リモートワークでの運動不足がもたらす体の不調&解消法4選

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-02-08 06:00
投稿日:2021-02-08 06:00
 最近はコロナウィルスの影響でリモートワークが増え、自宅で仕事をする人がとても多くなりましたね。でも、そういった生活が続くと、どうしても運動不足になってしまい、単純に太るだけではなく、体の不調を感じて悩んでいる人も多いようです。そこで今回は、リモートワークでの運動不足がもたらす体の不調や、4つの解消法をご紹介します。

リモートワークでの運動不足がもたらす体の不調

 まずはじめに、リモートワークでの運動不足が続くと、体にどんな不調が起こるのかを見ていきましょう。今の自分の体調に当てはまる項目がないか、チェックしながら読んでみてくださいね。

1. 下半身のむくみ

 長時間座りっぱなしでデスクワークをしていると、下半身を動かすことがほとんどありません。そのため、お尻や太ももによる圧迫による血行不良や、リンパの滞りなどが原因で下半身がむくんでパンパンに。

 また、運動不足によってふくらはぎの筋力が低下することも、下半身がむくみやすくなる原因の一つ。ふくらはぎの筋肉には血液を循環させる重要な役割があるので、筋力が低下して血流が滞り、老廃物が溜まりやすくなってしまいます。

2. 首の痛みや肩こり

 会社に出勤している時には少なからず他人の目があるので、だらしない姿勢でデスクワークをすることは少ないでしょう。しかし、リモートワークは自宅で仕事をするので、基本的に家族以外に見られることはほとんどありません。

 ただでさえ、デスクワークは首や肩が凝りやすいものですが、だらしない姿勢で長時間パソコンに向かっていると首や肩に余計な負担がかかってしまい、首の痛みや肩こりの原因になってしまいます。リモートワークでは、デスクに向かう姿勢にも注意が必要ですね。

3. 指先や足先の冷え

 リモートワークが増えて運動不足が日常化してしまうと、体の血行が悪くなり、指先や足先の冷えが気になることがあります。放っておくと、手足だけでなく全身の体温が下がってしまうことも。

 また、この状態が続くと基礎代謝も下がりやすくなるので、効率よく脂肪を燃やしづらくなってしまい、太りやすい体質になってしまう可能性があります。

4. 体のだるさ

 リモートワークはすべての仕事が自宅で完結できるので、通勤する必要がなくなります。移動することが少なくなるため、運動不足になってしまうことは避けられません。

 会社では、始業時間や休憩時間が決まっていてメリハリがあったものの、自宅で同じことができる人は少ないでしょう。運動不足が続いたり、不規則な生活が続くと、体が重く「だるさ」を感じてしまうこともあります。

5. 体重の増加

 コロナ禍のリモートワークや自粛生活で運動不足になり、多くの人が体重の増加に悩まされているようです。

 よほど自分に厳しい人でない限り、何の規制もない生活では体重の増加は避けられないもの。自粛生活の中でダイエットを始めることは、「至難の業」だと言えますね。

リモートワークでの運動不足を解消する4つの方法

 リモートワークで運動不足になると、さまざまな体の不調が表れます。体の不調を解消するためには、あなたに合った解消法を生活に取り入れることが大事! 続いては、自宅で簡単にできる運動不足の解消法をご紹介します。ぜひ、今日からチャレンジしてみてくださいね!

1. 時間を決めてストレッチをする

 リモートワークをする際には、休憩時間を決めたり、2時間に一度アラームを設定したりして、ストレッチする時間をしっかり確保しましょう。

 上半身はもちろん、立ち上がってつま先まで全身を隅々まで伸ばすことが大切です。たとえ体の不調を感じていなくても、時間になったら必ずストレッチする習慣をつけてくださいね。

2. ウォーキングなどの有酸素運動を習慣にする

 運動不足を解消するためには、有酸素運動を取り入れることが効果的。ただし、はじめからジョギングなどのハードなトレーニングをしてしまうと、辛さから三日坊主になってしまう可能性も。

 まずは、体に負担の少ないウォーキングから始めてみましょう。有酸素運動は、続けることが大事です。無理なく、自分のペースで行ってくださいね。

3. 上手に「ながら運動」を取り入れる

 デスクワークしながらつま先を上下に動かしたり、両足を開閉するだけでも足のむくみを予防できます。自宅にゴルフボールがある人は、床に置いて足の裏やつま先でコロコロ転がすだけでも十分効果的です。

 また、背筋伸ばして正しい姿勢で座ることを心がければ、インナーマッスルが鍛えられて、ぽっこりお腹の解消にもつながりますよ。

4. 規則正しい生活

 リモートワークが中心になってしまうと夜型になってしまう人が多く、生活のリズムが不規則になってしまいます。

 リモートワークでの運動不足を解消することも大切ですが、それと同時に栄養バランスが取れた食事、質の良い睡眠を取ることなど、生活習慣を整えるのも大切です。今一度、自分の生活習慣を見直してみてくださいね。

リモートワークでの運動不足を解消して“体の不調”とさよならしよう!

 リモートワークが長期化すると、どうしても運動不足から体に不調を感じる人も多いでしょう。

 不調を感じている原因がわかれば、正しい解消法も明確になります。自分に合った方法で運動不足を解消し、今感じている体の不調とさよならしましょう!

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


40代赤ちゃん肌は無謀?いいえ、ベイビーフェイステクとアイテムで叶う
 赤ちゃんのようにみんなから愛されるベイビーフェイスになりたい人は多いですよね!  実は少しのメイクテクニックで、...
痩せ希望!「L-カルニチン」って何?【専門家監修】脂肪燃焼効果を解説
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
アラフォーは美脚の前に「美足」を目指す!<後>靴選びのテッパン3カ条
 春めいてきた今日この頃。厚手の靴下や80デニール以上のタイツを履き、足元の防寒対策に気が抜けない季節とは、ようやくおさ...
アラフォーは美脚の前に「美足」を目指す!<前>美足とは? 歩き方3カ条
 春めいてきた今日この頃。厚手の靴下や80デニール以上のタイツを履き、足元の防寒対策に気が抜けない季節とは、ようやくおさ...
値段それなりでは不満!辛口アラフォー“美人見え”最旬プチプラコスメ3選
 プチプラコスメの実力がぐんぐんと上がっている昨今は、そこまで期待せずに買ってみたコスメが、想像以上に良かった…! とい...
排尿痛さようなら!【専門家監修】トイレでつらい原因&病院いつ行く?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
春こそ変えたい! 40代女性こそ似合う服の系統5つ&落とし穴
 時に「服の系統を変えたい!」と思うことってありますよね。今回は「服の系統を変えたい」と感じている人に向けて、40代女性...
あーモヤモヤする! 職場で服装いじりする人の心理と対処法
 職場の同僚や上司に、服装をいじられたら時、まあ嫌な気持ちになりますよね。自分が着たい服を着ているだけでいじられると何も...
実年齢+10歳も老け見え!? アラフォー女性のNGメイク3選【パーツ別】
 メイクは色や位置、塗り方、範囲が少し違うだけでもイメージが変わります。  若い頃と同じメイクを、アラフォーになってし...
40代こそ“衣服の下”に自信とこだわりを! 下着選びのコツと似合う色
 下着へのこだわりは、年代によって変わってきます。若い頃なら、刺激的なデザインや可愛らしさ、胸が盛れるものなどが人気です...
寒くても履く!冬でもTバックがおすすめのワケ、嬉しい美容効果は3つ
 女性がTバックを履く時といえば、下着のラインが透けやすい夏場や、彼氏とのデートの時が多いですよね。冬にまでTバックを履...
食べたいけど痩せたい【専門家監修】甘いもの好きに捧ぐギムネマの効果
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
【雑誌付録40代ルポ】肌に透明感が欲しい!ルナソルの新作を試したら…
 肌に透明感が欲しい人は「VOCE 2024年4月号 通常版」をチェックしてみて♪ 「KANEBO」「ルナソル」「...
セクシー下着のやらかし失敗談 スケスケショーツが破けちゃった!
 恋をした女性なら、一度はセクシー下着に興味を持った経験があるはず。もちろん、彼氏や夫に喜ばれて大成功した人もいる一方、...
目指すはハセキョー級の美魔女! いつまでも若さを保つ秘訣5カ条
 女性たるもの、「いつまでも若々しく在りたい」と思いますよね。実際にいくつになっても20代・30代のような若々しさを保っ...
パーマをかけたらドライヤーしない!? 自然乾燥だとスタイリングが決まる?
 ふわふわ柔らかい雰囲気になれるパーマは女性に人気ですよね! でも実際にパーマをかけた後、「ドライヤーしないほうがいいの...