トリートメントの理想の頻度って?効果を高める4つの使い方♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-05-03 06:00
投稿日:2021-05-03 06:00
 パサつきのないツヤのある髪の毛は女性の憧れ。綺麗な髪を手に入れるために、トリートメントでケアをしている人も多いでしょう。しかし、トリートメントは間違えた頻度や方法で行ってしまうと、せっかくの効果が半減してしまうことも……。そこで今回は、トリートメントの正しい知識と使い方を詳しく解説していきます!

トリートメントってどれくらいの頻度ですればいい? 正しい知識

正しいトリートメントの頻度は?(写真:iStock)
正しいトリートメントの頻度は? (写真:iStock)

 私たちの髪の毛は紫外線やカラーリング、パーマなどでたくさんのダメージを受けています。綺麗な美髪を手に入れるためには、これらのダメージをしっかりケアすることが大切。まずはじめに、トリートメントについての正しい知識や、理想の頻度をご紹介します。

1. トリートメントとコンディショナーの違い

 シャンプーの後に使用する、トリートメントやコンディショナー。意外と知らない人が多いのが、この二つの違いです。簡単に説明すると、トリートメントは髪の毛の内部からダメージを補修して表面をコーティングする役割。一方、コンディショナーは表面のみをコーティングして、髪の毛をなめらかに仕上げてくれる役割があります。

 髪の毛のパサつきやダメージを改善したいなら、髪の毛の内部にしっかり栄養分を補い、キューティクルを整えてくれるトリートメントでケアするのが理想的でしょう。

2. トリートメントの種類

 トリートメントには、お風呂の中でシャンプーの後に使用する「インバストリートメント」、お風呂上がりに使用する洗い流さない「アウトバストリートメント」、美容室で施術してもらう「サロントリートメント」の3つの種類があります。

 インバストリートメントは、傷んだ髪の毛の補修や保湿を目的に。アウトバストリートメントは、パサつきを抑えたり紫外線からのダメージから髪の毛を守ってくれます。また、サロントリートメントは、セルフケアよりも高い補修力と持続力が魅力です。

3. 自宅でのトリートメントの頻度は毎日でOK

 自宅で行うインバストリートメントとアウトバストリートメントは、毎日のシャンプーで洗い流されてしまうので持続力がありません。そのため、自宅でトリートメントを行うのであれば、毎日行うのが理想的。

 しかし、コンディショナーやリンスに比べると、トリートメントは高価なもの。毎日使用するのが難しいという人は、無理せず自分のペースに合わせて使用しましょう。

4. サロントリートメントは1〜2カ月に一度が理想的

 美容室で施術してもらうサロントリートメントは、自宅で行うトリートメントに比べて持続力が高いので1〜2カ月に一度が理想の頻度です。

 ただし、使用するトリートメントの種類によって持続期間が変わってくるので、トリートメントの頻度については、美容師さんと相談してくださいね。

トリートメントの正しい使い方! 4つのポイント

ていねいにコーミング(写真:iStock)
ていねいにコーミング (写真:iStock)

 いつまでも綺麗な髪の毛をキープするためには、自宅でのトリートメントが必要不可欠。しかし、正しい使い方がわからないまま使用を続けてしまうと、思い通りの効果が得られない可能性もあります。この機会に、しっかりマスターしましょう!

1. 毛先から塗って、根元には付けないようにする

 トリートメントをする前には、シャンプーで髪の毛の汚れをしっかり落として丁寧に洗い流しましょう。その後、軽く水を切ってから、トリートメントを毛先から中間くらいまで優しく馴染ませていきます。

 トリートメントは髪の毛のダメージを補修するものなので、ダメージのない根元や頭皮に付ける必要はありません。逆に油分や栄養分の多いトリートメントが根元や頭皮に付いてしまうと、ベタつきや肌トラブルの原因になることもあるので注意しましょう。

2. 5分くらい時間を置いてからよく流す

 トリートメントは「長時間置くほど効果がある」と思っている人も多いようですが、髪の毛に浸透する成分の量には限りがあるので、時間をかければ良いというわけではありません。

 時間はトリートメントの種類によっても変わるので、パッケージなどに表記してある時間を守るようにしましょう。特に指示がない場合は、5分くらいが目安。浸透したら、よく洗い流すようにしましょう。

3. トリートメント後は丁寧にタオルドライ&コーミングする

 濡れている髪の毛は、とてもデリケートな状態です。そのため、トリートメント後のタオルドライ時は、髪の毛をゴシゴシ擦るのではなく、髪の毛を挟むように優しく水分を拭き取ります。

 また、髪の毛をコーミングする際も、毛先から少しずつ丁寧に行いましょう。根元から髪の毛を引っ張るようにコーミングしてしまうと、枝毛や切れ毛の原因になるため、気を付けてくださいね。

4. ドライヤーで乾かす前にアウトバストリートメントをつける

 タオルドライとコーミングが完了したら、ドライヤーで髪の毛を乾かす前に、洗い流さないアウトバストリートメントを毛先中心に馴染ませます。

 ダメージや乾燥が気になる人は、オイルタイプやミルクタイプを。硬毛に悩んでいる人には、クリームタイプがおすすめです。自分の髪の毛の悩みに合ったアウトバストリートメントで、毎日しっかりケアしていきましょう。

毎日の自宅トリートメントで理想の美髪を手に入れよう♡

サロントリートメントで至福のひと時(写真:iStock)
サロントリートメントで至福のひと時 (写真:iStock)

 パサつきのない綺麗なツヤ髪を手に入れるためには、トリートメントを正しい頻度で使用することが大事なポイントになります。

 自宅でのインバストリートメントとアウトバストリートメントは毎日、サロントリートメントは1〜2カ月に一回が理想的。正しい頻度と使い方をしっかりマスターして、理想の美髪を手に入れてくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


【涙活】即実践!ガッツリ泣いた後に目が腫れないテク5つ
 失恋したり、感動するドラマを見たりして大泣き……そんな日もありますよね。とはいえ、翌朝鏡を見たら、目がパンパンに腫れて...
40代が似合う「くすみを隠すメイク」ファンデに頼りすぎない
 40代になると目立ってくる「くすみ」。隠そうとして厚塗りにすると崩れるし、薄くつけても全然隠れない……。そんな悩みを抱...
マスクにメイクが付いちゃった! ぶっちゃけ変える頻度は?
 コロナ禍ではじまったマスク生活。女性にとっての一番の悩みは、メイクの汚れが付いてしまうことではないでしょうか。マスクを...
メイクアイテムの正しい使用期限、知ってる? 目元は要注意
 メイクポーチの中を定期的に掃除していますか? よく見ると、中には使用期限を過ぎている古いアイテムが入っている人も……。...
朝だけじゃダメ! 日焼け止めをメイクの上から塗り直す方法
 日焼け止めはこまめな塗り直しをすることではじめて、十分な効果を得られます。でも、メイクをしてしまったら「どうやってメイ...
おフェロ度UP「モーヴ色」メイクで40代の大人可愛いを実現!
 今、大注目の「モーヴ色」を使ったメイク。もう試しましたか? モーヴ色は、使う人を選ばない色として人気ですが、加えて40...
【0円で復活】ディオールの口紅が折れた!2022.6.30(木)
 ポッキーン。ゲットして間もないディオールの口紅が、折れてしまいました。ショック過ぎる……。  このままポイする選...
「おばさん体型」疑惑!特徴は?スリムな40代に近づく対処法
 40代を超えたあたりから、体がだんだんと「おばさん体型」になってきていると感じたことはありませんか? 今回は、おばさん...
「夏の涼しいコーデ4選」見た目&着心地グーな楽ちんスタイル
 暑い夏でも、涼しいコーデをして軽やかに過ごしたいと思いませんか? でも、単純に肌の露出を増やすのは、体型に自信がない人...
「白髪染め」失敗した! 楽しみながら戻すにはどうする?
 染めても繰り返し生えてくる白髪に、白髪染めを使っている人は多いですよね。でも、真っ黒になりすぎてしまったり、明るくした...
人に言えない「尿漏れ」問題 大きな声で笑ったら“じゅん”!
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「夏の汗対策」汗っかきさんは“冷却ポイント5つ”を覚えて!
 暑い夏、汗による悩みは尽きませんよね。メイク崩れやニオイ、汗染みなど、困っている人も多いはず。そこで今回は、悩み別に4...
「オフィスカジュアル」でデニム着用 アリorナシ線引きは?
 近年、働き方の幅が広がり「オフィスカジュアルOK」の会社も増えてきていますよね。そこで毎回のように議論になるのが「デニ...
痛くないよね?40代でも「背中開きトップス」が着たいんです
 ヘルシーで涼しげなムードが魅力的な、背中開きトップス。夏のコーデに取り入れたい気持ちがある反面「大人の女性が着るのは痛...
【基本のスキンケア】物価高でケチる前に0円で見直せること
 物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調...