体の黒ずみは市販の専用クリームでケア♡メリット&選び方

コクハク編集部
更新日:2020-09-24 16:17
投稿日:2020-08-29 06:00
 脇、デリケートゾーン、肘、膝……など、体の黒ずみに悩む女性は多いでしょう。「ニベアやワセリン、重曹などで黒ずみが消える」という噂もありますが、実際のところあまり効果に期待できないという声も多く見かけます。
 そんな黒ずみの悩みにおすすめなのが、市販の専用クリーム! そこで今回は、黒ずみ専用クリームの効果やメカニズム、おすすめ市販品などをご紹介します。セルフケアで黒ずみを消したい方、必見ですよ♪

市販品でも効果あり? 黒ずみを消すクリームのメカニズム

黒ずみのない美しい素肌に(写真:iStock)
黒ずみのない美しい素肌に (写真:iStock)

 肌の黒ずみ改善のために開発された黒ずみ専用クリームですが、「本当に効果はあるの?」と思っている人も多いかもしれませんね。そこで、まずは黒ずみ専用クリームで黒ずみを消すメカニズムからチェックしてみましょう。

メラニン色素の生成を抑制する

 そもそも、肌の黒ずみの正体は「メラニンが蓄積してできた色素沈着」だと言われています。この「メラニン」とは、紫外線から肌を守るために生成される色素のこと。ただし、メラニン色素は紫外線だけでなく、肌にかかる圧力、間違ったスキンケアや下着による摩擦、乾燥や肌荒れによる炎症などの刺激によっても、生成・蓄積されてしまいます。

 黒ずみ専用クリームには、メラニン色素の生成や抑制にアプローチする成分が配合されているため、効果的に黒ずみに作用します。その結果、今ある黒ずみだけではなく、今後の黒ずみ予防にも期待できるのです。

肌のターンオーバーを促す

 紫外線や刺激によって生成される「メラニン色素」ですが、通常であれば肌のターンオーバー(新陳代謝)の力で自然に排出されるもの。しかし、乾燥やホルモンバランスの乱れなどによってターンオーバーが上手くいかないと、メラニン色素を含んだ角質がそのまま肌に蓄積されてしまい、黒ずみとなる場合があります。

 一般的な黒ずみ専用クリームには、ターンオーバーを促してメラニン色素を排出する成分が配合されています。さらに、保湿成分や美容成分、栄養成分なども含まれているため、総合的に肌を健康に導き、黒ずみができにくい肌を目指すサポートをしてくれるでしょう。

注目すべきは口コミ?成分?黒ずみ専用クリームの選び方3選

どうやって選べばいい?(写真:iStock)
どうやって選べばいい? (写真:iStock)

 黒ずみ専用クリームといっても、いろいろな種類がありますよね。何を基準に選んだらいいのか、3つのポイントを押さえておきましょう。

1. 成分で選ぶ

 黒ずみ専用クリームを選ぶ際に一番重要なのは、やはり成分でしょう。注目すべきは、「メラニンの生成抑制」「肌のターンオーバー促進」「高い保湿力」、この3つの働きを持つ成分が配合されているかどうかは外せないポイントです。

 メラニンの生成抑制ができる成分としては、厚生労働省が「美白有効成分」として認めているトラネキサム酸、ビタミンC誘導体、アルブチンなどが有名ですね。そのほか、肌のターンオーバーを促すアラントイン、コラーゲン、高い保湿力を持つヒアルロン酸などが配合されているかどうか、チェックしてみると良いでしょう。

2. 口コミで選ぶ

 黒ずみ専用クリームに限ったことではありませんが、化粧品を購入する時の参考になるのが、実際に使った人たちの口コミです。黒ずみ専用クリームは使い続けることで効果が出るものなので、クリームの香りや付け心地、コスパ面、効果の有無を事前に調べておくと安心ですよ。

 ただし、ものによっては過剰評価がされているものも……。良い口コミだけではなく、悪い口コミにこそ注目して、自分の肌質に合うかなどを見てみると良いですね。

3. 価格で選ぶ

 黒ずみ専用クリームを購入する場合には、価格も重要なポイント。塗ったからといってすぐに効果が出るというわけではないため、継続できる価格かどうか注目して選ぶことも大切です。

 中には、初回お試し価格になっていたり、全額返金保証がついているものもあります。肌に合うか心配な方は、そういった製品を選ぶとリスクを防げるでしょう。

手軽に購入できる!市販でおすすめの黒ずみ専用クリーム3つ

 次に、コクハク編集部おすすめの黒ずみ専用クリームをご紹介します。どれも実力派の王道の専用クリームですので、悩んでいる方はチェックしてみてくださいね。

黒ずみ対策クリーム「イビサクリーム」

◇商品名:薬用イビサクリーム
◇内容量:35g
◇有効成分:トラネキサム酸、グリチルリチン酸2K

薬用イビサクリーム」は、10,000人以上の女性のデリケートゾーン脱毛に携わってきたサロンが開発した、デリケートゾーン専用の美白クリーム。白い肌へのサポートとしてトラネキサム酸、美容成分としてグリチルリチン酸2Kを配合。

 もともとサロン専売品だったアイテムですが、「継続して使いたい!」 との声により商品化した人気のケアアイテムです。

公式サイトで詳細を見る

「Pule Pearl(ピューレパール) 」

◇商品名:「Pule Pearl(ピューレパール)」
◇内容量:60g
◇有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム、水溶性プラセンタ、トリプルセラミド

 「Pule Pearl(ピューレパール) 」は、脇をはじめとした全身の黒ずみケアに特化したクリーム。有効成分のプラセンタエキスやグリチルリチン酸ジカリウムが、古い角質による黒ずみにアプローチ。無添加処方のため、敏感肌の人でも安心して使用できます。

公式サイトで詳細を見る

「ホワイトラグジュアリー」

◇商品名:「ホワイトラグジュアリー」
◇内容量:25g
◇有効成分:ビタミンC
 
ホワイトラグジュアリー」は、体の黒ずみにアプローチする専用クリームです。

 3種類の美白成分ビタミンCに加え、ヒアルロン酸などの美容成分が9種類配合。独自処方で肌の奥深くまで浸透して、綺麗な肌色を目指せます。デリケートゾーンや乳首をはじめ、顔や脇、肘や膝など、全身に使えるのも魅力です。

公式サイトで詳細を見る

黒ずみ専用クリームを使う3つのメリット

臭いケアも一緒に♡(写真:iStock)
臭いケアも一緒に♡ (写真:iStock)

 黒ずみ専用クリームには、メラニンの生成抑制&ターンオーバーを促す成分が配合されているとお伝えしましたが、そういった成分が配合されている化粧水などはたくさんあるはず。あえて、黒ずみ専用クリームを使う意味はあるのでしょうか? 効果やメリットについて、見ていきましょう。

1. デリケートゾーンは低刺激成分で優しく黒ずみ対策

 スキンケア用の美白化粧品などを黒ずみ対策に使用している方もいるようですが、美白成分の中には刺激を起こしやすいものもあるため、自己判断でむやみに塗るのは注意が必要。特に、皮膚が薄いデリケートゾーンは刺激に弱いため、しっかり成分を選ぶことが必須でしょう。

 その点、黒ずみ専用クリームは肌に優しい低刺激の成分でできているため、安全且つ効果的に黒ずみ対策を行うことができるのが大きなメリット。とはいえ、どんな製品でもパッチテストを行い、肌に合うかを確認してから使用した方が安心ですね。

2. 脇・VIOは臭いも一緒にケア

 黒ずみ専用クリームは、部位に特化した成分が配合されているのもメリットのひとつ。たとえば、蒸れやすく臭いが気になる脇やVIOなどの部位には、「臭いケア成分」が配合されている製品もあります。

 ひとつのクリームで複数の悩みを同時に解決できるのも、専用クリームの魅力だといえるでしょう。

3. 肘・膝は高い効果の保湿成分を配合

 肘・膝は体の中でも皮脂の分泌が少なく、乾燥しやすい部位。肌の乾燥はターンオーバーを乱してしまう大きな要因となるため、保湿は黒ずみ対策には欠かせないケアです。

 肘・膝専用の黒ずみ専用クリームには、ほかの部位ではべたついてしまいそうな高い保湿力を持つ成分を配合しているものがあります。一般的なスキンケアアイテムよりもしっかり保湿してくれるため、黒ずみ改善に期待ができるでしょう。

早く黒ずみを消すなら「黒ずみ専用クリーム」が効果的♡

黒ずみバイバイ(写真:iStock)
黒ずみバイバイ (写真:iStock)

 気になる肌の黒ずみは何もしなければ当然消すことはできませんし、濃くなっていく一方。数年後の自分のため、今より悪化させないように少しずつでも黒ずみケアをしておきたいですよね。

 ぜひ、ご紹介した黒ずみ対策に特化した専用クリームで、黒ずみ知らずの肌を手に入れてくださいね♡

ビューティー 新着一覧


おフェロ度UP「モーヴ色」メイクで40代の大人可愛いを実現!
 今、大注目の「モーヴ色」を使ったメイク。もう試しましたか? モーヴ色は、使う人を選ばない色として人気ですが、加えて40...
【0円で復活】ディオールの口紅が折れた!2022.6.30(木)
 ポッキーン。ゲットして間もないディオールの口紅が、折れてしまいました。ショック過ぎる……。  このままポイする選...
「おばさん体型」疑惑!特徴は?スリムな40代に近づく対処法
 40代を超えたあたりから、体がだんだんと「おばさん体型」になってきていると感じたことはありませんか? 今回は、おばさん...
「夏の涼しいコーデ4選」見た目&着心地グーな楽ちんスタイル
 暑い夏でも、涼しいコーデをして軽やかに過ごしたいと思いませんか? でも、単純に肌の露出を増やすのは、体型に自信がない人...
「白髪染め」失敗した! 楽しみながら戻すにはどうする?
 染めても繰り返し生えてくる白髪に、白髪染めを使っている人は多いですよね。でも、真っ黒になりすぎてしまったり、明るくした...
人に言えない「尿漏れ」問題 大きな声で笑ったら“じゅん”!
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「夏の汗対策」汗っかきさんは“冷却ポイント5つ”を覚えて!
 暑い夏、汗による悩みは尽きませんよね。メイク崩れやニオイ、汗染みなど、困っている人も多いはず。そこで今回は、悩み別に4...
「オフィスカジュアル」でデニム着用 アリorナシ線引きは?
 近年、働き方の幅が広がり「オフィスカジュアルOK」の会社も増えてきていますよね。そこで毎回のように議論になるのが「デニ...
痛くないよね?40代でも「背中開きトップス」が着たいんです
 ヘルシーで涼しげなムードが魅力的な、背中開きトップス。夏のコーデに取り入れたい気持ちがある反面「大人の女性が着るのは痛...
【基本のスキンケア】物価高でケチる前に0円で見直せること
 物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調...
おうちパックで蘇る! エステ&サロン級のうるツヤ肌と髪
 人と会う機会が増え、久しぶりに再会した人から老けたと思われたくないと、肌と髪の手入れを大急ぎでしています。  エステ...
【生理中の嫌なニオイ】やば!気付かれた?対処法を入手して
 生理中のニオイって、本当に気になりますよね。実際、多くの女性が生理中のニオイを気にしているようです。  今回はニオイ...
今さら聞けない「インバスケア」40代から始める美容習慣4つ
 40代になると、髪や肌に関する悩みが増えてきますよね。だからといって、仕事や家事が忙しくエステに通う余裕はない……。そ...
プレ更年期でニキビ?女性ホルモンの乱れが…【薬剤師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
太って見える「白コーデ」膨張色でもテク次第で細見え可能!
「白」を格好良く着こなす大人女子になりたいと思っていても、いざ買い物に行くと「太って見えるかも……」と諦めてしまう人が多...