顔がパンパン…! むくみの7つの原因&簡単にできる改善方法

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-06-21 06:00
投稿日:2020-06-21 06:00
 朝起きて鏡を見た時、「顔がパンパン……!」と、自分の顔のむくみにびっくりした経験はありませんか? 「このままじゃ外出できない」と焦った経験がある人もいるでしょう。そんな今回は、顔がパンパンになる“むくみ”の原因や、簡単にできる改善方法をご紹介します。

朝起きたら顔がパンパン! 顔のむくみの8つの原因

もしかして…むくんでる?(写真:iStock)
もしかして…むくんでる? (写真:iStock)

 朝起きたら、顔がパンパンにむくんでいることがあります。前日は気にならなかったのに「どうして急にむくむんだろう?」と、不思議に思う人もいるはず。そんな顔のむくみには、さまざまな原因が隠れています。当てはまるものがないか、チェックしてみましょう。

1. 食事による塩分の摂りすぎ

 顔がパンパンになるほどむくんでしまう時、前日の食事に含まれる塩分が関係していることがあります。塩分をたくさん体に摂り入れてしまうと、体の中の塩分濃度が上がってしまいます。そうなると体は濃度を薄めようと働きかけ、水分を溜め込むことに。その結果、むくみが起こりやすくなります。

2. 睡眠が足りていない

 顔のむくみが気になっている人は、しっかりと睡眠時間を取れているでしょうか? 実は、睡眠不足もむくみの原因のひとつ。睡眠時間が不足してしまうと基礎代謝が落ちるだけではなく、水分代謝まで悪くなってしまいます。水分代謝が下がれば、不必要な水分を排出できなくなり、むくみやすくなるようです。

3. アルコールの摂取

 朝起きて、「顔がパンパン」とショックを受けている人の中には、前日にお酒を楽しんでいた人もいるはず。「深酒後に顔がむくむのは仕方がない」と思っている人もいるかもしれませんね。

 お酒を飲む時には、濃い味のおつまみを食べることが多いでしょう。しかし、上記でご紹介したように、塩分量が多い食事はむくみの原因になります。また、アルコールの利尿作用により排泄は増えますが、それ以上の水分を摂ったことでむくんでいる可能性も考えられます。

4. 生理による女性ホルモンの影響

 顔のむくみと生理は一見関係がないように見えますが、実は大きく影響しています。

 女性の体は、生理により女性ホルモンの状態が変わります。生理後〜排卵日まではエストロゲン、排卵日〜生理まではプロゲステロンという女性ホルモンの分泌がそれぞれ多くなりますが、このプロゲステロンには体に水分を溜め込むという特徴があると言われています。

 生理付近の顔のむくみに関しては、“女性特有の症状だからある程度は仕方がない”と捉えることで、少し気持ちが楽になるかもしれませんね。

5. 水分がちゃんと摂れていない

 むくみを改善しようと考えた時、多くの人は「水分の摂りすぎを抑えよう」と思うでしょう。しかし実は、水分不足によりむくみが起こることもあるようです。これは、水分を摂らないことで体が「次はいつ水分補給されるか分からない」と思い込んでしまい、体を守るために水分を溜め込もうとしてしまうから。

 脱水などの重い症状が起こらないためにも、適度な水分摂取を心がけるように日頃から意識するようにしましょう。

6. ストレス

 多かれ少なかれ、誰もがストレスを感じると思いますが、実は過度なストレスもむくみの原因となることがあります。「これくらい大丈夫」と思っていても、ストレスから自律神経が乱れてしまうことも。これにより、血液の流れが悪くなり顔がパンパンにむくんでしまうことも考えられるようです。

7. パソコンやスマホによる肩こりの影響

 毎日のようにパソコンやスマホをいじっている人も多いと思いますが、中には慢性的な肩こりに悩んでいる人もいるのではないでしょうか? 肩こりも、血行不良が起こっている状態ですから、これによりむくみが起こってしまうことがあります。

8. 病気の影響

 顔がむくんでも、それほど深刻に捉える人は少ないでしょう。しかし、中には病気が原因となり、顔がパンパンになっているケースもあります。腎機能や栄養失調、リンパ浮腫、心不全など、さまざまな怖い疾患でむくみが起きていることもあるため、症状が続く場合には軽視せずに医療機関を受診することを選択肢に入れるようにしましょう。

顔のむくみを簡単に改善する3つの方法!

セルフマッサージで顔周りすっきり(写真:iStock)
セルフマッサージで顔周りすっきり (写真:iStock)

 朝起きて顔のむくみに気づくと焦ってしまう人が多いでしょう。でも、顔のむくみは、ちょっとしたケアで改善を目指せますよ。ぜひ、試してみてください。

1. ホットタオルでケアする

 顔がパンパンにむくんでいるということは、血液の流れが滞っていたり、水分を溜めこんでいることが原因である場合が多いです。

 これをケアするためには、ホットタオルで血行促進をすることがおすすめ。濡らしたタオルを電子レンジで1分ほど温めて、パックするのが有効です。やけどにはくれぐれも注意してくださいね。

2. マッサージで血行不良を改善する

 むくみ改善には、マッサージも効果的。顔の内側から外側に向かって、優しくマッサージしていきましょう。耳から鎖骨に向かって流すことで、顔周りをすっきりとさせることができます。強く行う必要はありません。撫でるように行うだけでも、効果を感じられるでしょう。

 また、マッサージの際にはマッサージクリームなどを使うことが肝心。顔と指との摩擦を防ぐことにもつながりますし、滑りが良くなることで効率も良くなります。

3. 冷水と温水を使って洗顔をする

 冷水と温水を交互に使った洗顔をするのも、顔のむくみ改善には効果が期待できるでしょう。冷水、温水を用いると、血管の収縮と拡張が繰り返されます。これにより、血行促進を促すことができ、むくみ改善が目指せます。

もう顔パンパンに悩まない! 根本的な改善を目指そう!

食生活や飲酒習慣も見直したい(写真:iStock)
食生活や飲酒習慣も見直したい (写真:iStock)

 顔がパンパンにむくんでしまう原因は1つではありません。顔のむくみが気になる時、思い当たる原因が分かれば未然に防ぐこともできますし、万が一むくみが起こっても、改善方法を知っていれば焦らずにケアすることができるのではないでしょうか?

 また、顔がむくまないように、普段から意識することも大切です。根本的な部分から改善を目指して、毎日スッキリ顔で目覚められるようになると良いですね。

ビューティー 新着一覧


ダイエット中におすすめの低カロリーおやつ8選♡ 注意点も!
 運動や食事制限をしてダイエットしている間って、いかに食欲をコントロールするかが重要ですよね。でも、我慢のしすぎでストレ...
メイク落としが面倒な時のクレンジング方法&メイクのコツ♡
 メイク落としって、とても面倒ですよね。メイクを落とさないで寝ると肌の調子が悪くなるとわかっているのに、疲れてついついそ...
【2021年春】男ウケする王道の髪色5色&おすすめカラー♡
 2021年になって、新しい髪色に挑戦したいという人もいるでしょう。でも、どうせ染めるなら、男ウケの良い髪色にして、恋も...
マスクだからこそノーファンデメイクが役立つ♡上手なやり方
 マスク生活が長引く中で、今増えているのが「ノーファンデメイク」をする女子たち。メイクをしても結局は隠れてしまったり、崩...
無印良品100円以下の優秀アイテム5選♡生活をちょっと豊かに
 生活用品や、衣類、食品、さらには美容アイテムなど、さまざまなラインナップが魅力の無印良品。そんな無印良品の100円以下...
クレンジングバームはどんな人におすすめ?効果的な使い方♪
 最近、美容に敏感な女性たちから注目を集めている「クレンジングバーム」。メイクを落としながら保湿ケアや毛穴ケアもできると...
春先取り♡ 完売前にゲットしたい旬の最新プチプラコスメ3選
 春がすぐそこまで近づいてきて、「そろそろ新しい恋をしたい!」と考えている女性も少なくないのではないでしょうか。とはいえ...
“米ぬか”の美容法をご紹介! 知ってて良かったお米の秘密♡
 おばあちゃんから、「お米のとぎ汁はお肌にいいんだよ」という話を聞いたことがある方は多いのではないのでしょうか。それもそ...
“朝洗顔”って本当に必要? めんどくさい時の時短ケア3選
 あなたは、「朝洗顔」をしていますか?「洗顔料を利用したほうがいい」「ぬるま湯で流すだけで十分」「そもそもしなくてもいい...
10歳若見え♡ 白髪の上手な隠し方&便利アイテムをご紹介
 加齢と共に増えていく白髪は、多くの女性の悩みです。白髪の量や生えてくる年齢は個人差がありますが、やはり白髪が多い人は実...
乾燥小ジワ対策! 原因・メイク方法&スキンケアのやり方♡
 空気が乾燥する季節に注意したいのが、“乾燥小ジワ”です。ニコッと笑ったり、驚いたり、表情を変えるだけで目元や口元に細か...
ストッキングが伝線…ガサガサかかとの原因&5つの解消方法
 冬になると、ガサガサかかとに悩む人が増えてきます。素足になることが多い夏の時期にはかかとケアをしている人が多いと思いま...
アラフォー女性の“シンプルメイク”が非モテを招く3つの理由
 30代後半から40代にかけては、これまでと同じメイクだと「なんだか老けたかも?」と周囲に感じさせる女性が増える年代です...
コンシーラーを上手に使い分けよう♪ 5種類の特徴&選び方
 メイクの仕上がりは、テクニックはもちろん、どんなアイテムを選ぶかがとても重要です。どんなに効果の高いコンシーラーを使っ...
隠さないで! そばかすを活かした“外国人風メイク”のやり方♡
 そばかすは幼い頃からできることが多いので、コンプレックスに感じている女性も多いですよね。でも、実は近年「そばかす女子が...
リップクリームで乾燥知らずのうるツヤ唇に♡選び方&使い方
 唇を乾燥から守ってくれるリップクリーム。「一年中手放せない」という人も多い、必須アイテムのひとつですよね。定番のメンソ...