疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2022-04-08 06:00
投稿日:2022-04-08 06:00
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて無理!」と、ついそのまま寝てしまう人もいますよね。
 そこで今回は、W洗顔不要の時短クレンジングアイテムをご紹介します。洗顔が面倒くさい時は、このアイテムで乗り切りましょう!

W洗顔不要で便利♡ 面倒くさい時の時短クレンジングアイテム4選

 それでは、W洗顔不要の時短クレンジングアイテムには、どんなものがあるのかをチェックしていきましょう!

1. 拭き取りタイプのクレンジングシート

拭くだけでOKの「クレンジングシート」(写真:iStock)
拭くだけでOKの「クレンジングシート」 (写真:iStock)

 洗顔が面倒くさい日に役立つのが、「拭き取りタイプのクレンジングシート」です。1枚1枚たっぷりとクレンジング成分が含まれているので、優しく拭き取るだけで頑固なメイクを綺麗に落とすことができます。

 さらに、クレンジング成分と一緒に保湿成分も含まれているものが多く、スキンケアまでできてしまう非常に便利なアイテムです。ただし、使い方によっては肌に摩擦などの負担がかかってしまうので、毎日使い続けるのは不向きかもしれません。

2. ウォータークレンジング

「ウォータークレンジング」とは、おもに水を主成分として作られたクレンジングアイテムです。化粧水のようにコットンに好きなだけ取り、拭き取るようにして使います。

 1枚の大きさが決まっているクレンジングシートよりも、好きな分量だけクレンジングウォーターを取ってメイクを落とせるのがメリット。多めに取って優しく拭き取れば、肌への摩擦も軽減することができますよ。

3. 洗顔フォーム

泡立てて流すだけ(写真:iStock)
泡立てて流すだけ (写真:iStock)

「洗顔フォーム」の中にも、W洗顔不要のアイテムはあります。肌がデリケートで「拭き取る系のアイテムは使えない」という人にもおすすめ。

 普通の洗顔フォームと同じように泡立てて洗い流すだけで、頑固なメイク汚れも肌の皮脂などの汚れも綺麗に落とすことができます。ただし、保湿は忘れずにしてくださいね!

4. クレンジングミルク

 拭き取るタイプのアイテムは肌に負担になるし、泡立てるのも面倒! と思う人には、「クレンジングミルク」が便利です。クレンジングミルクは、肌に優しい成分を使っているものが多く、保湿力もしっかりあります。

 顔全体に指で優しくクレンジングミルクを馴染ませたら、ぬるま湯で流すだけ。泡立てる必要もなく手軽に使えるのがメリットですね。

時短クレンジングすらも面倒くさい時の裏技は?

 時には、時短クレンジングすらも面倒くさいと感じることだってありますよね! そんな時に使える裏技をチェックしてみましょう!

マツエクとベビーパウダーで乗り切る

マツエクならアイメイクの必要なし=クレンジングなしでもOK(写真:iStock)
マツエクならアイメイクの必要なし=クレンジングなしでもOK (写真:iStock)

 毎日のクレンジングが面倒なら、マツエクとベビーパウダーでノーファンデ生活をはじめてみるのも一つの方法です。

 マツエクならマスカラとは違って、何もしなくて済みますね。また、ベビーパウダーなら、カバー力は低いにしても肌全体を綺麗に見せてくれますし、つけたまま寝ても肌に負担が少ないので、クレンジングなしでそのまま寝ることもできます。

マスクで顔を隠す

マスクしちゃえばノーメイクでもバレない(写真:iStock)
マスクしちゃえばノーメイクでもバレない (写真:iStock)

 コロナ禍で手放せなくなったマスクを、ノーメイクのカモフラージュに使う方法です。目元だけマツエクやつけまつげなどで印象付けておき、マスクの下はノーメイクで過ごします。これなら、続けるほどに肌も綺麗になっていきそうですよね。

 でも、飲食の時には、ノーメイクの顔が見られてしまうリスクがあることを覚えておいてくださいね。

時短クレンジングで面倒くさい夜を乗り越えよう

睡眠を最優先させたい時もある(写真:iStock)
睡眠を最優先させたい時もある (写真:iStock)

 人間誰しも、疲れて何もしたくない時がありますよね。そんな時は、自分に優しくしてあげてください。時短クレンジングをして布団にできるだけ早く入って体を休めたほうが、きっとお肌にもいい影響を得られるはずですよ♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


プラセンタって本当に効く?最強の美肌成分にはデメリットも
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
テラコッタに飛びつくと危険! 40代の失敗しない秋メイク
 秋のメイクといえば、季節に合ったくすみカラーをたくさん使いますよね。でも、20代ならアンニュイに決まるカラーも40代に...
太っていても罪悪感なし!「ぽっちゃりモテ女性」綺麗の特徴
 世の中には、太っていても綺麗な人っていますよね。今ぽっちゃり体型の人なら「どうせ太るなら、綺麗でモテるぽっちゃりになり...
あざとい女からメイクテクだけ拝借!“全パーツ”勉強になるわ
 みなさんの周りには計算し尽くされたあざとい女性はいませんか? メイクやファッションだけでなく喋り方や振る舞いまで、あざ...
40代女の“低身長”は武器にもなる! 悩み克服コーデ鉄則5カ条
 低身長な40代女性は、「自分に自信が持てない」「似合う服がなかなか見つからない」と悩みを抱えている人が多いようです。で...
「オバ見え」警報発令中! いまさら聞けない服選びの注意点
 鏡の中の自分の姿を見て「前より老けて見えるかも……」と感じたことがある人も多いのではないでしょうか。今回は、オバ見えフ...
【洗面台問題】歯磨きグッズの見直しでシンプルに格上げ♪
 シンプルでスッキリとした洗面台に憧れているのですが、どうすればオシャレに見えるのでしょうか?  備え付けの洗面台を交...
シミ!シワ!鏡見て溜息…老化を予防するアスタキサンチン!?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
ドライシャンプーは毎日使ってOK?意外なデメリットを解説
 入院中や災害時に役立つ「ドライシャンプー」は、汗をかく仕事の人や多忙を極める人に「とても便利!」と大人気ですよね。でも...
年間100種類超を使用!時短美容家「ガチ推し」シャントリ3選
 おさまらない物価高への悲鳴が、あちらこちらから聞こえている昨今。日用品に、これまで以上の節約意識を向けている人も少なく...
こんなご時世こそ…40代必見「お金をかけない美容法」総点検
 40代女性は、仕事、家事、育児と本当に多忙ですよね。エステに行く時間もないので、気がつけば自分の美容なんてほったらかし...
今こそ一点投入!アラフォーに推す「刺激少なめコスメ」2品
 気候が安定しないと、お肌の調子も狂いますよね。大事な予定を控えているのに肌荒れやくすみが消えないままだとテンションもダ...
自分のカラダを「がん」から守るために正しい情報を知ること、備えること、できていますか?~10.25(火)乳がんオンラインイベント開催
 日本人女性が生涯に患う最も多いがんは何だと思いますか。「乳がん」です。2018年には新たに約9万4000人が罹患し、全...
そりゃ痩せないわ! ダイエット失敗談から学ぶ「2つの原因」
「ダイエットをしても、いつも必ず失敗してしまう」と、痩せられないことに悩んでいる人は多いようです。なぜ、みんななかなか痩...
体臭・香水など職場のスメハラ問題 賢く解消する4つの対策
 〇〇ハラスメントという言葉が流行っていますが、中でも臭いで周囲を不快にさせる「スメルハラスメント」は、センシティブな内...
「前髪切りたい」衝動の理由…伸ばしたい人必見“対処法”4選
 前髪をある日突然、切りたくなる人って案外多いと思います。伸ばしかけていたとしても、計画的ではなく「衝動的」に切ってしま...