化粧品サンプルの使用期限はいつ?上手に使い切る11個の方法

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2021-07-16 06:00
投稿日:2021-07-16 06:00
 雑誌の付録や、デパートの化粧品売り場でなどでもらえる「化粧品サンプル」。使いそびれて、ついつい溜まっていませんか? 実は、化粧品サンプルには使用期限があるので、何年も放置するのはNGなんです。今回は、コスメコンシェルジュでもある私が、化粧品サンプルの正しい使用期限や上手に使い切る方法についてお伝えします!

表記されていなくても化粧品サンプルには使用期限がある!

サンプルってうれしいよね(写真:iStock)
サンプルってうれしいよね (写真:iStock)

 使ってみたかったメーカーのスキンケアアイテムや、気になる新製品の化粧品サンプルをもらうと、なんだかお得な気分になりますよね。でも、サンプルをはじめ、すべての化粧品には、使用期限があるんですよ。

化粧品サンプルの使用期限は半年〜1年以内

 ほとんどの場合、化粧品サンプルには使用期限の記載がありません。容器の種類や保管方法によっても使用期限は変わってきますが、基本的にメーカー側は「できるだけ早く使う」ことを前提にサンプルを作っているため、もらってから半年〜遅くても1年以内に使い切ったほうが良いようです。

 使い忘れを防ぐには、化粧品サンプルをもらった時の日付を記載しておくと安心。使用期限が近いものから、優先して使うことができますよ。

化粧品の使用期限は未使用なら3年、開封後なら1年

 一般的なスキンケア化粧品の場合、使用期限は未使用なら約3年、開封後なら約1年です。
多くの化粧品に使用期限の記載がない理由は法律が関係していて、簡単にいうと「製造してから3年以内で変質する化粧品以外、使用期限を表示しなくても良い」という決まりとなっているからなんです。

 逆に、ファンケルのように無添加のものなど、化粧品によっては使用期限が記載されている場合もあるため、使用する前にはチェックするようにしましょう。

アイテム別! 捨てられない化粧品サンプルを上手に使い切る11の方法

クレンジングオイルでお洗濯(写真:iStock)
クレンジングオイルでお洗濯 (写真:iStock)

 ここからは、アイテム別に化粧品サンプルを上手に使い切る方法をご紹介します。美容ケアから掃除にと、いろんな活用方法があるので、覚えておいて損はありませんよ♪

【クレンジングオイル】

・頭皮マッサージに使う

 クレンジングオイルのサンプルは、頭皮マッサージに使うのがおすすめ。皮脂や汚れによる毛穴の詰まりをスッキリさせることができますよ。

 使い方は簡単! 髪を濡らす前に地肌に塗り、指の腹で丁寧にマッサージします。その後、少しのぬるま湯で乳化させて洗い流し、通常通りシャンプーからのケアを始めます。

・メイク道具のお手入れに使う

 メイクを落とす役割であるクレンジングオイルは、パフやブラシなどメイク道具のお手入れに最適。汚れも落ちやすいうえ、もともと顔につけるものなので安心なのも良いところですね。

 メイク道具にクレンジングオイルを含ませたら、ぬるま湯で乳化させ、水でしっかり洗いましょう。洗い終わった後は、ちゃんと乾燥させるのもポイントです。

・洗濯や掃除の時に使う

 使用期限が切れてしまったクレンジングオイルのサンプルは、洗濯の時にも役立ちます。ファンデーションやアイメイクなどがついてしまった服の汚れ、落ちにくい袖口や襟のシミに馴染ませてもみ洗いをすると綺麗になります。

 また、意外なのがコンロや換気扇などの油汚れを落とす時にも使えること。気になる箇所に塗ってからしばらく放置して拭き取ると、力を入れずに汚れを落とせますよ。

シートマスクに浸してスペシャルケア(写真:iStock)
シートマスクに浸してスペシャルケア (写真:iStock)

【化粧水・美容液】

・シートマスクに浸してパックとして使う

 化粧水や美容液のサンプルは、シートマスクに浸してパックとして使うのもおすすめ。ひたひたで濃厚な贅沢パックができあがりますよ。
 特に、高価な美容液のサンプルは「特別な時に使わないと」と、使うタイミングを見失いがちですが、パックならスペシャルケアとして十分に満足できるはず。ちなみに、シートマスクは「ローションパックシート」などの商品名で販売されています。無印や100円ショップなどでも、手軽に手に入りますよ。

・こっくりとしたクリームに混ぜて使う

 ニベアなど、こっくりとしたテクスチャのクリームは、保湿力が高い反面、伸びが悪いと感じている人もいるでしょう。そんなクリームに化粧水や美容液のサンプルを混ぜて使うと伸びが良くなるので、ぜひ試してみてください。肌への摩擦を減らすことにもつながります。

・入浴剤として使う

 大きめのボトルに入っている化粧水のサンプルは、思い切って入浴剤として使う方法もあります。化粧水としては肌に合わない場合でも、お風呂のお湯で薄めることで肌へのトラブルは減るはずです。良い香りがするものだと、アロマ代わりになりますね。

・ヘアケアに使う

 さらさらとしたテクスチャの化粧水のサンプルは、ヘアケアにも活用できます。スプレーボトルに入れ替えたら、保湿ケアに、寝癖直しに、と、いろんなシーンで使えて便利。べたつきが気になるようであれば、精製水と混ぜてスプレーするのも◎。いずれにせよ、早めに使い切るようにしてくださいね。

かかとのお手入れにおすすめ(写真:iStock)
かかとのお手入れにおすすめ (写真:iStock)

【乳液・クリーム】

・メイク落としの際、クレンジング代わりに使う

 乳液やクリームには油分が含まれているので、クレンジング剤の代わりに使うのもおすすめ。肌にのせた後、指の腹でくるくると優しくメイクと馴染ませてコットンなどで拭き取り、洗顔をしましょう。

 ただし、洗浄力が高いわけではないので、ウォータープルーフタイプのコスメは落ちにくいかもしれません。ポイントメイクは、先に落としておいたほうが無難でしょう。

・リキッドファンデーションに混ぜて使う

 乾燥が気になる時、リキッドファンデーションに乳液やクリームのサンプルを混ぜて使う方法もあります。保湿効果が高まるのはもちろん、ツヤっぽい仕上がりを楽しめますね。ただし、多く混ぜすぎるとメイク崩れの原因となるので、ゆるくなりすぎないように少しずつ混ぜていくようにしましょう。

・メイク直しに使う

乳液でメイク直しを! たった5分でできるツヤ肌キープ方法」でご紹介しましたが、乳液のサンプルは、メイク直しにも大活躍。

 乳液をコットンや綿棒に浸し、メイク崩れが気になるところをオフ。その後、新たにもう一度馴染ませ、ファンデーションなどを塗るだけというものです。サンプルだとポーチに入れてもかさばらないので、1袋入れておくといざという時に便利です。

・膝やかかとのケアに使う

 膝やかかとは角質が厚くなりやすく、放っておくとガサガサになりやすい部分。膝やかかとにサンプルの乳液やクリームを塗った後、コットンを貼り付けてしばらく放置するだけという簡単な方法ですが、目に見えて効果が実感できるはず。ぬるつきが気になる人は、化粧水や美容液でも代用できますよ。

眠っている化粧品サンプルを上手に活用して♪

サンプルを上手に使おう♡(写真:iStock)
サンプルを上手に使おう♡ (写真:iStock)

 化粧品サンプルには、意外とたくさんの使い道があります。とはいえ、使用期限内であっても、保管場所や保存方法によっては品質が悪くなってしまうこともあるので、変色や臭いがする場合には、肌に使うのはやめたほうが良いですね。

 ぜひ、あなたの家にも眠っている化粧品サンプルを、この機会に上手に活用してくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


令和の最新オルチャンメイク大公開♡ やり方&5つのポイント
 少し前に大流行した韓国の「オルチャンメイク」。真っ赤なリップに太めの平行眉で美少女を演出したのは昔の話……と思いきや、...
クラシカルもカジュアルもOK♡万能サイドゴアブーツコーデ
 肌寒い季節になってきましたね! 春夏に重宝したスニーカーやパンプスよりも、もう少し足元を暖かくおしゃれしたい気分♡とい...
一年中しっとりボディ♡ 美肌の作り方&心がけるべき生活習慣
 しっとりしていてツヤのある乾燥知らずのボディを手に入れるためには、日々のケアや生活習慣が重要なポイントになります。そこ...
ネイルあるある8選!笑いも失敗も全部“おしゃれ”に変えて♡
 多くの女性がハマっているネイル♡ そんなおしゃれの影には、誰もが体験しているあるあるネタがいっぱい! そこで今回は、ネ...
計るだけダイエットのやり方5STEP!成功させるポイント
 ダイエットにはさまざまな方法がありますが、「どんなに効果がある」と言われる方法でも辛ければ続きません。無理のないダイエ...
くせ毛を活かすアレンジ方法4選!やっかいな髪質を味方に♡
 やっかいなくせ毛。広がってしまったり、いつも同じ方向に流れてしまったりと、悩みは尽きませんよね……。でも、そんなくせ毛...
体重が増えた…太った体をすぐに戻す方法&成功させるコツ♪
「何だか体が重い……」と、久しぶりに体重計に乗ってみると、思ったよりも太っていてビックリ!なんて経験がある人もいるでしょ...
似合う髪型がわからない人必見! オーダーのポイント&注意点
 何年も同じ髪型をしていると、「そろそろ飽きてきたな」と思いながらも自分に似合う髪型が分からず、結局、同じスタイルになっ...
デリケートゾーンのニオイが気になる…おりものにも関係があった
「デリケートゾーンがなんだか臭う……」「周りにバレないかな……」そんな悩みを抱えている女性は少なくありません。デリケート...
私だけじゃない!メイク失敗あるある5選&失敗しないメイク術
 メイクが上手にできなくて、「自信がない」「もうノーメイクでいいや」と諦めていませんか? でも実は、メイク上手に見える女...
ニットが太って見える原因&細見えさせるテクニック3選♡
 寒くなってくると、ニットを着る人が増えてきます。ニットは見る人に暖かい印象を与えるだけでなく、季節に合ったファッション...
紗栄子風"ふんわりいい香りがしそう”な女を目指す3アイテム
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違っ...
男性が好きな服ってどんな服?選ぶポイント&季節別コーデ例
 男性とのデートが決まったら「どんな服を着ていこう?」と、悩む女性は多いでしょう。洋服によって彼に与える印象も変わってき...
非常時用に備えて安心♡ プチプラビューティアイテム3選!
 先月、大きな地震があった後、お風呂に溜めた水が濁っていてびっくり! ネットで調べたら、近所でマンホールから水が溢れてい...
前髪を切りすぎた時のお直し方法&可愛く乗り切る対処法5選
 セルフカットで切った前髪。左右のバランスを整えているうちに、どんどん短くなってしまった経験はありませんか? そこで今回...
パックは毎日したらダメなの? 正しく効果的な使い方4選♡
 お肌のケアが簡単にできる「パック」。毎日の夜のお手入れに取り入れている人も多いでしょう。でも「パックって毎日使ったらダ...