これぞ王道「ウイスキーチキン」甘辛で香ばしいテリヤキ味

コクハク編集部
更新日:2020-01-17 06:00
投稿日:2020-01-17 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・東銀座のフレンチビストロ「イバイア」の深味雄二さんに、鶏手羽を香ばしく焼いた「ウイスキーチキン」のレシピを教えていただきました。

レモンを搾って食べるシンプルスタイル

合う酒=バーボンソーダ(C)コクハク
合う酒=バーボンソーダ (C)コクハク

「酒のつまみの王道といえば、テリヤキ味ですよね」と、今回のメニューはウイスキーでマリネした鶏手羽を香ばしく焼いた「ウイスキーチキン」。深味さんがニューヨークのジャズレストラン「ブルースモーク」で出合ったバッファローウイングのアレンジなんだそう。

 バッファローウイングは、スパイスでマリネした鶏手羽を素揚げにし、ブルーチーズソースにからめて食べるアメリカのジャンクフードですが、ここではヘルシーさや手軽さも意識して、グリルで焼きレモンを搾って食べるシンプルスタイルに。

「焼き上がりの目安としては、串を刺して透明な肉汁が出てきたらOK」

 手づかみでがぶりと頬張れば、骨からするりとはずれた肉はふわっと軟らかく、肉汁がジュワーッ。甘辛味がたまらない!

「マリネするウイスキーはお好みでかまいませんが、個人的には今、バーボンがきてますね」と深味さん。カラメルのような甘さをダイレクトに感じるバーボンはテリヤキ味にうってつけ。もちろん、合わせるお酒もバーボンがぴったりですね。

【材料】

・鶏手羽先  8本
・塩、こしょう  各適量
・A(すりおろしにんにく1片分、ケチャップ大さじ2、ウイスキー50ミリリットル、片栗粉小さじ1、タバスコ適量)
・レモン  2分の1個
・セロリの葉  適宜

【レシピ】

1. 鶏手羽先は、塩、こしょうをしてビニール袋に入れ、Aを加えてよくもみ、冷蔵庫でひと晩置く。
2. 手羽の皮目を上にして魚焼きグリルに並べ、強めの中火で両面をきつね色になるまで焼く。
3. 皿に盛り、半分に切ったレモンと彩りでセロリの葉を添える。

本日のダンツマ達人…深味雄二さん

▽ふかみ・ゆうじ
 山梨県出身。辻調理師専門学校を卒業後、「株式会社ひらまつ」に入社。東京・広尾「ヴィノッキオ」、原宿「メゾン・ド・オペラ」を経て、芝公園「クレッセント」へ。2001年のオープン時から銀座「マルディグラ」のスーシェフを12年間務めた後、「ひらまつ」で知り合い「マルディグラ」で共に働いたオーナーの兼安聡子さんに誘われ、2013年から「イバイア」の料理長。

▽イバイア
 肉料理に定評のあるカジュアルビストロ。埼玉県にあるオーナーの自家菜園から届く季節の野菜料理も人気。17~24時(22時LO)、月曜定休。東京都中央区銀座3―12―5 1F 地下鉄東銀座駅A3出口から徒歩5分
℡03・6264・2380

(日刊ゲンダイ2018年1月19日付記事を再編集)

フード 新着一覧


「アボカドの卵黄づけ」だし醤油に15分漬けて卵を落とすだけ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・高円寺の居酒屋「あんぽんたん」の村山正人...
最旨っ!ペヤング「獄激辛にんにく」実食 2021.8.3(火)
 まるか食品の「ペヤング獄激辛シリーズ」に新しい仲間が加わりました。その名も「獄激辛にんにくやきそば」! 夏だからね、に...
「水なすのみょうが味噌かけ」味噌と砂糖のバランスがカギ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「鰹のミルフィーユ」10分漬け込むだけで濃厚な味わいに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「しらすと数の子の梅びしお和え」ご飯にもパスタに和えても
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「蒸し寿司の餡かけ」そばつゆの甘い餡としゃりの酸味が絶妙
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「牧場の朝×Kiri」で簡単レアチーが! 2021.7.26(月)
 TikTokで流行中の「ヨーグルトレアチーズケーキ」に挑戦してみました! ヨーグルトの中にチーズを入れて混ぜるだけなの...
スーパーで買える食材で作れる「鰻カリー」 日本酒とともに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「チキンキーマ」フルーティーな甘さの燗酒でカレーが進む
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「お手軽ビンダルー」お好みでパクチーやクラッカーを添えて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
花山椒が香る「牡蠣のアチャール」燗酒との“危険なカップル”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「生姜のアチャールっぽいもの」をかけていただく冷ややっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
ピリ辛ネバネ~バ!絶品のオクラキムチ 2021.7.18(日)
 一年中手に入るオクラですが、旬は夏。それはもう別格ですよね。大きいのに硬くなく、張りやつやもしっかりあって。種類もスー...
ジップロックを使って蒸す「鶏もも肉とニラのスタミナ蒸し」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
夏野菜たっぷり「中国風冷ややっこ」 食欲減退気味な時にも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「ナスと豚ひき肉の甘味噌炒め」白ご飯にのせても美味しい!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...