スムージーで美容&健康を守ろう♡ 女性に嬉しいレシピ5選

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-01-19 06:16
投稿日:2021-01-19 06:00
 近年、美容や健康のため、「腸活」が流行っていますよね。善玉菌の多い腸内環境に整えると、肌トラブルの予防だけではなく、免疫力UPにも期待ができると言われています。そんな腸活に良いと、今、あらためて注目されているのが、「スムージー」。そこで今回は、女性に役立つスムージーのレシピをご紹介しましょう!

スムージーは美容や健康にどうして効果的なの?

スームージーで腸をきれいに(写真:iStock)
スームージーで腸をきれいに (写真:iStock)

 腸内環境は、健康や美容に大きく関わっていると注目されています。腸内環境が悪化すると、本来であれば体の外に排出される老廃物などが全身に運ばれてしまうため、肌荒れや太りやすくなるなどのトラブルにつながってしまう可能性も……。

 腸内環境を良くするには、食物繊維や酵素などの腸の健康に効果的な食材を摂り入れる必要がありますが、食事だけで摂取するのはなかなか難しいですし、長続きしませんよね。

 その点、スムージーは簡単に作れるだけではなく、栄養素を丸ごと摂取できます。さらには、消化吸収がよく、胃にも負担がかからないなど、メリットがたくさんあるのです!

美容に嬉しいスムージー♡ 厳選レシピ3つ

 それではさっそく、スムージーのレシピをご紹介しましょう! まずは、美容に嬉しいレシピからです。

ニキビを予防して美肌に♡「小松菜&みかんのグリーンスムージー」

小松菜とみかんでニキビを撃退!(写真:iStock)
小松菜とみかんでニキビを撃退! (写真:iStock)

【材料】
・小松菜 15g
・みかん 1つ
・バナナ 1本
・豆乳 70cc
・水 100cc
・はちみつ 小さじ1

 しつこい大人ニキビが気になる人は、グリーンスムージーがおすすめ! 小松菜やみかんには、皮膚や粘膜を強くするビタミンCが豊富に含まれています。さらに、抗酸化作用で美肌効果にも期待できますよ。バナナとはちみつの甘味が美味しく、続けやすいのもポイントです。

ダイエットにおすすめ!「一食置き換えほうれん草スムージー」

ほうれん草がむくみに効くって知ってた?(写真:iStock)
ほうれん草がむくみに効くって知ってた? (写真:iStock)

【材料】
・サラダほうれん草 半束
・キウイ 1個
・ヨーグルト 80g
・アボカド 半分
・水 150cc

 体重が気になる人は、朝食をスムージーに置き換えてみましょう。生でも食べられるサラダほうれん草には、チラコイドと呼ばれる満腹ホルモンに働きかける成分や、むくみをとるカリウムなどが含まれています。

 また、お通じを良くするヨーグルトが、腸内の善玉菌を増やして美肌&免疫力UPのサポートをしてくれます。さらに、ビタミンやポリフェノールを含んだキウイもポイント。アボカドのコクで腹持ちもよく、朝食にぴったりです。

若返りにぴったり!「アサイーフルーツスムージー」

アサイーはジュースで摂ろう(写真:iStock)
アサイーはジュースで摂ろう (写真:iStock)

【材料】
・アサイージュース 150cc
・水 50cc
・豆乳 50cc
・バナナ 1本
・レモン汁&はちみつ お好みで

 シミやシワ、そばかすなどのお悩みなら、加齢防止に効果的な酵素や抗酸化作用がたっぷり配合されたフルーツスムージーがおすすめ!

 スーパーフルーツのアサイーはブルーベリーの18倍のポリフェノールが含まれているので、抗酸化作用が高いです。フルーツだと市販で手に入りにくいので、ジュースで取り入れましょう。

免疫力UPに効果的なスムージー♡ とっておきレシピ2つ

アスパラとグレープフルーツで免疫力アップ(写真:iStock)
アスパラとグレープフルーツで免疫力アップ (写真:iStock)

 続いては、健康な体作りに、免疫力を高めてくれるスムージーのレシピをご紹介します!

疲れている時に飲みたい「アスパラ&グレープフルーツスムージー」

【材料】
・アスパラガス 3本(小さくカット)
・グレープフルーツ果汁 1/2個
・はちみつ 大さじ1.5

 疲れている時には、疲労回復に効果的なビタミンB1やアミノ酸、クエン酸を摂取するのがおすすめ。

 アスパラガスにも、アスパラギン酸という疲労回復物質が含有されています。グレープフルーツのクエン酸と糖分を合わせて摂ることで、相乗効果が期待できますよ♡

腸の調子を整える「りんご&キャベツ&バナナスムージー」

最強トリオでおなかすっきり(写真:iStock)
最強トリオでおなかすっきり (写真:iStock)

【材料】
・りんご 半分
・バナナ 1本
・キャベツ 1枚
・水 50cc

 免疫力を上げるには、普段から腸内環境を整えておくことが不可欠! そこで、整腸作用の高いりんご、善玉菌を増やすオリゴ糖が多く含まれているバナナ、さらに消化酵素を含むキャベツの組み合わせを試してみましょう!

 食物繊維が多めのどろっとしたスムージーですが、整腸作用は抜群です。

朝? 夜? 美容スムージーを飲むタイミング

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 スムージーを飲むタイミングは、それぞれ時間別の効果があります。たとえば、朝の空腹時に飲むと、通常よりも栄養成分が体内に吸収されやすいですし、昼の場合は満腹感を得られるため、間食を防止する効果が期待できます。

 また、ついつい夕食を食べすぎてしまう人は、夜に消化の早いスムージーを飲むことで、胃もたれを防止できますよ。自分が続けやすいタイミングで、継続できるように工夫してみると良いですね。

スムージー習慣で美肌も健康も手に入れよう♡

お試しあれ!(写真:iStock)
お試しあれ! (写真:iStock)

 コロナ禍の今、健康に対する意識が高まっています。ぜひ、今日からスムージーを上手に取り入れて、免疫力だけでなく美容まで手に入れましょう。美味しく、簡単で続けやすいため、ぜひ、試してみてくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


“スモーキーメイク”のやり方&アイシャドウの色選びのコツ♡
 トレンドに敏感な女性たちの間では、すっかりお馴染みの「スモーキーメイク」。「取り入れてみたいけど、やり方がわからない…...
“色気メイク”で彼の心を掴もう♡ポイント&パーツ別メイク法
 女性らしい魅力を引き出すことができる「色気メイク」は、大人の女性にとって、理想的なメイクと言えるかもしれません。そこで...
新垣結衣さんの“すっぴん美肌”を目指せるプチプラコスメ3選♡
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違っ...
毛穴レスな陶器肌に♡マットメイクのやり方のコツ&注意点
 光沢のないマットメイクは、ナチュラルなのに大人っぽい雰囲気が漂うメイク。でも、「やってみたいけどなんだか難しそう……」...
ゾンビに傷あと…簡単で可愛い♡ハロウィンメイク&アイテム
 今年も、ハロウィンの季節がやってきましたね♡ 今回は、ハロウィンパーティーに大活躍するハロウィンメイクのアイディアをご...
バズり靴下「ファミマソックス」に「am/pm」柄が新登場!2021.10.14(木)
 今年の夏、SNSでバズった“ファミマの靴下”。一部の店舗で、売り切れが続出しましたが、最近また見かけるようになりました...
ミストは乾燥するって本当?正しい使い方&3つの注意点♪
 ミストタイプの化粧水は、出先でも簡単に肌の水分補給ができる便利なアイテム。でも、使い方を間違えてしまうと乾燥の原因にな...
男性ウケ抜群のモテ顔に♡ デートメイクのコツ&NGメイクも
 デートの際、気合いが入ってついメイクが濃くなってしまう人もいるでしょう。しかし、男性は盛りすぎメイクよりも、ナチュラル...
マツエクはもう時代遅れ? 初期&最新のトレンドを徹底比較♪
 つけまつ毛をつけているようなパッチリした目元を叶えてくれる「マツエク」は、美容に敏感な女性たちの中ではすっかり定番のア...
実は美人が多い♡ “ゴリラ顔の特徴&似合う髪型を選ぶコツ
「可愛い」というより「ワイルド」なイメージが強いゴリラ顔。“ゴリラ顔”と聞くだけでネガティブなイメージが先行してしまいま...
壇蜜のような“ふわとろ色気ボディ”を狙うおすすめグッズ3選
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違っ...
雑誌の豪華付録で美容家電をゲット♡ 眉毛シェーバーが優秀♪
 雑誌の付録をチェックするのが、ひそかな楽しみになっている私です。発売直後の新アイテムが試せたり、美容家電が付録になって...
ベリーショートは男ウケが悪い? 意外な事実&似合う人の特徴
 ベリーショートが似合う女性って、魅力的に見えて素敵ですよね。でも、ベリーショートは「男ウケが悪い」というのが、多くの女...
顔の産毛が濃いのが気になる…すべすべ肌を目指す5つの方法
 女性にとって、顔の産毛は厄介なもの。顔の産毛が濃くなると肌のトーンダウンにも影響してしまいますし、人から指摘されること...
“地雷系メイク”の特徴♡ 病みかわいく仕上げる部分別ポイント
 女性にとって、メイクは個性を発揮する手段のひとつ。「今のメイクに飽きてきた」という人は、「地雷系メイク」にチャレンジし...
その“抜け感”ダサいよ…勘違いファッションに見えないコツ
 ファッション用語で頻繁に聞く「抜け感」というワード。わかっているようでわかっていない人も結構多いかもしれません。そして...