疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2022-04-08 06:00
投稿日:2022-04-08 06:00
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて無理!」と、ついそのまま寝てしまう人もいますよね。
 そこで今回は、W洗顔不要の時短クレンジングアイテムをご紹介します。洗顔が面倒くさい時は、このアイテムで乗り切りましょう!

W洗顔不要で便利♡ 面倒くさい時の時短クレンジングアイテム4選

 それでは、W洗顔不要の時短クレンジングアイテムには、どんなものがあるのかをチェックしていきましょう!

1. 拭き取りタイプのクレンジングシート

拭くだけでOKの「クレンジングシート」(写真:iStock)
拭くだけでOKの「クレンジングシート」 (写真:iStock)

 洗顔が面倒くさい日に役立つのが、「拭き取りタイプのクレンジングシート」です。1枚1枚たっぷりとクレンジング成分が含まれているので、優しく拭き取るだけで頑固なメイクを綺麗に落とすことができます。

 さらに、クレンジング成分と一緒に保湿成分も含まれているものが多く、スキンケアまでできてしまう非常に便利なアイテムです。ただし、使い方によっては肌に摩擦などの負担がかかってしまうので、毎日使い続けるのは不向きかもしれません。

2. ウォータークレンジング

「ウォータークレンジング」とは、おもに水を主成分として作られたクレンジングアイテムです。化粧水のようにコットンに好きなだけ取り、拭き取るようにして使います。

 1枚の大きさが決まっているクレンジングシートよりも、好きな分量だけクレンジングウォーターを取ってメイクを落とせるのがメリット。多めに取って優しく拭き取れば、肌への摩擦も軽減することができますよ。

3. 洗顔フォーム

泡立てて流すだけ(写真:iStock)
泡立てて流すだけ (写真:iStock)

「洗顔フォーム」の中にも、W洗顔不要のアイテムはあります。肌がデリケートで「拭き取る系のアイテムは使えない」という人にもおすすめ。

 普通の洗顔フォームと同じように泡立てて洗い流すだけで、頑固なメイク汚れも肌の皮脂などの汚れも綺麗に落とすことができます。ただし、保湿は忘れずにしてくださいね!

4. クレンジングミルク

 拭き取るタイプのアイテムは肌に負担になるし、泡立てるのも面倒! と思う人には、「クレンジングミルク」が便利です。クレンジングミルクは、肌に優しい成分を使っているものが多く、保湿力もしっかりあります。

 顔全体に指で優しくクレンジングミルクを馴染ませたら、ぬるま湯で流すだけ。泡立てる必要もなく手軽に使えるのがメリットですね。

時短クレンジングすらも面倒くさい時の裏技は?

 時には、時短クレンジングすらも面倒くさいと感じることだってありますよね! そんな時に使える裏技をチェックしてみましょう!

マツエクとベビーパウダーで乗り切る

マツエクならアイメイクの必要なし=クレンジングなしでもOK(写真:iStock)
マツエクならアイメイクの必要なし=クレンジングなしでもOK (写真:iStock)

 毎日のクレンジングが面倒なら、マツエクとベビーパウダーでノーファンデ生活をはじめてみるのも一つの方法です。

 マツエクならマスカラとは違って、何もしなくて済みますね。また、ベビーパウダーなら、カバー力は低いにしても肌全体を綺麗に見せてくれますし、つけたまま寝ても肌に負担が少ないので、クレンジングなしでそのまま寝ることもできます。

マスクで顔を隠す

マスクしちゃえばノーメイクでもバレない(写真:iStock)
マスクしちゃえばノーメイクでもバレない (写真:iStock)

 コロナ禍で手放せなくなったマスクを、ノーメイクのカモフラージュに使う方法です。目元だけマツエクやつけまつげなどで印象付けておき、マスクの下はノーメイクで過ごします。これなら、続けるほどに肌も綺麗になっていきそうですよね。

 でも、飲食の時には、ノーメイクの顔が見られてしまうリスクがあることを覚えておいてくださいね。

時短クレンジングで面倒くさい夜を乗り越えよう

睡眠を最優先させたい時もある(写真:iStock)
睡眠を最優先させたい時もある (写真:iStock)

 人間誰しも、疲れて何もしたくない時がありますよね。そんな時は、自分に優しくしてあげてください。時短クレンジングをして布団にできるだけ早く入って体を休めたほうが、きっとお肌にもいい影響を得られるはずですよ♡

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

ビューティー 新着一覧


光熱費も気になるからやめたい! お風呂スマホのデメリットと代替案3選
 頑張った一日の最後に入るお風呂は、とても気持ちがいいですよね! 癒しや美容、健康のためにスマホを見ながら長風呂している...
風邪の正式病名って?【専門家監修】引きやすくなった要因とエキナセア
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
30代40代の間違いメイク 老け見えしないハイライト&シェーディング3選
 アラフォー世代は、年齢を重ねるにつれてたるみや肌の変化に応じたメイクを心得ておくほうが安心です。昔と同じメイクを続ける...
【MEGUMI顔になれる美容セット】現品きたー!2商品も入った豪華付録
 MEGUMIさん、年齢を重ねるごとに魅力が増していて憧れの存在です。  美容法は参考になるものが多く、同世代の方...
アラフォーの“白髪が目立たない髪型”最適解 若見えにはアレをなくす
 アラフォーにもなると、白髪に悩まされてる人が増えてきます。本数が少ないうちは、抜いたり切ったりできますが、増えるとだん...
デリケートゾーンの吹き出物発見!【医療専門家監修】自然に治るの?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「D-up」40代が買うならどれ?金欠でも欲しいプチプラコスメの“盛り力”
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
実践済み!アラフォー以上の使用満足度爆騰「美容家激推し」ブランド2選
 アラフォーやアラフィフと呼ばれる年代になって、これまで愛用していたコスメブランドの商品が「なんとなく合わない」と感じる...
臭った足で部屋に入る彼…【専門家監修】臭いの原因は2つ!日頃のケアは
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
キャプスタイルの前髪のしまい方は? “張り付いた海苔”を回避するテク6選
 キャップをかぶるときに悩むのが、前髪のしまい方。「なんだかモサっとしてしまう…」「前髪がぺちゃんこにつぶれて張り付いた...
その定番アイメイク、やらかしてます…今すぐアプデしたいダサ見え5選
 定番アイメイクテクニックには、今の時代にそぐわず、古くさくてダサい印象になるアイメイクも…。目元を華やかに見せ...
一度でもいいから足首が細くなりたい…太くなる原因&簡単対策方法3つ
 細く引き締まった足首は、女性の憧れですよね。でも、時には足がむくんで象のような足首になる人も…。  今回は足首を細く...
「綺麗なおばさんになりたい」って変ですか? 今すぐ真似したい6つの習慣
 二十歳を過ぎたらあらゆることは自己責任ですが、それは「見た目の美しさ」に関しても同じ。実際に、自分の外見や内面を磨いて...
永久脱毛って本当にずーっと生えてこない? 気になる“その後”の体験談
 最近では、一般的になってきた永久脱毛ですが、中には「まだ自己処理をしている」「痛みや信頼性が不安で永久脱毛した経験がな...
座りっぱで気づけば、おしりの汗!女性向け3つの対策と便利グッズ
 暑い夏場や座りっぱなしで過ごしている時、おしりに汗をかいてしまい「臭いやムレが気になる」と悩んでいませんか?  洋服...
彼氏やペットとの生活が幸せすぎて怖い…要因はホルモン?【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...