大人女子必見! ハイヒールの履き方5つのポイント&選び方♪

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-08-11 06:00
投稿日:2020-08-11 06:00
 子どもの頃、ハイヒールを履いている大人の女性に憧れを感じていたという人は多いでしょう。しかし、いざ大人になってハイヒールを履いてみると靴ずれや歩きにくさなどのトラブルもあり、上手に履きこなすことが難しいと思う方は多いようです。
 そこで今回は、知っておきたいハイヒールの履き方&選び方をご紹介します。

綺麗に履きこなす! ハイヒールの履き方5つのポイント

ハイヒールをカッコよく履きこなしたい(写真:iStock)
ハイヒールをカッコよく履きこなしたい (写真:iStock)

 ハイヒールを履きこなす女性というのは、同性から見ても素敵に映るもの。しかし、どんなにおしゃれでハイブランドのハイヒールでも、きちんと履きこなせていなければ、逆に残念な印象になってしまいます。

 そこでまずは、ハイヒールをキレイに履きこなすポイントから見ていきましょう。

1. 姿勢を見直そう

 ハイヒールは履くだけで脚長効果や女性らしさが得られるなど、さまざまなメリットがあります。しかし、ハイヒールに慣れていないと、どうしても足元を気にして猫背になりがち。これだと自信なさげに映ってしまい、マイナスの印象になってしまうでしょう。

 そのため、ハイヒールを履く時には、まずは姿勢を見直すことが大切。足元が不安定になり、身体のバランスを保つのが大変ではありますが、頭から腰までまっすぐな姿勢を意識しましょう。

2. かかとから歩く

 日本人は内股の人が多いと言われています。しかし、内股だと姿勢が崩れてしまい、綺麗にハイヒールを履きこなすことができません。また、内股になることでヒールのかかとの片側だけが削れてしまい、余計に歩きづらい原因を作ってしまいます。

 そのため、歩く時はかかとから歩くことを意識しながら、つま先の向きに気を付けましょう。内側に入らないように意識することで、内股特有のペタペタとした歩き方を防ぐことができますよ。

3. 歩幅は小さめに

 歩く時の歩幅は人によって異なります。せっかちな人は「早く目的地に着きたい」という思いから、歩幅も大きくなっているでしょう。歩く時に膝が大きく曲がる人は、歩幅が大きくなっている証拠です。

 しかし、ハイヒールをスマートに履きこなすためには、小さめの歩幅が基本。高いヒールを履いていても転倒を防ぐことができますし、女性らしさを演出することができるでしょう。

4. 腹筋を使って重心は後ろに

 ハイヒールを履くと気になるのがバランスのとりにくさ。「どこに重心を置いたら分からない」と思っている人も多いはずです。

 実は正しい姿勢を保つためには、腹筋を使いながら重心を後ろに持っていくのが理想的。重心が後ろに寄ることで前のめりになることもなく、視線も自然と上向きになってくるでしょう。

5. 足の後ろ側の筋肉を意識する

 普段、何気なく歩く時には、足のどの筋肉を使っているか意識することはないでしょう。でも、ハイヒールを履きこなすためには足の後ろ側の筋肉を意識して歩くのがおすすめ。

 こうすることでハイヒールを綺麗に履きこなせるだけでなく、すっきりとした美脚を目指すこともできますよ。

ハイヒールを綺麗に履きこなすための靴選びのポイント3選

太めのヒールなら歩きやすい(写真:iStock)
太めのヒールなら歩きやすい (写真:iStock)

「ハイヒールは足が疲れるから、できるだけ履きたくない」と思っている人も多いでしょう。プライベートでは、ついつい「スニーカーが楽」だと選んでいませんか?

 でも、ハイヒールは、選び方次第で気楽に履けるアイテムになるかもしれません。次に、ハイヒールの選び方のポイントも見ていきましょう。

1. 両足にぴったりと合うサイズを選ぶ

 ハイヒールは「歩くのが大変」というイメージが強いため、痛みを感じても、無理をして履き続ける人がたくさんいます。しかし、ハイヒールも足に合ったものを選べば、それほど痛みや疲れを感じることはありません。

 また、足は左右で大きさや形が異なるため、小さいほうの足に合わせて選ぶ人が多いですが、これでは逆足に大きな負担をかけてしまうことになります。妥協や我慢をせずに両足の試着をして、時間をかけて選びましょう。

 ちなみに、靴選びをするのは夕方以降がおすすめの時間帯。1日の中で一番足がむくむこの時間に試着をすることで、無理のないサイズ感のものを選ぶことができます。

2. バランスが取れる靴を選ぶ

 どんなに素敵なデザインのハイヒールでも、バランスが取りづらいハイヒールは避ける必要があります。女性は高いヒールに憧れを持っている人も多いですが、バランスが取れない靴は本来の目的を得られないどころか、怪我につながる可能性があるため注意しましょう。

 また、足が前後に滑る靴も危険です。歩く時に足が前後に動く場合には、インソールを入れて足が滑らないように工夫をしましょう。そのまま無理して履き続けてしまえば、変形や外反母趾になってしまう恐れもあるようです。

3. くつ底にフィットしたものを選ぶ

 素敵なハイヒールで颯爽と歩いていたとしても、足がプカプカと靴から浮いていると残念に見えてしまうもの。靴が浮いてしまう状態も、足に合っていない靴を選んでいる証拠です。

 ハイヒールを選ぶ際には、くつ底と足裏がフィットするかに注目することも大切です。足の疲れも軽減されるはずですよ。

ハイヒールの履き方を身につけて素敵な大人女性を目指そう!

オトナ女子の特権♪(写真:iStock)
オトナ女子の特権♪ (写真:iStock)

 ハイヒールは女性にとって憧れのアイテム。ぺたんとしたスニーカーと比べてしまうと大変さや足にかかる負担も大きいですが、美脚効果や女子力をアップさせてくれるなど、たくさんの魅力がありますよね。

 ぜひ、大人女性の特権とも言えるハイヒールの履き方を身につけて、素敵に履きこなしてくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


40代が似合う「くすみを隠すメイク」ファンデに頼りすぎない
 40代になると目立ってくる「くすみ」。隠そうとして厚塗りにすると崩れるし、薄くつけても全然隠れない……。そんな悩みを抱...
マスクにメイクが付いちゃった! ぶっちゃけ変える頻度は?
 コロナ禍ではじまったマスク生活。女性にとっての一番の悩みは、メイクの汚れが付いてしまうことではないでしょうか。マスクを...
メイクアイテムの正しい使用期限、知ってる? 目元は要注意
 メイクポーチの中を定期的に掃除していますか? よく見ると、中には使用期限を過ぎている古いアイテムが入っている人も……。...
朝だけじゃダメ! 日焼け止めをメイクの上から塗り直す方法
 日焼け止めはこまめな塗り直しをすることではじめて、十分な効果を得られます。でも、メイクをしてしまったら「どうやってメイ...
おフェロ度UP「モーヴ色」メイクで40代の大人可愛いを実現!
 今、大注目の「モーヴ色」を使ったメイク。もう試しましたか? モーヴ色は、使う人を選ばない色として人気ですが、加えて40...
【0円で復活】ディオールの口紅が折れた!2022.6.30(木)
 ポッキーン。ゲットして間もないディオールの口紅が、折れてしまいました。ショック過ぎる……。  このままポイする選...
「おばさん体型」疑惑!特徴は?スリムな40代に近づく対処法
 40代を超えたあたりから、体がだんだんと「おばさん体型」になってきていると感じたことはありませんか? 今回は、おばさん...
「夏の涼しいコーデ4選」見た目&着心地グーな楽ちんスタイル
 暑い夏でも、涼しいコーデをして軽やかに過ごしたいと思いませんか? でも、単純に肌の露出を増やすのは、体型に自信がない人...
「白髪染め」失敗した! 楽しみながら戻すにはどうする?
 染めても繰り返し生えてくる白髪に、白髪染めを使っている人は多いですよね。でも、真っ黒になりすぎてしまったり、明るくした...
人に言えない「尿漏れ」問題 大きな声で笑ったら“じゅん”!
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「夏の汗対策」汗っかきさんは“冷却ポイント5つ”を覚えて!
 暑い夏、汗による悩みは尽きませんよね。メイク崩れやニオイ、汗染みなど、困っている人も多いはず。そこで今回は、悩み別に4...
「オフィスカジュアル」でデニム着用 アリorナシ線引きは?
 近年、働き方の幅が広がり「オフィスカジュアルOK」の会社も増えてきていますよね。そこで毎回のように議論になるのが「デニ...
痛くないよね?40代でも「背中開きトップス」が着たいんです
 ヘルシーで涼しげなムードが魅力的な、背中開きトップス。夏のコーデに取り入れたい気持ちがある反面「大人の女性が着るのは痛...
【基本のスキンケア】物価高でケチる前に0円で見直せること
 物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調...
おうちパックで蘇る! エステ&サロン級のうるツヤ肌と髪
 人と会う機会が増え、久しぶりに再会した人から老けたと思われたくないと、肌と髪の手入れを大急ぎでしています。  エステ...