ぽっこりお腹をなんとかしたい!おもな原因&解消方法4つ♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-12-06 06:00
投稿日:2020-12-06 06:00
 ある日突然、「あれ? 私のお腹ってこんなにぽっこりしてたっけ!?」って気づくことがありますよね。特に暴飲暴食をした訳でもないのに、どうしてお腹が出てしまうのでしょうか? この記事では、ぽっこりお腹の原因と解消方法をお届けします。

お腹がぽっこりするのはなぜ? おもな4つの原因はコレ!

ポッコリお腹になってない?(写真:iStock)
ポッコリお腹になってない? (写真:iStock)

 女性は自分の体が太く見える時、脂肪のせいだと思ってしまいがち。でも、実はそれだけではなく、ぽっこりお腹にはほかの原因が隠れている可能性もあるんです。まずは、見ていきましょう。

1. 骨盤の位置が歪んで脂肪がついている

 意外かもしれませんが「骨盤の位置の歪み」は、ぽっこりお腹の原因のひとつ。骨盤の位置が歪むことで、下腹部の変な位置に脂肪が付きやすくなってしまうのです。特に、一日中デスクワークの方や出産後の方は、骨盤の位置が歪みやすいため、注意が必要。

 まずは、ストレッチで骨盤の位置を正しい位置に戻しつつ、食事の見直しと運動をするのが大切でしょう。

2. 体幹の筋肉が落ちて内臓が下がっている

 体幹部の筋肉不足も、ぽっこりお腹に繋がります。たとえば、朝はウエストがすっきりしているのに夜になるとぽっこりして見える場合は、重力で内臓が下がっている可能性があるかもしれません。

 この場合は体幹部の筋力低下が原因なので、日常の姿勢に気をつけつつ、お腹と背中の筋トレを取り入れるようにしましょう。

3. むくんで水分が溜まっている

 夜になると体がひとまわり大きくなる、お腹周りが一層プニッとするように感じる場合は、むくんで水分が溜まっていることが考えられます。

 脚の筋肉は体の中のめぐりを良くするためのポンプのような役割を担っているため、運動によって収縮させることで体の中の代謝が良くなります。有酸素運動などを行い、脚の筋肉をしっかり使うことを意識しましょう。

4. 一時的に便秘になっている

 普段は気にならないのに一時的にぽっこりお腹になっている場合は、便秘になっていたり、ガスがお腹に溜まっていたりするのが原因かもしれません。

 このようなケースでは、原因がきちんと改善されることでぽっこりお腹は解消されるでしょう。あまりにも繰り返すようであれば、食事内容を見直してみるのがおすすめ。食物繊維や、乳酸菌を積極的に摂り入れるのが大切です。

原因別に対応しよう! 試したい解消方法4つ

筋トレでいっそ「腹筋女子」目指しちゃう?(写真:iStock)
筋トレでいっそ「腹筋女子」目指しちゃう? (写真:iStock)

 ぽっこりお腹は、原因別に対応することが重要! 基本的にはどれも生活習慣に直結しているため、見直すことで改善が見込めるはずです♡

1. 骨盤の位置を矯正するストレッチをしよう!

 まずは、骨盤の位置を矯正するところからはじめましょう。おすすめなのは「コブラのポーズ」です。

【コブラのポーズのやり方】
1. うつ伏せに寝て、足を軽く開いた状態にします
2. 胸の横の位置で、両手を床につけます
3. そのまま上半身を起こし、お腹を伸ばします
4. さらに天井を見ながら、胸や首を伸ばします

 コブラのポーズには、骨盤を後傾させる効果があります。日常生活の中で知らず知らずのうちに歪んでしまった位置を、元に戻すことができますよ。

2. 筋トレで体幹部の筋肉を鍛えよう!

 内臓が下がってしまうのを防ぐため、体幹部の筋肉を鍛えるのもおすすめ。女性でも取り入れやすい腹筋が、「レッグレイズ」です。

【レッグレイズ(足上げ腹筋)のやり方】
1. 仰向けに横になり、足を揃えます
2. 息を吐きながら、お腹に力を入れて足を上げます
3. 45度以上持ち上げたら、床スレスレまで下げます
4. 床に足を付けずに、再び上げます
5. 2〜4を10回繰り返します

 レッグレイズは腹直筋を鍛え、ぽっこりお腹を解消するのにとても有効です。

3. むくみを取るには適度な運動と食事管理が大事

 体のむくみを取るには、足の筋肉を動かす習慣をつけるのがおすすめ。デスクワークなどで足をほとんど使わない生活をしていると、筋肉が落ちてしまい、どうしてもむくみやすくなってしまいます。そこで、筋肉を鍛えるためにも、少し汗をかくような有酸素運動(ジョギングやエアバイク)を日常の中に取り入れましょう。

 また、むくみがひどい時には食事を見直すのも大切。特に塩分の摂りすぎはむくみを招くので控え目にしつつ、カリウムを含む食品を取り入れましょう。

4. 便秘には乳酸菌がGOOD

 便秘やガスでぽっこりお腹になっている時は、乳酸菌を摂って腸内環境を整えるようにしましょう。乳酸菌を含む食品の代表と言えばヨーグルトや牛乳をイメージする人も多いですが、現在ではお菓子や発酵食品に乳酸菌が含まれていることもあるので、比較的摂り入れやすいですよ。

 また、腸内環境を良くするためには、摂る乳酸菌のバリエーションを増やすと良いという考え方もあります。普段食べている乳製品のブランドを、日によって変えてみると良いかもしれません。

番外編:脂肪が気になる場合は食事管理も必要

 ここまでトライしてみてもなかなかお腹周りがすっきりしない時は、余分に脂肪がついている可能性があります。今一度、食事と運動のバランスを見直してみましょう。

 カロリーを減らすように配慮することはもちろん、各種ビタミンがバランスよく食事に含まれているかも振り返ってみましょう。特にビタミンB群は、代謝のサポートに欠かせない栄養素なので、意識して取り入れるとGOODです。

多方面からアプローチすればお腹やせできちゃう♡

ぽっこりお腹にさようなら(写真:iStock)
ぽっこりお腹にさようなら (写真:iStock)

 ついつい「脂肪」が原因が1つだけと思ってしまいがちな、ぽっこりお腹。でも、この記事でご紹介したように原因はさまざまなんです。自分の体と上手に向き合いながら上手に対応し、すっきりしたお腹を手に入れられると良いですね♡

ビューティー 新着一覧


本当に「白髪を抜く」のはNG?黒髪に戻る可能性ってあるの?
アラサー&アラフォー世代になると、目立ちはじめる白髪。世間では「白髪を抜くと増える」「白髪を抜いたら禿げる」なんて噂もあ...
“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...