便利アイテムを活用!“手抜き”美味レシピ 2022.1.6(木)

コクハク編集部
更新日:2022-01-06 06:00
投稿日:2022-01-06 06:00
 料理が苦手です。子どもの頃からそうでした。母のお手伝いをした記憶は皆無だし、調理実習やキャンプなどではいつも小さくなって隅っこにいました。ぶっちゃけ、皿洗いしかしたことがない。
 ひとり暮らしを経て、結婚した今でも残念ながら料理好きになることはできませんでした。緊急事態宣言の時は本当につらかったです。なぜ人間はお腹がすくのだろうか……と憂鬱な気持ちで台所に立っていました。
 味付けも、片付けも何もかもが面倒くさい。そんなズボラな筆者を救ってくれたアイテム&レシピをご紹介します。

粉末スープで焼きカレー?

「じっくりコトコトカレークリームポタージュ」(ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社)(C)コクハク
「じっくりコトコトカレークリームポタージュ」(ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社) (C)コクハク

 まずご紹介するのは、粉末スープを使った焼きカレー。

 公式HPのアレンジレシピ集をみてビックリ! なんと、スープの素は調味料として使うこともできるんです。大発見やないかーい。

 焼きカレーというとなんだ手の込んだ感じがしますよね。ところが「じっくりコトコトカレークリームポタージュ」を使えばあっという間に出来ちゃうんですってよ。

味付けはスープの素をかけるだけ

ミックスベジタブルってかわいいよね(C)コクハク
ミックスベジタブルってかわいいよね (C)コクハク

 作り方はとっても簡単。ご飯と好みの野菜をフライパンで炒めたら、

味付けはかけるだけ!(C)コクハク
味付けはかけるだけ! (C)コクハク

 そこに「じっくりコトコトカレークリームポタージュ」をさらさら―っとかけて、もう一炒めしたらハイ、完成♪

 ズボラな筆者は冷凍のミックスベジタブルを使いましたが、素敵オトナ女子の皆様は好みのお野菜や具材をお使いくださいませね。公式レシピによると、パプリカやインゲンなどのお野菜がおススメとのことですよ。

簡単!でも深い味わいにびっくり

手軽でおいしいなんて♡(C)コクハク
手軽でおいしいなんて♡ (C)コクハク

 ではいただきましょう。おお、すごいカレーのいい香りがするぞ。マイルドだけどスパイシーなお味がご飯に合います。スープの素をかけただけなのに、奥行きのある味に感動です。

 この「じっくりコトコトカレークリームポタージュ」はご飯ソムリエの秋元薫さんが監修されているそうです。そりゃ、ご飯との相性がバッチリなはずだよ! この味、ハマるわー。

焼きカレードリアにリメイクも!

トースターのパンくずは見なかったことにしてください(C)コクハク
トースターのパンくずは見なかったことにしてください (C)コクハク

 後日、焼きカレーをさらに味変させてみました! 耐熱皿に入れてチーズをオン。トールターで4分焼くと、焼きカレードリアに変身しちゃうんです。

あつあつチーズと一緒に召し上がれ(C)コクハク
あつあつチーズと一緒に召し上がれ (C)コクハク

 チーズにカレーの風味がこれまたよく合います。ちゃちゃっと出来ちゃうので、リモートワーク中のお昼ご飯や、小さなお子様のいるご家庭にもピッタリです。

公式Twitterで紹介「カップヌードル鍋」

おなじみのパッケージ(C)コクハク
おなじみのパッケージ (C)コクハク

 続けて、寒い時期に食べたくなるお鍋をご紹介。日清カップヌードルの公式Twitterが紹介したことで人気に火が付いた「カップヌードル鍋」。

カップヌードルを丸ごとドーン!(C)コクハク
カップヌードルを丸ごとドーン! (C)コクハク

 鍋にお好みの具材と水320mlを入れて沸騰させ、2分後にカップヌードルの中身を全部ぶち込み、さらに2分待ってかきまぜるだけ。か、簡単すぎるぞ。

 カップ焼きそばの麵を茹でてはいたけど、この発想はなかったわ。画期的。そして超らくちん。手間といえば野菜を切るくらいか。

 ちなみに筆者は包丁を使うのも面倒なので、手でちぎったキャベツと、カットブナシメジを使用。冷凍庫のエビも入れちゃいました。お正月の残り物です。殻ごと入れちゃいました。うーん、ワイルド。

エビがいい仕事をしてくれました(C)コクハク
エビがいい仕事をしてくれました (C)コクハク

 気になるお味はというと。普通にカップラーメンを食べるよりだいぶ塩気と油分が抜けあっさりしています。なんといっても、お鍋にはつきものの「シメ」を準備しなくてもいいというところが◎。もうラーメン入ってるもんね。

 今回は一人分ということで具材は少な目に。人数に応じて増やすのもいいかもしれません。冷蔵庫のあまり野菜一掃にもなりますよ。

 筆者は「カップヌードル シーフードヌードル」で作りましたが、「カップヌードル 味噌」も絶品とのことです。これはいろんなカップヌードルを試してみたくなってきたぞ……。

 年末年始の疲れがまだ何となく残っている……なんて日は、便利アイテムを賢く使って、上手においしく手抜きしちゃいましょう。

(編集K)

関連キーワード

フード 新着一覧


「TOYOタッキー」特別な日のディナーにも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・有楽町のフランス料理店「Restauran...
「マグロとアボカドの磯辺和え」3つの工夫で極上のウマ味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・赤坂にある「多に川」の大森雄哉さんに「マグ...
「筋子とマッシュポテトのサンドイッチ」紅白で晴れやかに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
「白トリュフの塩パン」で“ジャにの”体験 2022.1.15(土)
 いまネット上で話題になっている、Truffle BAKERYの「白トリュフの塩パン」を知っていますか? 今回は、売り...
「骨付き鶏もも肉の源たれ煮」万能調味料に“おんぶにだっこ”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
横浜のディープスポットで絶品カレーを食す 2022.1.13(木)
 カレーが好きです。冬に凍えた体を芯から温めるのもよし、暑い夏に汗だくで食べるもよし。ちょっと胃腸がお疲れ気味……なんて...
「しめ鯖のキウイマリネ」店主が追求するキウイ料理の進化系
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
お手軽「ホタテフライのカシスソースとらっきょうタルタル」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
青森のソウルフードで「切込みのピザ」 発酵食品の三重奏
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
「キノコサーディン」缶のままコンロで加熱するだけで美味!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
失敗しない「カマンベールフォンデュ」 温め直しOKの手軽さ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
味変は食べるラー油で!「酒の供」納豆に卵黄とノリの三重奏
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
“ダンク”バーガーに挑戦! 2022.1.1(土)
 新年あけましておめでとうございます。2022年の元旦、いかがお過ごしでしょうか? 年末年始&お正月休みで、暇を持て余し...
箸が止まらなくなる!「万能薬味」肉にもスパイス料理にも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
作り方は超簡単! 「ガリ豆腐」人気店の箸休めをアレンジ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
香ばしくてトロトロ!「チーズ餅」イクラや明太子と合わせて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「bar NIKOKO」の乾喜代子...