パックは毎日したらダメなの? 正しく効果的な使い方4選♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-11-12 06:00
投稿日:2021-11-12 06:00
 お肌のケアが簡単にできる「パック」。毎日の夜のお手入れに取り入れている人も多いでしょう。でも「パックって毎日使ったらダメなのでは?」と、疑問に思っている人もいるかもしれません。そこで今回は、毎日パックをしていいケースや、正しく効果的な使い方をご紹介します!

毎日使ってもいいパック&ダメなパックの種類をチェック

パックって毎日使ったらだめなの!?(写真:iStock)
パックって毎日使ったらだめなの!? (写真:iStock)

 パックを毎日使ってもいいかどうかは、その人の肌状態や肌質、パックの種類などにもよるので一概には言えません。ただし、中には毎日使うのを避けたほうがいいパックの種類もあるので、要注意。まずは、チェックしてみましょう!

毎日使ってもいいパックの種類

 毎日使ってもいいパックは、単純に「毎日使用してOK」と、記載されているものになります。ただ、そのような記載があっても、肌に合わない場合や、肌がデリケートな人などは毎日の使用は控えたほうが良いでしょう。

 また、肌が健康な人でも、毎日パックをして肌を過保護にしてしまうことで、肌が敏感になり、トラブルが起こりやすくなってしまうこともあるそうです。肌の様子を観察しながら、推奨されている頻度を守って使うことが肝心です。

毎日使ったらダメなパックの種類

 毎日使ったらダメなパックの種類には、以下のようなものがあります。

・毛穴パック
・刺激の強い成分を使ったもの
・「毎日使用してOK」と記載がないもの

 シートタイプの毛穴パックは、パックを剥がす時に毛穴の角栓を引き抜くため、肌に負担がかかりやすいものになります。そのため、毎日連続で使ってしまうと毛穴が開きっぱなしになり、角栓ができやすくなる場合もあるので注意が必要。

 また、肌に刺激の強い成分を使ったものや、「毎日使用してOK」と商品に記載されていないものも、避けたほうがいいでしょう。

パックは毎日使わなくても大丈夫! 効果を引き出す正しい使い方4選

パックの前に化粧水を(写真:iStock)
パックの前に化粧水を (写真:iStock)

 毎日のようにパックをしていた人は、週に1〜2回のパックでは物足りない気分になってしまうかもしれません。でも、実は、回数よりも一回一回をより効果的に使うことのほうが大切なのです。

1. 化粧水を使ってからパックを使う

 多くの人が洗顔後にそのままパックを使用していると思いますが、実は、化粧水を使ってから使用するのが一番効果的!

 乾燥した肌よりも化粧水で潤いに満ちた肌に使うほうが、成分が浸透しやすくなります。ただし、使用タイミングが「洗顔後すぐ」など、指定されているパックは、その記載通りに使ったほうが良いでしょう。

2. パックを使う頻度&使用方法を守る

 パックに含まれる成分によって、使っていい頻度や使用方法は変わります。使いすぎると肌に刺激が強すぎたり、指定時間以上放置することで逆に肌の水分が蒸発し、乾燥したりする可能性があります。

 そのため、パックを使う時には必ず説明書を読み、使用方法を守って使うようにしましょう。

3. パックの後は乳液やクリームでフタをする

 パックを使い終わったあとの肌はもっちりとするので、「保湿できた」と思うかもしれません。でも、そのままにしてしまうと肌の水分はどんどん蒸発してしまいます。パック後には必ず、乳液やクリームでフタをするように気をつけましょう。

4. パックの上からカバーをして効果を倍増

 パックの効果を上げるには、100円ショップなどで販売されている「シリコンカバー」を使うのもおすすめです。水分が蒸発せず、肌にぴったりパックを密着させることができるので、保湿効果も高まります。

 また、肌の温度で蒸らされて、浸透率がアップするとも言われています。シリコンカバーがなければ、調理用のラップで対応するのもOKですよ。

毎日パックするのはダメでも、毎回のパックをより丁寧に♡

一回のパックを丁寧に♡(写真:iStock)
一回のパックを丁寧に♡ (写真:iStock)

 パックの使い方には諸説ありますが、毎日のようにパックを使うと、肌を甘やかしてしまうとも言われているのは有名な話。そのため、長期間にわたって毎日使い続けるのは避けたほうが良いかもしれません。

 それよりも、毎回のパックをより効果的に丁寧に行うことが大切! ご紹介した正しいパックの方法を参考にして、ぜひ美肌を目指してくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


美肌を育てる!40代にぴったりな「ミニマルメイク」のすすめ
 40代を超えると、必要な物だけを厳選してシンプルに暮らしているミニマリストに憧れますよね! とはいえ、実際には生活の中...
美容院に行く前に読んで!夏のヘアカラーを長持ちさせるコツ
 夏場は髪色を明るく軽い色に変えたくなる人、実際に変えた人は多いのではないでしょうか。でも、そこで出てくる悩みが「ヘアカ...
コントロールカラーってなんぞ?メリット&選び方をおさらい
「コントロールカラーというアイテムは知っているけど、どうやって選んだらいいのかよくわからない……」と、購入を躊躇している...
【生理の腰痛】丸腰じゃ戦えない!自宅でできる腰痛の解決策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
日焼け止めの落とし方をおさらい 体もクレンジングするの?
 紫外線の強い季節に欠かせない日焼け止め。一日に何回も塗り直すわりには、クレンジングを適当にしてしまっている人も多いよう...
姑チェックは厳しいぞ! 帰省ネイルの注意点&好感度UPテク
 年末年始や夏休みになると、夫の実家に帰省する人も多いですよね。ここで意外と見落としがちなのが「帰省ネイル」。デザインに...
気を付けて! 令和版・ヤリモク男“ホイホイメイク”3つの特徴
「ヤリモク」とはその言葉の通り、最終的に“やる”のが目的の男の人のこと……。ちゃらちゃらした男をよく引き寄せてしまうとい...
拷問動画多すぎ!深夜の飯テロ対策5選、ドカ食いを回避せよ
 深夜に飯テロ番組や食欲をそそるようなSNSを見てしまい、空腹に悩まされた経験がある人は多いでしょう。ダイエット中の人に...
旅行で活躍の予感!雑誌の付録で「トラベルセット」まで完成
 雑誌の付録で、旅行セットが作れました♪  化粧水・乳液のセットはたっぷり使えるサイズで何泊でも使えそう。ヘアオイルと...
立派な二の腕をカバーする! 細見えノースリーブ着こなし5選
 夏の着こなしの定番アイテムといえば、涼しげに見えるノースリーブですよね。でも中には、「太い二の腕が気になるから、ノース...
ニオってる?夏の汗・皮脂が臭う原因と対策【部位別に解説】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
美容マニアも愛用!「炭酸パック」の魅力&使い方5ステップ
 女性はいくつになっても綺麗な肌に憧れるものですよね。年齢とともにすっぴんに自信を持てなくなる人は多いですが、でも、年齢...
自信過剰なの?すっぴん派が明かす「私がメイクしない理由」
 大人世代に突入して、若いころとは違って「メイクしないと出掛けられない」と感じ始めた女性が多いはず。  だからこそ、メ...
甘辛コーデは時代遅れ? おしゃれ女性が知ってるやり方はコレ
 キュートとクールを両立した甘辛コーデ。「何歳になってもかわいい服を楽しみたい」という女性にとって関心の高いスタイルでは...
ほんのり&抜け感で男ウケ抜群! あざといアイメイクの方法
 一見、男ウケを狙っていない感じなのに、しっかり可愛い「あざとい女性」たち。男性からすると、がっつりメイクで“ウケを狙っ...
美胸の秘訣を伝授!女が輝ける「美しいおっぱい」の3大要素
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...