高校生発案! ペヤング たこめし風やきそば 2022.2.24(木)

コクハク編集部
更新日:2022-02-24 06:00
投稿日:2022-02-24 06:00
 先日コンビニで、不思議な商品を見つけました。その名も「ペヤング たこめし風やきそば」。おいおい、まるか食品さんよ。たこめしなのにやきそばってどういうことよ? 気になったので、サクッと購入してみましたよ。

やきそば、なのに「たこめし」風

危機感ゼロのたこたちよ(C)コクハク
危機感ゼロのたこたちよ (C)コクハク

 なんとも言えないたこのイラストが印象的ですね。

 かつて、散々苦しめられた獄激辛シリーズに比べるとめちゃめちゃポップです。すっとぼけたたこの表情からはこれから捕食されるという危機感がまるでありません。彼らは、自分たちがおいしい食材であることを自覚するべき。

高校生と異色コラボ

最近の若者はすごいのな!(C)コクハク
最近の若者はすごいのな! (C)コクハク

 注目すべきは「宮城県立志津川高等学校」の校章と文字。さらに「この商品は宮城県立志津川高等学校と共同開発した商品です」と続きます。

 なんでも宮城県立志津川高等学校商業部の生徒と顧問の先生が、まるか食品に企画書を送ったのだそう。なんと60種類もの商品案があったんですって!

 その後、リモートでの打ち合わせを重ね、この「たこめし風」に加え「わさび醬油味」が商品化される運びになりました。ちなみに「わさび醤油味」は2月21日に発売されています。筆者の住んでいる東京の外れではまだ見かけてないけどもな……。こちらもゲットしたら、挑戦してみたいと思います。

 それにしても最近の高校生ってすごいですね。研究心と行動力に、アラフォーの筆者は頭が下がりますよ。自分の高校時代を振り返ってちょっとしょんぼりしてしまいました。なーんもしてねえ。いかに手を抜き、いかにサボるかしか考えてなかった。まあ、今もなんだけどね。

丸いボールの正体は

なんだこれ?(C)コクハク
なんだこれ? (C)コクハク

 ではでは、さっそく開封しましょう。

 毎度おなじみの、かやくとスープがこんにちは。しかし、なんだか、かやくの様子がおかしいぞ。

「たこめし風」とのことなので、たこの乾燥チップ的なものを想像してたのですが、なんか丸いのが入ってるー。

柔らかーい!(C)コクハク
柔らかーい! (C)コクハク

 実はこの謎の物体は、ペヤング独自製法の「たこ入りすり身ボール」。なるほどー、たこそのものが入っているワケではないんですね。独自製法というあたり、かなり期待が高まりますな。わくわく。

 触ってみるとふにゃっと柔らかく、なんだか優しい気持ちになります。

いざ、実食!

やきそばに「かわいい」という日が来るとは(C)コクハク
やきそばに「かわいい」という日が来るとは (C)コクハク

 お湯をかけ待つこと3分。できあがりでーす。

 かやくの、ニンジンとネギの彩りが鮮やかですね。コロコロのすり身ボールがキュート♡。こんなかわいいやきそば見たことない。

 ソースは醤油ベースでさらっとした感じです。かすかなショウガの香りがアクセントに。残念ながら、筆者はたこの気配を感じることはできませんでした。いやね、海の幸っぽい、出汁の香りはするのよ。ただ、たこかどうかといわれると……。

 まあ、そんなにたこを嗅いだことがないわけですが。

 肝心のお味はというと、うまい! あっさりとしているのに後を引きます。醬油ベースのソースとたこの風味が完全にマッチ。うん、これは、たこめしですわ。たこめし感あふれてるわ。駅弁でよく食べるやつな。でも、食べているのは麺っていうね。不思議な感覚です。

 あまりのおいしさにふと、獄激辛シリーズを思い出しました。いや、獄激辛もおいしかったけどさー。これこそがペヤングのあるべき姿なのではないでしょうか。

すり身ボールの存在感よ

絶妙な弾力感がクセになる(C)コクハク
絶妙な弾力感がクセになる (C)コクハク

「たこ入りすり身ボール」がまたいい仕事をしています。むにゅっとした弾力感が、妙にたこっぽいんですよ。

 欲を言えば、もうちょっとすり身ボールが入っていればなお、ヨシ! この、すり身ボール単体で売って欲しいレベルです。お吸い物にしてもいけそうだし、巨大化させておでんの具にしたい。やきそばどこ行った(笑)。

 ◇  ◇  ◇

 この「ペヤング たこめし風やきそば」、志津川高校のある南三陸町のスーパーでは、発売日に完売したのこと。もともと、宮城県南三陸町は「たこ飯」が名物。志津川高校の生徒さんは、そこからこの商品のヒントを得たそうです。

 若い世代が地元の名物を大切にしつつ、新しい取り組みに挑戦する姿勢も素敵だし、彼らを応援する地元の人たちも素敵。

 現役高校生の情熱が詰まった「ペヤング たこめし風やきそば」ぜひお試しくださいませ。

(編集K)

関連キーワード

フード 新着一覧


ブーム到来!「オルソー」の台湾ワンタン♡ 2022.5.24(火)
 台湾ブーム、本格到来!? 最近巷では、台湾フードの本格的な風が吹いているようです。  台湾カステラの“元祖大本命...
「とろける湯豆腐」ひとつまみの“重曹”で絹ごしが高級な味に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「鶏ひき肉の餃子」お肉と長ネギだけ!ニンニク無でさっぱり
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「干しダラのきんぴら」常備菜の代表格を酒好きが作ったら…
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「キノコ入りTKGと味噌汁」食感とコク、最強の卵かけご飯!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのピクルス」上品な酸味が白ワインと相性◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのカツ」サクサク&ジューシーの秘密は?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのラクレット焼き」きのこ×チーズ、最強!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「ひらひらマッシュルームサラダ」スライサーでアッという間
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
【KALDI】“ぬって焼いたらメロンパン” 実食 2022.5.6(金)
 世の中の食いしん坊のハートをがっちり掴んで離さない輸入食品店「カルディ」。色とりどりのおいしそうな食品たちに目を奪われ...
「あかね和牛モモ肉のビステッカ」トースターで焼くのがコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「真鯛のミラノ風カツレツ」溶き卵+粉チーで一気にプロ級!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「瀬戸内レモンのクリームソーススパゲティ」ゆで方は4分の3
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「新玉ネギと野菜のピクルス」最強常備菜、作るなら今でしょ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「牛タンの塩糀漬け」アレンジ無限大!驚くべき“こうじ”の力
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「モモ肉の昆布締め」特売品&冷蔵庫の片付けにもなるなんて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...