肌の凸凹をなんとかしたい…原因&メイクでカバーする方法!

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-01-05 06:00
投稿日:2021-01-05 06:00
 大きいニキビができると、その後肌に凹凸が残ってしまうことってありますよね。このようにニキビ跡にできた凹凸のことを“クレーター”と呼びますが、この凹凸があることで素肌に自信が持てず、悩んでしまう女性も多いでしょう。この記事では、クレーターの原因やメイクでカバーする方法をご紹介していきます。

肌の凹凸「クレーター」 の原因はニキビ!

クレーターが気になる…(写真:iStock)
クレーターが気になる… (写真:iStock)

 クレーターができてしまう大きな原因は、ニキビによる炎症です。ニキビにもいろいろな段階がありますが、できてしまったときに毛穴内部での炎症が強くなればなるほど、跡が残りやすいと言われています。これ以上クレーターを増やさないためにも、ニキビを予防する生活を心がけましょう。

初期段階はスキンケアとインナーケアを充実させる

 クレーターに対処する時は、いつもよりスキンケアを充実させるところから始めてみましょう。これまでのスキンケアよりも保湿力が高い、ヒアルロン酸やエラスチン、セラミド、アミノ酸などの成分が含まれているアイテムを使うのがおすすめ。

 さらに、インナーケアとしては、ビタミン摂取を意識するのが◎。現代人はファストフードやコンビニ食によって、栄養が偏っていると言われています。一汁三菜を意識して、献立を作ってみましょう。

深いクレーターを化粧品だけで治すのは難しい…

 実は、現在、化粧品だけでクレーターを治すのは難しいと言われています。そもそも「化粧品」は、肌の健康を維持するためのアイテム。薬用化粧品の場合は肌荒れやニキビを防ぐ成分など、何かしらの効果が付与されたものもありますが、薬とは違って基本的に何かを治療できるように設計されていません。

 また、化粧品が浸透するのは、皮膚の表面にある角質層までだと言われています。クレーターは皮膚の内側にある真皮層に影響が出ている状態なので、化粧品だけで改善するのは難しいかもしれません。

自力で治すのが無理なら美容皮膚科へ相談

 自力のスキンケアとインナーケアで改善が見込めなさそうであれば、美容皮膚科に相談してみるのが良いでしょう。高額な化粧品をいくつも試すより、美容皮膚科を受診するのが改善への近道かもしれません。

 普通の皮膚科は皮膚の病気を中心に診療していますが、美容皮膚科であれば美容の相談にも乗ってくれます。レーザーやダーマペンなど、クリニックによって治療内容に違いがあるため、まずは相談してみましょう。

番外編:毛穴の凸凹をどうにかしたい時は?

毛穴ケア化粧水を使ってみては?(写真:iStock)
毛穴ケア化粧水を使ってみては? (写真:iStock)

 ニキビができにくいのに、肌が凸凹して見える場合もあるかと思います。その場合、凹凸の原因は毛穴であることが多いです。開いて縦に長くなった“たるみ毛穴”には、ハリをUPさせるようなケアを、皮脂が多いところに多い“開き毛穴”には、皮脂を抑えながら保湿成分を補うようにしましょう。

 ちなみに、毛穴による凸凹は、日頃のスキンケアを見直すことで改善されることもあります。洗浄力がマイルドな洗顔料にしたり、引き締め効果がある収れん化粧水を使ってみるなど、毛穴ケアができるスキンケアアイテムを試してみると良いですね。

肌の凹凸をなくす方法! メイクでカバーする3STEP

パウダーは上からふんわりと(写真:iStock)
パウダーは上からふんわりと (写真:iStock)

 スキンケアはもちろんですが、肌の凹凸をメイクでカバーするのもおすすめ。そこで、ニキビ跡のクレーターにも、ポッカリ毛穴にも効くメイク方法をご紹介します。

STEP1:毛穴用部分下地を仕込む

 まず、毛穴に特化した「毛穴用部分下地」を用意しましょう。シリコンが配合されているものは、肌の凹凸をふわっと埋めてくれる効果があります。毛穴用部分下地は部分的に使うアイテムなので、全顔に使う普通の化粧下地と併用しつつ、事前に凹凸部分に仕込んでおきましょう。

STEP2:リキッドファンデーションを薄く伸ばす

 毛穴用部分下地を塗ったら、次にコンシーラーで気になるシミやそばかす、凹凸部分を隠しましょう。かためのコンシーラーをトントンと置くようにつけていきます。

 ただし、コンシーラーを使用するとどうしても素肌感が出にくいため、全顔ではなく部分的に使うのが◎。さらにその上から、リキッドファンデーションを全顔に薄く伸ばすようにつけましょう。より自然な仕上がりになります。

STEP3:パウダーを上からふんわり乗せる

 最後に、パウダーをブラシでふんわり乗せていきます。カバー力重視のプレストパウダーファンデーションよりも、ふんわり質感を出すルースパウダーがおすすめ。リキッドの上から使うことを想定されたプレストパウダーもあるので、使い分けてみましょう。

スキンケア+メイクで凹凸のお悩みにさようなら♡

何年も続くようなら皮膚科に相談を!(写真:iStock)
何年も続くようなら皮膚科に相談を! (写真:iStock)

 肌の凹凸は改善に時間がかかるので、見るだけでテンションが下がってしまいますよね。セルフケアでなかなか治らないようであれば、病院に相談するほうが早いかもしれません。専門家の指導によるスキンケアとメイクを併用しつつ、少しでも悩む時間を減らせると良いですね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...
流行りの「キレイ色」多すぎ…大人だから似合うおすすめは?
 暗めの色がしっくりくる秋冬が終わり、いよいよ春に向けてコーディネートも変えていきたい気分♡ でも、大人女子になると、た...