お泊まりでも可愛い“すっぴん風メイク”のやり方&カバーテク

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-06-19 06:08
投稿日:2021-06-19 06:00
  彼の家にお泊まりをする日、「どうしてもすっぴんを見られたくない!」と思う人は多いはず。そんな時は、バレずに可愛く見える「すっぴん風メイク」で、乗り切りましょう! 今回は、メイクのやり方や、悩みをしっかりカバーできるテクニックまでお伝えしていきます♡

【パーツ別】すっぴん風メイクの基本のやり方

 それではまず最初に、すっぴん風メイクの基本からチェックしていきましょう!

【ベースメイク】コントロールカラーで素肌感を仕込む

お泊りデートはうれしいけど、すっぴんに不安(写真:iStock)
お泊りデートはうれしいけど、すっぴんに不安 (写真:iStock)

 すっぴん風メイクの場合、ベースメイクは「コントロールカラーのみ」で終わらせるのが基本。ただし、コントロールカラーも厚塗りしてしまうとメイク感が出てしまうので、色のパワーで粗を隠していきましょう。自分の肌の悩みに合わせて、コントロールカラーを選んでみてくださいね。

・顔色が悪い人……「ピンク色」で明るさと血色感を出す
・黄色味がかった人……「パープル」で透明感のある肌に見せる
・シミ、そばかすのある人……「イエロー」でくすみを飛ばす
・赤みやニキビ跡のある人……「グリーン」で赤みのない肌を実現

【アイメイク】ブラウンのアイライナー&クリアマスカラで自然に

透明マスカラでぱっちり目(写真:iStock)
透明マスカラでぱっちり目 (写真:iStock)

 すっぴん風メイクの場合、アイライナーに黒を使ってしまうと、その部分だけ色味が強く浮いてしまいます。そのため、色は優しく肌に馴染む「ブラウン」がおすすめ! アイラインは必ず、インラインだけにして、まつ毛の間を埋めるように塗りましょう。この時、目尻までラインを伸ばさないことがポイントですよ。

 また、まつ毛には、クリアマスカラが◎。透明でもブラシを左右に振って束感を出していけば、まつげの太さが強調されるので、自然なぱっちり目を作ることができます。

【チーク】クリームタイプで内側から湧き上がる血色感を作る

 すっぴん風メイクの中でも、チークは重要です。ポイントは、内側から自然に湧き上がるような血色感を演出すること。そのためには、パウダータイプよりも「クリームタイプ」がおすすめです。ラメ入りではないものを選んだほうが自然でしょう。

 指の腹で、頬の少し下の部分に丸く広めにポンポンと馴染ませていきます。色は、血色感のレッド、ほんのり色づくピンク、元気な印象のオレンジなど、どれでもOKです。ただし、すっぴん風メイクの場合、チークの色は「自分の頬が本来発色する色」に合わせるようにしてくださいね。

【眉メイク】毛のない部分だけにふんわりパウダーを

 すっぴんの悩みの中で「眉毛の薄さ」を挙げる人は多いですよね。でも、しっかり描いてしまうと、眉毛だけが浮いてしまいます。

 すっぴん風メイクでの眉毛メイクのポイントは、毛のない部分だけを埋めていくこと。ブラウンのパウダーを眉毛の毛のない部分だけにふんわりとのせて、色で埋めていきましょう。最後に全体をぼかすことで、よりナチュラルな眉毛に仕上がります。

【リップ】色付きリップでプルプルの血色がいい唇に

色付きリップがおすすめ♡(写真:iStock)
色付きリップがおすすめ♡ (写真:iStock)

 すっぴん風メイクでのリップには、「色付きリップ」がおすすめです。しっかり潤いを補給してくれるので、唇の縦ジワがなくなり、赤ちゃんのようなプルプルの感触に。さらに、色も薄づきのものを選べば、自然な発色に見せることができます。

 口紅やティントリップを使うのもよいのですが、その際には、事前にしっかりリップクリームで保湿し、シワの間に色が入り込まないように工夫してみてくださいね。

すっぴん風メイクの悩みをカバーするテクニック3つ

 基本のすっぴん風メイクをご紹介しましたが、それだけではどうしてもカバーできない悩みがある人は、次にご紹介するテクニックをプラスしてみてください。

1. 肌に透明感がない場合は「フェイスパウダー」でカバー

透明感ならフェイスパウダーにおまかせ(写真:iStock)
透明感ならフェイスパウダーにおまかせ (写真:iStock)

 コントロールカラーのみだと肌の透明感がなく、「塗った」感じが出てしまう人もいると思います。そんな時には、フェイスパウダーをふんわりのせてみてください。一気に透明感を出すことができます。カバー力を高めたい時には、ベージュカラーを。透明感をもっとアップさせたい場合は、パープルやブルーのパウダーを選ぶと良いですよ。

2. 顔のくすみやシミは「光拡散パウダー」でカバー

 顔全体に気になるシミやくすみがある時は、コンシーラーなどではなく「光」を使って飛ばしたほうがナチュラルです。フェイスパウダーやハイライトなどのアイテムを選ぶときには、「光拡散パウダー」が配合されているものを使ってみてください。肌が光をまとったように見えるので、シミやくすみが目立ちにくくなります。

3. 目のクマは厚塗りではなく「色」でカバー

 目の下のクマも、多くの女性の悩みでしょう。クマに関しては、クマの種類に合わせた色のコンシーラーを「薄塗り」して隠していく方法が効果的です。

 青クマなら「オレンジ・ピンク系」、茶クマなら「イエロー系」、黒クマなら「パール入り」のコンシーラーを選んで、目立たなくなるまで薄塗りを少しずつ繰り返してみてください。

バレないすっぴん風メイクでお泊まりの日も堂々と♡

すっぴん風メイクで楽しいデートを(写真:iStock)
すっぴん風メイクで楽しいデートを (写真:iStock)

 男性って「メイクするより、すっぴんが一番だよ」なんて言う人が多いのですが、正直、すっぴんを見ても本当に引かないかどうかなんて、確信が持てませんよね。そんな気持ちでは、せっかくのお泊まりも楽しめません。

 ぜひ、この記事でご紹介したバレないすっぴん風メイクを参考にして、お泊まりの日も堂々と可愛いあなたでいてくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...
流行りの「キレイ色」多すぎ…大人だから似合うおすすめは?
 暗めの色がしっくりくる秋冬が終わり、いよいよ春に向けてコーディネートも変えていきたい気分♡ でも、大人女子になると、た...