ぶと不自然な仕上がりになってしまうので、肌馴染みが良いカラーを選ぶのもポイント。

 また、影として使う暗めのアイシャドウやアイライナーは、暗すぎず、細いラインが描けるものがおすすめです。最近では、薄い茶色の細いアイライナーとハイライトがセットになった「涙袋ライナー」なども販売しているので、1本あると重宝しそうですね!

2. 涙袋メイクのやり方

 まず、涙袋の幅にハイライトとなるアイシャドウをのせていきます。この時、つけすぎるのはNG。ほんのりツヤがプラスされればOKです。

 続いて、暗めのアイシャドウやアイライナーを使って、涙袋の下のラインに沿って細めに少しだけ線を引いたら指でぼかす、を、2回ほど繰り返します。この時、笑った時に自然にできる影に沿って描くと失敗しにくいですよ。

3. 【プラスワンポイント】涙袋メイク+ラメ

ラメ&グリッターでキラキラに(写真:iStock)
ラメ&グリッターでキラキラに (写真:iStock)

 涙袋メイクの仕上げにグリッターやラメをのせるのも、目元のキラキラ感を楽しめておすすめです。グリッターやラメをのせる時には、黒目の下に少しだけが◎。ふとした瞬間に、キラリと光目元は潤んでいるように見えて、とても可愛く仕上がりますよ♡

涙袋がない人におすすめ♡ 涙袋を作るエクササイズ

エクササイズで涙袋をゲット(写真:iStock)
エクササイズで涙袋をゲット (写真:iStock)

 涙袋の部分には、眼輪筋と呼ばれる筋肉があります。この筋肉を鍛えると、メイクではなく本物の涙袋ができるかも! さらに、若々しい目元をキープできるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

まぶたを押さえてまばたきエクササイズ

 まずは、まぶたを軽く押さえてまばたきをするエクササイズからご紹介します。

1. 指を使って、軽く両方の上まぶたを持ち上げます。
2. その状態のまま、20回まばたきをします。

 この動作を毎日繰り返すことで、眼輪筋が鍛えられて、涙袋をよりくっきりと作ることができるそう。さらに、クマやたるみが目立たない目元作りにもつながりますね。

こめかみを押さえてまばたきエクササイズ

 続いては、こめかみを押さえながらまばたきをして、眼輪筋を鍛えていきましょう。

1. 人差し指と中指を使って、目の横のこめかみ付近を押さえます。
2. その状態で、大きく目を開きながらしっかりまばたきを10回します。

 このトレーニングは、眼輪筋を鍛えると同時に目尻のシワ対策にもなります。30代を過ぎたら、日頃の習慣にしたいですね!

涙袋がない人でも簡単に印象的な目元になれる♡

ふっくら涙袋で色っぽ顔になろう♡(写真:iStock)
ふっくら涙袋で色っぽ顔になろう♡ (写真:iStock)

 涙袋メイクは、手元にあるアイテムだけでできるため、すぐにでも挑戦することができますね! ぜひ明日から、さらに魅力的な目元になって、もっと自分を好きになってください♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


「カラコン」初心者でも大丈夫!知っておきたい10の注意点
 最近ではファッション感覚で手軽にカラコンを使用する人が増えています。「私もカラコンを使ってみたい」と思っている人も多い...
腹巻きの嬉しいメリット4つ♡ 効果を上げる正しい使い方
 美容や健康に関心がある女性にとって、「温活」は外せない事柄でしょう。昔から“冷えは万病の元”といわれてきましたが、体を...
指先まで潤う♡ 自宅でできるハンドケア&マッサージのやり方
 顔やボディのケアに比べて、つい後回しになってしまうのがハンドケア。しかし、手元は年齢が出やすい場所ですので、できること...
生理中でも快適♡不快感をなくす便利なおすすめアイテム5つ
 毎月やってくる生理は、女性にとって、とても憂鬱な期間ですよね……。でも、もしかしたらその不快な症状を軽減させることがで...
洗顔ブラシの嬉しい効果4つ♡ 正しい使い方や注意点も
 美容家の多くは「スキンケア用品を使う前に、しっかり肌の汚れを落とすことが大切」と言いますよね。でも、手で洗顔料を泡立て...
リモートワークで太るのはどうして? 原因&5つの対処方法
 コロナ禍をきっかけに、仕事形態は大きく変わってきていますよね。リモートワークが増えた人も多いのではないでしょうか。そん...
ぽっちゃりでも小顔に見える♡ 髪の長さ別おすすめ髪型9選
 ぽっちゃり体型で、「顔が大きく見えてしまう」ということに悩んでいる女性は多いですよね。でも実は、その悩み、髪型次第で解...
コスメの上手な収納術4選♡自宅でも外出先でもスッキリ快適
 一回のメイクで使うコスメの数って、結構ありますよね。しかも、ファンデーションやリップ、マスカラなど、サイズも長さも形状...
お正月はなぜ太る?原因&無理なくできるリセット方法4選♪
 お正月休みが終わると、「またこれから仕事か……」と思うと同時に、「制服が入るだろうか?」なんて心配になる人もいるのでは...
サロントリートメントの持続時間って? 長持ちさせるコツ♪
 トリートメントには、自宅で行うセルフトリートメントと、美容室で行うサロントリートメントがあります。サロントリートメント...
生理の日を快適に♪ おすすめデリケートゾーンケアグッズ3選
 身体も重く、気持ちも沈みがちになる生理期間……。少しでも楽になるように、と、アレコレ試してみて、気に入ったアイテムを3...
毛穴吸引器の正しい使い方のポイント!黒ずみ毛穴も綺麗に♡
 毛穴の黒ずみって嫌ですよね。だからといって、毛穴パックを繰り返してしまうと余計に毛穴が目立つという噂もあるし……。そん...
フェミニン系で大人可愛く♡3つの特徴&コーデのポイント♪
 流行りの「フェミニンコーデ」とは、女性らしい柔らかい印象のコーデのことを言います。可愛くなりすぎない大人フェミニンは、...
“ビッグカラーコーデ”ってダサい? 着こなしの6つのコツ♡
 2021年からじわじわブームが来ている、大きめの襟を使ったビッグカラーコーデ!「ダサいと思われそう」「私には着こなせな...
仲間由紀恵のような美髪に! ホームケア“格上げ”3アイテム
雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違った...
メイクで理想の顔に♡ 童顔の特徴&大人っぽく仕上げるコツ
 可愛らしい印象が強い童顔ですが、子供っぽく見られてしまうことをデメリットだと感じている人も多いよう。「童顔でも大人っぽ...