化粧品サンプルの使用期限はいつ?上手に使い切る11個の方法

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2021-07-16 06:00
投稿日:2021-07-16 06:00
 雑誌の付録や、デパートの化粧品売り場でなどでもらえる「化粧品サンプル」。使いそびれて、ついつい溜まっていませんか? 実は、化粧品サンプルには使用期限があるので、何年も放置するのはNGなんです。今回は、コスメコンシェルジュでもある私が、化粧品サンプルの正しい使用期限や上手に使い切る方法についてお伝えします!

表記されていなくても化粧品サンプルには使用期限がある!

サンプルってうれしいよね(写真:iStock)
サンプルってうれしいよね (写真:iStock)

 使ってみたかったメーカーのスキンケアアイテムや、気になる新製品の化粧品サンプルをもらうと、なんだかお得な気分になりますよね。でも、サンプルをはじめ、すべての化粧品には、使用期限があるんですよ。

化粧品サンプルの使用期限は半年〜1年以内

 ほとんどの場合、化粧品サンプルには使用期限の記載がありません。容器の種類や保管方法によっても使用期限は変わってきますが、基本的にメーカー側は「できるだけ早く使う」ことを前提にサンプルを作っているため、もらってから半年〜遅くても1年以内に使い切ったほうが良いようです。

 使い忘れを防ぐには、化粧品サンプルをもらった時の日付を記載しておくと安心。使用期限が近いものから、優先して使うことができますよ。

化粧品の使用期限は未使用なら3年、開封後なら1年

 一般的なスキンケア化粧品の場合、使用期限は未使用なら約3年、開封後なら約1年です。
多くの化粧品に使用期限の記載がない理由は法律が関係していて、簡単にいうと「製造してから3年以内で変質する化粧品以外、使用期限を表示しなくても良い」という決まりとなっているからなんです。

 逆に、ファンケルのように無添加のものなど、化粧品によっては使用期限が記載されている場合もあるため、使用する前にはチェックするようにしましょう。

アイテム別! 捨てられない化粧品サンプルを上手に使い切る11の方法

クレンジングオイルでお洗濯(写真:iStock)
クレンジングオイルでお洗濯 (写真:iStock)

 ここからは、アイテム別に化粧品サンプルを上手に使い切る方法をご紹介します。美容ケアから掃除にと、いろんな活用方法があるので、覚えておいて損はありませんよ♪

【クレンジングオイル】

・頭皮マッサージに使う

 クレンジングオイルのサンプルは、頭皮マッサージに使うのがおすすめ。皮脂や汚れによる毛穴の詰まりをスッキリさせることができますよ。

 使い方は簡単! 髪を濡らす前に地肌に塗り、指の腹で丁寧にマッサージします。その後、少しのぬるま湯で乳化させて洗い流し、通常通りシャンプーからのケアを始めます。

・メイク道具のお手入れに使う

 メイクを落とす役割であるクレンジングオイルは、パフやブラシなどメイク道具のお手入れに最適。汚れも落ちやすいうえ、もともと顔につけるものなので安心なのも良いところですね。

 メイク道具にクレンジングオイルを含ませたら、ぬるま湯で乳化させ、水でしっかり洗いましょう。洗い終わった後は、ちゃんと乾燥させるのもポイントです。

・洗濯や掃除の時に使う

 使用期限が切れてしまったクレンジングオイルのサンプルは、洗濯の時にも役立ちます。ファンデーションやアイメイクなどがついてしまった服の汚れ、落ちにくい袖口や襟のシミに馴染ませてもみ洗いをすると綺麗になります。

 また、意外なのがコンロや換気扇などの油汚れを落とす時にも使えること。気になる箇所に塗ってからしばらく放置して拭き取ると、力を入れずに汚れを落とせますよ。

シートマスクに浸してスペシャルケア(写真:iStock)
シートマスクに浸してスペシャルケア (写真:iStock)

【化粧水・美容液】

・シートマスクに浸してパックとして使う

 化粧水や美容液のサンプルは、シートマスクに浸してパックとして使うのもおすすめ。ひたひたで濃厚な贅沢パックができあがりますよ。
 特に、高価な美容液のサンプルは「特別な時に使わないと」と、使うタイミングを見失いがちですが、パックならスペシャルケアとして十分に満足できるはず。ちなみに、シートマスクは「ローションパックシート」などの商品名で販売されています。無印や100円ショップなどでも、手軽に手に入りますよ。

・こっくりとしたクリームに混ぜて使う

 ニベアなど、こっくりとしたテクスチャのクリームは、保湿力が高い反面、伸びが悪いと感じている人もいるでしょう。そんなクリームに化粧水や美容液のサンプルを混ぜて使うと伸びが良くなるので、ぜひ試してみてください。肌への摩擦を減らすことにもつながります。

・入浴剤として使う

 大きめのボトルに入っている化粧水のサンプルは、思い切って入浴剤として使う方法もあります。化粧水としては肌に合わない場合でも、お風呂のお湯で薄めることで肌へのトラブルは減るはずです。良い香りがするものだと、アロマ代わりになりますね。

・ヘアケアに使う

 さらさらとしたテクスチャの化粧水のサンプルは、ヘアケアにも活用できます。スプレーボトルに入れ替えたら、保湿ケアに、寝癖直しに、と、いろんなシーンで使えて便利。べたつきが気になるようであれば、精製水と混ぜてスプレーするのも◎。いずれにせよ、早めに使い切るようにしてくださいね。

かかとのお手入れにおすすめ(写真:iStock)
かかとのお手入れにおすすめ (写真:iStock)

【乳液・クリーム】

・メイク落としの際、クレンジング代わりに使う

 乳液やクリームには油分が含まれているので、クレンジング剤の代わりに使うのもおすすめ。肌にのせた後、指の腹でくるくると優しくメイクと馴染ませてコットンなどで拭き取り、洗顔をしましょう。

 ただし、洗浄力が高いわけではないので、ウォータープルーフタイプのコスメは落ちにくいかもしれません。ポイントメイクは、先に落としておいたほうが無難でしょう。

・リキッドファンデーションに混ぜて使う

 乾燥が気になる時、リキッドファンデーションに乳液やクリームのサンプルを混ぜて使う方法もあります。保湿効果が高まるのはもちろん、ツヤっぽい仕上がりを楽しめますね。ただし、多く混ぜすぎるとメイク崩れの原因となるので、ゆるくなりすぎないように少しずつ混ぜていくようにしましょう。

・メイク直しに使う

乳液でメイク直しを! たった5分でできるツヤ肌キープ方法」でご紹介しましたが、乳液のサンプルは、メイク直しにも大活躍。

 乳液をコットンや綿棒に浸し、メイク崩れが気になるところをオフ。その後、新たにもう一度馴染ませ、ファンデーションなどを塗るだけというものです。サンプルだとポーチに入れてもかさばらないので、1袋入れておくといざという時に便利です。

・膝やかかとのケアに使う

 膝やかかとは角質が厚くなりやすく、放っておくとガサガサになりやすい部分。膝やかかとにサンプルの乳液やクリームを塗った後、コットンを貼り付けてしばらく放置するだけという簡単な方法ですが、目に見えて効果が実感できるはず。ぬるつきが気になる人は、化粧水や美容液でも代用できますよ。

眠っている化粧品サンプルを上手に活用して♪

サンプルを上手に使おう♡(写真:iStock)
サンプルを上手に使おう♡ (写真:iStock)

 化粧品サンプルには、意外とたくさんの使い道があります。とはいえ、使用期限内であっても、保管場所や保存方法によっては品質が悪くなってしまうこともあるので、変色や臭いがする場合には、肌に使うのはやめたほうが良いですね。

 ぜひ、あなたの家にも眠っている化粧品サンプルを、この機会に上手に活用してくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


ガードルって履くべき? 5つの必要性&よくある疑問を解消!
 若い頃は「ガードルなんて必要ない!」と、思っていた人が多いでしょう。しかし、年齢とともに体は変わるもの。変化してきた体...
プチプラ優秀コスメで時短美容!「肌悩み別」おすすめ3品
 季節の変わり目、マスク生活、高い湿度に強い紫外線……など、肌不調のもととなるようなストレスを感じやすい今は、スキンケア...
日本人の平均は“7頭身”って本当? 測り方&小顔に見せる方法
 スタイルの良いモデルさんを見て、「何頭身なんだろう!?」なんて会話をしたことがある人は多いでしょう。でも、意外にこの「...
実は男ウケ最悪…男性が嫌いな女性のファッション&注意点
 女性の間では流行っているファッションでも、男性には「下品」「ダサい」「軽そう」なんて思われていることがあるようです。そ...
マスクの汗どうしてる?今すぐ試せる対策4つ&役立つアイテム
 コロナ禍の現代、マスクは生活の必需品となりました。マスクは自分を守るための大事なアイテムですが、暑い季節は汗をかきやす...
口紅やリップはいつ交換する? タイミング&正しい保管方法
 化粧品は食料品と違って使用期限が記載されていないため、いつまで使えるのか知らない人も多いでしょう。特に、デリケートな唇...
夕方に毛穴が目立つのはなぜ? 5つの原因別対処法をご紹介
「朝、完璧にメイクしたつもりが、夕方になると毛穴が目立ってしまう……」そんなお悩みはありませんか? 今回は、そんな夕方に...
夏ビューティ♡ 雑誌付録で新スキンケア&限定ネイルが試せる
 美容雑誌の付録で、いろんなアイテムをお試し中! 気になっていたアイテムを気楽に試せるのは楽しいですし、しっかり試せるサ...
パフ&スポンジを水ありで使うとメイク持ちUP♡ 使い方のコツ
 ファンデーションには欠かせない、パフ&スポンジ。ファンデーション選びにはこだわっても、パフやスポンジは適当に使っている...
愛され女子に共通する6つの美習慣♡ 簡単な就寝前のケア方法
 女性から見て「素敵だな」と思える人は、男性にも魅力的に映り、愛される傾向にありますよね。中には「美人に生まれていいな」...
男ウケのいい“モテるネイル”のポイント5つ♡男性の本音も
 女性にとって、ネイルはおしゃれの一部。毎日いろいろな柄や色を楽しんでいる人は多いでしょう。でも、女性が可愛いと思うネイ...
真夏のドライヤー時間は短縮できる! おすすめ簡単時短術3選
 みなさんは、ドライヤーにどのくらいの時間をかけていますか? 夏はドライヤーをかけるだけで暑いので、ドライヤー自体を省い...
コンシーラーのメイク崩れを解消♡ 原因&ヨレない方法4つ
 コンシーラーはクマやシミ、くすみや毛穴などの肌トラブルをキレイに隠してくれる優れもののアイテム。でも、使い方を間違えて...
太ももを細くするための5つのポイント&簡単エクササイズ♪
 太ももは、多くの女性が「少しでも細くなりたい!」と思っている部位。しかし、一度脂肪が付いてしまうと、なかなか細くならな...
ボディスクラブで“うるツヤ肌”に♡4種類の特徴&正しい使い方
「ボディスクラブ」はクリームやジェルの中に細かい粒子が入っていて、マッサージすることで古い角質を落としてくれる優れたアイ...
“ダサい”は卒業!大人女性のスニーカーコーデのコツ&注意点
 近年、大人女性に大人気の「スニーカー」。なんといっても歩きやすいので、一度履くと手放せなくなってしまいますよね。とはい...