「白インゲン豆の冷たいスープ」暑い日に食べたい冷たい前菜

コクハク編集部
更新日:2020-04-30 06:16
投稿日:2020-04-30 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋のビストロ「スリジィエ」の山本延年さんに、クリーミーな「白インゲン豆の冷たいスープ」のレシピを教えていただきました。

食材3つで深いコク

合う酒=白ワイン(C)コクハク
合う酒=白ワイン (C)コクハク

 これから来月にかけては沖縄から順に、西から梅雨入りしていきます。ジメジメと暑くなると、食欲が落ちますが。そんなときに重宝するのが、冷たい前菜。中でも、これはスープだから、サラッといけます。

「調理は、炒めて煮るだけですから簡単です。コツは、玉ネギの炒め方。玉ネギが透き通れば完成です」

 カレーを作るように茶色くなるまで炒めたら、せっかくの白さが台無しです。火にかけるのは、サッとで大丈夫。

「水とブイヨンを加えて煮ます。インゲンが軟らかくなったら冷ましてミキサーにかけます。あとは生クリームを加えるだけです」

 食材は、インゲンと玉ネギと生クリームの3つのみ。インゲンと玉ネギがほどよく撹拌され、ちょうどいい飲み心地。さっぱりとしながら、十分なウマミがあるのは、ブイヨンのウマミに豆と野菜の甘味、そして、生クリームのコクが重なっているからでしょうか。

「そうですね。生クリームは、動物性でないと深みが出ません」

 クルトンが食感のアクセントになっています。冷蔵庫で3日は保存が利くそうです。数品並べれば、それはそれはぜいたくなおツマミになりますね。

【材料】

・白インゲン豆 100グラム
・新玉ネギ 4分の1個
・水 600㏄
・固形ブイヨン 半分
・動物性生クリーム 100グラム
・クルトン 適量
・オリーブ油 適量

【レシピ】

1. 新玉ネギをスライスする。白インゲン豆は下茹でせず、オリーブ油で玉ネギと一緒に炒める。
2. 分量の水と固形ブイヨンを加えて、2~3分煮る。
3. 冷めたら、ミキサーにかけてピューレ状になったら、生クリームを加えてしっかり冷やしたら出来上がり。

本日のダンツマ達人…山本延年さん

▽やまもと・のぶとし
 パレスホテルをはじめ東京の銀座や京橋のフレンチレストランで12年間修業。ホテル勤務時代は、本場フランスでも腕を磨く。

▽ビストロ・スリジィエ
 2005年に東京・新橋の烏森神社参道に開いたカウンター・ビストロ。3400円で魚と肉のメインがつくコース料理は、ビストロ価格ながら、レストラン並みの一皿一皿で軽い接待にも使える。東京都港区新橋2―15―17。

(日刊ゲンダイ2019年5月11日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「枝豆の中国風おつまみ」口に入れた瞬間スープがジュワッと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、2年連続でミシュランのビブグルマンに輝いた大阪...
「しいたけと食べるラー油のオーブン焼き」食感に秘密あり!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木のイタリアンレストラン「ラ・ブリアン...
「長芋タンドリー」めでるように育てながらじっくり焼いて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木のイタリアンレストラン「ラ・ブリアン...
「ネクストなハムカツ」サラミを使って驚くほどジューシーに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木のイタリアンレストラン「ラ・ブリアン...
日本酒と相性抜群「魚のワンタン」白身魚ならなんでもOK!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・芝大門のダイニングバー「都映」の水谷大輔さ...
可愛すぎる! ホットケーキミックスでアメリカンドッグ!!
 年明け1回目は人気のホットケーキミックスを使ったレシピをご紹介します! 引き続き、おうちでごはんを作る機会も多くなると...
ぐっち夫婦 2021-01-17 06:00 フード
「チーズトマトの包み焼き」アンチョビーを加え洋風なコクを
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・芝大門のダイニングバー「都映」の水谷大輔さ...
「ピカパウ」濃厚&サッパリのポルトガル定番スナックフード
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・代々木公園のポルトガル料理店「クリスチアノ...
「じゃがいもとワサビ漬けのバター炒め」加熱でうま味際立つ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・代々木公園のポルトガル料理店「クリスチアノ...
「塩茹でエビ」軽く茹でるだけ…でも異様なまでに甘い驚き
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・代々木公園のポルトガル料理店「クリスチアノ...
コッテリ&さっぱり「牛テール焼とパクチーのサラダ仕立て」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・八丁堀「もつ鍋 割烹 鶏しおそば 竹井幸彦...
「若鶏のラタトゥイユスタイル」味わいと歯ごたえのバランス
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・八丁堀「もつ鍋 割烹 鶏しおそば 竹井幸彦...
食感の対比が楽しい「国産和牛もつのガーリックバター炒め」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・八丁堀「もつ鍋 割烹 鶏しおそば 竹井幸彦...
パーティにぜひ!朝仕込みで簡単に作れるタンドリーチキン
 12月になるとチキンが食べたくなる……そんなことありませんか? そこで今回は朝に仕込むことでおいしく仕上がる、大人も子...
ぐっち夫婦 2021-01-18 20:19 フード
「ラム酒の入ったフレンチトースト」ラムで風味を付ける口福
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・月島の日本料理店「食堂 ユの木」の土屋為芳...
「酒盗マヨネーズ」罪深い美味しさの秘密は“4対1”の黄金比率
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・月島の日本料理店「食堂 ユの木」の土屋為芳...