気になる首のシワ…原因&効果的なおすすめネックケア4選♪

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-11-24 06:00
投稿日:2020-11-24 06:00
 最近、若いのに首のシワが気になる女性が増えているようです。実は、顔のケアは欠かさないのに首のケアをしていない人は、非常に多いのだそう。でも、「首は若さのバロメーター」とも言われているほど、年齢が出てしまう部位。メイクで誤魔化せないからこそ、普段のケアが大切なんです! そこで今回は、首にシワができる原因やおすすめネックケアをご紹介します。

年齢は関係ない?! 首にシワができる5つの原因

首筋に自信ある?(写真:iStock)
首筋に自信ある? (写真:iStock)

 まずは、どうして首にシワができてしまうのか、原因をチェックしてみましょう。首のシワは年齢に関係なくできてしまうので、原因に心当たりのある人は、それを改善することで首のシワに歯止めをかけることができるかもしれませんよ。

1. 首の皮膚は薄いから

 首の皮膚は、デリケートなことで知られる目元の皮膚と同じくらいの薄さしかありません。その割に、振り向いたりうつむいたりと、非常に負荷のかかる動きが多い部位なので、シワになりやすいのです。

 また、首の皮膚は顔と繋がっています。顔の皮膚がたるんでしまうと、その分、首の皮膚に重さがかかるため、シワが増えてしまうのです。

2. 普段の姿勢によるもの

 年齢に関係なく首のシワを増やしてしまう原因の一つが、普段の姿勢です。最近では、オンラインでの仕事やスマホの普及などにより、背中を丸めて下を向いた姿勢を長時間続ける人が増えていますよね。

 この状態は、首にシワがよっている状態です。長時間こういった姿勢を続けることで首のシワが形状記憶されてしまい、深く刻まれてしまいます。

3. 筋肉の衰え

 首の皮膚を支えているのは「広頚筋(こうけいきん)」と呼ばれる、顎の下から胸まで繋がっている筋肉。口角を下に下げた時に動きます。

 下を向いてスマホなどを眺めている時、広頚筋は緩んでいる状態。使わない筋肉は衰えていくため、顎下がたるみ、結果的に首のシワへとつながってしまうのです。

4. 乾燥によるもの

 首には汗の出る「汗腺」がたくさんあります。乾燥を感じれば「保湿しなくちゃ!」と気付けるのですが、顔に比べて乾燥を感じにくい首のケアは、どうしても怠りがちに。

 これにより、知らず知らずのうちに蓄積した紫外線のダメージなどが原因で首が乾燥すると、横ジワに加えて縦ジワまでできてしまいます。

5. 加齢によるホルモン低下

 女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」は、肌のハリを保つヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンといった成分の合成を促進する働きがあると言われています。

 しかし、このエストロゲンの分泌は30代後半から減少していきます。これにより、ハリを保つこれらの成分も一緒に減っていき、肌に厚みやハリがなくなるため、シワが目立ちやすくなります。

首のシワに効果的♡ 4つのおすすめネックケア&対策

 日常生活の中に、首のシワの原因になる動きはたくさんあります。そのため、普段顔に行っているケアをほんの少し首の部分まで広げる「ネックケア」が重要! さっそくチェックしてみましょう!

1. 毎朝UV対策をしっかり行う

 日常生活に降り注いでいる紫外線は肌の一番奥の層である「真皮」まで到達し、コラーゲンを破壊して、肌のハリを失わせてしまいます。そのため、一年中しっかりUVケアをすることがとても大切。

 日焼け止めは顔だけでなく、首までしっかり伸ばして肌のハリや若さを保ちましょう。

2. クリームでしっかり保湿する

 首が乾燥すると、横ジワや縦ジワがとても目立つようになります。そこで朝と夜、しっかりと保湿ケアを行い、肌を外的刺激や乾燥から守って若々しい肌をキープしましょう。

 最近では「ネックケア」が注目を浴びてきているため、首の皮膚ケアに特化した「ネッククリーム」なども多く販売されています。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

3. マッサージ&ストレッチをする

 毎日のスキンケアをする際に、手持ちの乳液やクリームを塗りながらマッサージ&ストレッチを行いましょう。

1. 手のひらで、乳液 or クリームを温めます
2. 手のひら全体を首に密着させたら、前部分から後ろに向かい、首に沿って円を描くようにマッサージをします
3. 手のひらを使って、下から上へ優しく持ち上げるようにマッサージをします
4. 最後に、ゆっくりと上を見上げるようにして首のストレッチをして完了です。

 
 ポイントは、皮膚に刺激を与えないように優しい力で行うことです。また、首のストレッチは、意識的に1日数回行うと良いでしょう。

4. 「姿勢」や「枕の高さ」を見直そう

 普段からできる対策としては、スマホやパソコンを使う時に、猫背にならないようにすることです。具体的には、定期的に伸びをしたり、スマホを見る位置を高くして姿勢が丸まらないようにしてみましょう。

 また、寝ている時の姿勢も肝心! 首にシワがよらないように、使っている枕が高すぎないかチェックしてみましょう。個人差がありますが、3〜5cm程度の枕の高さを目安に選んでみるのがおすすめです。

首のシワには普段のケアが重要! 若々しい肌をキープして♡

 初対面の人に会った時、どんなにメイクが完璧でも首に深いシワが刻まれていると、「実年齢は高いんだな」という印象になってしまいますよね。ぜひ、普段の顔に行っているケアを、ほんの少し下の首まで伸ばして、若々しい見た目をキープしてくださいね♡

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


キャンメイクのアイライナーに盲点…苦手な40女が目元に引くとこうなる
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
【直撃】「死んだ方がマシ」がん患者の拒否で悲痛の決意! 東大医師が女性器形成に力を注ぐワケ
 名器整形など、下半身に特化した医院「ヴェアリークリニック」。前編では実際に受けた有名人のお話しや、手術の種類などについ...
【直撃】三上悠亜や有名女優を名器に!密かなブーム「下半身整形」気になるあれこれを人気医師に聞いた
 有名人のお顔や体の整形公表は今や珍しくはありませんが、いまだ公表を憚られるパーツ、それがデリケートゾーンではないでしょ...
「地味な顔だから似合う服」足して引いてパッと華やぐコーディネート術
 地味な顔立ちの人は自信を持てなかったり、自分の良さを上手に表現し切れなかったりすることがあります。でも実は、地味な顔に...
40代女性は口ヒゲ注意!? 案外見られている口周りのムダ毛処理法&注意点
 40代女性は仕事や家事、育児などに忙しい年代です。とはいえ、自分に使う時間が少なくても「最低限、ムダ毛処理くらいはちゃ...
化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...
小ジワもたるみも無問題!美容家ベタ惚れ“高発色”プチプラアイカラー3選
 40代、50代…と年齢を重ねるにつれ「アイシャドウの色がのらない…」と感じてはいませんか?  悲しいけれど大人世...
40代痩せたいなら背中を鍛える!見落としがちな「美スタイル」習慣3つ
 ダイエットをする際、お腹や足への成果を求めがちですが、ちょっと待って。40代で痩せたいと思うなら、見落としがちな「背中...
VIO脱毛のきっかけとメリット もじゃもじゃの自己処理から卒業したい!
 VIO脱毛は、ほかの部位と比べてハードルが高いと感じますよね。実際にVIOの脱毛をしてみたいけれど、なかなか勇気が出な...
湿気で髪が制御不能! 梅雨入り前に対策したい3つのこと&応急処置
 梅雨の季節の悩み事といえば、髪の毛のうねりや広がりですよね…。特に、癖っ毛や天然パーマ、猫っ毛の人は激しく共感している...
ファンデ不要?「プリマヴィスタの下地」だけ。40代10時間耐久の結果は
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
毛穴の黒ずみを抹殺したくてVOCEの付録にダイブ!高額美容液がめちゃ得
 毛穴が気になっていたので、VOCE7月号 通常版「毛穴ケア決定版BOX」の付録に飛びつきました! いろいろな種類のアイ...
雨の日のアホ毛どう封印? バックに忍ばせたいスティックと“最後”の対策
 梅雨の季節ですね…。湿気で髪の毛がうまくまとまらない日々が続くので、女性にとっては憂鬱なことこの上なし。特に、アホ毛に...
品薄なヴァセリンパック。試しにバームを直塗りしたら“ギョッ”な事態に…
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...