香りや食感まで美味しい「焼き長芋の酒盗、ホタルイカのせ」

コクハク編集部
更新日:2021-05-10 05:42
投稿日:2021-05-03 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利さんに、春の息吹を感じさせる「焼き長芋の酒盗、ホタルイカのせ」のレシピを教えていただきました。

長芋には格子状に隠し包丁を

合うお酒=日本酒、焼酎、白ワイン(C)コクハク
合うお酒=日本酒、焼酎、白ワイン (C)コクハク

 白と紫、黄色、緑が鮮やかで、春の息吹を感じさせる一皿です。シロウトには難しそうですが、「簡単だよ」と北田さん。うっそー?

「1・5~2センチ幅に切った長芋を両面焼いて、酒盗やホタルイカなど彩りとなる食材をのせるだけだから」

 豪華に見えるのは、盛りつけの妙なのです。キレイに、そしてうまく盛りつけるためのコツがあるそうです。

「長芋を切ったら、ミョウバン水か酢につけて変色を防ぐのが1つ。もう1つは、長芋の片面に格子状に隠し包丁を入れておくこと。それで隠し包丁を入れた方に酒盗をのせると、滑らずに安定するんです。で、酒盗は中心を少しくぼませるのが3つ目。それも、ホタルイカやうずらの卵を安定させる工夫だね」

 ホタルイカはボイルして、トゲ抜きなどで目と口を外して、カサの上の部分の筋を取り除くと口当たりがよくなります。いずれも、細かい作業が嫌いでなければ、決して難しくはありません。

 ホタルイカと空豆がのった一つを口に運ぶと、長芋の食感がよく、その甘味に酒盗の塩味、ホタルイカの肝のコク、空豆の香りが複雑に絡み合って、しみじみ美味しい。日本酒にも白ワインにも合います。丁寧に作業して、お酒と一緒にじっくりと味わいましょう。

材料


 
・長芋 1・5~2センチ 5個
・油 適量 ・酒盗 適量
・ホタルイカ 適量
・空豆 適量
・ブロッコリースプラウト 適量
・うずらの卵 適量

レシピ

(1)空豆は塩茹でして、皮をむく
(2)長芋は1・5~2センチ幅に切り、酢などに浸し、片面に格子状に隠し包丁を入れておく
(3)ホタルイカはボイルして、トゲ抜きで下処理をする
(4)熱したフライパンに、油を引いて、2を両面焼く
「長芋が太ければ、一口で食べられるように、半分に切ってください」
(5)同じフライパンでホタルイカに軽く火を通す
(6)皿に4をのせ、すべてに酒盗をのせる
「酒盗の上には、『ホタルイカと空豆』『ホタルイカとブロッコリースプラウト』『うずらの卵のみ』というふうに、のせるものをアレンジすると、彩りがよくなります」 盛りつけが完成したら出来上がり

本日のダンツマ達人…北田昌利さん

▽北田昌利(きただ・まさとし)
1961年、和歌山県出身。元シンガポール日本大使館公邸料理人。2000年に独立し、器ながやをオープン。地元の食材の販路拡大にも奔走する。

▽器ながや
六本木・東京ミッドタウンの裏にたたずむ日本料理店。“奥座敷”で本格的な和食が楽しめるとあって、常連客はネットにのせずお忍びで訪れる。夜はコースのみで8000円~。東京都港区赤坂9―1―7 赤坂レジデンシャルホテル1F。

(日刊ゲンダイ2021年4月24日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


ふきのとうの香りが食欲をそそる!「蒸し鶏の蕗の薹ソース」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・代々木上原の「手打ち蕎麦と和食 楽」の長...
純喫茶かさごで出合った「壺漬けピザ」 2021.5.14(金)
 ハイボールの名店としておなじみといえば、東京・銀座7丁目にある「ロックフィッシュ」です。緊急事態宣言の発令に伴い、東京...
「栃尾油揚げの納豆・キムチ挟み焼」空腹も満たせるおつまみ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・代々木上原の「手打ち蕎麦と和食 楽」の長...
夢の競演!「子持ちししゃもとフルーツトマトのアヒージョ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・代々木上原の「手打ち蕎麦と和食 楽」の長...
「ひじきと豆腐の山椒炒め」スパイシーな味わいがたまらない
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・代々木上原の「手打ち蕎麦と和食 楽」の長...
無印良品で始める“ぬか漬け生活” 2021.4.30(金)
 子どものころは苦手だったけど、大人になると好きになる――。ぬか漬けはその代表的な食べ物ではないでしょうか。友人に勧めら...
「筍木の芽焼き」水煮のタケノコにタレで香ばしさをプラス
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
「白魚と根三つ葉の卵締め」出汁さえ丁寧に取れば3分で完成
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
「イワシのかば焼きサラダ仕立て」ご飯にのせれば最高の丼に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
「空豆のチーズ寄せ」市販のプロセスチーズをチンして巻く!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
今度は「ペヤングW獄激辛」を食べてみた 2021.4.25(日)
 また、まるか食品さんがやってくれました。激辛シリーズ第3弾は、2020年2月に登場した「ペヤング 獄激辛やきそば」と2...
ビールのおつまみに最高!「肉ジャガのスパイシーコロッケ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
赤味噌とバターの絶品コラボ料理「鶏ジャガのバター味噌煮」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「サワラと季節野菜のみぞれあん」野菜は生のままでOK!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「ポパイエッグ」ホウレンソウをソテーして卵で包むだけ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「豚肉のネギまみれ」ネギの辛味が豚肉のウマ味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...