クルミの食感が楽しい「アボカドとクルミのマスカルポーネ」

コクハク編集部
更新日:2019-09-29 06:00
投稿日:2019-09-29 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・鶯谷の居酒屋「根岸 川木屋」の川木一伸さんに、濃厚食材とクルミのカリッとした食感が楽しい「アボカドとクルミのマスカルポーネ」のレシピを教えていただきました。

ねっとり濃厚な食感にカリッのアクセント

合うお酒=ウイスキー(C)コクハク
合うお酒=ウイスキー (C)コクハク

 ほんのりとした甘味を感じられるマスカルポーネは、ねっとりと濃厚な食感が特徴のクリームチーズ。塩分が少ないので、ティラミス、チーズケーキ、ムースといったデザートに使われることが多いそうです。原産はイタリアですが、川木さんは「いろいろ試してみたんですが、『雪印北海道100マスカルポーネ』が一番合いますね」とのこと。

 合わせるアボカドも「森のバター」と呼ばれる濃厚な食材。カリフォルニアロールの具材などに使われ、醤油との相性もばっちり。甘じょっぱいつくだ煮とも合いますよ。そこにカリッという歯応えのクルミを加えるところに、食感のアクセントにこだわる川木さんらしさを感じます。

「ほかの店に食べに行った時、マスカルポーネとアボカドに甘納豆を合わせたメニューがあったんです。それもおいしかったんですが、食感が似通った食材ばかりで、ナッツ類の方が面白いと思ったんですね」

 豊かな味わいのウイスキーと一緒にどうぞ。

【材料】

・アボカド  2分の1個
・マスカルポーネチーズ 大さじ3
・クルミとコウナゴのつくだ煮 アボカドの3分の1の量

【作り方】

1. ボウルにアボカド、マスカルポーネチーズ、クルミとコウナゴのつくだ煮を入れ、混ぜ合わせる。
2. 皿にバルサミコソース(分量外)を細いラインを書くように敷き、①を盛り付ける。

※バルサミコソースの作り方 
 小鍋にバルサミコ酢と蜂蜜(3対1の割合)を入れて弱火にかけ、3分の1の量になるまで30分ほど煮詰める。火からおろすタイミングを間違えると、ソースが緩くなったり硬くなったりするので慎重に。

本日のダンツマ達人…川木一伸さん

▽かわき・かずのぶ
 1963(昭和38)年10月1日、東京生まれ。大卒後、8年間のサラリーマン生活を経て、父親が始めた「西日暮里 鳥のぶ」を引き継ぐ。新鮮な地鶏の刺し身と一年中食べられる生かきが評判となり、同店を予約の取れない人気店に押し上げた。

▽根岸 川木屋
 日本酒をメインにした「西日暮里 鳥のぶ」の2号店。本店で評判の「地鶏刺六点盛合せ」「生かき」のほか、鮮魚の刺し身、バルサミコ酢やゴルゴンゾーラをソースに使った創作料理などで左党を魅了する。締めのカツサンド、パスタも絶品。
台東区根岸3―11―5
℡03・6883・3344

(日刊ゲンダイ2017年11月28日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「豚肩ロースで作るふわトロ角煮」煮込み1時間の時短レシピ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
色鮮やか!「季節野菜のピクルス」は下準備とスパイスが肝
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
大人のティラミス 2021.9.24(金)
 今回は「大人のティラミス」レシピを紹介していきたいと思います! 前回のアマトリチャーナに引き続き、本格イタリアンのお料...
「ブロッコリーのアーリオ・オーリオ」茹で時間は1、2分でOK
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
「たっぷりキノコのアヒージョ」キノコは“事前に冷凍”がコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
「ジャガイモのアンチョビーマヨネーズ」至福の無限ループ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
ピーマンと豚肉好きにはたまらないレシピ 2021.9.21(火)
 この夏、ピーマンの料理をたくさん食べました。一時期、台風などの悪天候が重なり高騰したこともありましたが、それでも手頃で...
ふんわりホットケーキの作り方  2021.9.19(日)
 毎回なんとなーく焼いてしまっているホットケーキ。ふと、メーカーの最新レシピを読んでみると、いつもの焼き方がすでに古くな...
子供にも人気「牛肉の甘辛煮」弱火で30分煮込んでトロトロに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
辛さ再び! ペヤング「獄激辛麻婆」を実食 2021.9.17(金)
 まるか食品さんがまたやってくれました。今回の「極激辛シリーズ」は「麻婆やきそば」です。9月に入ってなんだか急に肌寒くな...
「ガーリックライス」最後に特性ソースでジュジュジューッと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「チキングリル」面倒でも料理酒か白ワインで蒸すのが大事!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
サシがとろり「リブステーキ」 焼く前に常温で20〜30分置く
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
ひき肉だけで作る「つなぎなしハンバーグ」 ソースが絶妙!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「柴漬けアーリオ・オーリオ」ワインに合う人気賄いメニュー
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
自家製「鶏ハム」超簡単なのにしっとり&うま味じんわり!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...