シミの大きさ&濃さ別の隠し方!上手にカバーする4つのコツ

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-02-09 06:00
投稿日:2021-02-09 06:00
 ニキビや肌荒れとは違い、シミはずっと付き合っていかないといけない悩みですよね……。でも、隠そうとしても余計目立ってしまったり、メイクが厚塗りになってしまったりする人も多いでしょう。それもそのはず、実は、シミは大きさや濃さごとに隠し方が違うのです。そこで今回は、シミごとに違う隠し方や、メイクテクをご紹介します。

大きさや濃さで違う! シミの隠し方

シミを上手に隠したい!(写真:iStock)
シミを上手に隠したい! (写真:iStock)

 シミは大きさや濃さによって隠し方を変えないと、余計に目立ってしまいます。まずは、シミ別の隠し方からご紹介しましょう!

薄いシミは「オレンジ&イエロー系の下地」で隠す

 薄いシミをコンシーラーやカバー力の高いファンデーションで隠すと、どうしても厚塗り感が出てしまい、老けた印象になってしまいます。この場合は、「オレンジ&イエロー系のコントロールカラー」を活用しましょう。

【メイクのやり方】

 肌が明るい人は明るめのイエロー、色黒の人はオレンジ系の下地を用意します。パール2つ分くらいの下地を手の甲にとって軽く馴染ませたら、シミが気になる部分に押さえ込むように伸ばしていきます。塗るのは、顔の中心のみでOKです。

 あとは、薄めにファンデーションを塗るだけで、かなりシミが目立たなくなりますよ。

大きなシミは「リキッドコンシーラー」で隠す

 サイズが大きなシミは、ついカバー力の高いファンデーションで隠したくなりますが、透明感がなく厚塗りな印象になってしまいます。そこでおすすめしたいのが、リキッドタイプのコンシーラーです。しっかりシミをカバーしつつ、ツヤも出すことができます。

【メイクのやり方】

 シミの部分だけにリキッドコンシーラーをのせ、指でシミの周りをぼかしましょう。最後に明るめのファンデーションを全体に薄塗りすれば、シミを隠しながら透明感とツヤのある肌に仕上がります。

濃いシミは「スティックコンシーラー」で隠す

 リキッドコンシーラーでも隠せない濃いめのシミができてしまった場合には、硬めのテクスチャーのスティックコンシーラーを使いましょう。肌への密着度がとても高いので、ある程度濃いシミでもしっかり隠すことができます。

【メイクのやり方】

 スティックコンシーラーの角の部分を使って、シミ部分が隠れる程度の厚さでコンシーラーを塗ります。シミの上はぼかさないように、周りを馴染ませましょう。この時、肌の色にしっかり合うカラーを選ぶことが大切です。

 仕上げに、その上からコンシーラーと同じ色のリキッドファンデーションを、薄く重ね付けしていきましょう。

とても濃いシミは「舞台用化粧品のコンシーラー」で消す

 市販のコンシーラーでも消せないような濃いシミができてしまった時には、舞台用のカバー力が非常に高いコンシーラーを使ってみましょう。透明感はありませんが、塗り方のコツを掴めば、自然に濃いシミを隠すことができます。

【メイクのやり方】

 舞台用コンシーラーは、何色かの色味が入ったものを選びましょう。まずは、濃いめの色をシミの上に置いていくイメージでのせます。次の色が混ざらないように、一度フェイスパウダーをのせたら、その上から肌色に近い明るい色のコンシーラーをのせていきましょう。

 ここまでで、たとえタトゥーでも隠せるほどのカバー力を実感できるはずです。最後は、通常のファンデーションを、コンシーラーがよれないように慎重に顔全体に塗っていけばOK。

厚塗りにならず美しく♡ メイクでのシミの隠し方の4つのコツ

コンシーラーを上手に使うのがコツ!(写真:iStock)
コンシーラーを上手に使うのがコツ! (写真:iStock)

 シミの濃さや大きさによって、違う隠し方をご紹介しました。続いては、すべてのシミ隠しに共通するメイクのコツをご紹介します。

1. 馴染ませる時はシミの周りだけをぼかす

 シミの上にコンシーラーをのせて馴染ませる時には、シミの上をトントンとぼかすのはやめましょう。ぼかすのは、シミの周りだけです。こうすることで、よりしっかりとシミを隠すことができます。

2. 肌に合った色を選ぶ

 コンシーラーのカバー力が高くても、肌に合わない色を選ぶとその部分だけ隠していることがバレてしまうため、必ず肌に合う色を選びましょう。色選びの基準は、本来の肌色が見えやすい「フェイスライン」。首との境目に色の違和感がないかを、チェックしてくださいね。

3. 肌に馴染むカラーのチークを選ぶ

 シミをカバーしたあとに塗るチークは、できるだけ肌に馴染む色がおすすめです。ピンクベージュなどの色を選ぶと、よりシミを自然に隠す効果がアップしますよ。

4. リキッドファンデ&練りチークで広範囲をカバー

 広範囲にシミがある場合、下地とファンデーションを塗ってからチークを塗ると、厚塗りに見えてしまうことがあります。そんな時は、カバー力のあるファンデーションに練りチークを混ぜ込んで、直接頬周りに塗る方法もおすすめです。

 塗る回数を減らすことで、シミを隠しながら透明感も損なわずに仕上がります。

シミは濃さや大きさによって隠し方を変えて♪

シミを隠して透明感アップ!(写真:iStock)
シミを隠して透明感アップ! (写真:iStock)

 今まで、上手にシミが隠せていなかった人は、ぜひシミごとにメイク方法を変えてみてください。これだけで、ぐんと透明感がアップし、厚塗り感が減るはずです。

 また、季節を問わず日焼け止めを塗って、これ以上シミが増えないようにすることも大切。シミを諦めずに、さらに美しいメイクの仕上がりを追求してみてくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...