「もずくの天ぷら」スナック感覚でオリオンビールとご一緒に

コクハク編集部
更新日:2022-07-29 06:00
投稿日:2022-07-29 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉江美子さんに、濃厚な甘味と爽やかな香りの「もずくの天ぷら」のレシピを教えていただきました。

小麦粉は水で溶かないのがポイント

合う酒=ビール(C)コクハク
合う酒=ビール (C)コクハク

「東京の天ぷらと違って重曹がちょっとだけ入っています。フリッターっぽくてもちもちしていますね」

 衣が厚くて、玉ねぎやニンジンも入っているので、これは腹にがっつりたまります。最近の沖縄ではウスターソースをつけて、スナック感覚で食べる人が増えたそう。確かにこれはおかずではないかも。

「沖縄のもずくを使っています。このもずくは太くて天ぷらにしても大丈夫なんです。島では小さい頃からそうめんよりも、もずくを食べていましたね」

 もずくは水分が多いので、小麦粉は和食の天ぷらのように水で溶かないのがポイント。

 小腹がすいたときに、島の塩と辛めのウスターソースを用意して、オリオンビールで流し込んでみたいものです。

【材料】

・もずく(味なし) 50グラム
・ニンジン 10グラム
・玉ねぎ 10グラム
・ツナ缶(シーチキン) 5グラム
・薄力小麦粉 60グラム
・重曹 1グラム
・卵 1個
・ヨネマース(沖縄の塩) 小さじ1

【レシピ】

(1)もずくは水をよく切る。

(2)ニンジンはシリシリ器でシリシリ(千切り)にする。なければ5ミリ幅の千切りに。玉ねぎは2分の1にした後、5ミリ幅にカットする。

(3)ボウルにもずく、ニンジン、玉ねぎ、シーチキン、卵を入れ合わせる。

(4)3に薄力小麦粉と重曹を入れ満遍なく混ぜる。

(5)180度に熱した油に、カレーライススプーンで4をすくい入れる。

(6)途中ひっくり返しながら揚げる。

(7)天ぷらの中心に串を刺し、抜いた時に衣が串に付いてこなければキッチンペーパーに上げ、油を切る。

(8)皿に盛り付け、塩を添えて完成。

本日のダンツマ達人…児玉江美子さん

▽児玉江美子(こだま・えみこ)
 1953年、沖縄県石垣市生まれ。43年前に東京・江戸川区小岩に家族で移り住む。沖縄・八重山料理をはじめ、島の素材にこだわり、本場の味を再現することに尽力。店名物の八重山そばは沖縄そばより麺が細く、こまかく切った豚肉をのせるが、汁のレシピをほかに知っているのは一緒にお店を切り盛りする息子さんだけ。

▽沖縄料理 居酒や こだま
 八重山地方(石垣島など)を中心に沖縄の料理やお酒を提供する。1995年に小岩で開業。30畳もの座敷が広がるお店であぐらをかいて泡盛を傾けると、昼夜を問わず島の風が漂ってくるようだ。ほぼ毎日催されるライブも知られ、喜納昌吉、ネーネーズをはじめ多くのミュージシャンが出演。

 東京都江戸川区南小岩7-27-16 桂昇南小岩ビル2階

(日刊ゲンダイ2020年6月18日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「あさりのネギ生姜炒め」紹興酒をちびちびやれば本場の気分
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・芝浦の「中國飯店 倶楽湾」の胡 建軍さんに...
【ビアボール】炭酸飲料で割る自由なビール 2022.8.11(木)
 夏といえば、ビアガーデンですよね。ビールやクラフトビールはもちろん、まだ発売していない新商品を楽しめるビアガーデンもあ...
新発見!「岩下の新生姜」が飲み物だった件 2022.8.9(火)
 アラフォーですが、いちごオレが好きです。あの優しい甘さにほっこり癒されます。ピンクと白のパッケージもかわいいですよね。...
「上海だれの茹で鶏」肉質しっとり&うま味じゅわ~の幸せ♡
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・芝浦の「中國飯店 倶楽湾」の胡 建軍さんに...
「ソーミンちゃんぷるー」おかずにもシメにもなる懐かしい味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
【Picard】並べて焼くだけ!冷凍パン食べ比べ 2022.8.2(火)
 パンは焼きたてが一番おいしいですよね。ただ、パン屋さんから持ち帰って、しなしなになってしまったという経験はありませんか...
「ラフティー(豚の角煮)」皮つきの塊肉を仕入れて作りたい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
カルビーvs湖池屋 新作ポテチを食べてみた 2022.7.28(木)
 日本のポテチ界を牽引する、カルビーと湖池屋が7月25日に新商品を発売しました。コンビニでも…はい、この通り。仲良く並ん...
「スーチカー」塩と豚肉と脂を味わう沖縄のほったらかし料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
「ゴーヤーサラダ」美容に良さそう!生のゴーヤをマヨ和えで
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
【バーミヤン】火鍋しゃぶしゃぶで爆食い 2022.7.23(土)
 バーミヤンの「火鍋しゃぶしゃぶ食べ放題」(制限時間100分、実施有無は店舗ごとに異なる)をご存知でしょうか?  S...
「バン・チャン・ヌン(ライスペーパーピザ)」ワインで乾杯
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草の「ベトナム料理★ビストロ オーセンテ...
【KALDI】パッキーマオ 激辛バジル焼きそば 2022.7.21(木)
 7月ももうじき終わり。暑い日が続いていますが、皆様お元気ですか? こう暑いと恋しくなるのが辛いもの! 「ペヤング獄激辛...
「手羽先の唐揚げ ヌックマムだれ漬け」ビールのお供に最高
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草の「ベトナム料理★ビストロ オーセンテ...
刺身のツマで「大根もち」マストな具材は?2022.7.19(火)
 ネット上には刺身のツマの再利用として「大根もち」のレシピが数々あがっています。試してみたところ、「絶対に外せないトッピ...
「ハムとレタスとチーズの生春巻き」おうちで気軽に生春巻き
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草の「ベトナム料理★ビストロ オーセンテ...