肌の凸凹をなんとかしたい…原因&メイクでカバーする方法!

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-01-05 06:00
投稿日:2021-01-05 06:00
 大きいニキビができると、その後肌に凹凸が残ってしまうことってありますよね。このようにニキビ跡にできた凹凸のことを“クレーター”と呼びますが、この凹凸があることで素肌に自信が持てず、悩んでしまう女性も多いでしょう。この記事では、クレーターの原因やメイクでカバーする方法をご紹介していきます。

肌の凹凸「クレーター」 の原因はニキビ!

クレーターが気になる…(写真:iStock)
クレーターが気になる… (写真:iStock)

 クレーターができてしまう大きな原因は、ニキビによる炎症です。ニキビにもいろいろな段階がありますが、できてしまったときに毛穴内部での炎症が強くなればなるほど、跡が残りやすいと言われています。これ以上クレーターを増やさないためにも、ニキビを予防する生活を心がけましょう。

初期段階はスキンケアとインナーケアを充実させる

 クレーターに対処する時は、いつもよりスキンケアを充実させるところから始めてみましょう。これまでのスキンケアよりも保湿力が高い、ヒアルロン酸やエラスチン、セラミド、アミノ酸などの成分が含まれているアイテムを使うのがおすすめ。

 さらに、インナーケアとしては、ビタミン摂取を意識するのが◎。現代人はファストフードやコンビニ食によって、栄養が偏っていると言われています。一汁三菜を意識して、献立を作ってみましょう。

深いクレーターを化粧品だけで治すのは難しい…

 実は、現在、化粧品だけでクレーターを治すのは難しいと言われています。そもそも「化粧品」は、肌の健康を維持するためのアイテム。薬用化粧品の場合は肌荒れやニキビを防ぐ成分など、何かしらの効果が付与されたものもありますが、薬とは違って基本的に何かを治療できるように設計されていません。

 また、化粧品が浸透するのは、皮膚の表面にある角質層までだと言われています。クレーターは皮膚の内側にある真皮層に影響が出ている状態なので、化粧品だけで改善するのは難しいかもしれません。

自力で治すのが無理なら美容皮膚科へ相談

 自力のスキンケアとインナーケアで改善が見込めなさそうであれば、美容皮膚科に相談してみるのが良いでしょう。高額な化粧品をいくつも試すより、美容皮膚科を受診するのが改善への近道かもしれません。

 普通の皮膚科は皮膚の病気を中心に診療していますが、美容皮膚科であれば美容の相談にも乗ってくれます。レーザーやダーマペンなど、クリニックによって治療内容に違いがあるため、まずは相談してみましょう。

番外編:毛穴の凸凹をどうにかしたい時は?

毛穴ケア化粧水を使ってみては?(写真:iStock)
毛穴ケア化粧水を使ってみては? (写真:iStock)

 ニキビができにくいのに、肌が凸凹して見える場合もあるかと思います。その場合、凹凸の原因は毛穴であることが多いです。開いて縦に長くなった“たるみ毛穴”には、ハリをUPさせるようなケアを、皮脂が多いところに多い“開き毛穴”には、皮脂を抑えながら保湿成分を補うようにしましょう。

 ちなみに、毛穴による凸凹は、日頃のスキンケアを見直すことで改善されることもあります。洗浄力がマイルドな洗顔料にしたり、引き締め効果がある収れん化粧水を使ってみるなど、毛穴ケアができるスキンケアアイテムを試してみると良いですね。

肌の凹凸をなくす方法! メイクでカバーする3STEP

パウダーは上からふんわりと(写真:iStock)
パウダーは上からふんわりと (写真:iStock)

 スキンケアはもちろんですが、肌の凹凸をメイクでカバーするのもおすすめ。そこで、ニキビ跡のクレーターにも、ポッカリ毛穴にも効くメイク方法をご紹介します。

STEP1:毛穴用部分下地を仕込む

 まず、毛穴に特化した「毛穴用部分下地」を用意しましょう。シリコンが配合されているものは、肌の凹凸をふわっと埋めてくれる効果があります。毛穴用部分下地は部分的に使うアイテムなので、全顔に使う普通の化粧下地と併用しつつ、事前に凹凸部分に仕込んでおきましょう。

STEP2:リキッドファンデーションを薄く伸ばす

 毛穴用部分下地を塗ったら、次にコンシーラーで気になるシミやそばかす、凹凸部分を隠しましょう。かためのコンシーラーをトントンと置くようにつけていきます。

 ただし、コンシーラーを使用するとどうしても素肌感が出にくいため、全顔ではなく部分的に使うのが◎。さらにその上から、リキッドファンデーションを全顔に薄く伸ばすようにつけましょう。より自然な仕上がりになります。

STEP3:パウダーを上からふんわり乗せる

 最後に、パウダーをブラシでふんわり乗せていきます。カバー力重視のプレストパウダーファンデーションよりも、ふんわり質感を出すルースパウダーがおすすめ。リキッドの上から使うことを想定されたプレストパウダーもあるので、使い分けてみましょう。

スキンケア+メイクで凹凸のお悩みにさようなら♡

何年も続くようなら皮膚科に相談を!(写真:iStock)
何年も続くようなら皮膚科に相談を! (写真:iStock)

 肌の凹凸は改善に時間がかかるので、見るだけでテンションが下がってしまいますよね。セルフケアでなかなか治らないようであれば、病院に相談するほうが早いかもしれません。専門家の指導によるスキンケアとメイクを併用しつつ、少しでも悩む時間を減らせると良いですね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


梅雨でも綺麗にまとまる♡ヘアスタイルのコツ&ヘアケア方法
 梅雨時期は髪の毛の広がりやパサつき、うねりなどで思うようにヘアスタイルがまとまらず、悩んでいる人も多いでしょう。そこで...
話題の「ZARA」で! “香り×彼の記憶に残るメイク”3パターン
 インパクトのあるデートをサプライズしにくい昨今は、ちょっとした工夫で男性の記憶に残る演出を試すのも、恋愛におけるおすす...
パサパサ髪の原因は紫外線!? おすすめUV対策&ヘアケア方法
 肌のUV対策はしっかりしていても、髪のUV対策をしていない人は多いですよね。でも実は、パサパサで傷んだ髪になる原因とし...
正しい湯シャンのやり方♡ メリット&デメリットや疑問を解説
 タモリさんや福山雅治さんなどの芸能人が行っていることでも話題の「湯シャン」。ナチュラル志向の人の間で、広がりを見せてい...
お泊まりでも可愛い“すっぴん風メイク”のやり方&カバーテク
  彼の家にお泊まりをする日、「どうしてもすっぴんを見られたくない!」と思う人は多いはず。そんな時は、バレずに可愛く見え...
キュートな魅力♡ “フレッシュタイプ”の顔の特徴&メイク方法
 クール系やエレガント系、フェミニン系など、顔型診断では女性の顔を8タイプに分類します。その中でも、顔立ちは幼い顔立ちで...
親近感&血色感がポイント♪ アラフォー世代の可愛げメイク術
 アラフォーになっても20代のメイクのままの人、シミやシワを隠しすぎて濃いメイクになっている人は、意外と多いのではないで...
大人可愛い“くびれヘア”♡ 長さ別巻き方&おすすめスタイル
 今、人気急上昇の大人可愛いヘアスタイルといえば「くびれヘア」ですよね♡ 首回りがすっきりと見えて小顔効果もあるので、顔...
マグネットつけまつ毛でぱっちり目に♡ 選び方&使い方のコツ
「マグネットつけまつ毛」って、ご存知ですか? その名の通り、つけまつ毛に磁石がついていて、自分のまつ毛を上下から挟んだり...
旬のシャーベットカラーが可愛い♡ 色別おすすめメイク方法
 毎日のメイクは、使う色で顔の印象が大きく変わりますよね。そこで、これからの季節に取り入れたい色合いが、「シャーベットカ...
ベリーショートが似合うか診断♡メリット&男性からの印象も
 女性から見るとベリーショートが似合う女性って、スタイリッシュでおしゃれに見えて本当に憧れてしまいますよね。でも、「男性...
猫っ毛の悩みを解消♡ 似合う髪型・アレンジ&ヘアケア方法
 髪質は人によってさまざま。直毛や剛毛、くせ毛など、それぞれに悩みを抱えていると思いますが、その中でも「ボリュームが出な...
マスクでもファンデがヨレない! 試したい裏技&神アイテム
 コロナで長引くマスク生活。女性たちのメイクの悩みは、尽きませんよね。特に多い悩みが、マスクによるファンデのヨレ。湿気や...
ニュアンスカラー服で大人シックに♪上手に着こなすポイント
 ファッションは、時代とともに変化しています。どんなに流行りのデザインでも、色使いやコーディネート次第で、時代遅れの印象...
“こなれ感”をプラスしてファッション上級者♡コーデのコツ8つ
 ファッション誌をチェックしていると、よく目にする「こなれ感」という用語。なんとなく聞いたことがあるけど、よく意味がわか...
“ピンクメイク”で大人可愛く♡ 色選びのコツ&メイクのやり方
 ふんわり可愛いピンクメイクに挑戦したい気持ちはあっても、可愛くなりすぎてしまわないかが心配で、チャレンジできずにいる人...