気になる首のシワ…原因&効果的なおすすめネックケア4選♪

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-11-24 06:00
投稿日:2020-11-24 06:00
 最近、若いのに首のシワが気になる女性が増えているようです。実は、顔のケアは欠かさないのに首のケアをしていない人は、非常に多いのだそう。でも、「首は若さのバロメーター」とも言われているほど、年齢が出てしまう部位。メイクで誤魔化せないからこそ、普段のケアが大切なんです! そこで今回は、首にシワができる原因やおすすめネックケアをご紹介します。

年齢は関係ない?! 首にシワができる5つの原因

首筋に自信ある?(写真:iStock)
首筋に自信ある? (写真:iStock)

 まずは、どうして首にシワができてしまうのか、原因をチェックしてみましょう。首のシワは年齢に関係なくできてしまうので、原因に心当たりのある人は、それを改善することで首のシワに歯止めをかけることができるかもしれませんよ。

1. 首の皮膚は薄いから

 首の皮膚は、デリケートなことで知られる目元の皮膚と同じくらいの薄さしかありません。その割に、振り向いたりうつむいたりと、非常に負荷のかかる動きが多い部位なので、シワになりやすいのです。

 また、首の皮膚は顔と繋がっています。顔の皮膚がたるんでしまうと、その分、首の皮膚に重さがかかるため、シワが増えてしまうのです。

2. 普段の姿勢によるもの

 年齢に関係なく首のシワを増やしてしまう原因の一つが、普段の姿勢です。最近では、オンラインでの仕事やスマホの普及などにより、背中を丸めて下を向いた姿勢を長時間続ける人が増えていますよね。

 この状態は、首にシワがよっている状態です。長時間こういった姿勢を続けることで首のシワが形状記憶されてしまい、深く刻まれてしまいます。

3. 筋肉の衰え

 首の皮膚を支えているのは「広頚筋(こうけいきん)」と呼ばれる、顎の下から胸まで繋がっている筋肉。口角を下に下げた時に動きます。

 下を向いてスマホなどを眺めている時、広頚筋は緩んでいる状態。使わない筋肉は衰えていくため、顎下がたるみ、結果的に首のシワへとつながってしまうのです。

4. 乾燥によるもの

 首には汗の出る「汗腺」がたくさんあります。乾燥を感じれば「保湿しなくちゃ!」と気付けるのですが、顔に比べて乾燥を感じにくい首のケアは、どうしても怠りがちに。

 これにより、知らず知らずのうちに蓄積した紫外線のダメージなどが原因で首が乾燥すると、横ジワに加えて縦ジワまでできてしまいます。

5. 加齢によるホルモン低下

 女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」は、肌のハリを保つヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンといった成分の合成を促進する働きがあると言われています。

 しかし、このエストロゲンの分泌は30代後半から減少していきます。これにより、ハリを保つこれらの成分も一緒に減っていき、肌に厚みやハリがなくなるため、シワが目立ちやすくなります。

首のシワに効果的♡ 4つのおすすめネックケア&対策

 日常生活の中に、首のシワの原因になる動きはたくさんあります。そのため、普段顔に行っているケアをほんの少し首の部分まで広げる「ネックケア」が重要! さっそくチェックしてみましょう!

1. 毎朝UV対策をしっかり行う

 日常生活に降り注いでいる紫外線は肌の一番奥の層である「真皮」まで到達し、コラーゲンを破壊して、肌のハリを失わせてしまいます。そのため、一年中しっかりUVケアをすることがとても大切。

 日焼け止めは顔だけでなく、首までしっかり伸ばして肌のハリや若さを保ちましょう。

2. クリームでしっかり保湿する

 首が乾燥すると、横ジワや縦ジワがとても目立つようになります。そこで朝と夜、しっかりと保湿ケアを行い、肌を外的刺激や乾燥から守って若々しい肌をキープしましょう。

 最近では「ネックケア」が注目を浴びてきているため、首の皮膚ケアに特化した「ネッククリーム」なども多く販売されています。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

3. マッサージ&ストレッチをする

 毎日のスキンケアをする際に、手持ちの乳液やクリームを塗りながらマッサージ&ストレッチを行いましょう。

1. 手のひらで、乳液 or クリームを温めます
2. 手のひら全体を首に密着させたら、前部分から後ろに向かい、首に沿って円を描くようにマッサージをします
3. 手のひらを使って、下から上へ優しく持ち上げるようにマッサージをします
4. 最後に、ゆっくりと上を見上げるようにして首のストレッチをして完了です。

 
 ポイントは、皮膚に刺激を与えないように優しい力で行うことです。また、首のストレッチは、意識的に1日数回行うと良いでしょう。

4. 「姿勢」や「枕の高さ」を見直そう

 普段からできる対策としては、スマホやパソコンを使う時に、猫背にならないようにすることです。具体的には、定期的に伸びをしたり、スマホを見る位置を高くして姿勢が丸まらないようにしてみましょう。

 また、寝ている時の姿勢も肝心! 首にシワがよらないように、使っている枕が高すぎないかチェックしてみましょう。個人差がありますが、3〜5cm程度の枕の高さを目安に選んでみるのがおすすめです。

首のシワには普段のケアが重要! 若々しい肌をキープして♡

 初対面の人に会った時、どんなにメイクが完璧でも首に深いシワが刻まれていると、「実年齢は高いんだな」という印象になってしまいますよね。ぜひ、普段の顔に行っているケアを、ほんの少し下の首まで伸ばして、若々しい見た目をキープしてくださいね♡

ビューティー 新着一覧


“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...