【基本のスキンケア】物価高でケチる前に0円で見直せること

並木まき ライター・エディター
更新日:2022-06-23 06:00
投稿日:2022-06-23 06:00
 物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調子が悪くなった。ベタつきがひどい」「いつも通りお手入れをしているのに肌がかさつく」などの相談が筆者のもとには増えています。
 メイクのりが悪くなったと感じる人も少なくないようで、「肌の調子を上げるには、何を足したらいいですか?」といった質問も多く受けています。
 湿度や気温がぐんと上がりやすい今の時期は、何かを足したり変えたりする前に、基本のスキンケアを見直すことが、時短かつお手入れの満足度を上げるポイントになるケースも多いですよ。節約にもなり一石二鳥です。
 時短美容家の並木まきが、今こそ見直したい「基本スキンケアの見直し術」についてお話します。

1. 化粧水と乳液の使用量をチェック!

なんとなく肌の調子が悪い(写真:iStock)
なんとなく肌の調子が悪い (写真:iStock)

 毎日のお手入れで使う「化粧水」や「乳液」。これらのケアって基本すぎて、いつものルーティンで何気なくやっている人も少なくないかもしれません。

 肌不調を感じたタイミングでは、ひょっとすると「水分ケア」と「油分ケア」のバランスが関係している可能性もあるので、普段の化粧水や乳液の使用量をチェックしてみましょう。

 何気なくお手入れをしていると「化粧水が少なすぎ」「乳液が多すぎ」といったことが原因で、乾燥やベタつきを招いていることも少なくないんですよね。

 一般的には化粧水は「500円玉硬貨」、乳液は「10円玉硬貨」程度が適量です。ただし、化粧品のパッケージに書かれている推奨量があれば、そちらに従うのがベター。

 また、顔の大きさやその日の肌の調子によっても「いい感じ」と感じる量は異なると思うので、乾燥が気になるときは乳液を重視、ベタつきが気になるときは化粧水重視のスキンケアを意識するのもいいと思います。

 では実際の目安使用量を、写真とともに解説します。アクリル板に乗せているので、少し広がってしまっていますが、目安として参考にしてみてください。

スキンケアの「適量」ってどのくらい?

化粧水の目安量 (C)コクハク
化粧水の目安量 (C)コクハク

 化粧水の目安量はこのくらいです。アクリル板の下に影が写っていますが、上部の○くらいのサイズです。

乳液の目安量 (C)コクハク
乳液の目安量 (C)コクハク

 乳液はこのくらいが目安です。

「チェルチェル ブルーミングローション(画像右:化粧水)」と「チェルチェル エモリエントミルク(画像左:乳液)」 (C)コクハク
「チェルチェル ブルーミングローション(画像右:化粧水)」と「チェルチェル エモリエントミルク(画像左:乳液)」 (C)コクハク

 並べてみると、このくらいの違いがあります。参考までに、使用したコスメは「チェルチェル ブルーミングローション」と「チェルチェル エモリエントミルク」。

 さっぱり使用感で梅雨にも使いやすい和漢植物エキス配合の化粧水と、ベタつきにくくうるおいを感じやすい植物エキス配合の美容乳液です。化粧水と乳液の量を調整することで、自分好みのうるおい感ケアがしやすいシリーズです。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
“スキンケア迷子”必見! 更年期のワガママ肌へのご自愛ブランド3選
 40代、50代と年齢を重ねるに従って、避けて通りにくいのが更年期のあれこれ。悲しいことにお肌の状態も、体調次第で左右さ...
鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...
これはバグですか?美STの付録価格がお得すぎ。6,200円→1,480円とな
『美ST』6月号 特別版の付録は「ラブミータッチ スキンバリアナノミルク」の現品と、話題の微弱電流マスク「GENiS イ...
Tバックを試したい!意外と知らない種類&男性からの好感度5つ星評価
 40代になったら一度は試してみたいTバック! Tバックは大人の女性の魅力を引き立てて、男性からの好感度をアップするだけ...
ザラのヘアスプレー、えっ不良品!?「ZARA HAIR」セクシー髪叶うのか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
生理前のめちゃ眠気はPMSが原因?【専門家監修】PMSの原因徹底解明
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代男性が“僭越ながら”大告白!アラフォー女性の3大「痛いメイク」
 メイクや髪型の変化にネイルなど、細かい部分は見ていないようで意外とチェックしているという男性たち。アラフォー女性に対し...
40代女性が嬉しかった褒め言葉 やっぱり「肌が綺麗」に勝るものなし?
 褒め上手な人は、人間関係もうまくいっている人が多いですよね。特に40代は子育てや仕事に忙しく、人と接する機会が増える世...
「運動したくないけど痩せたい!」は可能です。夢のようなダイエット術5選
 ダイエットといえば、「運動は不可欠」だと考えている人はたくさんいるはず。でも、中には運動が大の苦手という人もいますよね...
生理中、タンポンの経血モレは膣のゆるみを疑え?セルフチェック&膣トレ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
入学式のママコーデ失敗談5つ 黒スーツ×黒ストッキングでまさかの赤っ恥
 今年も、たくさんの子供たちが入学式で新たな門出を迎えました。でも、華やかでおめでたい舞台の裏では、ママたちがどんな入学...
40女、ヒアルロン酸で若返る?12万円をほうれい線治療にブッ込んだら…
 40代の深いほうれい線を改善するために、美容クリニックを受診。カウンセリングで勧められたのは「ヒアルロン酸注入」でした...
その失敗、バレてます! 残念アイメイク&即席お直し術3選
 目元を彩るはずのアイメイクが、たまに「おや?」と思ってしまうような失敗メイクをしている方も…。 「このくらいなら...