洗顔後タオルでゴシゴシはNG?ティッシュ拭き取りで美肌に♪

七海 ライター
更新日:2020-07-15 06:00
投稿日:2020-07-15 06:00
「丁寧に泡立てて顔を洗ってるけど、なぜか肌荒れが治らない」「高い化粧水を使っているのに、なぜかおでこの吹き出物がずっと残っている」こういった悩みがある方は洗顔方法ではなく、”洗顔後”の行動に注目してみましょう。
 洗顔後、ほとんどの人がタオルで水分を拭き取っていると思いますが、実はそこに肌トラブルの原因が隠れているのかもしれません。

タオルで拭き取ると肌トラブルの原因になる? その理由とは

肌荒れが治らない…(写真:iStock)
肌荒れが治らない… (写真:iStock)

 濡れた手や顔を拭いたタオルに雑菌が繁殖するというのは、みなさんご存知でしょう。たとえば家族が拭いたあと、翌朝も同じタオルで顔を拭くのは……あまり想像したくないですよね。

 しかし、こまめに清潔なタオルに変えていたとしても、まだ肌トラブルの原因を取り除けたとは言えないんです。

タオルに残った洗剤の残留物で肌トラブルが…

タオルに残った洗剤でトラブルを招いてるかも(写真:iStock)
タオルに残った洗剤でトラブルを招いてるかも (写真:iStock)

 タオルを洗濯するときに使っている「洗剤」。実はこれも、肌トラブルの原因の一つなんです。

 食品添加物の指定がされていて添加・無添加の基準がはっきりしている食品と違い、洗濯洗剤などの日用品に関しては国として添加物の基準がはっきりとありません。

 そのため、洗濯洗剤における無添加の定義は、製品を販売するメーカーの判断によって変わってきます。強力に汚れが落ちる洗剤を使っていると、直接肌に触れるタオルに成分が残ってしまい、これが肌トラブルの原因になることがあるそうです。

 洗剤は、できるだけ肌に優しい成分のものを選ぶようにしましょう。

ペットの毛が洗濯物にくっついているかも…

ペットの毛には要注意(写真:iStock)
ペットの毛には要注意 (写真:iStock)

 犬や猫を飼っていると、どこにでも毛が付着している、というのはあるあるですよね。

 実は、タオルにペットの毛がついていて、それが肌に付着して痒みなどの肌トラブルを起こしたり、毛穴詰まりの原因になることもあるんです。

 あるいは、単にタオルの繊維が肌に付着し続けて、吹き出物の原因になってしまうことも……。敏感肌の方は特に注意しましょう。

洗顔後の拭き取りはティッシュで!

ティッシュはお安い硬めのものを(写真:iStock)
ティッシュはお安い硬めのものを (写真:iStock)

 添加物のない洗剤を使ったり、タオルをこまめに替えることは肌荒れ対策としては有効ですが、どんなに気を配っても繊維が肌に付着してしまったり、タオルが足りなくなってしまうなど防ぎきれないことはあるでしょう。

 おすすめは、ティッシュを使ってやさしく拭き取る方法です。

 やり方は簡単。洗顔後のデリケートな肌に2〜3枚のティッシュを優しくのせるだけ。拭くというよりは、水分を吸わせるようなイメージで行いましょう。これなら、タオルについた雑菌や繊維から、肌を守ることができます。
  
 また、タオルでゴシゴシと拭くと肌に摩擦が起こり、シミなどの原因となるメラニン色素を活性化させてしまう可能性がありますが、ティッシュであればそんな心配も要りません。さらには、必要以上に肌の水分を取り除くことがないため、乾燥対策にも有効でしょう。

 肌にやさしいふわふわの高価なティッシュも破れやすく繊維が顔に付着しやすいので、どちらかと言えば安価で売っている硬めのティッシュの方が良いようです。

 ちなみに、水溶性のトイレットペーパーはポロポロと繊維が肌に張り付いてしまうため、避けた方が良いでしょう。

終わりに

「肌荒れの原因が見つからない」「肌に気を使ってるけど、妙に痒くなることがある」という方は、洗顔後の行動に気をつけてみましょう。

 もしかしたら、何気なく使っているタオルが、肌トラブルの原因になっているのかもしれません。

 使い終わった後のティッシュで水回りや鏡を拭けば、掃除にもなるので一石二鳥。ぜひ、肌に優しい拭き取りを心がけてくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


ハトムギ化粧水×ニベアのW使いが話題♡ 使い方や注意点
 プチプラで、肌にも優しい「ハトムギ化粧水」と「ニベア」。殿堂コスメとして有名ですので、誰でも一度は見かけたことがあるで...
手軽で簡単♡ 足湯の効果的なやり方&4つの便利アイテム
 空前の足湯ブームから、全国の温泉地にたくさんの足湯スポットができた今、旅先でも気軽に足湯を楽しむことができるようになり...
ロングヘアは何歳まで?30代から40代を美しく魅せる髪型5つ
 若い頃はツヤツヤのロングヘアの人が多いですが、なぜか年齢を重ねるごとに多くの女性が髪を短くしていきます。中には、「ロン...
髪が静電気でぺったんこ!今すぐできる対策&アイテム10選♡
 乾燥する時期になると、髪の静電気に悩まされるという女性は多いでしょう。朝、時間をかけてセットした髪がぺったんこになって...
男性に大人気♡マシュマロボディになる4つの習慣&NG習慣
 男性が大好きな体型といえば、「マシュマロボディ」でしょう。マシュマロのようにふわふわで、思い切り抱きしめたくなると、と...
髪の“ツヤ出しスプレー”で天使の輪ができる♡ 効果や使い方
 せっかくヘアサロンでトリートメントしたのに、時間が経つとパサパサになってしまった経験はありませんか? 特に縮毛矯正をか...
化粧水は“コットン”と“手”どっちでつける? 徹底比較♡
 毎日のスキンケアに欠かせない化粧水。「コットン」と「手」、どちらでつけるのが正解なのか、悩んだ経験がある人も多いでしょ...
グリッターメイクのやり方&コツ♡ キラキラの輝きで旬顔に
 韓国女子の間で人気の「グリッターメイク」。日本でもじわじわとブームがきていて、SNSでも話題になっていますよね。グリッ...
マスカラが絶対落ちない方法♡ 選び方&パンダ目対処法も紹介
 メイクの悩みの中でも特に多いのが、マスカラが落ちてしまい「パンダ目」になることではないでしょうか。マスカラのつけ方や目...
3分で完成♡ マスク映えする「前髪ハーフツインアレンジ」
 マスクが手放せない生活は、まだまだ続きそうですよね。ところでみなさんは、マスクをつけていない時と同じヘアアレンジでは、...
もちもち肌を実現♡今さら聞けない化粧水の正しい使い方5つ
 洗顔→化粧水→美容液→乳液……と、基本を守ってスキンケアをしているのに、肌の乾燥が気になるという人は意外と多いよう。実...
細眉と太眉どっちがいい? 令和は自分に似合う形を選ぼう♡
 トレンドが移り変わるに連れて、眉毛の形も変化してきましたよね。1980年代のバブル太眉、1990年代のアムラー極細眉、...
夜まで巻き髪が取れない巻き方のコツ5つ&おすすめアイテム
 デートの日、時間をかけて可愛く髪の毛を巻いたのに、お昼過ぎになると取れてしまってショックを受けたことはありませんか?「...
春のゆらぎ肌には雑誌付録で♪ お得に美肌アイテムを試した
 最近は、雑誌の付録だけでスキンケアとメイクができている状態です(笑)。月に2冊ほど美容雑誌を買えば、最新のアイテムを気...
憧れの“太りにくい体質”になるには?体質改善の6つのコツ
 ダイエットで悩んでいる時、ふとスタイルのいい友人を見て「なんで、あの子は食べても太らないんだろう?」と気になったことは...
メイクのプロに聞いた!結婚を近づける“婚活メイク”徹底解説
 結婚したいと思ったら、まずは出会いの場へ行きますよね。そこで大切なのが、第一印象です。最近はコロナ禍により、婚活アプリ...