まつ毛を伸ばしたい!抜ける原因&健康なまつ毛を目指す方法

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-12-21 06:00
投稿日:2020-12-21 06:00
「まつ毛を伸ばしたい!」と思っている女性は多いですよね。濃くて長いまつ毛のほうが、目元が大きく見えますし、第一印象にも大きく影響してきます。でも実際には、ほとんどまつ毛が無いという人も……。そこで今回は、そんなまつ毛を伸ばしたい人にぜひ試してほしい方法をご紹介します♡

まつ毛が伸びるサイクルとは?

もうちょっとまつ毛が長かったらなあ…(写真:iStock)
もうちょっとまつ毛が長かったらなあ… (写真:iStock)

 まつ毛は、体のほかの毛と同じように「毛周期(もうしゅうき)」と呼ばれる毛の伸びるサイクルがあります。

・ 成長期……まつ毛が成長する時期
・ 退行期……まつ毛の成長がストップしてから抜けるまでの期間
・ 休止期……まつ毛が抜けてから新しく生えてくるまでの期間

 このサイクルで、通常1日に0.1〜0.18mm程度、1カ月で3〜5mm程度、まつ毛が伸びていきます。ただし、食生活や間違ったケアなどで毛周期が乱れたり、まつ毛が抜ける数のほうが増えてしまうと全体量が減ってしまうため、正しいケアをすることが大切になってきます。

まつ毛が抜ける4つの原因

まつエクのしすぎは要注意(写真:iStock)
まつエクのしすぎは要注意 (写真:iStock)

 続いては、まつ毛を少なくしてしまう原因をチェックしてみましょう。

1. まつ毛や目元をこする

 実は、まつ毛は皮膚に浅く埋まっている状態で生えているので、ほかの毛に比べてとても抜けやすいのです。そのため、普段からまつ毛や目元をこするクセのある人は、その分まつ毛が多く抜けやすくなってしまいます。

2. アイメイクが濃い

 アイメイクを濃くしすぎると、その分まつ毛やまぶたにダメージがかかります。また、アイメイクを塗ることによるダメージだけでなく、クレンジング剤でごしごしと落とす行為は、まつ毛を減らす原因になります。

3. 古いビューラーを使っている

 ゴムが切れたビューラーは、まつ毛を切ってしまったり傷めてしまったりする原因になります。さらに、付着した古いマスカラやアイシャドウによってまぶたが炎症して、まつ毛が抜けてしまうことも……。できれば、ビューラーを使う頻度を減らすようにすると良いでしょう。

4. まつ毛エクステやまつ毛パーマをしている

 まつ毛エクステやまつ毛パーマを行う際に使う液体には、たくさんの化学物質が含まれているため、まつ毛に大きな負担となります。また、まつ毛エクステの重さでも、まつ毛は抜けやすくなってしまいます。

まつ毛を伸ばしたいなら試して♡ まつ毛を伸ばす5つの方法

リムーバーで優しくオフ(写真:iStock)
リムーバーで優しくオフ (写真:iStock)

 それではいよいよ、濃くて長い健康なまつ毛を手に入れるために試してほしいまつ毛を伸ばす方法をご紹介しましょう!

1. ニベア・ワセリン・馬油などを使って保湿する

 ネットでは、「ニベアやワセリン、馬油を使ったらまつ毛が濃くなった!」という声が多く見られます。これは、保湿と保護の役割によるものと考えられています。

 ニベアやワセリン、馬油には、高い保湿効果がありますよね。まつ毛やまぶたを保湿することで、水分の蒸発を防いだり、さらにはバリアを作ってまつ毛をダメージから守る効果が期待できるそう。

 実際にはまつ毛が伸びたのではなく、太くハリやコシが出ることで「まつ毛が多くなった」と感じるようです。

2. まつ毛に良い栄養素を摂る

 即効性は期待できませんが、健康的な太くて濃いまつ毛につながるのが、毛を育てる栄養素です。たとえば、以下のような栄養素は育毛に良いとされています。

・ タンパク質
・ ビタミンE
・ ビオチン
・ 亜鉛
・ シリカ
・ フォーチ

 食材としては、ナッツ、大豆製品、卵黄、ごま、レバー、さつまいもなどです。普段の食生活に積極的に摂り入れることで、まつ毛だけでなく髪の毛も健康的になっていきますよ。

3. アイメイクリムーバーでクレンジングする

 まつ毛が抜ける大きな原因に、「濃いアイメイク」がありますが、女性の場合、アイメイクをしないというのは現実的ではないかもしれません。そこでおすすめしたいのが、アイメイクリムーバーです。

 たっぷりコットンに含ませてアイメイクに当て、メイクが浮いてきたら洗い流すだけですので、まつ毛をこする機会が圧倒的に減ります。もしもまつ毛が抜けることに悩んでいるなら、ぜひ使ってみましょう。

4. まつ毛美容液を使う

 まつ毛の栄養となる成分や保湿成分が多く含まれている、「まつ毛美容液」もおすすめです。皮膚につけると色素沈着の原因となるため、毛の根本やまつ毛だけに使いましょう。

 ただし、基本的にまつ毛美容液は、まつ毛を伸ばすアイテムではなく、ハリやコシのある健康なまつ毛にするためのものです。その点だけ頭に入れておきましょう。

5. 【番外編】病院のまつ毛貧毛症治療薬を使う

 まつ毛が薄い人の中には、「まつ毛貧毛症」になっている人もいます。もしそういった病気が心配なほどまつ毛が薄くなってしまっているのであれば、眼科で診察してもらって治療薬を処方してもらうのも一つの方法です。

 ただし、副作用の心配や、使わなくなると効果に期待できないこと、健康保険が適用されない可能性もあるなどのリスクも伴うため、しっかり医師に相談して正しく使うことが大切です。

まつ毛を伸ばしたい人は保湿と正しいケアを意識しよう!

目指せ!美まつ毛(写真:iStock)
目指せ!美まつ毛 (写真:iStock)

 まつ毛の生えるサイクルや、抜ける原因を知っておけば、どういったケアを行えば良いのかがわかってきますよね。まつ毛を保湿して、抜ける原因を減らす正しいケアを行うことで、太く濃い健康的なまつ毛が生えてきます。

 これだけで目元の印象は大きく変わるはず。ぜひ、今日から挑戦してみてくださいね!

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


本当に「白髪を抜く」のはNG?黒髪に戻る可能性ってあるの?
アラサー&アラフォー世代になると、目立ちはじめる白髪。世間では「白髪を抜くと増える」「白髪を抜いたら禿げる」なんて噂もあ...
“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...