30代からの基本のシミ対策!原因を知って正しいケアを♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-04-28 06:00
投稿日:2020-04-28 06:00
 30代を過ぎると、肌のトラブルに悩む女性も増加傾向。中でも、「肌のくすみ」や「シミ」で悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。そこで今回は、シミの原因と正しいケア方法を詳しくご紹介します。早めのケアでキレイな美肌を手に入れましょう!

30代女性の肌悩み「シミ」のおもな5つの原因  

隠すよりも「予防」を(写真:iStock)
隠すよりも「予防」を (写真:iStock)

 シミには正しいケアも大切ですが、原因を知り、できる前に「予防」することもとても大切。シミ対策を始める前に、シミができるおもな5つの原因を知っておきましょう。

1. 紫外線

 シミの一番の原因は、「紫外線」です。「UVケアは夏だけでいい」と思っている人も多いかもしれませんが、それは大きな間違い!紫外線は1年中地上に降り注いでいるため、ケアをしないと肌にダメージは溜まってしまいます。

「日焼けした小麦色の肌」に憧れる方も多いと思いますが、シミ対策をしたいのであれば我慢も必要!数年後の肌状態が格段に変わってくるはずです。

2. 乾燥

 紫外線によってダメージを受けた肌は、いつも以上に乾燥しやすい状態。肌が乾燥していると、紫外線によってできたシミが、さらに増加しやすい環境を作ってしまいます。

 シミを増やさないためには、日々の保湿ケアが重要です。UVケアに手を抜きがちな秋冬は、肌が最も乾燥しやすい季節なので注意しましょう。

3. 女性ホルモンの変化

 女性ホルモンが乱れてしまうと、シミの原因となる「黒色メラニン」の生成が高まると考えられています。ですから、妊娠中や出産後、生理不順や更年期など、女性ホルモンが乱れる時期はシミが増加する可能性が高くなります。

4. 活性酸素

 活性酸素には、体内に入った細菌やウィルスをなどの有害物質を分解してくれるという長所があるとされています。しかし、体内で脂質と結合してしまうと、細胞を「酸化」させてしまう短所も兼ね備えてしまいます。

 皮膚が酸化してしまうと、肌の弾力がなくなりシミやシワが起こりやすくなります。

5. ケガや虫刺されの跡

 肌の炎症によってメラノサイトが刺激され、シミの原因になることがあります。意外と見落としがちなのが、ケガや虫刺されの跡です。

 ケガや虫刺されは無理にかさぶたを剥がしたり、掻いたりしないようにしましょう。ニキビも、絶対に潰さないようにすることが肝心です。

30代からシミを予防する正しい4つのケア

肌の内外からビタミンCをチャージ(写真:iStock)
肌の内外からビタミンCをチャージ (写真:iStock)

 30代からのシミ対策は、「シミを予防する正しいケア」をマスターすることが成功のカギになります。シミの原因を理解すれば、正しい予防法も見えてくるはず。「絶対にシミを作りたくない!」という人のための4つの予防法を見ていきましょう。

1. 美白成分が入っている化粧品を使う

 30代からのシミ対策には、美白成分が含まれている化粧品でしっかり保湿することが大切です。美白成分は、美白効果以外にも肌のキメを整えたり、メラニンの生成を抑える効果もあります。

 肌のキメが整うことで、顔全体の「透明感」がアップします。「キレイな白い肌」を手に入れるために、美白化粧品で日々のスキンケアをしましょう。

2. ビタミンCを積極的に摂取する

 シミ対策には「ビタミンC」が効果的だと言われています。しかし、ビタミンCは体内で作ることができないため、食事や飲み物で摂り入れなくてはいけません。

 肌外部からのケアとして、「ビタミンC誘導体」が含まれる化粧品もシミ対策におすすめです。体の内側と外側からダブルでケアすることで、より効果が期待できるでしょう。

3.日焼け対策を徹底する

 シミの一番の敵は「紫外線」、日焼けは絶対に避けましょう。紫外線は夏だけでなく、毎日のケアがとても大事なポイントになります。

 顔はもちろんですが、紫外線が当たる場所には日焼け止めを塗ったり、帽子やサングラス、日傘などのアイテムを取り入れて徹底的にシミを予防しましょう。

4. 栄養バランスの良い食事と質の良い睡眠

 栄養バランスの悪い食事や睡眠不足は、肌の「酸化」を進めてしまう可能性も。酸化を防止するためにも、今一度自分の生活を見直してみましょう。

 化粧品でのスキンケアも大事ですが、生活習慣の見直しもシミ予防に繋がりますので、是非実践してみてくださいね。

5. 適度な運動

 代謝が悪いと肌のターンオーバーが正常に行われなくなるため、シミができやすい肌に。シミを予防するためには、血の巡りを良くして代謝をアップさせる必要があります。

 ウォーキングなど、自分に合った無理のない運動を心がけましょう。「むくみ」が気になる人は、マッサージもおすすめですよ。

30代でも間に合う!正しいシミケアで美肌を手に入れよう♪

透明感のある美肌を目指そう(写真:iStock)
透明感のある美肌を目指そう (写真:iStock)

 30代からのシミ対策で重要なことは、できる前に予防すること。そのためには、シミの原因を知ることと、日々のスキンケアがとても大切です。

 今回ご紹介した「シミを予防する正しいケア方法」をしっかりマスターして、透明感のある最高の美肌を手に入れましょう!

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


40代が似合う「くすみを隠すメイク」ファンデに頼りすぎない
 40代になると目立ってくる「くすみ」。隠そうとして厚塗りにすると崩れるし、薄くつけても全然隠れない……。そんな悩みを抱...
マスクにメイクが付いちゃった! ぶっちゃけ変える頻度は?
 コロナ禍ではじまったマスク生活。女性にとっての一番の悩みは、メイクの汚れが付いてしまうことではないでしょうか。マスクを...
メイクアイテムの正しい使用期限、知ってる? 目元は要注意
 メイクポーチの中を定期的に掃除していますか? よく見ると、中には使用期限を過ぎている古いアイテムが入っている人も……。...
朝だけじゃダメ! 日焼け止めをメイクの上から塗り直す方法
 日焼け止めはこまめな塗り直しをすることではじめて、十分な効果を得られます。でも、メイクをしてしまったら「どうやってメイ...
おフェロ度UP「モーヴ色」メイクで40代の大人可愛いを実現!
 今、大注目の「モーヴ色」を使ったメイク。もう試しましたか? モーヴ色は、使う人を選ばない色として人気ですが、加えて40...
【0円で復活】ディオールの口紅が折れた!2022.6.30(木)
 ポッキーン。ゲットして間もないディオールの口紅が、折れてしまいました。ショック過ぎる……。  このままポイする選...
「おばさん体型」疑惑!特徴は?スリムな40代に近づく対処法
 40代を超えたあたりから、体がだんだんと「おばさん体型」になってきていると感じたことはありませんか? 今回は、おばさん...
「夏の涼しいコーデ4選」見た目&着心地グーな楽ちんスタイル
 暑い夏でも、涼しいコーデをして軽やかに過ごしたいと思いませんか? でも、単純に肌の露出を増やすのは、体型に自信がない人...
「白髪染め」失敗した! 楽しみながら戻すにはどうする?
 染めても繰り返し生えてくる白髪に、白髪染めを使っている人は多いですよね。でも、真っ黒になりすぎてしまったり、明るくした...
人に言えない「尿漏れ」問題 大きな声で笑ったら“じゅん”!
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「夏の汗対策」汗っかきさんは“冷却ポイント5つ”を覚えて!
 暑い夏、汗による悩みは尽きませんよね。メイク崩れやニオイ、汗染みなど、困っている人も多いはず。そこで今回は、悩み別に4...
「オフィスカジュアル」でデニム着用 アリorナシ線引きは?
 近年、働き方の幅が広がり「オフィスカジュアルOK」の会社も増えてきていますよね。そこで毎回のように議論になるのが「デニ...
痛くないよね?40代でも「背中開きトップス」が着たいんです
 ヘルシーで涼しげなムードが魅力的な、背中開きトップス。夏のコーデに取り入れたい気持ちがある反面「大人の女性が着るのは痛...
【基本のスキンケア】物価高でケチる前に0円で見直せること
 物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調...
おうちパックで蘇る! エステ&サロン級のうるツヤ肌と髪
 人と会う機会が増え、久しぶりに再会した人から老けたと思われたくないと、肌と髪の手入れを大急ぎでしています。  エステ...