イマイチ眉になってない? 残念なポイント&正しい描き方♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-12-28 06:00
投稿日:2020-12-28 06:00
 眉毛って、実は結構見られていることを知っていますか? しかし、それにも関わらず、肌やアイメイクには力を入れても眉毛は手を抜いてしまい、「イマイチ眉」になっている人も多いようです。そこで今回は、イマイチ眉になってしまう残念なポイントと、正しい眉毛の描き方をご紹介しましょう!

微妙かも…イマイチ眉に見えてしまう残念な3つのポイント

イマイチ眉にはワケがある(写真:iStock)
イマイチ眉にはワケがある (写真:iStock)

 まずは、イマイチ眉に共通する残念なポイントからチェックしていきましょう!

1. 左右非対称になっている

 イマイチ眉の代表的な共通点が、左右非対称になっていること。左右非対称の眉毛は、会話をしている時、どうしても目線がそこに行ってしまうほど目立つものです。せっかく顔が美人顔の黄金比で整っていても、眉毛がイマイチだと残念な印象になってしまうでしょう。

2. 眉頭が濃くて海苔を貼り付けたみたいになっている

 眉毛の中でも眉頭が濃くなっていると、どうしても海苔を貼り付けたようなのっぺりなイマイチ眉になってしまいます。原因は、眉頭までしっかりとペンシルを使って描いてしまっていること。また、眉頭に濃い色を使ってしまっていることも原因の一つでしょう。

3. ペンシルやパウダーの色が合っていない

 意外に見過ごされているのが、眉毛の色です。眉毛を描く時には、ペンシル、パウダー、マスカラなどのアイテムを使うことが多いですが、眉毛の色とそれぞれのアイテムの色が合っていないと、浮いて見えてしまいます。

ナチュラルで綺麗♡ 正しい眉毛に仕上げる3つのポイント

スクリューブラシで自然な仕上がり(写真:iStock)
スクリューブラシで自然な仕上がり (写真:iStock)

 残念なイマイチ眉を卒業するには、正しいナチュラルな眉毛に仕上げるためのポイントを押さえておく必要があります。さっそくチェックしてみましょう!

1. アイブロウの色は髪の毛の色に合わせて選ぶ

 アイブロウの色は、基本的に髪の毛の色に合わせると良いでしょう。最近は、カラーバリエーションが豊富なアイブロウアイテムがたくさんあります。髪の色に合わせるだけでなく、ペンシル、パウダー、マスカラのそれぞれの色味も合わせることが、美眉に仕上げるポイントですよ♡

2. 眉頭・眉山・眉尻の3点を左右対称に

 美眉に仕上げるコツとして意識したいのが、「眉頭・眉山・眉尻」の3点を左右対称にすること。まず、眉頭は小鼻から真上に線を引いた延長線上に来る位置にしましょう。続いて眉山は、目尻と黒目の外側の間くらいにするのがベストです。最後に眉尻は、小鼻と眉尻を結んだ延長線上に描くと美しく仕上がりますよ。

3. 眉頭は薄めにぼかして

 イマイチ眉の特徴に「眉頭が濃い」というものがありましたが、眉頭は自然にぼかすのが美眉への近道です。ペンシルを使うとしっかりラインが描かれてしまうため、眉頭はパウダーのみにするのがコツ。

 最後に、スクリューブラシを使って眉頭をぼかすようにすると、ナチュラルで自然な眉毛に仕上がりますよ。

イマイチ眉を卒業! 正しい眉毛の整え方3STEP

抜きすぎには要注意(写真:iStock)
抜きすぎには要注意 (写真:iStock)

 美眉の描き方をご紹介する前に、正しい眉毛の整え方からチェックしていきましょう!

STEP1. 眉毛の流れを整える

 まずは、眉毛を整えることから始めましょう。まず、スクリューブラシを使って、眉毛全体の毛の流れを整えます。眉頭は下から上へ、眉山や眉尻は横に、毛が生えている方向に沿って整えていきましょう。

STEP2. 眉毛周りの余分な毛を剃る

 眉毛の周りに生えている余分な産毛を剃っていきましょう。こうすることで、眉毛のラインが整って、くっきり美しく見えます。

STEP3. コームではみ出た毛をカット

 最後に、眉毛の中でも不揃いにはみ出た毛をカットしていきます。眉毛用のコームを使い、眉頭は下から上に、眉山・眉尻は上から下にコームを当てて、はみ出た毛をカットしていきます。

イマイチ眉から美眉へ♡ 正しい眉毛の描き方

じっくり丁寧に!(写真:iStock)
じっくり丁寧に! (写真:iStock)

 眉毛はしっかりと整いましたか? それでは最後に、正しい眉毛の描き方をご紹介しましょう。

STEP1. スクリューブラシで眉毛を整える

 まずは、眉毛が生えている方向に向かってスクリューブラシで毛を整えていきます。眉頭は下から上へ、眉山・眉尻は横に整えていきましょう。ペンシルを使う時も、しっかり毛の流れを整えておくと、スムーズに眉毛を描くことができますよ。

STEP2. 眉尻から眉山まで毛を書き足す

 眉毛を描く時は、一番濃くなっても良い眉尻から描いていくようにしましょう。最初は、ペンシルを使って、眉毛の足りない部分をさっと描き足すイメージで眉山まで整えます。

 ここで、眉頭までペンシルを使ってしまうとのっぺりしてしまうので、眉山まででやめておきましょう。

STEP3. パウダーを使って隙間を埋める

 続いては、ペンシルでは描ききれなかった眉毛の隙間をパウダーでふんわりと埋めていきます。まず、眉尻から眉山までは髪の毛と同じ色のパウダーをのせていきましょう。眉頭は、眉尻よりも薄いパウダーを使ってもOKです。ふんわりと少なめに、のせていってください。

 最後に、眉頭をスクリューブラシでとかして、ぼんやりとグラデーションにしていきます。こうすることで、ナチュラルな優しい自然な美眉になりますよ。

ポイントを押さえてイマイチ眉から美眉を手に入れよう♡

イマイチ眉にさようなら(写真:iStock)
イマイチ眉にさようなら (写真:iStock)

 イマイチ眉は、見ている側からするととても目立つのに、その多くは相手に指摘しないそうです。もしかしたら、友達からも残念な眉毛と思われているかも……。

 さっそく、鏡で眉毛をチェックしてみましょう。ぜひ、正しい描き方をマスターして、美眉を手に入れてくださいね!

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


生理中でも快適♡不快感をなくす便利なおすすめアイテム5つ
 毎月やってくる生理は、女性にとって、とても憂鬱な期間ですよね……。でも、もしかしたらその不快な症状を軽減させることがで...
洗顔ブラシの嬉しい効果4つ♡ 正しい使い方や注意点も
 美容家の多くは「スキンケア用品を使う前に、しっかり肌の汚れを落とすことが大切」と言いますよね。でも、手で洗顔料を泡立て...
リモートワークで太るのはどうして? 原因&5つの対処方法
 コロナ禍をきっかけに、仕事形態は大きく変わってきていますよね。リモートワークが増えた人も多いのではないでしょうか。そん...
ぽっちゃりでも小顔に見える♡ 髪の長さ別おすすめ髪型9選
 ぽっちゃり体型で、「顔が大きく見えてしまう」ということに悩んでいる女性は多いですよね。でも実は、その悩み、髪型次第で解...
コスメの上手な収納術4選♡自宅でも外出先でもスッキリ快適
 一回のメイクで使うコスメの数って、結構ありますよね。しかも、ファンデーションやリップ、マスカラなど、サイズも長さも形状...
お正月はなぜ太る?原因&無理なくできるリセット方法4選♪
 お正月休みが終わると、「またこれから仕事か……」と思うと同時に、「制服が入るだろうか?」なんて心配になる人もいるのでは...
サロントリートメントの持続時間って? 長持ちさせるコツ♪
 トリートメントには、自宅で行うセルフトリートメントと、美容室で行うサロントリートメントがあります。サロントリートメント...
生理の日を快適に♪ おすすめデリケートゾーンケアグッズ3選
 身体も重く、気持ちも沈みがちになる生理期間……。少しでも楽になるように、と、アレコレ試してみて、気に入ったアイテムを3...
毛穴吸引器の正しい使い方のポイント!黒ずみ毛穴も綺麗に♡
 毛穴の黒ずみって嫌ですよね。だからといって、毛穴パックを繰り返してしまうと余計に毛穴が目立つという噂もあるし……。そん...
フェミニン系で大人可愛く♡3つの特徴&コーデのポイント♪
 流行りの「フェミニンコーデ」とは、女性らしい柔らかい印象のコーデのことを言います。可愛くなりすぎない大人フェミニンは、...
“ビッグカラーコーデ”ってダサい? 着こなしの6つのコツ♡
 2021年からじわじわブームが来ている、大きめの襟を使ったビッグカラーコーデ!「ダサいと思われそう」「私には着こなせな...
仲間由紀恵のような美髪に! ホームケア“格上げ”3アイテム
雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違った...
メイクで理想の顔に♡ 童顔の特徴&大人っぽく仕上げるコツ
 可愛らしい印象が強い童顔ですが、子供っぽく見られてしまうことをデメリットだと感じている人も多いよう。「童顔でも大人っぽ...
蒸しタオル美容を週1回のとっておきケアに♡ メリット&手順
 忙しい日々で、普段から美容に時間をかけられない人って多いですよね。でも、そんなあなたにぜひ、おすすめしたいのが「蒸しタ...
適度な運動の目安ってどのくらい?理想的な運動量&メリット
 健康維持やダイエットのために運動をはじめるとき、よく耳にするのが「適度な運動」という言葉。そもそも、適度な運動とは、い...
ナチュラルに盛れる♡ デカ目メイクの上手なやり方のコツ4選
 可愛い人や美人な人の多くは、やっぱり目が大きくて印象的♡ そのため、多くの女性がアイメイクに力を入れていますよね! で...