【基本のスキンケア】物価高でケチる前に0円で見直せること

並木まき ライター・エディター
更新日:2022-06-23 06:00
投稿日:2022-06-23 06:00
 物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調子が悪くなった。ベタつきがひどい」「いつも通りお手入れをしているのに肌がかさつく」などの相談が筆者のもとには増えています。
 メイクのりが悪くなったと感じる人も少なくないようで、「肌の調子を上げるには、何を足したらいいですか?」といった質問も多く受けています。
 湿度や気温がぐんと上がりやすい今の時期は、何かを足したり変えたりする前に、基本のスキンケアを見直すことが、時短かつお手入れの満足度を上げるポイントになるケースも多いですよ。節約にもなり一石二鳥です。
 時短美容家の並木まきが、今こそ見直したい「基本スキンケアの見直し術」についてお話します。

1. 化粧水と乳液の使用量をチェック!

なんとなく肌の調子が悪い(写真:iStock)
なんとなく肌の調子が悪い (写真:iStock)

 毎日のお手入れで使う「化粧水」や「乳液」。これらのケアって基本すぎて、いつものルーティンで何気なくやっている人も少なくないかもしれません。

 肌不調を感じたタイミングでは、ひょっとすると「水分ケア」と「油分ケア」のバランスが関係している可能性もあるので、普段の化粧水や乳液の使用量をチェックしてみましょう。

 何気なくお手入れをしていると「化粧水が少なすぎ」「乳液が多すぎ」といったことが原因で、乾燥やベタつきを招いていることも少なくないんですよね。

 一般的には化粧水は「500円玉硬貨」、乳液は「10円玉硬貨」程度が適量です。ただし、化粧品のパッケージに書かれている推奨量があれば、そちらに従うのがベター。

 また、顔の大きさやその日の肌の調子によっても「いい感じ」と感じる量は異なると思うので、乾燥が気になるときは乳液を重視、ベタつきが気になるときは化粧水重視のスキンケアを意識するのもいいと思います。

 では実際の目安使用量を、写真とともに解説します。アクリル板に乗せているので、少し広がってしまっていますが、目安として参考にしてみてください。

スキンケアの「適量」ってどのくらい?

化粧水の目安量 (C)コクハク
化粧水の目安量 (C)コクハク

 化粧水の目安量はこのくらいです。アクリル板の下に影が写っていますが、上部の○くらいのサイズです。

乳液の目安量 (C)コクハク
乳液の目安量 (C)コクハク

 乳液はこのくらいが目安です。

「チェルチェル ブルーミングローション(画像右:化粧水)」と「チェルチェル エモリエントミルク(画像左:乳液)」 (C)コクハク
「チェルチェル ブルーミングローション(画像右:化粧水)」と「チェルチェル エモリエントミルク(画像左:乳液)」 (C)コクハク

 並べてみると、このくらいの違いがあります。参考までに、使用したコスメは「チェルチェル ブルーミングローション」と「チェルチェル エモリエントミルク」。

 さっぱり使用感で梅雨にも使いやすい和漢植物エキス配合の化粧水と、ベタつきにくくうるおいを感じやすい植物エキス配合の美容乳液です。化粧水と乳液の量を調整することで、自分好みのうるおい感ケアがしやすいシリーズです。

ビューティー 新着一覧


【涙活】即実践!ガッツリ泣いた後に目が腫れないテク5つ
 失恋したり、感動するドラマを見たりして大泣き……そんな日もありますよね。とはいえ、翌朝鏡を見たら、目がパンパンに腫れて...
40代が似合う「くすみを隠すメイク」ファンデに頼りすぎない
 40代になると目立ってくる「くすみ」。隠そうとして厚塗りにすると崩れるし、薄くつけても全然隠れない……。そんな悩みを抱...
マスクにメイクが付いちゃった! ぶっちゃけ変える頻度は?
 コロナ禍ではじまったマスク生活。女性にとっての一番の悩みは、メイクの汚れが付いてしまうことではないでしょうか。マスクを...
メイクアイテムの正しい使用期限、知ってる? 目元は要注意
 メイクポーチの中を定期的に掃除していますか? よく見ると、中には使用期限を過ぎている古いアイテムが入っている人も……。...
朝だけじゃダメ! 日焼け止めをメイクの上から塗り直す方法
 日焼け止めはこまめな塗り直しをすることではじめて、十分な効果を得られます。でも、メイクをしてしまったら「どうやってメイ...
おフェロ度UP「モーヴ色」メイクで40代の大人可愛いを実現!
 今、大注目の「モーヴ色」を使ったメイク。もう試しましたか? モーヴ色は、使う人を選ばない色として人気ですが、加えて40...
【0円で復活】ディオールの口紅が折れた!2022.6.30(木)
 ポッキーン。ゲットして間もないディオールの口紅が、折れてしまいました。ショック過ぎる……。  このままポイする選...
「おばさん体型」疑惑!特徴は?スリムな40代に近づく対処法
 40代を超えたあたりから、体がだんだんと「おばさん体型」になってきていると感じたことはありませんか? 今回は、おばさん...
「夏の涼しいコーデ4選」見た目&着心地グーな楽ちんスタイル
 暑い夏でも、涼しいコーデをして軽やかに過ごしたいと思いませんか? でも、単純に肌の露出を増やすのは、体型に自信がない人...
「白髪染め」失敗した! 楽しみながら戻すにはどうする?
 染めても繰り返し生えてくる白髪に、白髪染めを使っている人は多いですよね。でも、真っ黒になりすぎてしまったり、明るくした...
人に言えない「尿漏れ」問題 大きな声で笑ったら“じゅん”!
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「夏の汗対策」汗っかきさんは“冷却ポイント5つ”を覚えて!
 暑い夏、汗による悩みは尽きませんよね。メイク崩れやニオイ、汗染みなど、困っている人も多いはず。そこで今回は、悩み別に4...
「オフィスカジュアル」でデニム着用 アリorナシ線引きは?
 近年、働き方の幅が広がり「オフィスカジュアルOK」の会社も増えてきていますよね。そこで毎回のように議論になるのが「デニ...
痛くないよね?40代でも「背中開きトップス」が着たいんです
 ヘルシーで涼しげなムードが魅力的な、背中開きトップス。夏のコーデに取り入れたい気持ちがある反面「大人の女性が着るのは痛...
おうちパックで蘇る! エステ&サロン級のうるツヤ肌と髪
 人と会う機会が増え、久しぶりに再会した人から老けたと思われたくないと、肌と髪の手入れを大急ぎでしています。  エステ...