シミの大きさ&濃さ別の隠し方!上手にカバーする4つのコツ

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-02-09 06:00
投稿日:2021-02-09 06:00
 ニキビや肌荒れとは違い、シミはずっと付き合っていかないといけない悩みですよね……。でも、隠そうとしても余計目立ってしまったり、メイクが厚塗りになってしまったりする人も多いでしょう。それもそのはず、実は、シミは大きさや濃さごとに隠し方が違うのです。そこで今回は、シミごとに違う隠し方や、メイクテクをご紹介します。

大きさや濃さで違う! シミの隠し方

 シミは大きさや濃さによって隠し方を変えないと、余計に目立ってしまいます。まずは、シミ別の隠し方からご紹介しましょう!

薄いシミは「オレンジ&イエロー系の下地」で隠す

 薄いシミをコンシーラーやカバー力の高いファンデーションで隠すと、どうしても厚塗り感が出てしまい、老けた印象になってしまいます。この場合は、「オレンジ&イエロー系のコントロールカラー」を活用しましょう。

【メイクのやり方】

 肌が明るい人は明るめのイエロー、色黒の人はオレンジ系の下地を用意します。パール2つ分くらいの下地を手の甲にとって軽く馴染ませたら、シミが気になる部分に押さえ込むように伸ばしていきます。塗るのは、顔の中心のみでOKです。

 あとは、薄めにファンデーションを塗るだけで、かなりシミが目立たなくなりますよ。

大きなシミは「リキッドコンシーラー」で隠す

 サイズが大きなシミは、ついカバー力の高いファンデーションで隠したくなりますが、透明感がなく厚塗りな印象になってしまいます。そこでおすすめしたいのが、リキッドタイプのコンシーラーです。しっかりシミをカバーしつつ、ツヤも出すことができます。

【メイクのやり方】

 シミの部分だけにリキッドコンシーラーをのせ、指でシミの周りをぼかしましょう。最後に明るめのファンデーションを全体に薄塗りすれば、シミを隠しながら透明感とツヤのある肌に仕上がります。

濃いシミは「スティックコンシーラー」で隠す

 リキッドコンシーラーでも隠せない濃いめのシミができてしまった場合には、硬めのテクスチャーのスティックコンシーラーを使いましょう。肌への密着度がとても高いので、ある程度濃いシミでもしっかり隠すことができます。

【メイクのやり方】

 スティックコンシーラーの角の部分を使って、シミ部分が隠れる程度の厚さでコンシーラーを塗ります。シミの上はぼかさないように、周りを馴染ませましょう。この時、肌の色にしっかり合うカラーを選ぶことが大切です。

 仕上げに、その上からコンシーラーと同じ色のリキッドファンデーションを、薄く重ね付けしていきましょう。

とても濃いシミは「舞台用化粧品のコンシーラー」で消す

 市販のコンシーラーでも消せないような濃いシミができてしまった時には、舞台用のカバー力が非常に高いコンシーラーを使ってみましょう。透明感はありませんが、塗り方のコツを掴めば、自然に濃いシミを隠すことができます。

【メイクのやり方】

 舞台用コンシーラーは、何色かの色味が入ったものを選びましょう。まずは、濃いめの色をシミの上に置いていくイメージでのせます。次の色が混ざらないように、一度フェイスパウダーをのせたら、その上から肌色に近い明るい色のコンシーラーをのせていきましょう。

 ここまでで、たとえタトゥーでも隠せるほどのカバー力を実感できるはずです。最後は、通常のファンデーションを、コンシーラーがよれないように慎重に顔全体に塗っていけばOK。

厚塗りにならず美しく♡ メイクでのシミの隠し方の4つのコツ

 シミの濃さや大きさによって、違う隠し方をご紹介しました。続いては、すべてのシミ隠しに共通するメイクのコツをご紹介します。

1. 馴染ませる時はシミの周りだけをぼかす

 シミの上にコンシーラーをのせて馴染ませる時には、シミの上をトントンとぼかすのはやめましょう。ぼかすのは、シミの周りだけです。こうすることで、よりしっかりとシミを隠すことができます。

2. 肌に合った色を選ぶ

 コンシーラーのカバー力が高くても、肌に合わない色を選ぶとその部分だけ隠していることがバレてしまうため、必ず肌に合う色を選びましょう。色選びの基準は、本来の肌色が見えやすい「フェイスライン」。首との境目に色の違和感がないかを、チェックしてくださいね。

3. 肌に馴染むカラーのチークを選ぶ

 シミをカバーしたあとに塗るチークは、できるだけ肌に馴染む色がおすすめです。ピンクベージュなどの色を選ぶと、よりシミを自然に隠す効果がアップしますよ。

4. リキッドファンデ&練りチークで広範囲をカバー

 広範囲にシミがある場合、下地とファンデーションを塗ってからチークを塗ると、厚塗りに見えてしまうことがあります。そんな時は、カバー力のあるファンデーションに練りチークを混ぜ込んで、直接頬周りに塗る方法もおすすめです。

 塗る回数を減らすことで、シミを隠しながら透明感も損なわずに仕上がります。

シミは濃さや大きさによって隠し方を変えて♪

 今まで、上手にシミが隠せていなかった人は、ぜひシミごとにメイク方法を変えてみてください。これだけで、ぐんと透明感がアップし、厚塗り感が減るはずです。

 また、季節を問わず日焼け止めを塗って、これ以上シミが増えないようにすることも大切。シミを諦めずに、さらに美しいメイクの仕上がりを追求してみてくださいね♡

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

ビューティー 新着一覧


美容医療は不要かも!40代美容家の肌悩みを救う“夏ガチ愛用コスメ”3選
 毎年、梅雨入り前後から「毛穴」「くすみ」「部分テカリ」の三重苦に悩む私は、夏本番に備え、デイリーコスメを見直しています...
遠心顔さんも大人っぽく…!コンプレックスを解消する4つのメイクテク
 第一印象の決め手となる顔は、パーツの特徴や位置で大きく雰囲気が変わりますよね。でも、大人っぽく見える「求心顔」や幼く見...
生理が来ない47歳女、婦人科で「閉経診断」。更年期の揺らぎって何?
 今年に入って生理が来ない月が増え(どちらかといえば順調に来ているほうでした)、婦人科クリニックで血液検査を行ったところ...
夏こそボディクリームを塗るべき理由 暑くてパス→肌の砂漠化待ったなし
 夏、部屋のクーラーはもちろんつけているのにお風呂上がりに吹き出す汗…。そんな状態でボディクリームを塗るのには、なんとな...
【薬剤師監修】Q.性交中の出血が不安です。原因とセルフチェック法は?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
40代、体のライン崩壊! 自然にごまかせる水着のデザイン&選び方3カ条
 40代になると代謝が下がりがちになり、体型に自信がなくなる人が増えますよね。でも、子育て世代の40代は、プールや海水浴...
ぐっしょり…夏の大敵「汗染み対策」脇汗滝汗でも目立たない色や素材は?
 最近暑さが増してきて、もう夏は目の前。夏のお悩みといえば、洋服の汗染みですよね。外をちょっと歩いただけで、脇や背中がぐ...
1本660円~でぷっくり唇!40代美容家も“質感”納得、プチプラリップ3選
 口紅は毎日使うものだからこそ、自分に似合う色を選びたいだけでなく、トレンドを意識したテクスチャーにも注目したいところ。...
【まつ育ルポ】まつ毛にも老化の波…40代お疲れ目元をどうにかしたい!
 まつ毛のカールに欠かせないビューラー。くいくいっと動かした後、ビューラーのゴム部分を見ると大事なまつ毛1本、2本と付着...
キャンメイクのアイライナーに盲点…苦手な40女が目元に引くとこうなる
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
【直撃】「死んだ方がマシ」がん患者の拒否で悲痛の決意! 東大医師が女性器形成に力を注ぐワケ
 名器整形など、下半身に特化した医院「ヴェアリークリニック」。前編では実際に受けた有名人のお話しや、手術の種類などについ...
【直撃】三上悠亜や有名女優を名器に!密かなブーム「下半身整形」気になるあれこれを人気医師に聞いた
 有名人のお顔や体の整形公表は今や珍しくはありませんが、いまだ公表を憚られるパーツ、それがデリケートゾーンではないでしょ...
「地味な顔だから似合う服」足して引いてパッと華やぐコーディネート術
 地味な顔立ちの人は自信を持てなかったり、自分の良さを上手に表現し切れなかったりすることがあります。でも実は、地味な顔に...
40代女性は口ヒゲ注意!? 案外見られている口周りのムダ毛処理法&注意点
 40代女性は仕事や家事、育児などに忙しい年代です。とはいえ、自分に使う時間が少なくても「最低限、ムダ毛処理くらいはちゃ...
化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...
小ジワもたるみも無問題!美容家ベタ惚れ“高発色”プチプラアイカラー3選
 40代、50代…と年齢を重ねるにつれ「アイシャドウの色がのらない…」と感じてはいませんか?  悲しいけれど大人世...