やば太った、年イチ勝負服のウエストがきつい!対処法は?

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2022-03-21 06:00
投稿日:2022-03-21 06:00
 お呼ばれした時やフォーマルな場などで、年に数回しか着ない服ってありますよね。でも、久々に着てみたら「ウエストがきつい!」「太ったかも!」と、焦ってしまった経験がある人は多いはず。
 そこで今回はズボンやスカートのウエストがきつい時の対処法を7つ、ご紹介します! 買い直さず、上手に対処してくださいね。

太ったけど今日着たい! ウエストがきつい時の簡易的な対処法4つ

やばい…(写真:iStock)
やばい… (写真:iStock)

 まさか太ってしまったと思わずに、当日になって「洋服がきつい!」と焦ることもありますよね。まずは、簡易的な対処法からチェックしていきましょう!

1. 横になって履く

 とりあえずウエストだけでも入れたいなら、横になって履く方法があります。少し強制的ですが、立っている状態よりも横になっている状態のほうが、脂肪を胸側に移動させられますね。寝転んで膝を曲げて、内臓とお腹の脂肪を胸側に流した状態で履けば、ひとまず履くことはクリアできるかもしれません。

2. 補正下着を履く

 もし、手持ちの補正下着があるなら、それを使ってみましょう。できるだけきつく腰回りの肉を締めれば、ウエストはとりあえず入るはず。補正下着がなければ、腰痛用のコルセットでも代用できそうです。ただし、締め付けると貧血や体調不良を起こすこともあるため、あまり無理に締め付けないようにしましょう。

3. 安全ピンを使う

 どうしてもウエストが閉まらない時には、ホックやファスナーで留めるのを諦めて、安全ピンを使いましょう。できるだけ大きめの安全ピンを使えば、そのぶんゆったり履けますよね。

 ただし、トップスでしっかり腰回りを隠さないと、安全ピンが見えてしまう場合も……。余計に恥ずかしい思いをするので、注意が必要です。

4. ヘアゴムを使う

 安全ピンがなければ、ヘアゴムを使う方法もあります。ウエストがボタンタイプなら、ボタンホールにゴムを通してからボタンに引っ掛けます。ホックの場合は、ホックと反対方向に糸で縫いつけてから、ホックにゴムを引っ掛けましょう。

少し時間があるなら…ウエストがきつい時に試したい対処法3つ

お気に入りはお直しに(写真:iStock)
お気に入りはお直しに (写真:iStock)

 続いては、洋服を着るまでに少し時間がある場合の対処法をチェックしてみましょう。

1. 妊婦用のアジャスターバンドを購入する

 洋服を買い直したくない時には、妊婦用のアジャスターバンドを使う方法がおすすめです。これは、お腹が大きくなる妊婦さんが、手持ちのズボンやスカートを履くためのアイテム。パンツやスカートのボタン穴などにバンドを装着するだけで使うことができるので、手軽なのもメリットですね。

2. 洋服のお直しに出す

 お気に入りの洋服など、これからも使い続けたい場合には、洋服のお直しの専門店に依頼する方法がベストです。ただし、洋服によってはお直しできるサイズの限界があるので、事前に問い合わせてみると良いですね。

 また、お直しにはだいたい1週間〜10日前後かかるので、余裕をもって依頼するようにしましょう。

3. ダイエットする

 洋服を着るまでに1カ月以上の余裕があるなら、思い切ってダイエットをするのもありですね。この場合はリバウンドを考えず、短期的な成果が得られるメニューに挑戦してみると良いでしょう。

 健康的に痩せて、洋服をキレイに着こなせたら最高ですね!

ウエストがきつい時の対処法はある! 太った人は試してみて♪

お気に入りの洋服はいつまでもかっこよく着たいよね(写真:iStock)
お気に入りの洋服はいつまでもかっこよく着たいよね (写真:iStock)

 洋服にウエストが入らない時というのは、状況によって緊急度が変わってきます。ぜひこの記事を参考に、一時的な対処法や長期的な対処法を試してみてくださいね。また、これを機に、健康的な生活習慣ができているかどうかを見直してみると良いかもしれません。スタイルを保って、いつでもお気に入りの洋服を着られるようにしておきましょう!

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


話題のオールインワンサプリ「TRIPLE ONE(トリプル・ワン)」を試してみた♡ 魅力&最新レビュー
「もっとキレイになりたい」「いつまでも若々しくいたい」と、美を追求する世の女性たち。美肌、美髪を目指すのはもちろん、スタ...
地雷メイクで警官から職質された!? 盛りすぎ失敗エピソード
「私の顔に何か付いてる?」と、気になってトイレに駆け込むと、とんでもないメイクの状態になっていたー! なんて経験は誰しも...
本当に「白髪を抜く」のはNG?黒髪に戻る可能性ってあるの?
アラサー&アラフォー世代になると、目立ちはじめる白髪。世間では「白髪を抜くと増える」「白髪を抜いたら禿げる」なんて噂もあ...
“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...