パックの効果的な使い方4選♡ 頻度・順番・おすすめも紹介!

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-12-13 06:00
投稿日:2020-12-13 06:00
 美肌に効果的なスペシャルケアアイテムとして、人気の「フェイスパック」♡ エステに行かなくても肌にたっぷり栄養やうるおいを補給できるので、手軽なのも魅力です。そこで今回は、フェイスパックの効果的な使い方やおすすめアイテムまでをご紹介しましょう!

フェイスパックを効果的に使うには? 正しいパック方法4選!

パックの種類と使い方をおさらい(写真:iStock)
パックの種類と使い方をおさらい (写真:iStock)

 せっかくフェイスパックを使うなら、効果的に使いたいですよね。そこで、フェイスパックの正しい使い方を細かくチェックしていきましょう!

1.【頻度】毎日パックするのは効果的?

 フェイスパックを使う頻度は、メーカーの推奨頻度に従うのが一番効果的です。同じパックでも使われている成分はさまざま。特に、乾いてから剥がす「ピールオフパック」などの刺激が強いタイプは、毎日使うと肌に負担をかけてしまいます。

 また、女性は生理などによるホルモンバランスの乱れが影響して、肌が敏感になることもあります。いつもは刺激にならないフェイスパックでも肌に負担となる場合があるため、注意が必要。

 肌が敏感になっていると感じる時は、敏感肌用など低刺激のフェイスパックを選ぶと、肌トラブルを防ぐことができますよ。

2.【順番】パックによってタイミングが違う!

 フェイスパックといっても、いろいろな種類があります。ここでは、シートタイプ、ピールオフタイプ、クリームタイプ、スリーピングタイプに分けてタイミングをまとめてみました。

・ピールオフタイプ→洗顔後
・シートタイプ→美容液使用後
・クリームタイプ→乳液使用後
・(夜なら)スリーピングタイプ→クリーム使用後

 ピールオフタイプは、汚れの除去が目的なので洗顔後の使用がおすすめです。シートタイプは、美容液後に使うことで美容液の浸透を高めることができるでしょう。

 クリームタイプはスキンケアの最後に。夜なら、寝る前にスリーピングパックを使うと効果的です。また、お風呂上がりや蒸しタオルを使った後など、毛穴が開かせてから行うとより浸透力がアップしますよ。

3.【使用時間】長時間放置は逆効果!

 フェイスパックは長くつけるほど、保湿力や浸透力が上がるような気がしてしまいますが、実は逆効果。長時間放置することで、今度はシートが肌の水分まで蒸発させてしまいます。フェイスパックをつける時間は、パッケージの説明に従うようにしましょう。

4.【付け方】蒸らすのがおすすめ!

 フェイスパックを顔につけたら、パックの上から口・目・鼻を開けてラップをつけてみてください。ラップが水分の蒸発を防ぎ、肌の体温で蒸らして効果も与えてくれるため、毛穴が開いて浸透力がアップします。

 ラップをつけるのが面倒な人は、100円均一などで売っているシリコンのフェイスマスクカバーも利用するのもおすすめです。

美肌に効果的なおすすめパック6選!

 続いては、美肌効果の高いおすすめのパックをご紹介します!

古い角質をオフ「ピールオフパック」

ピールオフパックで角質除去(写真:iStock)
ピールオフパックで角質除去 (写真:iStock)

「ピールオフパック」は、肌の古い角質や汚れを除去してくれるパックです。より角質除去力の高いピーリングパックとは違い、優しい力で汚れを落としてくれるため、「黒ずみが気になるものの刺激が強いものは避けたい」という人におすすめですよ。

保湿力抜群「クリームパック」

 しっかり保湿したい時におすすめなのが、「クリームパック」です。従来の剥がすパックとは違い、スキンケアの終わった清潔な肌に厚めにクリームを塗って15分程度放置し、拭き取るというものです。

 手持ちのクリームでもできる手軽さが魅力ですね。乾燥が気になる時期に、特におすすめです。

炭酸ガスで血行促進「炭酸パック」

「炭酸パック」は、ジェルに炭酸の粉を混ぜて顔に塗るタイプです。炭酸ガスが発生することで肌の血行がよくなり、肌細胞の活性化につながります。さらに、炭酸ガスの効果で成分が浸透しやすくなるそうですよ。しゅわしゅわする新感覚が楽しいパックです。

ミネラルたっぷり「クレイパック」

クレイパックでワントーン明るい肌に(写真:iStock)
クレイパックでワントーン明るい肌に (写真:iStock)

「クレイパック」は、泥でできたパックのことです。ミネラルがたっぷり含まれた天然の泥が使われていて、とても粒子が細かいのが特徴です。小さな汚れを吸着してくれるため、ワントーン明るい肌になるのが実感できますよ。

作るのが楽しい「モデリングパック」

 韓国で話題になっているのが、自分で粉を練って作る「モデリングパック」です。栄養成分がたっぷり入った粉と水やジェルを混ぜて、ペーストを作っていきます。顔に塗ったら20分程度放置し、固まったマスクを手で剥がしていきましょう。

 少し手間はかかりますが、その分効果も高いので、エステ代わりのスペシャルケアとして取り入れるのがおすすめです。

寝ている間にケアできる「スリーピングパック」

 パックをする時間がなかなか取れない人におすすめなのが、「スリーピングパック」です。その名の通り、寝ている間にパックできるというもので、どちらかというとクリームに近い使い心地です。

 スキンケアが終わった顔にパックを塗って寝たら、翌朝ぬるま湯で洗い流すだけ。保湿力が高く、翌朝の化粧ノリがとても良くなりますよ!

効果的にパックを使ってスペシャルケアを♡

好みのパックでキレイになろう(写真:iStock)
好みのパックでキレイになろう (写真:iStock)

 パックは、自宅にいながら簡単にできるスペシャルケアとしておすすめです。いろいろな種類があるので、ぜひ、肌の悩みに合わせて使ってみてくださいね! また、使うタイミングや順番を正しく守ることで、最大限に効果をアップさせましょう♡

ビューティー 新着一覧


お泊まりでも可愛い“すっぴん風メイク”のやり方&カバーテク
  彼の家にお泊まりをする日、「どうしてもすっぴんを見られたくない!」と思う人は多いはず。そんな時は、バレずに可愛く見え...
キュートな魅力♡ “フレッシュタイプ”の顔の特徴&メイク方法
 クール系やエレガント系、フェミニン系など、顔型診断では女性の顔を8タイプに分類します。その中でも、顔立ちは幼い顔立ちで...
親近感&血色感がポイント♪ アラフォー世代の可愛げメイク術
 アラフォーになっても20代のメイクのままの人、シミやシワを隠しすぎて濃いメイクになっている人は、意外と多いのではないで...
大人可愛い“くびれヘア”♡ 長さ別巻き方&おすすめスタイル
 今、人気急上昇の大人可愛いヘアスタイルといえば「くびれヘア」ですよね♡ 首回りがすっきりと見えて小顔効果もあるので、顔...
マグネットつけまつ毛でぱっちり目に♡ 選び方&使い方のコツ
「マグネットつけまつ毛」って、ご存知ですか? その名の通り、つけまつ毛に磁石がついていて、自分のまつ毛を上下から挟んだり...
旬のシャーベットカラーが可愛い♡ 色別おすすめメイク方法
 毎日のメイクは、使う色で顔の印象が大きく変わりますよね。そこで、これからの季節に取り入れたい色合いが、「シャーベットカ...
ベリーショートが似合うか診断♡メリット&男性からの印象も
 女性から見るとベリーショートが似合う女性って、スタイリッシュでおしゃれに見えて本当に憧れてしまいますよね。でも、「男性...
猫っ毛の悩みを解消♡ 似合う髪型・アレンジ&ヘアケア方法
 髪質は人によってさまざま。直毛や剛毛、くせ毛など、それぞれに悩みを抱えていると思いますが、その中でも「ボリュームが出な...
マスクでもファンデがヨレない! 試したい裏技&神アイテム
 コロナで長引くマスク生活。女性たちのメイクの悩みは、尽きませんよね。特に多い悩みが、マスクによるファンデのヨレ。湿気や...
ニュアンスカラー服で大人シックに♪上手に着こなすポイント
 ファッションは、時代とともに変化しています。どんなに流行りのデザインでも、色使いやコーディネート次第で、時代遅れの印象...
“こなれ感”をプラスしてファッション上級者♡コーデのコツ8つ
 ファッション誌をチェックしていると、よく目にする「こなれ感」という用語。なんとなく聞いたことがあるけど、よく意味がわか...
“ピンクメイク”で大人可愛く♡ 色選びのコツ&メイクのやり方
 ふんわり可愛いピンクメイクに挑戦したい気持ちはあっても、可愛くなりすぎてしまわないかが心配で、チャレンジできずにいる人...
正しい方法で”脱ヒゲ女”♡ ケアするメリット&3つの注意点
 実は、女性でも鼻の下やあごにヒゲが生えてしまうことがあります。“ヒゲ女”なんて言われるこの現象ですが、こっそり定期的に...
二の腕が太くなる4つの原因&自宅でできる簡単エクササイズ♪
 薄着の季節になると気になり始めてしまうのが、二の腕のプルプル。「ふり袖状態を何とかしたい」「ノースリーブを格好良く着こ...
プチプラ化粧水にプラスして♡ 満足度をUPさせるデパコス3選
 最近では「プチプラスキンケアコスメも名品揃い」ではあるものの、プチプラだけじゃなく、デパコスや高級コスメを上手に組み合...
甘くなりすぎない大人フェミニンコーデ&メイクの8つのコツ♪
 ファッションコーデやメイクでよく耳にする、「フェミニン系」。フェミニン系とは、“女性らしく柔らかい印象に仕上げること”...