シミの大きさ&濃さ別の隠し方!上手にカバーする4つのコツ

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-02-09 06:00
投稿日:2021-02-09 06:00
 ニキビや肌荒れとは違い、シミはずっと付き合っていかないといけない悩みですよね……。でも、隠そうとしても余計目立ってしまったり、メイクが厚塗りになってしまったりする人も多いでしょう。それもそのはず、実は、シミは大きさや濃さごとに隠し方が違うのです。そこで今回は、シミごとに違う隠し方や、メイクテクをご紹介します。

大きさや濃さで違う! シミの隠し方

シミを上手に隠したい!(写真:iStock)
シミを上手に隠したい! (写真:iStock)

 シミは大きさや濃さによって隠し方を変えないと、余計に目立ってしまいます。まずは、シミ別の隠し方からご紹介しましょう!

薄いシミは「オレンジ&イエロー系の下地」で隠す

 薄いシミをコンシーラーやカバー力の高いファンデーションで隠すと、どうしても厚塗り感が出てしまい、老けた印象になってしまいます。この場合は、「オレンジ&イエロー系のコントロールカラー」を活用しましょう。

【メイクのやり方】

 肌が明るい人は明るめのイエロー、色黒の人はオレンジ系の下地を用意します。パール2つ分くらいの下地を手の甲にとって軽く馴染ませたら、シミが気になる部分に押さえ込むように伸ばしていきます。塗るのは、顔の中心のみでOKです。

 あとは、薄めにファンデーションを塗るだけで、かなりシミが目立たなくなりますよ。

大きなシミは「リキッドコンシーラー」で隠す

 サイズが大きなシミは、ついカバー力の高いファンデーションで隠したくなりますが、透明感がなく厚塗りな印象になってしまいます。そこでおすすめしたいのが、リキッドタイプのコンシーラーです。しっかりシミをカバーしつつ、ツヤも出すことができます。

【メイクのやり方】

 シミの部分だけにリキッドコンシーラーをのせ、指でシミの周りをぼかしましょう。最後に明るめのファンデーションを全体に薄塗りすれば、シミを隠しながら透明感とツヤのある肌に仕上がります。

濃いシミは「スティックコンシーラー」で隠す

 リキッドコンシーラーでも隠せない濃いめのシミができてしまった場合には、硬めのテクスチャーのスティックコンシーラーを使いましょう。肌への密着度がとても高いので、ある程度濃いシミでもしっかり隠すことができます。

【メイクのやり方】

 スティックコンシーラーの角の部分を使って、シミ部分が隠れる程度の厚さでコンシーラーを塗ります。シミの上はぼかさないように、周りを馴染ませましょう。この時、肌の色にしっかり合うカラーを選ぶことが大切です。

 仕上げに、その上からコンシーラーと同じ色のリキッドファンデーションを、薄く重ね付けしていきましょう。

とても濃いシミは「舞台用化粧品のコンシーラー」で消す

 市販のコンシーラーでも消せないような濃いシミができてしまった時には、舞台用のカバー力が非常に高いコンシーラーを使ってみましょう。透明感はありませんが、塗り方のコツを掴めば、自然に濃いシミを隠すことができます。

【メイクのやり方】

 舞台用コンシーラーは、何色かの色味が入ったものを選びましょう。まずは、濃いめの色をシミの上に置いていくイメージでのせます。次の色が混ざらないように、一度フェイスパウダーをのせたら、その上から肌色に近い明るい色のコンシーラーをのせていきましょう。

 ここまでで、たとえタトゥーでも隠せるほどのカバー力を実感できるはずです。最後は、通常のファンデーションを、コンシーラーがよれないように慎重に顔全体に塗っていけばOK。

厚塗りにならず美しく♡ メイクでのシミの隠し方の4つのコツ

コンシーラーを上手に使うのがコツ!(写真:iStock)
コンシーラーを上手に使うのがコツ! (写真:iStock)

 シミの濃さや大きさによって、違う隠し方をご紹介しました。続いては、すべてのシミ隠しに共通するメイクのコツをご紹介します。

1. 馴染ませる時はシミの周りだけをぼかす

 シミの上にコンシーラーをのせて馴染ませる時には、シミの上をトントンとぼかすのはやめましょう。ぼかすのは、シミの周りだけです。こうすることで、よりしっかりとシミを隠すことができます。

2. 肌に合った色を選ぶ

 コンシーラーのカバー力が高くても、肌に合わない色を選ぶとその部分だけ隠していることがバレてしまうため、必ず肌に合う色を選びましょう。色選びの基準は、本来の肌色が見えやすい「フェイスライン」。首との境目に色の違和感がないかを、チェックしてくださいね。

3. 肌に馴染むカラーのチークを選ぶ

 シミをカバーしたあとに塗るチークは、できるだけ肌に馴染む色がおすすめです。ピンクベージュなどの色を選ぶと、よりシミを自然に隠す効果がアップしますよ。

4. リキッドファンデ&練りチークで広範囲をカバー

 広範囲にシミがある場合、下地とファンデーションを塗ってからチークを塗ると、厚塗りに見えてしまうことがあります。そんな時は、カバー力のあるファンデーションに練りチークを混ぜ込んで、直接頬周りに塗る方法もおすすめです。

 塗る回数を減らすことで、シミを隠しながら透明感も損なわずに仕上がります。

シミは濃さや大きさによって隠し方を変えて♪

シミを隠して透明感アップ!(写真:iStock)
シミを隠して透明感アップ! (写真:iStock)

 今まで、上手にシミが隠せていなかった人は、ぜひシミごとにメイク方法を変えてみてください。これだけで、ぐんと透明感がアップし、厚塗り感が減るはずです。

 また、季節を問わず日焼け止めを塗って、これ以上シミが増えないようにすることも大切。シミを諦めずに、さらに美しいメイクの仕上がりを追求してみてくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


梅雨でも綺麗にまとまる♡ヘアスタイルのコツ&ヘアケア方法
 梅雨時期は髪の毛の広がりやパサつき、うねりなどで思うようにヘアスタイルがまとまらず、悩んでいる人も多いでしょう。そこで...
話題の「ZARA」で! “香り×彼の記憶に残るメイク”3パターン
 インパクトのあるデートをサプライズしにくい昨今は、ちょっとした工夫で男性の記憶に残る演出を試すのも、恋愛におけるおすす...
パサパサ髪の原因は紫外線!? おすすめUV対策&ヘアケア方法
 肌のUV対策はしっかりしていても、髪のUV対策をしていない人は多いですよね。でも実は、パサパサで傷んだ髪になる原因とし...
正しい湯シャンのやり方♡ メリット&デメリットや疑問を解説
 タモリさんや福山雅治さんなどの芸能人が行っていることでも話題の「湯シャン」。ナチュラル志向の人の間で、広がりを見せてい...
お泊まりでも可愛い“すっぴん風メイク”のやり方&カバーテク
  彼の家にお泊まりをする日、「どうしてもすっぴんを見られたくない!」と思う人は多いはず。そんな時は、バレずに可愛く見え...
キュートな魅力♡ “フレッシュタイプ”の顔の特徴&メイク方法
 クール系やエレガント系、フェミニン系など、顔型診断では女性の顔を8タイプに分類します。その中でも、顔立ちは幼い顔立ちで...
親近感&血色感がポイント♪ アラフォー世代の可愛げメイク術
 アラフォーになっても20代のメイクのままの人、シミやシワを隠しすぎて濃いメイクになっている人は、意外と多いのではないで...
大人可愛い“くびれヘア”♡ 長さ別巻き方&おすすめスタイル
 今、人気急上昇の大人可愛いヘアスタイルといえば「くびれヘア」ですよね♡ 首回りがすっきりと見えて小顔効果もあるので、顔...
マグネットつけまつ毛でぱっちり目に♡ 選び方&使い方のコツ
「マグネットつけまつ毛」って、ご存知ですか? その名の通り、つけまつ毛に磁石がついていて、自分のまつ毛を上下から挟んだり...
旬のシャーベットカラーが可愛い♡ 色別おすすめメイク方法
 毎日のメイクは、使う色で顔の印象が大きく変わりますよね。そこで、これからの季節に取り入れたい色合いが、「シャーベットカ...
ベリーショートが似合うか診断♡メリット&男性からの印象も
 女性から見るとベリーショートが似合う女性って、スタイリッシュでおしゃれに見えて本当に憧れてしまいますよね。でも、「男性...
猫っ毛の悩みを解消♡ 似合う髪型・アレンジ&ヘアケア方法
 髪質は人によってさまざま。直毛や剛毛、くせ毛など、それぞれに悩みを抱えていると思いますが、その中でも「ボリュームが出な...
マスクでもファンデがヨレない! 試したい裏技&神アイテム
 コロナで長引くマスク生活。女性たちのメイクの悩みは、尽きませんよね。特に多い悩みが、マスクによるファンデのヨレ。湿気や...
ニュアンスカラー服で大人シックに♪上手に着こなすポイント
 ファッションは、時代とともに変化しています。どんなに流行りのデザインでも、色使いやコーディネート次第で、時代遅れの印象...
“こなれ感”をプラスしてファッション上級者♡コーデのコツ8つ
 ファッション誌をチェックしていると、よく目にする「こなれ感」という用語。なんとなく聞いたことがあるけど、よく意味がわか...
“ピンクメイク”で大人可愛く♡ 色選びのコツ&メイクのやり方
 ふんわり可愛いピンクメイクに挑戦したい気持ちはあっても、可愛くなりすぎてしまわないかが心配で、チャレンジできずにいる人...