自分に合うシャンプーの種類が知りたい!選び方のポイント♪

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-03-19 06:00
投稿日:2020-03-19 06:00
 あなたは、今、使っているシャンプーに満足していますか? もしも、髪や頭皮にトラブルを抱えているということであれば、もしかしたら、シャンプーが合っていないのかもしれません。理想的な髪を目指すのであれば、自分に合ったシャンプー選びが必要!そこで今回は、シャンプーの3つの種類と選び方についてご紹介します。

シャンプーには3種類ある! 種類ごとの特徴とは?

あなたが使っているシャンプーはどれ?(写真:iStock)
あなたが使っているシャンプーはどれ? (写真:iStock)

 ドラッグストアのシャンプーコーナーに行くと、数多くのシャンプーが並んでいます。お気に入りのシャンプーがない人は、買い換えのたびに「どれが良いのだろう?」と迷っているのではないでしょうか。

 実は、シャンプーは香りや価格が異なるだけでなく、種類によって効果も変わってきます。そこで、シャンプーの種類や特徴を見てみましょう。

1. コスパに優れた弱アルカリ性・弱酸性のシャンプー

 シャンプーは毎日使うものですから、「手軽に購入できる価格帯のものが理想」だと思っている人も多いはず。

 そんな人にとって使いやすいのが、ドラッグストアなどで一般的に販売されている弱アルカリ性・弱酸性のシャンプーです。コスパが良いだけではなく、泡立ちが抜群で香りが長続きするという特徴があります。

2. 低刺激なアミノ酸系シャンプー

 アミノ酸系のシャンプーを洗浄成分として作られているのが、アミノ酸系シャンプー。

 植物オイルなどの天然由来成分を使っているものが多く、刺激が少ないため、肌トラブルを抱えている人にとっては、安心して使用できるシャンプーです。ほかのシャンプーと比べると、料金が高めですが、肌がデリケートな人にはおすすめしたい種類です。

3. 頭皮をすっきり洗いあげる石けん系シャンプー

 天然原料の石けんが洗浄成分で作られているのが、石けん系シャンプー。安全志向の人にとっては、人気の高い種類のシャンプーです。

 石けん系シャンプーの特徴は、洗浄力が強いこと。毛穴に詰まっている汚れなども落とすため、洗いあがりがさっぱりします。しかし、皮脂を落としすぎてしまい、髪がきしんでしまったり、頭皮刺激となることもあるため注意が必要です。

あなたに合ったシャンプーを選ぶ5つのポイント

髪を洗う際のこだわりは?(写真:iStock)
髪を洗う際のこだわりは? (写真:iStock)

 シャンプーの種類を知ると、「自分には、どのシャンプーが向いているのだろう?」と思う人も多いでしょう。頭皮環境や目指す髪質は異なるため、人気のあるシャンプーを使うのではなく、「自分に合うシャンプー」を選ぶことが肝心!

 そこで、シャンプーの選び方のポイントを見ていきましょう。

1. 洗浄力を優先したい人

 パーマなどをかけている人は、毎日のようにワックスやスタイリング剤を使っているでしょう。このワックスやスタイリング剤は、髪や頭皮に残ってしまうと肌トラブルの原因となるため、しっかり落とすケアが必要。

 そんな人におすすめなのが、石けん系のシャンプー。毛穴に残っている汚れまで落としてくれるため、髪や頭皮を清潔に保つことができます。ただし、シャンプーをすすぎ残してしまうと頭皮トラブルの原因となるため、すすぎは念入りに行うようにしましょう。

2. 洗いあがりにこだわりがある人

 シャンプーを購入する際、洗いあがりにこだわりを持っている人もいるはず。特に、女性は髪が長い人も多いですから、「髪の毛をサラサラに仕上げたい」と思っている人もいるでしょう。

 そんな洗いあがりにこだわりがある人は、シリコンが含まれたシャンプーを選ぶと良いでしょう。シリコンというと「髪に良くない」というイメージが強いですが、シリコンは決して悪影響を及ぼす成分ではありません。

 シリコンが含まれていることで、髪をサラサラに仕上げたり、パサつきを抑えてくれる効果を得ることができます。

3. 頭皮トラブルがある人

 シャンプー選びに苦労している人の中には、頭皮トラブルを抱えている人もいるでしょう。特に肌がデリケートな敏感肌の人は、肌に合わないシャンプーを使うことで、顔にまでトラブルが飛び火してしまうこともあります。

 そのため、頭皮トラブルを抱えている人は、何よりも肌に刺激の少ないシャンプーを選ぶことが必須。おすすめは、オーガニック系のシャンプーやアミノ酸系、ノンシリコン系シャンプーです。肌に優しいため、刺激を抑えて今ある頭皮トラブルをケアすることができるでしょう。

4. 頭皮や髪に優しいものを選びたい人

 シャンプー選びをしている人の中には、「子どもも一緒に使えるものが良い」という人もいるはず。

 そんな人は、低刺激の弱酸性シャンプーがおすすめです。シャンプーの中には、トリートメントがいらないタイプもありますから、お子さんと一緒にお風呂に入る際にも手間を省くことができて便利です。

5. プラスαの効果を求めている人

 髪や頭皮の悩みは人それぞれ。そんな悩みがある人は、悩みを解消してくれる効果がプラスされたシャンプーがおすすめです。

 たとえば、フケやかゆみが気になる人は保湿効果があるシャンプー、髪にコシやハリがなくなった人は栄養補給効果のあるシャンプー、髪の乾燥が気になる人はアミノ酸系シャンプーなどが良いでしょう。

シャンプーで理想通りの髪や頭皮を目指そう!

健やかな髪と地肌になりたい(写真:iStock)
健やかな髪と地肌になりたい (写真:iStock)

 髪の毛や頭皮の状態は、ヘアケア、生活習慣や年齢とともに変わります。そのため、抱える悩みは人によって全く異なるでしょう。場合によっては、今、使っているシャンプーが合わないことで、トラブルに発展しているケースもありますね。

 これを解決するためには、今の髪の毛、頭皮の状態に合ったシャンプーを選ぶことが欠かせません。ぜひ、今回ご紹介したシャンプーの種類や選び方を参考にして、悩みやトラブルを再確認しながら、自分に合ったシャンプーを見つけてくださいね。

ビューティー 新着一覧


信頼できる定番アイテムが正解!毛穴がスッキリするアイテム3選
 最近、使ってよかった毛穴ケアアイテムを3つご紹介します。もうすっかり「定番アイテム」として定着している商品は、リピート...
アイシャドウが二重の溝に溜まるのが嫌!原因&5つの対処法
 アイメイクをした時、二重の溝にアイシャドウが溜まってしまう……と、悩んでいませんか? 実は、この悩みは、メイクのテクニ...
“エモ顔メイク”で魅力的な女性に♡ 6つの特徴&メイクのコツ
 最近、女性が一番なりたい顔だと言われている「エモ顔」。トレンド感満載のワードですが、中には「“エモ顔”ってどんな顔?」...
ツヤ肌は誰でも作れる♡ メイク&スキンケアの6つの秘訣
 赤ちゃんのようにみずみずしいツヤ肌は、女性なら誰もが憧れるものでしょう♡ でも現実には、加齢や乾燥など、さまざまな原因...
外出時にファンデが乾燥したときの応急処置方法&カサつく原因
 朝、完璧にメイクをしたはずなのに、時間が経つにつれて乾燥し、ファンデが粉吹いてしまう……と悩んでいる女性も多いのではな...
寒い季節の静電気対策!服がまとわりつく原因&防ぐコツ6つ
 寒い季節になると、私たちを困らせる「静電気」。服が体にまとわりついたり、パチっと痛い思いをしたり……と、なにかとストレ...
前髪にワックスをつける時の3つのポイント&上手な使い方♪
 髪型の中でも「前髪」って、目に入ってくる場所ですよね。どうせなら、おしゃれに決めた前髪をキープしたい!と、ワックスを使...
令和の最新オルチャンメイク大公開♡ やり方&5つのポイント
 少し前に大流行した韓国の「オルチャンメイク」。真っ赤なリップに太めの平行眉で美少女を演出したのは昔の話……と思いきや、...
クラシカルもカジュアルもOK♡万能サイドゴアブーツコーデ
 肌寒い季節になってきましたね! 春夏に重宝したスニーカーやパンプスよりも、もう少し足元を暖かくおしゃれしたい気分♡とい...
一年中しっとりボディ♡ 美肌の作り方&心がけるべき生活習慣
 しっとりしていてツヤのある乾燥知らずのボディを手に入れるためには、日々のケアや生活習慣が重要なポイントになります。そこ...
ネイルあるある8選!笑いも失敗も全部“おしゃれ”に変えて♡
 多くの女性がハマっているネイル♡ そんなおしゃれの影には、誰もが体験しているあるあるネタがいっぱい! そこで今回は、ネ...
計るだけダイエットのやり方5STEP!成功させるポイント
 ダイエットにはさまざまな方法がありますが、「どんなに効果がある」と言われる方法でも辛ければ続きません。無理のないダイエ...
新垣結衣が羨ましい…短いバスタイムで美肌ボディを保つコツ
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違っ...
くせ毛を活かすアレンジ方法4選!やっかいな髪質を味方に♡
 やっかいなくせ毛。広がってしまったり、いつも同じ方向に流れてしまったりと、悩みは尽きませんよね……。でも、そんなくせ毛...
体重が増えた…太った体をすぐに戻す方法&成功させるコツ♪
「何だか体が重い……」と、久しぶりに体重計に乗ってみると、思ったよりも太っていてビックリ!なんて経験がある人もいるでしょ...
似合う髪型がわからない人必見! オーダーのポイント&注意点
 何年も同じ髪型をしていると、「そろそろ飽きてきたな」と思いながらも自分に似合う髪型が分からず、結局、同じスタイルになっ...