ドーリーメイクで大人可愛い仕上がりに♡ポイントを徹底解析

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-04-15 06:00
投稿日:2021-04-15 06:00
 お人形さんのような“ドーリーメイク”に憧れていても、「若い女性がするメイクだし……」「似合う人が限られるから……」と、諦めてしまっていませんか? 今回は、ドーリーメイクのポイントを徹底解析! 上手に取り入れることで、年齢や顔立ち関係なく大人可愛く仕上がりますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

【ベースメイク編】ドーリーメイクのポイント♡

お人形さんみたいになりたい!(写真:iStock)
お人形さんみたいになりたい! (写真:iStock)

「ドーリーメイク」とは、お人形さんのような綺麗な顔立ちを作り出すメイクのことを言います。ポイントメイクに力を入れる人も多いですが、大人可愛いドーリーメイクに仕上げるためには、ベースメイクも重要。まずはじめに、ベースメイクのポイントを見ていきましょう。

1. ドーリーメイクはスキンケアから

 大人可愛いドーリーメイクに仕上げるためには、毛穴レスの陶器肌を作ることが必要不可欠。そのためには、毎日のスキンケアが何よりも大事なポイントになります。

 しっかりスキンケアをしていないと、メイクがうまく乗らなかったり、メイク崩れの原因になってしまうことも。ドーリーメイクを始める前に、今一度、毎日のスキンケアを見直してみましょう。

2. ベースで透明感アップ

 白くて透明感のある肌が特徴のドーリーメイクは、下地の段階でしっかりと透明感を出す必要があります。普段使用しているベースだけでなく、コントロールカラーも一緒に使用しましょう。

 くすみが気になる部分にはブルーやパープル、小鼻の周りやニキビ跡などの赤みが気になる部分にはグリーン、肌色のムラが気になる場合はイエローのコントロールカラーを使用してみてくださいね。

3. 肌のトラブルはコンシーラーでしっかりカバー

 素肌感を優先してしまう人も多いですが、ドーリーメイクをする際には素肌感よりも、色ムラのない均一感のある肌を意識することが大事です。ベースだけでは隠しきれないクマやシミ、ニキビ跡などの肌のトラブルがあれば、コンシーラーを使ってしっかりカバーしましょう。

4. ファンデーションはカバー力のあるのもを

 ドーリーメイクでは、マットでカバー力の強いファンデーションを選びます。伸びが良く色ムラになりにくい、リキッドファンデーションかクリームファンデーションがおすすめ。

 また、ツヤ感よりも、マット感を大切にしたいので、ラメやパールが入っているファンデーションは避けたほうが◎。仕上げのフェイスパウダーを選ぶ際も同様に、マットタイプを選ぶようにしてくださいね。

【ポイントメイク編】ドーリーメイクのポイント♡

つけまつ毛で目力をゲット(写真:iStock)
つけまつ毛で目力をゲット (写真:iStock)

 ベースメイクが完了したら、次はポイントメイクです。いつものメイクとは意識する部分が少し違うので、しっかりチェックしていきましょう。

1. 眉は薄めの並行眉に

 ドーリーメイクでの眉の描き方のポイントは、あまり眉山の角度や太さを強調せず、薄めの並行眉でふんわりと仕上げることです。 

 ペンシルを使用すると、眉頭や眉山に「角」ができやすくなるので、パウダーで少しずつ描いていくようにしましょう。仕上げに少し明るめのカラーの眉マスカラを使用すると、さらにふんわりした印象になりますよ。

2. アイメイクはタレ目風に

 まずはじめに、ブラウン系のアイシャドウで、アイホールに綺麗にグラデーションを作っていきましょう。続いて下まぶたには、少し赤みのあるブラウンかピンクを塗り、囲み目を作っていきます。このように目の全体を囲むと、ドーリー感を演出できますよ。

 最後に下目尻に濃いアイシャドウを少し入れ、可愛らしいタレ目風に仕上げましょう。可愛いらしいドーリーアイを作るために、いつもより目元を大きく見せることを意識してみてくださいね。

3. つけまつ毛で目力をプラス

 ドーリーメイクでは、つけまつ毛を使って目力をプラスすることも大事なポイントです。つけまつ毛を選ぶ際は、毛量が多く長さのあるものがおすすめ。

 中央部分が長いものは丸い目元に、目尻部分が長いものはタレ目に仕上げることができます。自分のなりたい目の形に合ったつけまつ毛を選んで、理想のドーリーアイに近づけましょう。

4. チークとリップはふんわりナチュラルに

 いつものメイクの場合は、できるだけ血色を良く見せるために発色の良いチークを選びますが、ドーリーメイクではほんのり色が出るくらいの薄めのものを選びます。

 リップカラーも、肌との色の差をあまり感じないヌーディーなベージュやピンクがおすすめです。リップの大きさは自分の唇よりもやや小さめのほうが、よりドーリー感が出ますよ。

5. カラコンでさらにドーリー感アップ

 最後の仕上げにカラコンを使用すると、さらにドーリー感がアップします。メイクが完了した自分の顔をよく見て、なりたいイメージに合ったカラコンをチョイスしていきましょう。

 黒のカラコンは「もっと目力がほしい」という場合に、ブラウンのカラコンは「ナチュラルに目を大きく見せたい」場合におすすめ。さらにドーリー感を出したい人は、グレーやブルーにチャレンジしてみてくださいね。

ドーリーメイクをマスターして憧れのドール顔を手に入れよう♡

憧れのドール顔に(写真:iStock)
憧れのドール顔に (写真:iStock)

 まるでお人形さんのような可愛いらしい顔立ちは、多くの女性の憧れです。今まで「私なんて……」とドーリーメイクにチャレンジすることを諦めていた人も、この機会にぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 今回ご紹介したドーリーメイクのポイントをしっかりマスターできれば、誰でも簡単に憧れのドール顔になれますよ♡

ビューティー 新着一覧


ロングヘアは何歳まで?30代から40代を美しく魅せる髪型5つ
 若い頃はツヤツヤのロングヘアの人が多いですが、なぜか年齢を重ねるごとに多くの女性が髪を短くしていきます。中には、「ロン...
髪が静電気でぺったんこ!今すぐできる対策&アイテム10選♡
 乾燥する時期になると、髪の静電気に悩まされるという女性は多いでしょう。朝、時間をかけてセットした髪がぺったんこになって...
男性に大人気♡マシュマロボディになる4つの習慣&NG習慣
 男性が大好きな体型といえば、「マシュマロボディ」でしょう。マシュマロのようにふわふわで、思い切り抱きしめたくなると、と...
髪の“ツヤ出しスプレー”で天使の輪ができる♡ 効果や使い方
 せっかくヘアサロンでトリートメントしたのに、時間が経つとパサパサになってしまった経験はありませんか? 特に縮毛矯正をか...
化粧水は“コットン”と“手”どっちでつける? 徹底比較♡
 毎日のスキンケアに欠かせない化粧水。「コットン」と「手」、どちらでつけるのが正解なのか、悩んだ経験がある人も多いでしょ...
グリッターメイクのやり方&コツ♡ キラキラの輝きで旬顔に
 韓国女子の間で人気の「グリッターメイク」。日本でもじわじわとブームがきていて、SNSでも話題になっていますよね。グリッ...
マスカラが絶対落ちない方法♡ 選び方&パンダ目対処法も紹介
 メイクの悩みの中でも特に多いのが、マスカラが落ちてしまい「パンダ目」になることではないでしょうか。マスカラのつけ方や目...
3分で完成♡ マスク映えする「前髪ハーフツインアレンジ」
 マスクが手放せない生活は、まだまだ続きそうですよね。ところでみなさんは、マスクをつけていない時と同じヘアアレンジでは、...
もちもち肌を実現♡今さら聞けない化粧水の正しい使い方5つ
 洗顔→化粧水→美容液→乳液……と、基本を守ってスキンケアをしているのに、肌の乾燥が気になるという人は意外と多いよう。実...
細眉と太眉どっちがいい? 令和は自分に似合う形を選ぼう♡
 トレンドが移り変わるに連れて、眉毛の形も変化してきましたよね。1980年代のバブル太眉、1990年代のアムラー極細眉、...
夜まで巻き髪が取れない巻き方のコツ5つ&おすすめアイテム
 デートの日、時間をかけて可愛く髪の毛を巻いたのに、お昼過ぎになると取れてしまってショックを受けたことはありませんか?「...
春のゆらぎ肌には雑誌付録で♪ お得に美肌アイテムを試した
 最近は、雑誌の付録だけでスキンケアとメイクができている状態です(笑)。月に2冊ほど美容雑誌を買えば、最新のアイテムを気...
憧れの“太りにくい体質”になるには?体質改善の6つのコツ
 ダイエットで悩んでいる時、ふとスタイルのいい友人を見て「なんで、あの子は食べても太らないんだろう?」と気になったことは...
メイクのプロに聞いた!結婚を近づける“婚活メイク”徹底解説
 結婚したいと思ったら、まずは出会いの場へ行きますよね。そこで大切なのが、第一印象です。最近はコロナ禍により、婚活アプリ...
ダイエット中におすすめの低カロリーおやつ8選♡ 注意点も!
 運動や食事制限をしてダイエットしている間って、いかに食欲をコントロールするかが重要ですよね。でも、我慢のしすぎでストレ...
メイク落としが面倒な時のクレンジング方法&メイクのコツ♡
 メイク落としって、とても面倒ですよね。メイクを落とさないで寝ると肌の調子が悪くなるとわかっているのに、疲れてついついそ...