“ビッグカラーコーデ”ってダサい? 着こなしの6つのコツ♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2022-01-05 06:00
投稿日:2022-01-05 06:00
 2021年からじわじわブームが来ている、大きめの襟を使ったビッグカラーコーデ!「ダサいと思われそう」「私には着こなせないかも……」なんて、思っている人も多いかもしれません。でも、心配ご無用! ほんの少しのコツで、大人女子でもおしゃれに着こなせるおすすめアイテムなんですよ♡ そこで今回は、ダサいなんて言わせない、ビッグカラーコーデ着こなしのコツをご紹介します!

コーデをチェックする前に…そもそも「ビッグカラー」とは?

ビックカラーを大人っぽく着るには?(写真:iStock)
ビックカラーを大人っぽく着るには? (写真:iStock)

「ビッグカラー」とは、直訳すると「大きな襟」のこと。人の視線がいく顔周りの「襟」に存在感を持たせているから、初対面でもおしゃれな印象に見せることができます♡

 また、襟というだけあって、クラシカルな印象はもちろん、モダンやフレンチ、カジュアルなコーデまで着こなせるさまざまなデザインが販売されているんですよ。取り付けるタイプのビッグカラーもあるので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

でも…ビッグカラーコーデってダサいの? そう思われる原因

 そもそもビッグカラーコーデがダサいと思われる原因のひとつは、“年齢に合っていないコーデ”になっていることが考えられます。たとえば、40代で甘すぎるビッグカラーコーデをしてしまえば、違和感とダサいという印象を与えてしまうでしょう。

 また、存在感のあるビッグカラーと全体のバランスも大切。上手に引き算をしながらコーデを完成させてくださいね!

ダサいなんて嘘♡ 大人可愛いビッグカラーコーデの6つのコツ

 それではさっそく、ビッグカラーを使った大人女子のためのコーデをチェックしていきましょう! 甘すぎずに仕上げるのが、ダサいと思われないコツですよ♡

1. ビッグカラーのデザインを選ぶ

甘すぎるデザインはご用心(写真:iStock)
甘すぎるデザインはご用心 (写真:iStock)

 ビッグカラーにもいろいろなデザインがあります。たとえば、レースの丸襟デザインだと、必然的に甘さMAXに。大人女子が着こなすのは、難易度が高くなりそうですよね。

 これを上手にまとめるには、スクエアタイプのビッグカラーや、左右がつながったモダンな印象のデザインを選ぶこと。おしゃれ感が出て、クールに仕上がりますよ。

2. 辛口小物で引き締める

 甘めのビッグカラーを着こなす時には、辛口小物を使って引き締めるとバランスが良くなります。チェーンバッグやスタッズ付きの小物などを合わせて、全体をきゅっと引き締めましょう。

 また、黒など引き締まった色のアイテムを使って甘さを抑えるのもありですね♡

3. トップスと同じ色味にする

 トップスに対してビッグカラーだけ違う色味のアイテムを選ぶと、失敗しやすくなってしまいます。たとえば、カラートップスに白のビッグカラーがついているものは、どうしても甘くなりがち。

 大人可愛い感じに仕上げたいなら、トップスと同じ色味のビッグカラーで存在感を控えめにするのがコツです。

4. シンプルなボトムスに合わせる

 ビッグカラーはかなり存在感があるアイテムなので、ボトムスまで柄やデザインが凝ったものを選んでしまうと、くどい印象やダサい印象になってしまうかもしれません。

 そのため、ビッグカラーに合わせるボトムスは、極力シンプルなボトムスにするのがおすすめです。すっきり着こなすことで、ビッグカラーの可愛さも引き立ちますよ♡

5. 柔らか素材を選ぶ

素材選びにも注意して(写真:iStock)
素材選びにも注意して (写真:iStock)

 服の素材も大切です。パキッとした素材のビッグカラーは、それだけでピンと襟が立ってしまってどうしても目立ってしまいます。

 より自然に馴染ませたいなら、シフォンなどのトロンとした柔らかい素材を選ぶと◎。襟の存在感をほど良く馴染ませてくれます。

6. モノトーンカラーを選ぶ

 ビッグカラーをモダンでクールに着こなしたい、オフィスにも着ていきたいという場合には、白のみ、黒のみなどのモノトーンカラーを選ぶのが良いでしょう。清潔感ときちんと感のある着こなしに仕上げることができます。

大人女子こそビッグカラーコーデを取り入れてみて♡

コートにもビックカラーの波が!(写真:iStock)
コートにもビックカラーの波が! (写真:iStock)

 ビッグカラーコーデは、一見難しそうに見えますが、コツを押さえれば大人女子を最高におしゃれで可愛く見せてくれるアイテムです。ぜひ、この記事を参考にして、日々のコーデにビッグカラーを取り入れてみてくださいね!

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


【生理の腰痛】丸腰じゃ戦えない!自宅でできる腰痛の解決策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
日焼け止めの落とし方をおさらい 体もクレンジングするの?
 紫外線の強い季節に欠かせない日焼け止め。一日に何回も塗り直すわりには、クレンジングを適当にしてしまっている人も多いよう...
姑チェックは厳しいぞ! 帰省ネイルの注意点&好感度UPテク
 年末年始や夏休みになると、夫の実家に帰省する人も多いですよね。ここで意外と見落としがちなのが「帰省ネイル」。デザインに...
気を付けて! 令和版・ヤリモク男“ホイホイメイク”3つの特徴
「ヤリモク」とはその言葉の通り、最終的に“やる”のが目的の男の人のこと……。ちゃらちゃらした男をよく引き寄せてしまうとい...
拷問動画多すぎ!深夜の飯テロ対策5選、ドカ食いを回避せよ
 深夜に飯テロ番組や食欲をそそるようなSNSを見てしまい、空腹に悩まされた経験がある人は多いでしょう。ダイエット中の人に...
旅行で活躍の予感!雑誌の付録で「トラベルセット」まで完成
 雑誌の付録で、旅行セットが作れました♪  化粧水・乳液のセットはたっぷり使えるサイズで何泊でも使えそう。ヘアオイルと...
立派な二の腕をカバーする! 細見えノースリーブ着こなし5選
 夏の着こなしの定番アイテムといえば、涼しげに見えるノースリーブですよね。でも中には、「太い二の腕が気になるから、ノース...
ニオってる?夏の汗・皮脂が臭う原因と対策【部位別に解説】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
美容マニアも愛用!「炭酸パック」の魅力&使い方5ステップ
 女性はいくつになっても綺麗な肌に憧れるものですよね。年齢とともにすっぴんに自信を持てなくなる人は多いですが、でも、年齢...
自信過剰なの?すっぴん派が明かす「私がメイクしない理由」
 大人世代に突入して、若いころとは違って「メイクしないと出掛けられない」と感じ始めた女性が多いはず。  だからこそ、メ...
甘辛コーデは時代遅れ? おしゃれ女性が知ってるやり方はコレ
 キュートとクールを両立した甘辛コーデ。「何歳になってもかわいい服を楽しみたい」という女性にとって関心の高いスタイルでは...
ほんのり&抜け感で男ウケ抜群! あざといアイメイクの方法
 一見、男ウケを狙っていない感じなのに、しっかり可愛い「あざとい女性」たち。男性からすると、がっつりメイクで“ウケを狙っ...
美胸の秘訣を伝授!女が輝ける「美しいおっぱい」の3大要素
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
女性ウケとは別なんです!“夫ウケメイク”で夫婦円満に
 頑張ってメイクをしているのに「夫に褒めてもらえない」と、不満を抱いている妻たちは多いようです。でも、もしかするとその原...
大人女性なら覚えておきたい“上品肌見せコーデ”のお作法4選
 肌見せコーデは、若い女性だけでなく大人女子からも人気です。ただし、大人の女性が上手に着こなすためには、ただ肌を見せると...
気になる「VIO専用シェーバー」の使い心地 2022.7.26(火)
 アンダーヘアの処理ってどうしていますか? 完全に毛をなくす「つるすべ派」、少しだけ整える「ナチュラル派」、あえてそのま...