お風呂でおうち美容♡ オススメの方法6つ&やりがちなNG例

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2022-01-27 06:00
投稿日:2022-01-27 06:00
 忙しく過ごしている人にオススメしたいのが、お風呂でのおうち美容♡ 誰しも、お風呂に入ることは習慣になっているはず。その時間を有効的に使ってみませんか? そこで今回は、お風呂で効果を高めるおうち美容の方法とやりがちなNG例をご紹介します。

毎日のお風呂時間を活用♡ おうち美容の6つの方法

 毎日、お風呂に入っていても、簡単にシャワーだけで済ませている人が多いのではないでしょうか。でも、おうち美容の効果を得るためには湯船に浸かって入浴するのがベター! まずは、お風呂でのおうち美容の方法をご紹介します。

1. 入浴前に1杯のお水を飲む

 お風呂に浸かると、汗などで水分が不足しやすくなります。そのため、入浴の前に1杯のお水を飲んでおきましょう。そうすることで、脱水などを防ぐだけでなく、温熱効果をアップさせることができますよ。

2. お湯の温度は38度〜40度

38度から40度のお湯でじんわりと(写真:iStock)
38度から40度のお湯でじんわりと (写真:iStock)

 お風呂に浸かろうとすると、「せっかくなら、汗をたくさんかきたい」と思う人が多いでしょう。汗をかくと心身ともにスッキリするため、お湯の温度を高めに設定している人もいると思います。

 でも、実は入浴時にじんわりと汗をかく温度というのは意外と低いんです。一般的に、38度から40度が理想と言われているので、意識してみましょう。

3. 入浴時間もポイント

 湯船に浸かる際、お風呂の中で読書するなどして、長時間湯船に浸かる人もいます。もちろん、それは悪いことではありませんが、必ずしも長時間湯船に入らなくてもお風呂での美容効果を得ることは可能!

 入浴後は10分程度で血圧が安定し、15分程度でリラックス状態になると言われています。その状態でお風呂から上がることで、血行が良くなったり、眠りにつきやすくなるため、短時間でも湯船に浸かる習慣をつけられると良いですね。

4. 入浴剤や塩、日本酒を入れると◎

お気に入りの入浴剤でリラックス(写真:iStock)
お気に入りの入浴剤でリラックス (写真:iStock)

 湯船にお湯を溜めたら、そのまま入る人もいますが、できれば入浴剤を入れてみてください。入浴剤は温浴効果や保湿効果を高めるだけでなく、塩素を除去してくれる働きを持つものが多いのです。

 また、身体を芯から温めることができる、塩や日本酒を入れるのも◎ 自分の好きな入浴剤を用意して、その時々の体調などに合わせて変えてみるのも良いでしょう。

5. 入浴時にフェイスパック&マッサージ

フェイスパックの効果もアップ(写真:iStock)
フェイスパックの効果もアップ (写真:iStock)

 中には、お風呂に浸かるのが苦手で、「何をして過ごしたら良いのか分からない」という人もいるでしょう。

 そんな人は、入浴タイムにフェイスパックをしたり、マッサージを楽しんでみてください。身体が温まった状態でケアをすることで、美容効果もアップしますよ。

6. 入浴のタイミングは寝る前がベスト

 入浴は心身共にリラックス効果があり、快眠を促す効果が期待できます。そのため、入浴は寝る前がベスト。

 ただし、あまり熱過ぎる温度のお湯だと、逆に寝つきが悪くなるとも言われているため、上記でご紹介したようにお湯の温度や入浴時間に注意することが肝心です。

お風呂でのおうち美容の際にやりがちな3つのNG例

熱すぎるお湯にはご用心(写真:iStock)
熱すぎるお湯にはご用心 (写真:iStock)

 お風呂で手軽におうち美容ができるのは、とても嬉しいですよね。しかし、間違った方法で行ってしまうと、逆効果になってしまうこともあるんです。そこで次に、注意したいNG例をご紹介します。

1. 長風呂のしすぎ

 お風呂に浸かるというと、「長い時間浸かったほうが、効果が高い」と思っている人が少なくありません。しかし、長風呂は脱水症状や乾燥を引き起こすだけでなく、寝つきが悪くなるなど身体への負担が大きくなるのも事実。無理をしないようにしましょう。

2. 熱いお湯で汗をかく

 長風呂同様に勘違いしやすいのが、お風呂の温度。特に、汗をかきたい人はお風呂の温度を上げがちですが、実は、温度の高いお風呂は 神経をたかぶらせてしまう可能性があります。

 朝や日中など、これから活動するのであればまだしも、寝る前だとリラックスの弊害になることがあるので注意しましょう。

3. 週1だけ湯船に浸かる

 平日はシャワーだけで済ませ、「入浴は週末だけで十分」と思っている人も多いでしょう。しかし、美容の観点から言うと、効果を高めるためには毎日の入浴がいいでしょう。

 温活効果も期待できるので、ぜひ、毎日の習慣にしていけると良いですね。

お風呂時間を上手におうち美容時間に使ってみて♡

お風呂時間でキレイになろう(写真:iStock)
お風呂時間でキレイになろう (写真:iStock)

 せっかくお風呂で入浴するのであれば、その時間をおうち美容時間に使ってみませんか? ご紹介してきたように、 ちょっとした工夫、手間を加えることで、美容効果をアップさせることができるんです。ぜひ、毎日のお風呂時間でケアを続けてみてくださいね。

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

ビューティー 新着一覧


化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...
小ジワもたるみも無問題!美容家ベタ惚れ“高発色”プチプラアイカラー3選
 40代、50代…と年齢を重ねるにつれ「アイシャドウの色がのらない…」と感じてはいませんか?  悲しいけれど大人世...
40代痩せたいなら背中を鍛える!見落としがちな「美スタイル」習慣3つ
 ダイエットをする際、お腹や足への成果を求めがちですが、ちょっと待って。40代で痩せたいと思うなら、見落としがちな「背中...
VIO脱毛のきっかけとメリット もじゃもじゃの自己処理から卒業したい!
 VIO脱毛は、ほかの部位と比べてハードルが高いと感じますよね。実際にVIOの脱毛をしてみたいけれど、なかなか勇気が出な...
湿気で髪が制御不能! 梅雨入り前に対策したい3つのこと&応急処置
 梅雨の季節の悩み事といえば、髪の毛のうねりや広がりですよね…。特に、癖っ毛や天然パーマ、猫っ毛の人は激しく共感している...
ファンデ不要?「プリマヴィスタの下地」だけ。40代10時間耐久の結果は
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
毛穴の黒ずみを抹殺したくてVOCEの付録にダイブ!高額美容液がめちゃ得
 毛穴が気になっていたので、VOCE7月号 通常版「毛穴ケア決定版BOX」の付録に飛びつきました! いろいろな種類のアイ...
雨の日のアホ毛どう封印? バックに忍ばせたいスティックと“最後”の対策
 梅雨の季節ですね…。湿気で髪の毛がうまくまとまらない日々が続くので、女性にとっては憂鬱なことこの上なし。特に、アホ毛に...
品薄なヴァセリンパック。試しにバームを直塗りしたら“ギョッ”な事態に…
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
“スキンケア迷子”必見! 更年期のワガママ肌へのご自愛ブランド3選
 40代、50代と年齢を重ねるに従って、避けて通りにくいのが更年期のあれこれ。悲しいことにお肌の状態も、体調次第で左右さ...
鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...
これはバグですか?美STの付録価格がお得すぎ。6,200円→1,480円とな
『美ST』6月号 特別版の付録は「ラブミータッチ スキンバリアナノミルク」の現品と、話題の微弱電流マスク「GENiS イ...
Tバックを試したい!意外と知らない種類&男性からの好感度5つ星評価
 40代になったら一度は試してみたいTバック! Tバックは大人の女性の魅力を引き立てて、男性からの好感度をアップするだけ...