横浜のディープスポットで絶品カレーを食す 2022.1.13(木)

コクハク編集部
更新日:2022-01-19 12:47
投稿日:2022-01-13 06:00
 カレーが好きです。冬に凍えた体を芯から温めるのもよし、暑い夏に汗だくで食べるもよし。ちょっと胃腸がお疲れ気味……なんて時はあえてカレーを食べるようにしています。スパイスがじんわり体を整えてくれるんですよねー。今回は、横浜のディープスポット福富町にて絶品カレーを食してきました。

美しすぎるカレーにうっとり

美しすぎる(C)コクハク
美しすぎる (C)コクハク

 どうですか、このビジュアル。カレーっていうかアート? なんらかの絵画?

 こちらのカレーを提供してくれるのは、丸祇羅(マルマサラ)さん。なんとも淫靡な雰囲気が漂う横浜は福富町の雑居ビルの3階にございます。

オシャレな店内(C)コクハク
オシャレな店内 (C)コクハク

 観葉植物が置かれた店内はとにかくオシャレ。木のぬくもりを感じる内装に、大きな窓からの優しい光が映えます。窓の模様もGood!

 特筆すべきはBGM。なんとヒグラシやスズムシなどの虫の音が流れているんです。まるで祖母の家で過ごす夏休みのよう。リラックスすること間違いなしですよ。

魅力的なトッピングたち

かわいいメニュー(C)コクハク
かわいいメニュー (C)コクハク

 手書きのメニューがなんともかわいらしい。真ん中にいる謎の生物はお店のキャラクターなのでしょうか?

 筆者がいただいたのは「本日の丸祇羅」+300円でフィッシュアラバールのあいがけにしました。そしてさらにトッピングでホタテアチャール(300円)とスパイスラムチョップ(600円)を追加。残念ながらスパイス味玉は売り切れだったので、泣く泣く断念。

おかわり急募!(C)コクハク
おかわり急募! (C)コクハク

「ホタテアチャールはおつまみにもいいですよ」とのことなので、ビールと一緒に先に出していただきました。

 スパーシーなオイルにたっぷりとホタテの出汁が染みていて、これはウマい! 丼いっぱい食べられる自信があるわ。

ラムチョップあと5本欲しい(C)コクハク
ラムチョップあと5本欲しい (C)コクハク

 ラムチョップもジューシーでおいしい。羊の臭みはまったくなく、スパイスの複雑なうま味が口いっぱいに広がります。このラムチョップ、筆者が注文した直後に売り切れました。危なかったー。

カレーのお味は、辛さ控えめだけどとってもスパイシー。滋味深い味わいです。ご飯少な目にしたことを後悔。パラリと炊き上げたインディカ米はほんのりと甘くて、なんかもうご飯だけでもおいしい。大盛りにすればよかった。

 この日は予約なしでの訪問だったのですが、運よく2組目の案内でした。30分ほど並んだかな。普段はかなり長い行列ができるのだそうです。お店のインスタにDMすることで予約可能とのことなので、次回はそうしようっと。

おまけ

楽しい2022年になるといいな(C)コクハク
楽しい2022年になるといいな (C)コクハク

 カレーを食した後、願い事が叶うと評判の「野毛山不動尊 横浜成田山」にお参りへ。

 2022年も健康に自分らしくマイペースに過ごせるようお祈りしてきました。あと、おいしいものがたくさん食べられますようにとも(笑)。

猫の表情がキュート(C)コクハク
猫の表情がキュート (C)コクハク

 かわいいねこみくじもありましたよ。小吉でした。ちょっとビミョーだけど猫が可愛いからヨシ!

(編集K)

丸祇羅
adress:神奈川県横浜市中区福富町仲通4-2 一和ビル3F 

フード 新着一覧


高校生発案! ペヤング たこめし風やきそば 2022.2.24(木)
 先日コンビニで、不思議な商品を見つけました。その名も「ペヤング たこめし風やきそば」。おいおい、まるか食品さんよ。たこ...
「カイチャオムーサップ」THEおふくろの味♡タイ風オムレツ
伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・恵比寿の「ガパオ食堂」のピーボーさんに、タイ...
「秘伝の万能ドレッシング」最強!お酒を呼ぶサラダが完成♡
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・恵比寿の「ガパオ食堂」のピーボーさんに、サ...
浅草の老舗天ぷら「三定」実食レポ 2022.2.19(土)
 東京・浅草グルメといえば天ぷらですよね。浅草には、天ぷら屋がたくさんあるので、いつも迷ってしまいます。どのお店も大盛況...
「キュウリのソムタム」甘辛酸っぱいドレッシングが後を引く
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・恵比寿の「ガパオ食堂」のピーボーさんに、甘...
「カレーの聖地」神保町で極上カレーランチ 2022.2.17(木)
 近年じわじわと人気を集めている「南インド料理」。筆者も大好きです。  こっくりとしたカレーをナンで食べるおなじみの北...
「イカの醤油バターソテー」焦がしバターと醤油の香ばしさ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・赤坂の「Bistro Q」の山下九さんに、...
「ジャガイモグラタン」食材の特性を生かした家庭料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・赤坂の「Bistro Q」の山下九さんに、...
「ムール貝の白ワイン蒸し」酒蒸しは飲むお酒に合わせて選ぶ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・赤坂の「Bistro Q」の山下九さんに、...
脱マンネリ! 丸ごとレモンで“レモン湯豆腐”2022.2.10(木)
 住宅街に突如現れるこちらのなにやらおしゃれなオレンジ色の建物。なんと「青果ミコト屋」という八百屋さんなんです。 ...
ご当地スイーツ青森編♡ お手頃価格でネットでも買える3品!
 青森を代表するご当地スイーツといえば、ラグノオの「パティシエのりんごスティック」や「気になるりんご」がチョー有名ですが...
甘いものが苦手な彼に♡ラムトリュフとトリュフ餅はいかが?
 恋人の祭典となっている「バレンタインデー」は、日本では女性から男性にチョコレートを贈る文化が根づいていますよね。けれど...
並木まき 2022-02-08 06:00 フード
「ニンジンのパスタ仕立て カニを添えて」生ニンニクが◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・赤坂の「Bistro Q」の山下九さんに、...
韓国おやつ「ホットク」作ってみた! 2022.2.5(土)
 最近の韓国グルメといえば、チーズハットクやトゥンカロンが話題ですが、「ホットク」も根強い人気があるのを知っていますか?...
「皮のぬた」魚の皮のイメージが変わった、ゼラチン最高!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・品川の「あじろ定置網」の西潟正人さんに、ゼ...
疲れた胃腸の救世主!「おかゆ」のススメ 2022.2.3(木)
 昨年末に盛大な食あたりをしてから、どうにも胃腸の調子が芳しくありません。先日も胃痛&下痢に悶絶しておりました。  し...