ハイヒールのメリット&デメリット!選び方や歩くコツも紹介

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-11-10 06:00
投稿日:2020-11-10 06:00
 コツコツと音をたてて歩くハイヒールは、かっこいい女性の象徴ですよね。でも、ハイヒールによる体への影響は賛否両論だったりもします。そこで今回は、ハイヒールのメリットとデメリットについてお伝えしていきます。ハイヒールを履いている時の美しい歩き方や選び方もご紹介するので、ぜひチェックしてみてくださいね!

ハイヒールってどんな靴のことをいうの?

ハイヒールのメリット&デメリットをご紹介(写真:iStock)
ハイヒールのメリット&デメリットをご紹介 (写真:iStock)

 ハイヒールは、直訳すると「かかとが高い」と言う意味です。ハイヒールは、ヒールの高さが7cm以上の靴に対して使われることが多く、ヒールの高さが5cm〜6cmの靴はミドルヒール、それ5cm以下のものはローヒールと呼ばれます。

 7cm以上というと、なかなかの高さですよね。その分、足への負担も大きいため、しっかりメリット・デメリットを意識して履くことが大切でしょう。

足が細くなる? ハイヒールの3つのメリット

細身のパンツとハイヒールってカッコいい!(写真:iStock)
細身のパンツとハイヒールってカッコいい! (写真:iStock)

 まずは、ハイヒールを履いた時のメリットからご紹介していきましょう!

1. スタイルがよく見える

 ハイヒールを履くと、ヒールの分だけ足が長く見えます。また、太ももの前部分が引き締まった緊張状態になるので、スタイルがよく見えるという効果が得られます。全体的に縦のラインが強調されるので、スラっとした体型に見せることができますよ。

2. 気合いが入る

 ハイヒールには、どこか「かっこいい女性」というイメージを持っている人も多いでしょう。コツコツと音を立てて歩くと、不思議と仕事にも気合いが入りますよね。また、スタイルに自信が出ることから、美意識がアップするというメリットもあるでしょう。

3. 体幹の筋トレになる

 ハイヒールでしっかり立つためには、体幹を支える筋肉の力が必要です。そのため、ふくらはぎのヒラメ筋やお尻の大臀筋、背筋、前部分だと腸腰筋を鍛えることができます。正しく履くことで、体幹の筋トレにもなりますよ。

知っておくべき! ハイヒールにはデメリットもある

痛い…(写真:iStock)
痛い… (写真:iStock)

 続いては、ハイヒールを履いた時のデメリットについてご紹介しましょう。

1. 骨盤が歪みやすくなる

 ハイヒールを履くと腰骨が前方に反った状態になるため、骨盤の歪みを引き起こしやすくなります。骨盤が歪むと、腰痛、冷え性、肥満、O脚、姿勢の悪さなどを引き起こしてしまうので、履く時には正しい姿勢を心がけることが大切でしょう。

2. 外反母趾になる可能性がある

 ハイヒールを履き続けると、「外反母趾」になる可能性があります。「外反母趾」は、親指が小指のほうに曲がってしまう病気です。最初は親指の付け根が赤くなったり、痛んだりする程度ですが、進行していくと元に戻らなくなり、骨が変形してしまうことも……。これを避けるためには、足に合ったハイヒールを選ぶことが重要です。

3. 靴擦れや魚の目・角質・捻挫を起こしやすい

 足首だけで体重を支えるハイヒールは、足への負担が大きいです。そのため、靴擦れや魚の目、厚い角質を作る原因になってしまいます。さらに、足首の不安定な状態によって、ちょっとした動きで捻挫しやすいというデメリットもあるでしょう。

筋肉痛にならないために! ハイヒールの正しい選び方

試着は念入りに(写真:iStock)
試着は念入りに (写真:iStock)

 ハイヒールを選ぶ時には、以下のチェックポイントを確認すると良いでしょう。

・つま先に圧迫感はない?
・かかとがパカパカしていない?
・足の甲は浮いたり食い込んだりしていない?
・履き口部分は足の形に合っている?

 おすすめは、靴選びの際に、しっかり店内を歩き回って足に合うかをチェックすることです。また、ヒールはできるだけ低めで太いものを選ぶことも重要でしょう。ヒールが細く高いほど、体への悪い影響は大きくなってしまうからです。

 できれば、靴選びの専門家である「シューフィッター」がいるお店で、ぴったり足の形に合ったハイヒールを選んでもらうと安心ですね。

負担なく美しく見える! ハイヒールでの歩き方のポイント4つ♡

美しい歩き方を(写真:iStock)
美しい歩き方を (写真:iStock)

 最後に、ハイヒールでの美しい歩き方をご紹介します。

1. 目線を上げてうつむかずに歩く

 顎の下にりんごが一個入るくらいの空間をあけ、目線を上げて歩くことで、自然と姿勢が良くなります。さらに、お尻やお腹にも意識を向けて歩くことで、綺麗な立ち姿となるため、美しく見えますよ。

2. かかとから着地する

 体の負担を軽減するために、地面にかかとが最初につくようにして歩きましょう。ただし、この歩き方は、場所によってはハイヒールのコツコツという音が大きく響いてしまいます。

 音が気になる場所では、つま先とかかとを同時に着地するイメージで歩くと、音が優しくなりますよ。

3. つま先をかかとの前に置くように歩く

 つま先はかかとの前に置くように、内くるぶしを見せながら歩きましょう。内股やガニ股で歩くと、せっかくのハイヒールが台無しです。この歩き方で、足をまっすぐな美しいラインに見せることができますよ。

4. 膝を曲げて歩かない

ハイヒールで歩く場合は、膝を曲げずに歩きましょう。そのほうが、足の長さも増して、スタイル良く見せることができます。

ハイヒールを正しく選んで美しく歩こう♡

疲れた足をケアしてあげよう(写真:iStock)
疲れた足をケアしてあげよう (写真:iStock)

 足に負担の多いハイヒールですが、メリットもたくさんありますよね。長時間歩かない、足に合ったものを選ぶ、帰ってからマッサージするなどケアをしっかりして、美しく履きこなしてくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...