彩り野菜と塩がうまさを引き立てる「鯛のカルパッチョ」

コクハク編集部
更新日:2019-12-07 06:03
投稿日:2019-12-07 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は大阪・西区のイタリア料理店「トラットリアパッパ」の松本喜宏さんに、定番人気の「鯛のカルパッチョ」のレシピを教えていただきました。

しっかりと塩をふって下味をつける

合う酒=アペロール・スプリッツァ(C)コクハク
合う酒=アペロール・スプリッツァ (C)コクハク

 魚介類を中心とした料理で芸能界のファンも多いというトラットリアパッパの定番人気メニューが魚介のカルパッチョ。

「魚のおいしさを引き立てるために、しっかりと塩をふって、下味をつけることも大事な工程です」

 ドレッシングに塩が入っているからといって、そこを省略すると、全体が味気なくなるそうです。

「野菜は赤、黄、緑などの彩りと、食感を考慮してカットしています。例えば、パプリカやキュウリは、角切りと千切りの2種類とかね」

 まずはパクッと。軽い塩気と酸味の効いたドレッシングは、手作りの奥深さを感じるうまさ。味がよく絡まった鯛がコリコリして、野菜はシャキシャキと食感もよく、悶絶級のおいしさです。

「野菜のカットが面倒でしたら、ベビーリーフのパックを買ってきてのせるだけでも構いません。家で飲むお酒のおつまみですから、気張らずに。ヒラメ、マグロ、カツオとなんでも試してみてください」

 お酒は、ビビッドな色をしたオレンジリキュールに、スパークリングワインとソーダで割ったアペロール・スプリッツァ。高く香るオレンジの風味で、太陽が降りそそぐような異国へ誘われた気分に!

【材料】(4人分)

鯛 320グラム
パプリカ(赤・黄) 各2分の1
キュウリ 1本
ミニトマト 4個
チャービル 少々
塩 少々

(ドレッシングA)
オリーブオイル 60㏄
レモンジュース 2分の1個分(20㏄)

コショウ

(ドレッシングB)
オリーブオイル 200㏄
パセリ 1束
キュウリ 3分の1本分
バジリコ 5~6枚
玉ねぎ 4分の1個分
塩 少々
ワインビネガー 30㏄

【レシピ】

(1)(ドレッシングA)の材料をボウルに入れ、泡だて器でよく混ぜ合わせドレッシングを作る。
(2)(ドレッシングB)の材料をミキサーに全て入れドレッシングを作る。
(3)野菜は分量の半分を角切りにし、残りの半分を千切りにしてそれぞれを水にさらしてから、よく水を切っておく。
(4)鮮魚をうす切りにしながら皿に並べ、塩をして①のドレッシングを少しかける。③の野菜を魚の上に散らし、②のドレシングをかける。ミニトマトをくし切りにしたものとチャービルを飾る。

本日のダンツマ達人…松本喜宏

▽まつもと・よしひろ

カンボジアの子供たちを支援するため井戸掘りや、電気、ガス、水道もない地域で料理も振る舞う器量人。

▽トラットリアパッパ

 2月で17周年を迎える美食家が通う店。魚介類を中心としたイタリアンが得意で、多くのメディアにも取り上げられている。ディナーメニューは5800円か1万500円のおまかせコースをチョイスし、好みを伝えるスタイルだ。
大阪市西区新町2―3―9
℡06・6536・4188

(日刊ゲンダイ2019年1月22日付記事を再編集)

フード 新着一覧


「豚肉とキャベツ、春雨炒め」モチモチ食感の春雨が主役!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
「ナス、トマト、ピーマンの黒酢炒め」底のスープも有効活用
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
新たな無限おつまみ「エノキと千切りキュウリのラー油あえ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
今年の枝豆は“昆布塩水漬け”も仲間入り♡ 2021.6.23(水)
 わーい、わーい。夏のおつまみに欠かせないやつ、今年も枝豆の季節がやってまいりました! 昨夏は取材先のjiubar(東京...
「小ネギと豆腐のゴマ塩あえ」切った材料をあえるだけで完成
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
「アーリオ・ラー油・ペペロンチーノ」自家製ラー油に挑戦!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
神戸出身記者オススメ!鉄板スイーツ3選 2021.6.19(土)
 長引くコロナ禍で、地元・神戸に帰省出来ない日々が続いています。18歳で上京して以来、こんなに帰らなかったことはありませ...
「半熟卵 豆板醤とレモンたれ」コクと深みがすごい万能ダレ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「おしゃれすぎるフードコート」居心地は?2021.6.18(金)
 日本橋界隈での打ち合わせで「COMMISSARY(カミサリー)」(東京・中央区)に行ってまいりました。
粋なおつまみ「アメリカンチェリーとブルーチーズのマリネ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
クセになる「エシャレットのアンチョビーソースのせ冷や奴」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「スナップえんどうの梅干しトマト和え」三位一体の美味しさ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「豚と野菜のオイスターソースまぜ」豚を茹でることで時短に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
10分で作れる「カレーポテト」 定番簡単おつまみにひと工夫
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
冷酒と相性バツグン「鶏皮塩和え」 鶏皮は茹でても美味しい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
「中華風冷ややっこ」メインにもなる具材たっぷり逸品やっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...