「菌活」でアンチエイジング 手軽でオススメな発酵食品6つ

小阪有花 子どもの心スペシャリスト
更新日:2019-04-22 05:00
投稿日:2019-03-20 06:00

鏡の前でショックを受けているあなたへ

アンチエイジング化粧品は高いし…(写真:iStock)
アンチエイジング化粧品は高いし… (写真:iStock)

 こんにちは、美容アドバイザーの小阪有花です。今回は、食事によるお手軽アンチエイジングをご紹介します。

 みなさんも、日ごろからアンチエイジングについて気になっていますよね?

 20代を過ぎてから肌質が変わった気がする...…と、鏡の前で自分の変化にショックを受けたり、加工アプリを使った自分の肌と無加工の肌を比べることなんてできない!そんな経験、ありませんか?私はあります(笑)

 かといって、アンチエイジング化粧品はお金がかかるし、美容クリニックに通うのはもっと敷居が高いもの。

 そんなあなたにこそ「菌活」をオススメいたします。

手軽に「菌活」ができる発酵食品6つ

甘酒は“飲む美容点滴”とも(写真:iStock)
甘酒は“飲む美容点滴”とも (写真:iStock)

菌活って何?

 菌活とは、体に良い善玉菌を日ごろから積極的に取り入れることを言います。女性にとって便秘は大敵。新陳代謝の低下や免疫力の悪化によるストレス、肌荒れは悩みのタネですが、善玉菌で腸の働きを良くすることで、お肌の改善にもつながると言われているんですよ。

 普段、あまり食べ物に気を使っていないのなら、ぜひ日々の食事で積極的に善玉菌を取り入れる「菌活」を心がけてみましょう。

 それでは、手軽にとれるオススメの発酵食品6つをご紹介しますね。

1. ヨーグルト

 乳酸菌が腸内環境を整えてくれるほか、コレステロール値を下げる効果も期待されています。

2. 納豆

 バランスのとれた栄養素が魅力。とくに脂肪燃焼に必要なビタミンB群が豊富なため、ダイエットの強い味方にもなってくれます。 ほかの大豆類の約5倍もの満腹感が得られるともされ、食べ過ぎ防止にもつながりますよ。

3. 甘酒

 非加熱のものを選ぶことによって、栄養素となる麹菌や酵素補給にもなります。甘酒はとにかく栄養価が高く、“飲む美容点滴”とも言われています。

作り置きしていつでもツマめるように(写真:iStock)
作り置きしていつでもツマめるように (写真:iStock)

4. なま味噌

 こちらも加熱していないものを選ぶことで、乳酸菌を生きたまま摂取することができます。味噌汁を作る時は沸騰させず、火を止めてから入れるようにしましょう。

5. キムチ(漬け物)

 キムチは植物性乳酸菌が豊富で善玉菌を増やしてくれます。酵素は48度以上の熱で消失してしまうので、豚キムチなど火を通す料理に使う時は、キムチを最後に入れて余熱で仕上げる程度にするといいと思います。

6. ピクルス

  材料によく使われるキュウリやパプリカは乳酸菌もとれるので、作り置きしていつでもツマめるようにするといいでしょう。また、お酢によるアンチエイジング効果も期待できます。カラフルに盛りつければ料理もオシャレになって大活躍です。

コンビニで買えるものにプラス一品として

 私の場合、豆腐にキムチをのせて食べたり、ざるそばに納豆を加えて混ぜたりと、コンビニで手軽に買えるものにプラス一品として発酵食品を加えています。これだけで立派な料理にもなりますので、「菌活なんて面倒そう……」と思っている方は、試してみてください。本当に簡単ですから。

まとめ

一日一回は発酵食品を(写真:iStock)
一日一回は発酵食品を (写真:iStock)

 以上、手軽にとれるオススメの発酵食品6品でした。いつも揚げ物や糖質の高い食事が多い方は、菌活を意識して一日一回は発酵食品を取り入れてみてください。

 アンチエイジング効果で、あなたの魅力がより一層アップするといいですね。

小阪有花
記事一覧
子どもの心スペシャリスト
保育コンサルタント。アイドル時代の旧芸名は小阪由佳。「ミスマガジン2004」グランプリで芸能界デビュー。09年に引退後、保育園の先生を経て現職に。チャイルドカウンセラー、幼児食インストラクター、ベビーシッター、家族療法カウンセラーなどの資格を持つ。
XInstagram

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...
小ジワもたるみも無問題!美容家ベタ惚れ“高発色”プチプラアイカラー3選
 40代、50代…と年齢を重ねるにつれ「アイシャドウの色がのらない…」と感じてはいませんか?  悲しいけれど大人世...
40代痩せたいなら背中を鍛える!見落としがちな「美スタイル」習慣3つ
 ダイエットをする際、お腹や足への成果を求めがちですが、ちょっと待って。40代で痩せたいと思うなら、見落としがちな「背中...
VIO脱毛のきっかけとメリット もじゃもじゃの自己処理から卒業したい!
 VIO脱毛は、ほかの部位と比べてハードルが高いと感じますよね。実際にVIOの脱毛をしてみたいけれど、なかなか勇気が出な...
湿気で髪が制御不能! 梅雨入り前に対策したい3つのこと&応急処置
 梅雨の季節の悩み事といえば、髪の毛のうねりや広がりですよね…。特に、癖っ毛や天然パーマ、猫っ毛の人は激しく共感している...
ファンデ不要?「プリマヴィスタの下地」だけ。40代10時間耐久の結果は
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
毛穴の黒ずみを抹殺したくてVOCEの付録にダイブ!高額美容液がめちゃ得
 毛穴が気になっていたので、VOCE7月号 通常版「毛穴ケア決定版BOX」の付録に飛びつきました! いろいろな種類のアイ...
雨の日のアホ毛どう封印? バックに忍ばせたいスティックと“最後”の対策
 梅雨の季節ですね…。湿気で髪の毛がうまくまとまらない日々が続くので、女性にとっては憂鬱なことこの上なし。特に、アホ毛に...
品薄なヴァセリンパック。試しにバームを直塗りしたら“ギョッ”な事態に…
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
“スキンケア迷子”必見! 更年期のワガママ肌へのご自愛ブランド3選
 40代、50代と年齢を重ねるに従って、避けて通りにくいのが更年期のあれこれ。悲しいことにお肌の状態も、体調次第で左右さ...
鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...
これはバグですか?美STの付録価格がお得すぎ。6,200円→1,480円とな
『美ST』6月号 特別版の付録は「ラブミータッチ スキンバリアナノミルク」の現品と、話題の微弱電流マスク「GENiS イ...
Tバックを試したい!意外と知らない種類&男性からの好感度5つ星評価
 40代になったら一度は試してみたいTバック! Tバックは大人の女性の魅力を引き立てて、男性からの好感度をアップするだけ...