冷やし美容で毛穴レス肌に♡メリットや正しいやり方&注意点

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2020-05-19 06:00
投稿日:2020-05-19 06:00
 だんだんと、暑い日が増えてきていますね。徹底的な紫外線予防や、メイク崩れ対策を始めている方も多いでしょう。そんなこれからの季節を乗り越える、近年人気の美容法「冷やし美容」を取り入れてみませんか?ダメージを受けがちな夏の肌を健やかに保つ方法、たっぷりご紹介していきます!

「冷やし美容」の効果は?知っておきたい4つのメリット

紫外線ダメージを軽減(写真:iStock)
紫外線ダメージを軽減 (写真:iStock)

「冷やし美容」とは、その名の通り肌を冷やす美容法のこと。「女性の体に冷えは天敵」と言われるものの、実は、肌を適度に冷やすとたくさんのメリットが得られるんです。

 まずは、そんな冷やし美容のメリットを見ていきましょう。

1. 紫外線ダメージを軽減できる

 紫外線の強い時期、しっかり日焼け対策をしているつもりでも、肌がほてりや“うっかり焼け”に悩んでしまう方は多いはず。実はこの紫外線に晒された肌は、わずかながら炎症を起こしてしまい、シミなどの原因となるメラノサイトを活性化させてしまうのです。

 冷やし美容は肌の表面温度を下げることができるため、メラノサイトの働きを抑制。結果的にシミなどの予防につながります。

2. 毛穴の開きを防いで毛穴レス肌を作れる

 気温が上がると毛穴が開いて、どうしても皮脂の分泌が多くなります。夏は特にプツプツとした毛穴の開きが気になってしまう、という方も多いのではないでしょうか?

 冷やし美容では肌を冷やして毛穴を引き締めることができるため、毛穴レス肌を作るのにも一役買ってくれます。

3. 顔汗が引いてメイクのノリ&もちが良くなる

 暑い時期、お風呂上がりにメイクをすると、どうしても顔汗がひかずにメイクのノリが悪くなってしまいます。また、毛穴からの皮脂分泌により、ファンデーションがドロドロになってしまうメイク崩れも起こりがち。

 これらのトラブルを解消してくれるのが、冷やし美容。メイク時に冷やすことで汗や皮脂の分泌が軽減するため、メイクのノリやもちを良くすることができます。

4. 血行促進を促してくすみ改善にも◎

 冷やし美容というと血行が悪くなってしまうイメージがある方もいるかもしれませんが、実はその逆。肌を適度に冷やすことによって代謝がアップして、血行促進が促されるのです。これにより、くすみやクマなども緩和。透明感がある肌作りにも役立ちます。

今日からできる!冷やし美容のおもなやり方4種類!

氷を直接はNG(写真:iStock)
氷を直接はNG (写真:iStock)

 冷やし美容には、いくつかの方法があります。そこでここでは、4種類の冷やし美容のやり方をご紹介します。

1. 氷水タオルを使用する

 手軽なのが、氷水タオルを使用するやり方です。洗顔後、氷水に浸したタオルを適度に絞って、顔に30秒〜60秒ほど乗せるだけ。その後、通常通りスキンケアを行います。

2. 化粧水を浸したコットンやパックを使用する

 化粧水を浸したコットンやパックを冷蔵庫で冷やして、使用する方法もあります。お風呂上がりや、日焼け後のほてった肌を冷やす時などに最適。なお、化粧水ではなく、精製水などでもOKです。

3. 保冷剤や氷嚢を使用する

 どのご家庭にもある保冷剤や氷嚢などを使用するのも、おすすめです。洗顔後の肌にそっと当てるようにしましょう。ただし、直接当ててしまうと肌に負担となってしまうため、薄手のガーゼやタオルなどを巻いて、当てることが肝心です。

4. ひんやり系のスキンケアアイテムを使用する

 春〜夏の時期になると、各メーカーごとにクールダウンができるひんやり系のスキンケアアイテムが登場します。これらのアイテムを取り入れて、冷やし美容を行うのもあり。

 ただし、一般的な化粧水を冷やして使うと、製品や品質の劣化につながってしまうため、あくまで使用方法を守って使うことが大切です。

冷やし美容の注意点は?効果アップのためのポイント

使用アイテムは清潔が鉄則!(写真:iStock)
使用アイテムは清潔が鉄則! (写真:iStock)

 最後に、冷やし美容の注意点を見ていきましょう。効果アップのポイントにもなるため、ぜひご一読を!!

冷やし美容後には保湿ケアを十分に行う

 冷やし美容を行うと肌がすっきりしますし、なんとなく美肌になったような気さえしてしまいます。しかし、冷やした肌にこそ保湿ケアを十分に行うことが大切!

 スキンケアアイテムのベタベタしたテクスチャが苦手な方は、夏だけさっぱり系のアイテムに変えるのも良いでしょう。肌内部の水分&油分のバランスを保つためにも、念入りとスキンケアを行うようにしてください。

急激に冷やさない&長時間冷やさない

 冷やし美容は長く冷やしたからといって、効果が高まるというものではありません。そのため、急激に肌を冷やしたり、長時間冷やしすぎたりするのはNG。逆に肌負担となってしまう可能性があるので、適度を意識するようにしましょう。

清潔なアイテムを利用する

 冷やし美容で使用する氷やタオル、保冷剤などのアイテムは、清潔なものを使用するようにしましょう。せっかく洗顔した肌に、雑菌がついてしまうことになります。

 また、つい忘れてしまいがちですが、冷やし美容を行う前には手洗いをすることも忘れずに。

敏感肌の方は様子を見ながら行う

 冷やし美容は、少なからず肌に負担がかかる美容法だと言われています。そのため、敏感肌の方は様子を見ながら行うようにしましょう。赤みや痒み、ただれなどが出てしまったら、速やかにやめて、普段通りのケアを行ってくださいね。

 また、ニキビなどの肌トラブルがある場合にも、避けた方が無難です。

冷やし美容の季節到来!毛穴レス肌も夢じゃない♡

冷やし美容で毛穴レスに(写真:iStock)
冷やし美容で毛穴レスに (写真:iStock)

 巷で話題の「冷やし美容」のやり方をご紹介しました。冷やし美容は、毛穴やほてりのケアだけではなく、血行促進を促して透明感アップを促してくれる新感覚の美容法!正しく行うことで、毛穴がつるんとしたツヤ肌を保つことも夢じゃないかも♡

 ただし、「肌は冷やしても、体は冷やさず!」これは、鉄則です。ぜひ、自宅で簡単に冷やし美容を取り入れてみてくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


メイクのプロに聞いた!結婚を近づける“婚活メイク”徹底解説
 結婚したいと思ったら、まずは出会いの場へ行きますよね。そこで大切なのが、第一印象です。最近はコロナ禍により、婚活アプリ...
ダイエット中におすすめの低カロリーおやつ8選♡ 注意点も!
 運動や食事制限をしてダイエットしている間って、いかに食欲をコントロールするかが重要ですよね。でも、我慢のしすぎでストレ...
メイク落としが面倒な時のクレンジング方法&メイクのコツ♡
 メイク落としって、とても面倒ですよね。メイクを落とさないで寝ると肌の調子が悪くなるとわかっているのに、疲れてついついそ...
【2021年春】男ウケする王道の髪色5色&おすすめカラー♡
 2021年になって、新しい髪色に挑戦したいという人もいるでしょう。でも、どうせ染めるなら、男ウケの良い髪色にして、恋も...
マスクだからこそノーファンデメイクが役立つ♡上手なやり方
 マスク生活が長引く中で、今増えているのが「ノーファンデメイク」をする女子たち。メイクをしても結局は隠れてしまったり、崩...
無印良品100円以下の優秀アイテム5選♡生活をちょっと豊かに
 生活用品や、衣類、食品、さらには美容アイテムなど、さまざまなラインナップが魅力の無印良品。そんな無印良品の100円以下...
クレンジングバームはどんな人におすすめ?効果的な使い方♪
 最近、美容に敏感な女性たちから注目を集めている「クレンジングバーム」。メイクを落としながら保湿ケアや毛穴ケアもできると...
春先取り♡ 完売前にゲットしたい旬の最新プチプラコスメ3選
 春がすぐそこまで近づいてきて、「そろそろ新しい恋をしたい!」と考えている女性も少なくないのではないでしょうか。とはいえ...
“米ぬか”の美容法をご紹介! 知ってて良かったお米の秘密♡
 おばあちゃんから、「お米のとぎ汁はお肌にいいんだよ」という話を聞いたことがある方は多いのではないのでしょうか。それもそ...
“朝洗顔”って本当に必要? めんどくさい時の時短ケア3選
 あなたは、「朝洗顔」をしていますか?「洗顔料を利用したほうがいい」「ぬるま湯で流すだけで十分」「そもそもしなくてもいい...
10歳若見え♡ 白髪の上手な隠し方&便利アイテムをご紹介
 加齢と共に増えていく白髪は、多くの女性の悩みです。白髪の量や生えてくる年齢は個人差がありますが、やはり白髪が多い人は実...
乾燥小ジワ対策! 原因・メイク方法&スキンケアのやり方♡
 空気が乾燥する季節に注意したいのが、“乾燥小ジワ”です。ニコッと笑ったり、驚いたり、表情を変えるだけで目元や口元に細か...
ストッキングが伝線…ガサガサかかとの原因&5つの解消方法
 冬になると、ガサガサかかとに悩む人が増えてきます。素足になることが多い夏の時期にはかかとケアをしている人が多いと思いま...
アラフォー女性の“シンプルメイク”が非モテを招く3つの理由
 30代後半から40代にかけては、これまでと同じメイクだと「なんだか老けたかも?」と周囲に感じさせる女性が増える年代です...
コンシーラーを上手に使い分けよう♪ 5種類の特徴&選び方
 メイクの仕上がりは、テクニックはもちろん、どんなアイテムを選ぶかがとても重要です。どんなに効果の高いコンシーラーを使っ...
隠さないで! そばかすを活かした“外国人風メイク”のやり方♡
 そばかすは幼い頃からできることが多いので、コンプレックスに感じている女性も多いですよね。でも、実は近年「そばかす女子が...