オイルクレンジングは肌に悪いの?毛穴レスを叶える使い方♪

コクハク編集部
更新日:2019-08-17 06:00
投稿日:2019-08-17 06:00
 メイクや皮脂汚れを落とすクレンジングの中でも、落ちやすくお風呂でも手軽に使えるのが「オイルクレンジング」。でも、「オイルクレンジングは肌に悪い」なんて噂も相変わらずありますし、実のところはどうなのでしょうか? 併せて、毛穴をスッキリさせる上手な使い方もご紹介します。

オイルクレンジングが肌に悪いと言われるワケを検証!

 ばっちりメイクもウォータープルーフでもするっと落としてしまう、クレンジングオイル。日々活用している方、多いですよね。でも、その反面、肌に負担をかけると言われるのも事実。まずは、その真偽を検証してみたいと思います。

「クレンジング」は少なからず肌に負担となる

 オイルクレンジングに限ったことではないのですが、そもそも「クレンジング」は、少なからず肌への負担になることをご存知ですか? なぜなら、クレンジングには「界面活性剤」が配合されているから。

 この界面活性剤とは、油性と水性のように本来であれば混ざりにくいものを混ぜ合わせるための物質のこと。言ってみれば、洗剤のようなものなのです。

でも、洗顔料では油性の汚れは落とせない

 クレンジングが肌に負担になるなら、「洗顔だけでメイクを落とせば良いんじゃない?」と思ってしまいますが、これもNG。実は、メイクや皮脂のような油性の汚れは、埃や汗のような水性の汚れを落とす洗顔料だけでは落とせないからです。

 W洗顔をするのは面倒だと思う方も多いですが、クレンジングで油性の汚れを落とした後に、洗顔料で水性の汚れを落とす、という行程は美肌作りには欠かせない行程なのです。

正しく使って最低限の負担でクレンジングを行うことが大切

 洗浄力が高い分、肌への負担が大きいと思われがちなオイルクレンジングですが、実は擦らずに素早くメイクを落とせる分、正しく使えば肌への負担が少ないとも言われています。

 ただし、敏感肌など肌が弱くてオイル自体が合わないという方は、洗浄力が弱いものの肌負担が少ないクリームやバームタイプなどを使用した方が良いかもしれません。

毛穴までスッキリ! オイルクレンジングを効果的に使うポイント!

 オイルクレンジングは洗浄力が高くて手軽にメイクを落とせると思われがちですが、実は使用するにあたっていくつか気をつけたいポイントがあります。これは、効果的に使うためのテクニックでもあるので、ぜひこの機会にチェックしてください。

ポイントメイクは先に落としておく

 どんなに洗浄力に優れたオイルクレンジングでも、ポイントメイクはどうしても落ちにくいもの。時間がかかったり、ゴシゴシと擦ったりしてしまいがちなので、目元や口元のポイントメイクは専用リムーバーを使って先に落としておくのが◎。肌への負担も減らせます。

乾いた手で乾いた顔に使う

「濡れた手でも使える」と謳われているオイルクレンジングですが、オイルに水が混ざると洗浄力が落ちてしまうため、基本的には乾いた手で乾いた顔に使うのが正しい使い方。

 毛穴の中にメイク汚れが残って肌トラブルの原因となるため、必ず守るようにしましょう。

オイルを温めてから肌に塗る

 オイルクレンジングを適量手のひらに出したら、手のひら全体にオイルを伸ばして温めましょう。この一手間で、オイルが柔らかく変化してメイクに馴染みやすくなります。手が冷たい場合には、事前にお湯で温めるなど工夫をしてみると良いですね。

 また、オイルクレンジングの「適量」をしっかり守るのも大切なこと。オイルはテカりやすいイメージがあるので使用量を少なくしてしまう方も多いですが、肌への摩擦が起こる原因になるため、各製品の用法に従って適量を使うようにしましょう。

薬指でクルクル!決して擦らない

 オイルクレンジングを顔全体に馴染ませたら、優しくメイクを落としていきましょう。ポイントは、一番指の力が弱い「薬指」を中心に使ってクルクルと円を描くようにすること。細かい部分のメイクも、しっかり落とすことができます。

 特に目の周りや頬など、皮膚が薄いデリケートな部分はより丁寧に優しく!ですよ。

正しく「乳化」させる

 オイルクレンジングで一番大切な行程、それが「乳化」です。乳化というのは、オイルに少量の水を混ぜて、油分と水分を混ぜ合わせること。

 オイルがメイクに馴染んだら数滴の水を手のひらに取り、顔を撫でるようにします。顔全体が白くなったら、乳化が完成。毛穴に残ったメイク成分を浮かせて、すっきりと洗い流しやすくする効果があるので、忘れずに行うようにしましょう。

ぬるま湯でしっかりと洗い流す

 乳化後にはぬるま湯を使って、最低でも30回以上はすすぎを行います。

 この時大切なのは、お湯の温度!冷たすぎるとオイルが凝固してメイクが残ってしまいますし、熱すぎると肌の乾燥の原因となってしまいます。体温より少し低めの温度に設定して、生え際まで丁寧に洗い流しましょう。

1分以内でクレンジングを終わらせる

 上記でご紹介したように、クレンジングはメイクを落とすための必須スキンケアですが、少なからず肌への負担が起こってしまうのが難点。

 そのため、クレンジングにかける時間は、1分以内を目安に行うことが肝心!その後は速やかに、洗顔を行ってください。

オイルクレンジングは優しく素早く! 毛穴レス肌を目指して♪

 オイルクレンジングは濃いメイクでも素早くメイクオフできるというメリットがある反面、正しく使わないと肌への負担となってしまうというデメリットがあります。とにかく「優しく素早く」、クレンジングを心がけるようにしましょう。

 でも本当の理想は、肌のコンディションやメイクの濃さに合わせて、クレンジングの種類を変えること! 毛穴汚れが気になる時だけオイルを使って、他は負担が少ないクリームタイプを使う、など、肌の様子を見ながら自分に合ったスキンケアアイテムを探していけると良いですね。

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

ビューティー 新着一覧


美容医療は不要かも!40代美容家の肌悩みを救う“夏ガチ愛用コスメ”3選
 毎年、梅雨入り前後から「毛穴」「くすみ」「部分テカリ」の三重苦に悩む私は、夏本番に備え、デイリーコスメを見直しています...
遠心顔さんも大人っぽく…!コンプレックスを解消する4つのメイクテク
 第一印象の決め手となる顔は、パーツの特徴や位置で大きく雰囲気が変わりますよね。でも、大人っぽく見える「求心顔」や幼く見...
生理が来ない47歳女、婦人科で「閉経診断」。更年期の揺らぎって何?
 今年に入って生理が来ない月が増え(どちらかといえば順調に来ているほうでした)、婦人科クリニックで血液検査を行ったところ...
夏こそボディクリームを塗るべき理由 暑くてパス→肌の砂漠化待ったなし
 夏、部屋のクーラーはもちろんつけているのにお風呂上がりに吹き出す汗…。そんな状態でボディクリームを塗るのには、なんとな...
【薬剤師監修】Q.性交中の出血が不安です。原因とセルフチェック法は?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
40代、体のライン崩壊! 自然にごまかせる水着のデザイン&選び方3カ条
 40代になると代謝が下がりがちになり、体型に自信がなくなる人が増えますよね。でも、子育て世代の40代は、プールや海水浴...
ぐっしょり…夏の大敵「汗染み対策」脇汗滝汗でも目立たない色や素材は?
 最近暑さが増してきて、もう夏は目の前。夏のお悩みといえば、洋服の汗染みですよね。外をちょっと歩いただけで、脇や背中がぐ...
1本660円~でぷっくり唇!40代美容家も“質感”納得、プチプラリップ3選
 口紅は毎日使うものだからこそ、自分に似合う色を選びたいだけでなく、トレンドを意識したテクスチャーにも注目したいところ。...
【まつ育ルポ】まつ毛にも老化の波…40代お疲れ目元をどうにかしたい!
 まつ毛のカールに欠かせないビューラー。くいくいっと動かした後、ビューラーのゴム部分を見ると大事なまつ毛1本、2本と付着...
キャンメイクのアイライナーに盲点…苦手な40女が目元に引くとこうなる
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
【直撃】「死んだ方がマシ」がん患者の拒否で悲痛の決意! 東大医師が女性器形成に力を注ぐワケ
 名器整形など、下半身に特化した医院「ヴェアリークリニック」。前編では実際に受けた有名人のお話しや、手術の種類などについ...
【直撃】三上悠亜や有名女優を名器に!密かなブーム「下半身整形」気になるあれこれを人気医師に聞いた
 有名人のお顔や体の整形公表は今や珍しくはありませんが、いまだ公表を憚られるパーツ、それがデリケートゾーンではないでしょ...
「地味な顔だから似合う服」足して引いてパッと華やぐコーディネート術
 地味な顔立ちの人は自信を持てなかったり、自分の良さを上手に表現し切れなかったりすることがあります。でも実は、地味な顔に...
40代女性は口ヒゲ注意!? 案外見られている口周りのムダ毛処理法&注意点
 40代女性は仕事や家事、育児などに忙しい年代です。とはいえ、自分に使う時間が少なくても「最低限、ムダ毛処理くらいはちゃ...
化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...
小ジワもたるみも無問題!美容家ベタ惚れ“高発色”プチプラアイカラー3選
 40代、50代…と年齢を重ねるにつれ「アイシャドウの色がのらない…」と感じてはいませんか?  悲しいけれど大人世...