トリートメントの理想の頻度って?効果を高める4つの使い方♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-05-03 06:00
投稿日:2021-05-03 06:00
 パサつきのないツヤのある髪の毛は女性の憧れ。綺麗な髪を手に入れるために、トリートメントでケアをしている人も多いでしょう。しかし、トリートメントは間違えた頻度や方法で行ってしまうと、せっかくの効果が半減してしまうことも……。そこで今回は、トリートメントの正しい知識と使い方を詳しく解説していきます!

トリートメントってどれくらいの頻度ですればいい? 正しい知識

正しいトリートメントの頻度は?(写真:iStock)
正しいトリートメントの頻度は? (写真:iStock)

 私たちの髪の毛は紫外線やカラーリング、パーマなどでたくさんのダメージを受けています。綺麗な美髪を手に入れるためには、これらのダメージをしっかりケアすることが大切。まずはじめに、トリートメントについての正しい知識や、理想の頻度をご紹介します。

1. トリートメントとコンディショナーの違い

 シャンプーの後に使用する、トリートメントやコンディショナー。意外と知らない人が多いのが、この二つの違いです。簡単に説明すると、トリートメントは髪の毛の内部からダメージを補修して表面をコーティングする役割。一方、コンディショナーは表面のみをコーティングして、髪の毛をなめらかに仕上げてくれる役割があります。

 髪の毛のパサつきやダメージを改善したいなら、髪の毛の内部にしっかり栄養分を補い、キューティクルを整えてくれるトリートメントでケアするのが理想的でしょう。

2. トリートメントの種類

 トリートメントには、お風呂の中でシャンプーの後に使用する「インバストリートメント」、お風呂上がりに使用する洗い流さない「アウトバストリートメント」、美容室で施術してもらう「サロントリートメント」の3つの種類があります。

 インバストリートメントは、傷んだ髪の毛の補修や保湿を目的に。アウトバストリートメントは、パサつきを抑えたり紫外線からのダメージから髪の毛を守ってくれます。また、サロントリートメントは、セルフケアよりも高い補修力と持続力が魅力です。

3. 自宅でのトリートメントの頻度は毎日でOK

 自宅で行うインバストリートメントとアウトバストリートメントは、毎日のシャンプーで洗い流されてしまうので持続力がありません。そのため、自宅でトリートメントを行うのであれば、毎日行うのが理想的。

 しかし、コンディショナーやリンスに比べると、トリートメントは高価なもの。毎日使用するのが難しいという人は、無理せず自分のペースに合わせて使用しましょう。

4. サロントリートメントは1〜2カ月に一度が理想的

 美容室で施術してもらうサロントリートメントは、自宅で行うトリートメントに比べて持続力が高いので1〜2カ月に一度が理想の頻度です。

 ただし、使用するトリートメントの種類によって持続期間が変わってくるので、トリートメントの頻度については、美容師さんと相談してくださいね。

トリートメントの正しい使い方! 4つのポイント

ていねいにコーミング(写真:iStock)
ていねいにコーミング (写真:iStock)

 いつまでも綺麗な髪の毛をキープするためには、自宅でのトリートメントが必要不可欠。しかし、正しい使い方がわからないまま使用を続けてしまうと、思い通りの効果が得られない可能性もあります。この機会に、しっかりマスターしましょう!

1. 毛先から塗って、根元には付けないようにする

 トリートメントをする前には、シャンプーで髪の毛の汚れをしっかり落として丁寧に洗い流しましょう。その後、軽く水を切ってから、トリートメントを毛先から中間くらいまで優しく馴染ませていきます。

 トリートメントは髪の毛のダメージを補修するものなので、ダメージのない根元や頭皮に付ける必要はありません。逆に油分や栄養分の多いトリートメントが根元や頭皮に付いてしまうと、ベタつきや肌トラブルの原因になることもあるので注意しましょう。

2. 5分くらい時間を置いてからよく流す

 トリートメントは「長時間置くほど効果がある」と思っている人も多いようですが、髪の毛に浸透する成分の量には限りがあるので、時間をかければ良いというわけではありません。

 時間はトリートメントの種類によっても変わるので、パッケージなどに表記してある時間を守るようにしましょう。特に指示がない場合は、5分くらいが目安。浸透したら、よく洗い流すようにしましょう。

3. トリートメント後は丁寧にタオルドライ&コーミングする

 濡れている髪の毛は、とてもデリケートな状態です。そのため、トリートメント後のタオルドライ時は、髪の毛をゴシゴシ擦るのではなく、髪の毛を挟むように優しく水分を拭き取ります。

 また、髪の毛をコーミングする際も、毛先から少しずつ丁寧に行いましょう。根元から髪の毛を引っ張るようにコーミングしてしまうと、枝毛や切れ毛の原因になるため、気を付けてくださいね。

4. ドライヤーで乾かす前にアウトバストリートメントをつける

 タオルドライとコーミングが完了したら、ドライヤーで髪の毛を乾かす前に、洗い流さないアウトバストリートメントを毛先中心に馴染ませます。

 ダメージや乾燥が気になる人は、オイルタイプやミルクタイプを。硬毛に悩んでいる人には、クリームタイプがおすすめです。自分の髪の毛の悩みに合ったアウトバストリートメントで、毎日しっかりケアしていきましょう。

毎日の自宅トリートメントで理想の美髪を手に入れよう♡

サロントリートメントで至福のひと時(写真:iStock)
サロントリートメントで至福のひと時 (写真:iStock)

 パサつきのない綺麗なツヤ髪を手に入れるためには、トリートメントを正しい頻度で使用することが大事なポイントになります。

 自宅でのインバストリートメントとアウトバストリートメントは毎日、サロントリートメントは1〜2カ月に一回が理想的。正しい頻度と使い方をしっかりマスターして、理想の美髪を手に入れてくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


夕方に毛穴が目立つのはなぜ? 5つの原因別対処法をご紹介
「朝、完璧にメイクしたつもりが、夕方になると毛穴が目立ってしまう……」そんなお悩みはありませんか? 今回は、そんな夕方に...
夏ビューティ♡ 雑誌付録で新スキンケア&限定ネイルが試せる
 美容雑誌の付録で、いろんなアイテムをお試し中! 気になっていたアイテムを気楽に試せるのは楽しいですし、しっかり試せるサ...
パフ&スポンジを水ありで使うとメイク持ちUP♡ 使い方のコツ
 ファンデーションには欠かせない、パフ&スポンジ。ファンデーション選びにはこだわっても、パフやスポンジは適当に使っている...
愛され女子に共通する6つの美習慣♡ 簡単な就寝前のケア方法
 女性から見て「素敵だな」と思える人は、男性にも魅力的に映り、愛される傾向にありますよね。中には「美人に生まれていいな」...
男ウケのいい“モテるネイル”のポイント5つ♡男性の本音も
 女性にとって、ネイルはおしゃれの一部。毎日いろいろな柄や色を楽しんでいる人は多いでしょう。でも、女性が可愛いと思うネイ...
真夏のドライヤー時間は短縮できる! おすすめ簡単時短術3選
 みなさんは、ドライヤーにどのくらいの時間をかけていますか? 夏はドライヤーをかけるだけで暑いので、ドライヤー自体を省い...
コンシーラーのメイク崩れを解消♡ 原因&ヨレない方法4つ
 コンシーラーはクマやシミ、くすみや毛穴などの肌トラブルをキレイに隠してくれる優れもののアイテム。でも、使い方を間違えて...
太ももを細くするための5つのポイント&簡単エクササイズ♪
 太ももは、多くの女性が「少しでも細くなりたい!」と思っている部位。しかし、一度脂肪が付いてしまうと、なかなか細くならな...
ボディスクラブで“うるツヤ肌”に♡4種類の特徴&正しい使い方
「ボディスクラブ」はクリームやジェルの中に細かい粒子が入っていて、マッサージすることで古い角質を落としてくれる優れたアイ...
“ダサい”は卒業!大人女性のスニーカーコーデのコツ&注意点
 近年、大人女性に大人気の「スニーカー」。なんといっても歩きやすいので、一度履くと手放せなくなってしまいますよね。とはい...
ここが残念…! 見過ごしがちな“老け見えポイント”の克服法
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。老化の大敵であるシワやシミを意識してケアする女性は非常に多いのですが、優先順...
化粧品サンプルの使用期限はいつ?上手に使い切る11個の方法
 雑誌の付録や、デパートの化粧品売り場でなどでもらえる「化粧品サンプル」。使いそびれて、ついつい溜まっていませんか? 実...
「コスメキッチン」の優秀アイテム3選♪肌レベルアップを実感
 人気急上昇中のコスメショップ「コスメキッチン」のアイテムで、肌レベルをアップさせてみてはいかがでしょうか♪ 肌の変化を...
これぞ究極の時短!面倒な美容も10秒で終わるミストコスメ3選
 夏場の時短美容では、ミストを活用するのが王道。クイックに狙いどおりの使用感を得やすく、出先などで手早くケアをするのに最...
大胸さん必見!胸を小さく見せる洋服の選び方6つのポイント
 胸に関するコンプレックスは人それぞれ。「貧乳をどうにかしたい!」と悩む女性もいれば、「胸をどうにか小さく見せたい!」と...
すぐに実践♡ 簡単イメチェン方法4つ&失敗しないポイント
 失恋した時や季節の変わり目、環境が変化した時など、女性にはそれぞれイメチェンしたいと思う時がありますよね。中には、「簡...