「トウモロコシのフリット」サクサクの衣の秘密はビール?

コクハク編集部
更新日:2020-06-11 06:00
投稿日:2020-06-11 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・渋谷のイタリアン「メリプリンチペッサ 渋谷店」の江口慶さんに、ビールを片手にかぶりつきたい「トウモロコシのフリット」のレシピを教えていただきました。

冷蔵庫で保存した1本で

合う酒=白ワイン、ビール(C)コクハク
合う酒=白ワイン、ビール (C)コクハク

 カニの足をうまく割って、身をガブリ。それと同じで、トウモロコシもかぶりつくのがおいしいですよね。でも、カニもトウモロコシも、まとめて食べたいと思うことありませんか。そんなぜいたくを形にしたのが、このおツマミです。

「僕がまさにそのクチでして。トウモロコシ好きにはたまりません」

 夏が旬のトウモロコシは茹でたてもよし、スープにしてもよし。居酒屋メニューでは、丸々としたかき揚げも定番です。このフリットの大きさは、名刺の3分の2ほど、板状で食べやすくなっています。

「トウモロコシはまとめて茹でて、冷蔵庫で保存しますよね。1本を2センチ幅で輪切りにしたら、包丁で粒の付け根をうまくそぐと、束で取れる。冷たいと、束で取りやすいのです」

 そう言われてみると、小さいころ、親が手で器用にトウモロコシの粒をピタッと並んだ状態で外していたことに感心したことを思い出しました。あれを板状に再現した形だったんですね。1枚を口に運ぶと、サクッと小気味いい音とともに甘さが広がります。フィッシュアンドチップスのフィッシュを揚げた衣の食感です。かき揚げとは違います。

「ビールに薄力粉を混ぜるんです」

 飲んでよし、調理のサポートにもよし。ビールのすごさに感心しつつ、皿に手が伸びるのでした。

【材料】

・トウモロコシ 1本
・薄力粉 大さじ2
・ビール 60㏄
・パセリ 適量
・パルメザンチーズ 適量
・サラダ油 適量

【レシピ】

1. 茹でおきしたトウモロコシを輪切りにして、身を板状にそぎ切る。
2. ボウルにビールを注いだら、薄力粉がダマにならないように混ぜ合わせる。
3. 2に1を浸して、衣をつける。
4. 180度のサラダ油で揚げる。箸で揚げ玉を落として、スッと上がってくるのが温度の目安。

本日のダンツマ達人…江口慶さん

▽えぐち・けい
 白金のフレンチ「オザワ」や渋谷のイタリアン「バッカーノ」などで腕を磨き、2007年11月に独立。現在は、メリプリンチペッサの渋谷店のほか、銀座店、豊洲店、西荻窪店の計4店舗を手掛けるほか、渋谷のパッチョオイスターバーを経営。5店舗を運営するビッグスマイルの社長兼料理長。

▽メリプリンチペッサ渋谷店
 牡蠣にチーズ、野菜、豚肉や牛肉など、食材はほとんどが広島の生産者から直送。石窯で焼く本格ピッツァが500円~と格安で、中でも世界一に輝いた広島・庄原の農吉モッツァレラを使用した、ピッツァD.O.Cは一日限定5食の人気メニュー。東京都渋谷区円山町22―11。

(日刊ゲンダイ2019年7月20日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


夢の競演!「子持ちししゃもとフルーツトマトのアヒージョ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・代々木上原の「手打ち蕎麦と和食 楽」の長...
「ひじきと豆腐の山椒炒め」スパイシーな味わいがたまらない
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・代々木上原の「手打ち蕎麦と和食 楽」の長...
香りや食感まで美味しい「焼き長芋の酒盗、ホタルイカのせ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
無印良品で始める“ぬか漬け生活” 2021.4.30(金)
 子どものころは苦手だったけど、大人になると好きになる――。ぬか漬けはその代表的な食べ物ではないでしょうか。友人に勧めら...
「筍木の芽焼き」水煮のタケノコにタレで香ばしさをプラス
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
「白魚と根三つ葉の卵締め」出汁さえ丁寧に取れば3分で完成
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
「イワシのかば焼きサラダ仕立て」ご飯にのせれば最高の丼に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
「空豆のチーズ寄せ」市販のプロセスチーズをチンして巻く!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
今度は「ペヤングW獄激辛」を食べてみた 2021.4.25(日)
 また、まるか食品さんがやってくれました。激辛シリーズ第3弾は、2020年2月に登場した「ペヤング 獄激辛やきそば」と2...
ビールのおつまみに最高!「肉ジャガのスパイシーコロッケ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
赤味噌とバターの絶品コラボ料理「鶏ジャガのバター味噌煮」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「サワラと季節野菜のみぞれあん」野菜は生のままでOK!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「ポパイエッグ」ホウレンソウをソテーして卵で包むだけ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「豚肉のネギまみれ」ネギの辛味が豚肉のウマ味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
蔵前の出来立てほやほや名物! 2021.4.19(月)
「東京のブルックリン」などといわれる街、蔵前(台東区)。数年前からそう呼ばれることが多くなり、雑誌の街歩きやオシャレスポ...
「ホタルイカのふきのとう味噌」旬の素材爆発の究極のツマミ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...