お泊まりでも可愛い“すっぴん風メイク”のやり方&カバーテク

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-06-19 06:08
投稿日:2021-06-19 06:00
  彼の家にお泊まりをする日、「どうしてもすっぴんを見られたくない!」と思う人は多いはず。そんな時は、バレずに可愛く見える「すっぴん風メイク」で、乗り切りましょう! 今回は、メイクのやり方や、悩みをしっかりカバーできるテクニックまでお伝えしていきます♡

【パーツ別】すっぴん風メイクの基本のやり方

 それではまず最初に、すっぴん風メイクの基本からチェックしていきましょう!

【ベースメイク】コントロールカラーで素肌感を仕込む

お泊りデートはうれしいけど、すっぴんに不安(写真:iStock)
お泊りデートはうれしいけど、すっぴんに不安 (写真:iStock)

 すっぴん風メイクの場合、ベースメイクは「コントロールカラーのみ」で終わらせるのが基本。ただし、コントロールカラーも厚塗りしてしまうとメイク感が出てしまうので、色のパワーで粗を隠していきましょう。自分の肌の悩みに合わせて、コントロールカラーを選んでみてくださいね。

・顔色が悪い人……「ピンク色」で明るさと血色感を出す
・黄色味がかった人……「パープル」で透明感のある肌に見せる
・シミ、そばかすのある人……「イエロー」でくすみを飛ばす
・赤みやニキビ跡のある人……「グリーン」で赤みのない肌を実現

【アイメイク】ブラウンのアイライナー&クリアマスカラで自然に

透明マスカラでぱっちり目(写真:iStock)
透明マスカラでぱっちり目 (写真:iStock)

 すっぴん風メイクの場合、アイライナーに黒を使ってしまうと、その部分だけ色味が強く浮いてしまいます。そのため、色は優しく肌に馴染む「ブラウン」がおすすめ! アイラインは必ず、インラインだけにして、まつ毛の間を埋めるように塗りましょう。この時、目尻までラインを伸ばさないことがポイントですよ。

 また、まつ毛には、クリアマスカラが◎。透明でもブラシを左右に振って束感を出していけば、まつげの太さが強調されるので、自然なぱっちり目を作ることができます。

【チーク】クリームタイプで内側から湧き上がる血色感を作る

 すっぴん風メイクの中でも、チークは重要です。ポイントは、内側から自然に湧き上がるような血色感を演出すること。そのためには、パウダータイプよりも「クリームタイプ」がおすすめです。ラメ入りではないものを選んだほうが自然でしょう。

 指の腹で、頬の少し下の部分に丸く広めにポンポンと馴染ませていきます。色は、血色感のレッド、ほんのり色づくピンク、元気な印象のオレンジなど、どれでもOKです。ただし、すっぴん風メイクの場合、チークの色は「自分の頬が本来発色する色」に合わせるようにしてくださいね。

【眉メイク】毛のない部分だけにふんわりパウダーを

 すっぴんの悩みの中で「眉毛の薄さ」を挙げる人は多いですよね。でも、しっかり描いてしまうと、眉毛だけが浮いてしまいます。

 すっぴん風メイクでの眉毛メイクのポイントは、毛のない部分だけを埋めていくこと。ブラウンのパウダーを眉毛の毛のない部分だけにふんわりとのせて、色で埋めていきましょう。最後に全体をぼかすことで、よりナチュラルな眉毛に仕上がります。

【リップ】色付きリップでプルプルの血色がいい唇に

色付きリップがおすすめ♡(写真:iStock)
色付きリップがおすすめ♡ (写真:iStock)

 すっぴん風メイクでのリップには、「色付きリップ」がおすすめです。しっかり潤いを補給してくれるので、唇の縦ジワがなくなり、赤ちゃんのようなプルプルの感触に。さらに、色も薄づきのものを選べば、自然な発色に見せることができます。

 口紅やティントリップを使うのもよいのですが、その際には、事前にしっかりリップクリームで保湿し、シワの間に色が入り込まないように工夫してみてくださいね。

すっぴん風メイクの悩みをカバーするテクニック3つ

 基本のすっぴん風メイクをご紹介しましたが、それだけではどうしてもカバーできない悩みがある人は、次にご紹介するテクニックをプラスしてみてください。

1. 肌に透明感がない場合は「フェイスパウダー」でカバー

透明感ならフェイスパウダーにおまかせ(写真:iStock)
透明感ならフェイスパウダーにおまかせ (写真:iStock)

 コントロールカラーのみだと肌の透明感がなく、「塗った」感じが出てしまう人もいると思います。そんな時には、フェイスパウダーをふんわりのせてみてください。一気に透明感を出すことができます。カバー力を高めたい時には、ベージュカラーを。透明感をもっとアップさせたい場合は、パープルやブルーのパウダーを選ぶと良いですよ。

2. 顔のくすみやシミは「光拡散パウダー」でカバー

 顔全体に気になるシミやくすみがある時は、コンシーラーなどではなく「光」を使って飛ばしたほうがナチュラルです。フェイスパウダーやハイライトなどのアイテムを選ぶときには、「光拡散パウダー」が配合されているものを使ってみてください。肌が光をまとったように見えるので、シミやくすみが目立ちにくくなります。

3. 目のクマは厚塗りではなく「色」でカバー

 目の下のクマも、多くの女性の悩みでしょう。クマに関しては、クマの種類に合わせた色のコンシーラーを「薄塗り」して隠していく方法が効果的です。

 青クマなら「オレンジ・ピンク系」、茶クマなら「イエロー系」、黒クマなら「パール入り」のコンシーラーを選んで、目立たなくなるまで薄塗りを少しずつ繰り返してみてください。

バレないすっぴん風メイクでお泊まりの日も堂々と♡

すっぴん風メイクで楽しいデートを(写真:iStock)
すっぴん風メイクで楽しいデートを (写真:iStock)

 男性って「メイクするより、すっぴんが一番だよ」なんて言う人が多いのですが、正直、すっぴんを見ても本当に引かないかどうかなんて、確信が持てませんよね。そんな気持ちでは、せっかくのお泊まりも楽しめません。

 ぜひ、この記事でご紹介したバレないすっぴん風メイクを参考にして、お泊まりの日も堂々と可愛いあなたでいてくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


令和の最新オルチャンメイク大公開♡ やり方&5つのポイント
 少し前に大流行した韓国の「オルチャンメイク」。真っ赤なリップに太めの平行眉で美少女を演出したのは昔の話……と思いきや、...
クラシカルもカジュアルもOK♡万能サイドゴアブーツコーデ
 肌寒い季節になってきましたね! 春夏に重宝したスニーカーやパンプスよりも、もう少し足元を暖かくおしゃれしたい気分♡とい...
一年中しっとりボディ♡ 美肌の作り方&心がけるべき生活習慣
 しっとりしていてツヤのある乾燥知らずのボディを手に入れるためには、日々のケアや生活習慣が重要なポイントになります。そこ...
ネイルあるある8選!笑いも失敗も全部“おしゃれ”に変えて♡
 多くの女性がハマっているネイル♡ そんなおしゃれの影には、誰もが体験しているあるあるネタがいっぱい! そこで今回は、ネ...
計るだけダイエットのやり方5STEP!成功させるポイント
 ダイエットにはさまざまな方法がありますが、「どんなに効果がある」と言われる方法でも辛ければ続きません。無理のないダイエ...
くせ毛を活かすアレンジ方法4選!やっかいな髪質を味方に♡
 やっかいなくせ毛。広がってしまったり、いつも同じ方向に流れてしまったりと、悩みは尽きませんよね……。でも、そんなくせ毛...
体重が増えた…太った体をすぐに戻す方法&成功させるコツ♪
「何だか体が重い……」と、久しぶりに体重計に乗ってみると、思ったよりも太っていてビックリ!なんて経験がある人もいるでしょ...
似合う髪型がわからない人必見! オーダーのポイント&注意点
 何年も同じ髪型をしていると、「そろそろ飽きてきたな」と思いながらも自分に似合う髪型が分からず、結局、同じスタイルになっ...
デリケートゾーンのニオイが気になる…おりものにも関係があった
「デリケートゾーンがなんだか臭う……」「周りにバレないかな……」そんな悩みを抱えている女性は少なくありません。デリケート...
私だけじゃない!メイク失敗あるある5選&失敗しないメイク術
 メイクが上手にできなくて、「自信がない」「もうノーメイクでいいや」と諦めていませんか? でも実は、メイク上手に見える女...
ニットが太って見える原因&細見えさせるテクニック3選♡
 寒くなってくると、ニットを着る人が増えてきます。ニットは見る人に暖かい印象を与えるだけでなく、季節に合ったファッション...
紗栄子風"ふんわりいい香りがしそう”な女を目指す3アイテム
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違っ...
男性が好きな服ってどんな服?選ぶポイント&季節別コーデ例
 男性とのデートが決まったら「どんな服を着ていこう?」と、悩む女性は多いでしょう。洋服によって彼に与える印象も変わってき...
非常時用に備えて安心♡ プチプラビューティアイテム3選!
 先月、大きな地震があった後、お風呂に溜めた水が濁っていてびっくり! ネットで調べたら、近所でマンホールから水が溢れてい...
前髪を切りすぎた時のお直し方法&可愛く乗り切る対処法5選
 セルフカットで切った前髪。左右のバランスを整えているうちに、どんどん短くなってしまった経験はありませんか? そこで今回...
パックは毎日したらダメなの? 正しく効果的な使い方4選♡
 お肌のケアが簡単にできる「パック」。毎日の夜のお手入れに取り入れている人も多いでしょう。でも「パックって毎日使ったらダ...