パックの効果的な使い方4選♡ 頻度・順番・おすすめも紹介!

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-12-13 06:00
投稿日:2020-12-13 06:00
 美肌に効果的なスペシャルケアアイテムとして、人気の「フェイスパック」♡ エステに行かなくても肌にたっぷり栄養やうるおいを補給できるので、手軽なのも魅力です。そこで今回は、フェイスパックの効果的な使い方やおすすめアイテムまでをご紹介しましょう!

フェイスパックを効果的に使うには? 正しいパック方法4選!

パックの種類と使い方をおさらい(写真:iStock)
パックの種類と使い方をおさらい (写真:iStock)

 せっかくフェイスパックを使うなら、効果的に使いたいですよね。そこで、フェイスパックの正しい使い方を細かくチェックしていきましょう!

1.【頻度】毎日パックするのは効果的?

 フェイスパックを使う頻度は、メーカーの推奨頻度に従うのが一番効果的です。同じパックでも使われている成分はさまざま。特に、乾いてから剥がす「ピールオフパック」などの刺激が強いタイプは、毎日使うと肌に負担をかけてしまいます。

 また、女性は生理などによるホルモンバランスの乱れが影響して、肌が敏感になることもあります。いつもは刺激にならないフェイスパックでも肌に負担となる場合があるため、注意が必要。

 肌が敏感になっていると感じる時は、敏感肌用など低刺激のフェイスパックを選ぶと、肌トラブルを防ぐことができますよ。

2.【順番】パックによってタイミングが違う!

 フェイスパックといっても、いろいろな種類があります。ここでは、シートタイプ、ピールオフタイプ、クリームタイプ、スリーピングタイプに分けてタイミングをまとめてみました。

・ピールオフタイプ→洗顔後
・シートタイプ→美容液使用後
・クリームタイプ→乳液使用後
・(夜なら)スリーピングタイプ→クリーム使用後

 ピールオフタイプは、汚れの除去が目的なので洗顔後の使用がおすすめです。シートタイプは、美容液後に使うことで美容液の浸透を高めることができるでしょう。

 クリームタイプはスキンケアの最後に。夜なら、寝る前にスリーピングパックを使うと効果的です。また、お風呂上がりや蒸しタオルを使った後など、毛穴が開かせてから行うとより浸透力がアップしますよ。

3.【使用時間】長時間放置は逆効果!

 フェイスパックは長くつけるほど、保湿力や浸透力が上がるような気がしてしまいますが、実は逆効果。長時間放置することで、今度はシートが肌の水分まで蒸発させてしまいます。フェイスパックをつける時間は、パッケージの説明に従うようにしましょう。

4.【付け方】蒸らすのがおすすめ!

 フェイスパックを顔につけたら、パックの上から口・目・鼻を開けてラップをつけてみてください。ラップが水分の蒸発を防ぎ、肌の体温で蒸らして効果も与えてくれるため、毛穴が開いて浸透力がアップします。

 ラップをつけるのが面倒な人は、100円均一などで売っているシリコンのフェイスマスクカバーも利用するのもおすすめです。

美肌に効果的なおすすめパック6選!

 続いては、美肌効果の高いおすすめのパックをご紹介します!

古い角質をオフ「ピールオフパック」

ピールオフパックで角質除去(写真:iStock)
ピールオフパックで角質除去 (写真:iStock)

「ピールオフパック」は、肌の古い角質や汚れを除去してくれるパックです。より角質除去力の高いピーリングパックとは違い、優しい力で汚れを落としてくれるため、「黒ずみが気になるものの刺激が強いものは避けたい」という人におすすめですよ。

保湿力抜群「クリームパック」

 しっかり保湿したい時におすすめなのが、「クリームパック」です。従来の剥がすパックとは違い、スキンケアの終わった清潔な肌に厚めにクリームを塗って15分程度放置し、拭き取るというものです。

 手持ちのクリームでもできる手軽さが魅力ですね。乾燥が気になる時期に、特におすすめです。

炭酸ガスで血行促進「炭酸パック」

「炭酸パック」は、ジェルに炭酸の粉を混ぜて顔に塗るタイプです。炭酸ガスが発生することで肌の血行がよくなり、肌細胞の活性化につながります。さらに、炭酸ガスの効果で成分が浸透しやすくなるそうですよ。しゅわしゅわする新感覚が楽しいパックです。

ミネラルたっぷり「クレイパック」

クレイパックでワントーン明るい肌に(写真:iStock)
クレイパックでワントーン明るい肌に (写真:iStock)

「クレイパック」は、泥でできたパックのことです。ミネラルがたっぷり含まれた天然の泥が使われていて、とても粒子が細かいのが特徴です。小さな汚れを吸着してくれるため、ワントーン明るい肌になるのが実感できますよ。

作るのが楽しい「モデリングパック」

 韓国で話題になっているのが、自分で粉を練って作る「モデリングパック」です。栄養成分がたっぷり入った粉と水やジェルを混ぜて、ペーストを作っていきます。顔に塗ったら20分程度放置し、固まったマスクを手で剥がしていきましょう。

 少し手間はかかりますが、その分効果も高いので、エステ代わりのスペシャルケアとして取り入れるのがおすすめです。

寝ている間にケアできる「スリーピングパック」

 パックをする時間がなかなか取れない人におすすめなのが、「スリーピングパック」です。その名の通り、寝ている間にパックできるというもので、どちらかというとクリームに近い使い心地です。

 スキンケアが終わった顔にパックを塗って寝たら、翌朝ぬるま湯で洗い流すだけ。保湿力が高く、翌朝の化粧ノリがとても良くなりますよ!

効果的にパックを使ってスペシャルケアを♡

好みのパックでキレイになろう(写真:iStock)
好みのパックでキレイになろう (写真:iStock)

 パックは、自宅にいながら簡単にできるスペシャルケアとしておすすめです。いろいろな種類があるので、ぜひ、肌の悩みに合わせて使ってみてくださいね! また、使うタイミングや順番を正しく守ることで、最大限に効果をアップさせましょう♡

ビューティー 新着一覧


脱コロナ太り!「通勤途中のエクササイズ」で美BODYをゲット
 コロナ禍で家にいる時間が増えた今、以前よりも太ってしまった人や、運動不足を実感している人は多いようです。とはいえ、本格...
目指せ北川景子!? 真似っこしたい「美人ママ」特徴&長所8つ
 子供が産まれてママになると、子供が最優先になってしまい、つい自分のことは二の次になってしまいがち……。しかし、中には何...
韓国発タッセルカットが似合う人!タンバルモリとの違いは?
 今、韓国でじわじわと「タッセルカット」の人気が高まっています。でも、タッセルカットは個性的な髪型のため、自分の顔の形が...
胸が小さい=垂れる心配も少ない!“貧乳”こそのメリットあり
 体にまつわるコンプレックスは人それぞれ違います。中でも、胸の小ささをコンプレックスに感じている人は多いでしょう。でも、...
美肌を育てる!40代にぴったりな「ミニマルメイク」のすすめ
 40代を超えると、必要な物だけを厳選してシンプルに暮らしているミニマリストに憧れますよね! とはいえ、実際には生活の中...
美容院に行く前に読んで!夏のヘアカラーを長持ちさせるコツ
 夏場は髪色を明るく軽い色に変えたくなる人、実際に変えた人は多いのではないでしょうか。でも、そこで出てくる悩みが「ヘアカ...
コントロールカラーってなんぞ?メリット&選び方をおさらい
「コントロールカラーというアイテムは知っているけど、どうやって選んだらいいのかよくわからない……」と、購入を躊躇している...
【生理の腰痛】丸腰じゃ戦えない!自宅でできる腰痛の解決策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
日焼け止めの落とし方をおさらい 体もクレンジングするの?
 紫外線の強い季節に欠かせない日焼け止め。一日に何回も塗り直すわりには、クレンジングを適当にしてしまっている人も多いよう...
姑チェックは厳しいぞ! 帰省ネイルの注意点&好感度UPテク
 年末年始や夏休みになると、夫の実家に帰省する人も多いですよね。ここで意外と見落としがちなのが「帰省ネイル」。デザインに...
気を付けて! 令和版・ヤリモク男“ホイホイメイク”3つの特徴
「ヤリモク」とはその言葉の通り、最終的に“やる”のが目的の男の人のこと……。ちゃらちゃらした男をよく引き寄せてしまうとい...
拷問動画多すぎ!深夜の飯テロ対策5選、ドカ食いを回避せよ
 深夜に飯テロ番組や食欲をそそるようなSNSを見てしまい、空腹に悩まされた経験がある人は多いでしょう。ダイエット中の人に...
旅行で活躍の予感!雑誌の付録で「トラベルセット」まで完成
 雑誌の付録で、旅行セットが作れました♪  化粧水・乳液のセットはたっぷり使えるサイズで何泊でも使えそう。ヘアオイルと...
立派な二の腕をカバーする! 細見えノースリーブ着こなし5選
 夏の着こなしの定番アイテムといえば、涼しげに見えるノースリーブですよね。でも中には、「太い二の腕が気になるから、ノース...
ニオってる?夏の汗・皮脂が臭う原因と対策【部位別に解説】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
美容マニアも愛用!「炭酸パック」の魅力&使い方5ステップ
 女性はいくつになっても綺麗な肌に憧れるものですよね。年齢とともにすっぴんに自信を持てなくなる人は多いですが、でも、年齢...