「マラケシュのポテサラ」4種のスパイスが食欲を刺激する!

コクハク編集部
更新日:2020-04-10 06:00
投稿日:2020-04-10 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神保町のバル「Bal Marrakech」の中島正敬さんに、家庭でも簡単に作れる「マラケシュのポテサラ」のレシピを教えていただきました。

店名を冠した王道定番メニュー

合う酒=スパークリングワイン、軽めの白ワイン、スコッチのソーダ割り(C)コクハク
合う酒=スパークリングワイン、軽めの白ワイン、スコッチのソーダ割り (C)コクハク

 学生街で出版社が多いこともあって、飲食激戦区といわれる神田神保町。カレー? たしかに名店揃いです。餃子で一杯? 安定したおいしさです。ビアホールで“メダハン”も捨てがたいうえに実力派の酒場も点在しているわけですが、スパイスに特化した店は唯一無二ではないでしょうか。

 まずは、店の名前を冠した王道定番メニュー。家庭でも簡単に作れるようアレンジされたものですが、マヨネーズの力を借りずにこんなにコクが出せるとは。クリームチーズとヨーグルトの組み合わせは風味はさることながら、口当たりもなめらか。4種のスパイスを調合したモロッコパウダーは香りや見た目からも食欲を刺激し、これからの季節にもってこいです。

【材料】

・じゃがいも(メークインがおすすめ) 400グラム(2~3個)
・赤玉ねぎ 50グラム(4分の1個)
・塩 10グラム
・黒コショウ 少々
・無糖ヨーグルト 50グラム
・ナンプラー 10グラム
・クリームチーズ 60グラム
・モロッコパウダー 適量
 (パプリカパウダー15グラム、チリパ ウダー10グラム、ガラムマサラ2グラム、 クミンパウダー1グラムを混ぜ合わせ たもの。作りやすい最少グラム数 で計28グラム分できる)
・刻みパセリ 適量

【レシピ】

1. 皮をむいたじゃがいもを3センチ角に切る。鍋に水、じゃがいもを入れ、弱火で竹串がすっと通るまで40~50分ほど茹でる。
2. 赤玉ねぎはスライスして水に10分ほどさらし、ペーパータオルなどで水分をしっかり拭き取る。
3. 1が茹で上がったらザルに上げてしっかりと水気を切り、ボウルに移して塩、黒コショウを入れてまぜ合わせる。
4. 粗熱の取れた3に2、無糖ヨーグルトを加えてまぜる。クリームチーズとナンプラーを合わせ、冷蔵庫で冷やす。
5. 皿に盛り、モロッコパウダーと刻みパセリを振りかけて出来上がり。

本日のダンツマ達人…中島正敬さん

▽Bal Marrakech(バル マラケシュ)
 似たり寄ったりで飽き飽きとしてきたワイン酒場に活を入れるべく、2012年11月、飲食事業等を展開する「夢屋」によってオープン。今回レシピを教えてくれた中島正敬シェフをはじめ、気さくに出迎えてくれる。

 店名のマラケシュは映画「カサブランカ」からイメージして名づけられた。どこか遠くの異国情緒を感じさせる料理の数々は、匂いで、味で、余韻で、ガツッと残る唯一無二の「スパイス×フレンチ」(自家製パンにもスパイスのこだわりが……)。地中海や黒海周辺の珍しい国々のワインやビールが揃っており、迷ったらソムリエの小島啓太郎店長に相談すべし! 東京都千代田区神田神保町1―35。

(日刊ゲンダイ2019年5月28日付記事を再編集)

フード 新着一覧


「豚肩ロースで作るふわトロ角煮」煮込み1時間の時短レシピ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
色鮮やか!「季節野菜のピクルス」は下準備とスパイスが肝
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
大人のティラミス 2021.9.24(金)
 今回は「大人のティラミス」レシピを紹介していきたいと思います! 前回のアマトリチャーナに引き続き、本格イタリアンのお料...
「ブロッコリーのアーリオ・オーリオ」茹で時間は1、2分でOK
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
「たっぷりキノコのアヒージョ」キノコは“事前に冷凍”がコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
「ジャガイモのアンチョビーマヨネーズ」至福の無限ループ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
ピーマンと豚肉好きにはたまらないレシピ 2021.9.21(火)
 この夏、ピーマンの料理をたくさん食べました。一時期、台風などの悪天候が重なり高騰したこともありましたが、それでも手頃で...
ふんわりホットケーキの作り方  2021.9.19(日)
 毎回なんとなーく焼いてしまっているホットケーキ。ふと、メーカーの最新レシピを読んでみると、いつもの焼き方がすでに古くな...
子供にも人気「牛肉の甘辛煮」弱火で30分煮込んでトロトロに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
辛さ再び! ペヤング「獄激辛麻婆」を実食 2021.9.17(金)
 まるか食品さんがまたやってくれました。今回の「極激辛シリーズ」は「麻婆やきそば」です。9月に入ってなんだか急に肌寒くな...
「ガーリックライス」最後に特性ソースでジュジュジューッと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「チキングリル」面倒でも料理酒か白ワインで蒸すのが大事!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
サシがとろり「リブステーキ」 焼く前に常温で20〜30分置く
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
ひき肉だけで作る「つなぎなしハンバーグ」 ソースが絶妙!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「柴漬けアーリオ・オーリオ」ワインに合う人気賄いメニュー
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
自家製「鶏ハム」超簡単なのにしっとり&うま味じんわり!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...