お風呂でおうち美容♡ オススメの方法6つ&やりがちなNG例

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2022-01-27 06:00
投稿日:2022-01-27 06:00
 忙しく過ごしている人にオススメしたいのが、お風呂でのおうち美容♡ 誰しも、お風呂に入ることは習慣になっているはず。その時間を有効的に使ってみませんか? そこで今回は、お風呂で効果を高めるおうち美容の方法とやりがちなNG例をご紹介します。

毎日のお風呂時間を活用♡ おうち美容の6つの方法

 毎日、お風呂に入っていても、簡単にシャワーだけで済ませている人が多いのではないでしょうか。でも、おうち美容の効果を得るためには湯船に浸かって入浴するのがベター! まずは、お風呂でのおうち美容の方法をご紹介します。

1. 入浴前に1杯のお水を飲む

 お風呂に浸かると、汗などで水分が不足しやすくなります。そのため、入浴の前に1杯のお水を飲んでおきましょう。そうすることで、脱水などを防ぐだけでなく、温熱効果をアップさせることができますよ。

2. お湯の温度は38度〜40度

38度から40度のお湯でじんわりと(写真:iStock)
38度から40度のお湯でじんわりと (写真:iStock)

 お風呂に浸かろうとすると、「せっかくなら、汗をたくさんかきたい」と思う人が多いでしょう。汗をかくと心身ともにスッキリするため、お湯の温度を高めに設定している人もいると思います。

 でも、実は入浴時にじんわりと汗をかく温度というのは意外と低いんです。一般的に、38度から40度が理想と言われているので、意識してみましょう。

3. 入浴時間もポイント

 湯船に浸かる際、お風呂の中で読書するなどして、長時間湯船に浸かる人もいます。もちろん、それは悪いことではありませんが、必ずしも長時間湯船に入らなくてもお風呂での美容効果を得ることは可能!

 入浴後は10分程度で血圧が安定し、15分程度でリラックス状態になると言われています。その状態でお風呂から上がることで、血行が良くなったり、眠りにつきやすくなるため、短時間でも湯船に浸かる習慣をつけられると良いですね。

4. 入浴剤や塩、日本酒を入れると◎

お気に入りの入浴剤でリラックス(写真:iStock)
お気に入りの入浴剤でリラックス (写真:iStock)

 湯船にお湯を溜めたら、そのまま入る人もいますが、できれば入浴剤を入れてみてください。入浴剤は温浴効果や保湿効果を高めるだけでなく、塩素を除去してくれる働きを持つものが多いのです。

 また、身体を芯から温めることができる、塩や日本酒を入れるのも◎ 自分の好きな入浴剤を用意して、その時々の体調などに合わせて変えてみるのも良いでしょう。

5. 入浴時にフェイスパック&マッサージ

フェイスパックの効果もアップ(写真:iStock)
フェイスパックの効果もアップ (写真:iStock)

 中には、お風呂に浸かるのが苦手で、「何をして過ごしたら良いのか分からない」という人もいるでしょう。

 そんな人は、入浴タイムにフェイスパックをしたり、マッサージを楽しんでみてください。身体が温まった状態でケアをすることで、美容効果もアップしますよ。

6. 入浴のタイミングは寝る前がベスト

 入浴は心身共にリラックス効果があり、快眠を促す効果が期待できます。そのため、入浴は寝る前がベスト。

 ただし、あまり熱過ぎる温度のお湯だと、逆に寝つきが悪くなるとも言われているため、上記でご紹介したようにお湯の温度や入浴時間に注意することが肝心です。

お風呂でのおうち美容の際にやりがちな3つのNG例

熱すぎるお湯にはご用心(写真:iStock)
熱すぎるお湯にはご用心 (写真:iStock)

 お風呂で手軽におうち美容ができるのは、とても嬉しいですよね。しかし、間違った方法で行ってしまうと、逆効果になってしまうこともあるんです。そこで次に、注意したいNG例をご紹介します。

1. 長風呂のしすぎ

 お風呂に浸かるというと、「長い時間浸かったほうが、効果が高い」と思っている人が少なくありません。しかし、長風呂は脱水症状や乾燥を引き起こすだけでなく、寝つきが悪くなるなど身体への負担が大きくなるのも事実。無理をしないようにしましょう。

2. 熱いお湯で汗をかく

 長風呂同様に勘違いしやすいのが、お風呂の温度。特に、汗をかきたい人はお風呂の温度を上げがちですが、実は、温度の高いお風呂は 神経をたかぶらせてしまう可能性があります。

 朝や日中など、これから活動するのであればまだしも、寝る前だとリラックスの弊害になることがあるので注意しましょう。

3. 週1だけ湯船に浸かる

 平日はシャワーだけで済ませ、「入浴は週末だけで十分」と思っている人も多いでしょう。しかし、美容の観点から言うと、効果を高めるためには毎日の入浴がいいでしょう。

 温活効果も期待できるので、ぜひ、毎日の習慣にしていけると良いですね。

お風呂時間を上手におうち美容時間に使ってみて♡

お風呂時間でキレイになろう(写真:iStock)
お風呂時間でキレイになろう (写真:iStock)

 せっかくお風呂で入浴するのであれば、その時間をおうち美容時間に使ってみませんか? ご紹介してきたように、 ちょっとした工夫、手間を加えることで、美容効果をアップさせることができるんです。ぜひ、毎日のお風呂時間でケアを続けてみてくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


どうしてる? 30代40代にも多い「外出先での尿もれ」対策6つ
「尿もれなんて、年を取ってからの悩みでしょ?」と、思っている人は多いかもしれません。でも実は、出産や病気などが原因で30...
プレ更年期って何?デリケートゾーンが痒い!【薬剤師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
痛くない&疲れないサンダルの選び方 試着時のポイント4つ
 夏になると履きたくなるのがサンダル! デザインも可愛いものが多いですし、なにより通気性が良いので涼しく夏を過ごせますよ...
話題のオールインワンサプリ「TRIPLE ONE(トリプル・ワン)」を試してみた♡ 魅力&最新レビュー
「もっとキレイになりたい」「いつまでも若々しくいたい」と、美を追求する世の女性たち。美肌、美髪を目指すのはもちろん、スタ...
地雷メイクで警官から職質された!? 盛りすぎ失敗エピソード
「私の顔に何か付いてる?」と、気になってトイレに駆け込むと、とんでもないメイクの状態になっていたー! なんて経験は誰しも...
本当に「白髪を抜く」のはNG?黒髪に戻る可能性ってあるの?
アラサー&アラフォー世代になると、目立ちはじめる白髪。世間では「白髪を抜くと増える」「白髪を抜いたら禿げる」なんて噂もあ...
“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...