チークとハイライトでメイク力アップ♡役割&効果的な使い方

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-06-18 06:00
投稿日:2020-06-18 06:00
 メイクにはさまざまなアイテムがあり、それをどう使いこなすかによって仕上がりが変わってきます。今回のテーマである「チーク」と「ハイライト」は、まさにその仕上がりに差が出るポイント。そこで今回は、この2つの優秀アイテム、チークとハイライトの役割&使い方についてたっぷりご紹介します。

チークの役割&効果的な使い方! メイクの印象を変えるポイント

実は仕上がりの印象を大きく変えるアイテム(写真:iStock)
実は仕上がりの印象を大きく変えるアイテム (写真:iStock)

 メイクの際にチークを使うかどうかは、人によって好みが分かれるでしょう。「チークはあまり重視しない」という人も多いですが、チークは使い方次第でメイク全体の印象を変えることができるんですよ♪ まずは、役割&効果的な使い方を見ていきましょう。

チークの役割

 チークの大きな役割は、血色を良く見せてメイクを華やかに仕上げることにあります。そして、顔に立体感を出すことができるため、日本人に多い「平面顔」をメリハリのある顔に見せてくれます。また、入れる位置によって可愛らしい or 大人っぽい印象にすることができるため、コンプレックスをカバーしてくれる効果も得られるでしょう。

チークの種類&特徴

 チークは大きく分けると3種類に分かれます。どんな種類のチークを使うかによっても仕上がりが変わってくるため、ひとつずつチェックしていきましょう。

・パウダータイプ

 もっともポピュラーなのが、このパウダータイプ。サラサラとした質感でメイク持ちがよく、マット感のある明るい発色をキープできます。量を調節しやすくムラになりにくいため、初心者にもおすすめ。

・リキッドタイプ

 リキッドタイプのチークは、潤いのある、みずみずしい仕上がりになります。少量でもはっきりと発色するのが特徴。水分量が多いため、乾燥が気になる方でも安心して使用できるでしょう。

・クリームタイプ

 しっとりとした質感のクリームタイプは、ツヤ感や血色感を出したい時に適したチークです。肌馴染みが良く、自然な発色を求めている方におすすめです。

チークの適量

 チークの適量はタイプによっても異なります。パウダータイプはブラシにチークをつけたら、一度ティッシュで軽く粉を払い肌に乗せることで、最適な量を調整することができます。

 クリームタイプやリキッドタイプの場合には、手の甲に一度乗せてから、指の腹を使ってポンポンと少しずつ肌に付けることで、濃さを調節することができます。直接頬にチークを付けると色ムラができやすいため、注意しましょう。

カラーによる仕上がりイメージ

 チークのカラーによっても、仕上がりの印象は変わってきます。

 女性らしく可愛らしい印象を作りたいのであれば「ピンク系」。血色の良い肌を演出できます。また、ピンク系と併せて万能なのが「レッド系」。ガーリーな印象にもクールな印象にもなります。派手になりがちなので色の濃さは調節が必要ですが、メイクの幅をぐっと広げることができるでしょう。

 元気なイメージに仕上げたければ「オレンジ系」がおすすめ。肌色が濃い人に似合う色として知られていますが、色白の人でも相性は悪くありません。健康的な魅力を引き出してくれるため、気分や印象を変えたい時に上手に使うと良いでしょう。

 大人っぽく仕上げたいのであれば「ブラウン系」。ナチュラルメイクによく合い、落ち着いた雰囲気に仕上げてくれます。また、シェーディングとして使うことで、小顔に見せる効果もありますよ。

顔型別チークの使い方

 チークを付ける場所は、小鼻と耳の中央を結んだ線上と、黒目の外側を垂直に下ろした線上が交わる位置につけます。

 これを基本に、面長さんは頬骨よりも下の部分に横長の楕円上に、丸顔さんは頬骨の高い位置からこめかみに向かってスッと斜めに入れましょう。逆三角形さんは、基本場所から外側に向かって円を描くように入れるのがポイントです。

ハイライトの役割&効果的な使い方!小顔を目指すポイント

なりたい顔に合わせて質感とカラーを選んで(写真:iStock)
なりたい顔に合わせて質感とカラーを選んで (写真:iStock)

 次は、ハイライトの紹介です。ハイライトというと「難しそう」という印象がありますが、上手に取り入れることができれば、小顔効果などさまざまな効果を得ることができますよ。

ハイライトの役割

 ハイライトは顔のパーツを高く見せたい部分に使用することで、立体感があるメイクに仕上げる効果があります。また、肌にツヤ感が出ることで、気になるシミやそばかす、くすみなどの肌悩みをカバーすることにもつながります。

ハイライトの種類別の効果

 ハイライトはチークと同じく、おもにパウダー、クリーム、リキッドの3種類に分かれます。それぞれ特徴を見ていきましょう。

・パウダータイプ

 初心者にも使いやすく、分量が調整しやすいという特徴があります。おでこや頬などの広い範囲に使いたい時にもおすすめです。

・リキッドタイプ

 リキッドタイプは、ベースメイクの下地としても使える優れもの。肌の内側から自然な艶を演出してくれます。

・クリームタイプ

 肌に密着しやすく発色が良いのがクリームタイプの特徴。アイシャドウの下地としても使うことができます。ただし、つけ過ぎるとヨレやすくなり、メイク崩れがの原因となるため注意が必要です。

ワンカラーだけじゃない! ハイライトのカラー選び

 ハイライトはどういった目的で使用するのかによって、カラー選びが変わってきます。たとえば、血色を良く見せたい、顔色を明るく見せたい場合には「ピンク系」や「ベージュ系」がおすすめ。ニキビをカバーしたい時には、赤みを抑える「イエロー系」が良いでしょう。

 また、肌のくすみや目の下のくまをカバーしたいのであれば「パープル系」、顔を立体的に仕上げたい時は「ホワイト系」。華やかに仕上げたい場合には、ゴールドやシルバーといった「ラメ入り系」を選ぶと、メイクの幅が広がります。

パーツごとのハイライトの入れ方

 基本的にハイライトを入れる場所は、「Tゾーン」「目の周り」「あご」「口元」の4カ所です。

・Tゾーン……メリハリのある、立体的なメイクに仕上げることができます。
・目の周り……下瞼のCゾーンに入れることで、目元を明るくし、透明感ある仕上がりに導いてくれます。
・あご……あごの細い部分に少しだけハイライトを入れることで、女性らしい華奢な印象になります。
・口元……唇の端部分、唇の山の上部分に入れることで、ぷっくりとした魅力的な唇に仕上げてくれます。

チークとハイライトを上手に使ってメイク力をアップ♡

いつものメイクにプラスしてみる?(写真:iStock)
いつものメイクにプラスしてみる? (写真:iStock)

 メイクは、ポイントメイクをどのようにプラスするかで仕上がりの印象が変わってきます。

「今のメイクが物足りない」と感じている人は、チークとハイライトをプラスしてメイク力をアップさせてみてください! きっと、自分の顔の魅力を最大限に引き出すことができるはずですよ。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


FILM
 毛穴が目立たず、つるっとした陶器のような肌は女性の憧れ。しかし、メイクをしても「毛穴が隠しきれない」と悩んでいる女性は...
FILM
 男性ウケ抜群な童顔メイクは、ナチュラルであどけない少女のような顔立ちになれると人気です。でも、「大人っぽく見られがちな...
FILM
 子どもの頃、ハイヒールを履いている大人の女性に憧れを感じていたという人は多いでしょう。しかし、いざ大人になってハイヒー...
FILM
「エアコンによる乾燥が気になる」「夏老けしないで、肌と髪を美しく保ちたい!」、そんなお悩みはありませんか?  美意識の...
FILM
 世にあふれる数多くのファッション用語。シーズンや時代によっても変わるトレンドですから、お洒落上級者を目指すなら、常にア...
FILM
 ムダ毛の処理方法にはさまざまな方法がありますが、その中でもカミソリを使った処理は手軽な方法のひとつ。カミソリはリーズナ...
FILM
 皮脂や汗で、メイクがドロドロに崩れやすい夏。特にマスクをつけた日には、ムレや擦れも起こるため、朝のメイクを保つのは至難...
FILM
 美しい理想的な髪を目指し、シャンプー選びやトリートメントに気を使っている人も多いでしょう。しかし、美髪にはブラッシング...
FILM
 せっかく髪型を変えるのであれば、男性から「可愛い」と思われたいですよね。どんなに同性から評判が良かったり、自分では気に...
FILM
 美容記事やランキングなどで常連のヘアケアアイテムは、人気なだけあって本当に髪が生き返ります! 髪がキレイだと健康的に見...
FILM
 夏になると、顔や手足に日焼け止めを念入りに塗っている人も多いでしょう。でも、忘れてしまいがちなのが、髪へのUV対策! ...
FILM
 コロナが始まってから、すっかり定着したマスク生活。息苦しさなどの不便はあれど、顔が隠れることで「ノーメイクでも平気」「...
FILM
 女性だったら「男性からモテる理想の体重になりたい」と、一度は思ったことがあるもの。しかし、モテ体重は男性目線と女性目線...
FILM
「シャンプー後にリンスやコンディショナーをつける」というのは、もはや常識ですね。でも、リンスとコンディショナーの違いを知...
FILM
 せっかくニキビが治ったのに、しつこく残ってしまうニキビ跡。本当はナチュラルメイクをしたいのに、ニキビ跡に合わせてついつ...
FILM
 コロナ対策のため、頻繁に手洗いをするようになった最近。どのお店の入り口にもアルコール除菌アイテムが置いてあり、手指消毒...