「ししとうと塩昆布のクリームチーズ和え」意外な組み合わせ

コクハク編集部
更新日:2020-06-27 06:00
投稿日:2020-06-27 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・渋谷にある「IZAKAYA P/ma」の丸山大輔さんに、日本酒や白ワインに合わせたい「ししとうと塩昆布のクリームチーズ和え」のレシピを教えていただきました。

和食っぽくもあり、洋食っぽくもある

合う酒=日本酒、白ワイン(C)コクハク
合う酒=日本酒、白ワイン (C)コクハク

 ししとうとクリームチーズとは、あまり見かけない組み合わせですが、抜群に日本酒と白ワインに合うとのこと。

「ししとうに火を通して熱々の状態で、クリームチーズと合わせると、チーズが溶けて、ししとうがウマ味で覆われるんですよ」

 そこに塩昆布、仕上げにカツオ節を加えると……まるでウマ味の三重奏。和食定番のウマ味成分に、チーズがアクセントなのでしょうか。和食っぽくもあり、洋風っぽくもあります。だから、日本酒とも白ワインとも相性がいいんですね。

「香りづけにゴマ油を少々と醤油を2、3滴垂らすのが、よりおいしく食べるコツっす」

 手軽で絶品の一皿を再現すべく、スーパーに向かうと、残念!ししとうは売り切れでした。そこで、万願寺唐辛子で同じようにやってみると、同じような仕上がりになりました。ししとうはそのまま炒めますが、万願寺唐辛子は大きいので、小さく切ってから炒める方が食べやすいですよ。持ちよりのパーティーでこれを振る舞えば、株が上がること請け合いです。

【材料】

・ししとう 10本
・塩昆布  大さじ1杯
・クリームチーズ 20グラム
・サラダ油 適量
・ゴマ油 少々
・醤油 数滴
・カツオ節 適量

【レシピ】

1. ししとうは、つまようじなどで穴を開けてから、サラダ油で炒める。
2. ししとうに火が通ったら、熱々のうちにボウルに移し、塩昆布とクリームチーズを加え、和える。
3. 2を皿に盛りつけたらゴマ油を少々垂らして、醤油を数滴。
4. 3にカツオ節をのせたら出来上がり。

本日のダンツマ達人…丸山大輔さん

▽丸山大輔(まるやま・だいすけ)

 熊本県出身。上京して14年、人気居酒屋で腕を磨く。笑顔を絶やさない接客で、常連客には「ヤマさん」の愛称で親しまれる。

▽IZAKAYA P/man

 店内の熟成庫で宮崎牛や国産豚を熟成。そんな熟成肉をグリルした盛り合わせが名物。自家製ソーセージは、店名の通りピーマンに包んで、ピーマンの肉詰め風に食べる。渋谷ストリーム近くの人気店。渋谷区渋谷3―22―11 1階&2階。

(日刊ゲンダイ2019年9月25日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「鰹のミルフィーユ」10分漬け込むだけで濃厚な味わいに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「しらすと数の子の梅びしお和え」ご飯にもパスタに和えても
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「蒸し寿司の餡かけ」そばつゆの甘い餡としゃりの酸味が絶妙
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「牧場の朝×Kiri」で簡単レアチーが! 2021.7.26(月)
 TikTokで流行中の「ヨーグルトレアチーズケーキ」に挑戦してみました! ヨーグルトの中にチーズを入れて混ぜるだけなの...
スーパーで買える食材で作れる「鰻カリー」 日本酒とともに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「チキンキーマ」フルーティーな甘さの燗酒でカレーが進む
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「お手軽ビンダルー」お好みでパクチーやクラッカーを添えて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
花山椒が香る「牡蠣のアチャール」燗酒との“危険なカップル”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「生姜のアチャールっぽいもの」をかけていただく冷ややっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
ピリ辛ネバネ~バ!絶品のオクラキムチ 2021.7.18(日)
 一年中手に入るオクラですが、旬は夏。それはもう別格ですよね。大きいのに硬くなく、張りやつやもしっかりあって。種類もスー...
ジップロックを使って蒸す「鶏もも肉とニラのスタミナ蒸し」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
夏野菜たっぷり「中国風冷ややっこ」 食欲減退気味な時にも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「ナスと豚ひき肉の甘味噌炒め」白ご飯にのせても美味しい!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「スルメイカの香り揚げ」紹興酒と醤油で味と香りが引き立つ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「エビとトウモロコシの春巻き」旬の素材の味を引き出して
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「京漬物のカプレーゼ風」かぶ&モッツァレラの絶妙コラボ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・門前仲町の居酒屋「酒亭 二ぶん半」の武井...