「喜ばれるお菓子」の定義を考えてみた 2022.6.23(木)

コクハク編集部
更新日:2022-06-23 11:57
投稿日:2022-06-23 06:00
 おいしいお菓子をいただきました(ありがたや~)。それからというもの、以前にも増して「贈り物上手」になりたいと考えるように……。

御菓子処すだの「エンガトルテ」

た、食べたことがない…(C)コクハク
た、食べたことがない… (C)コクハク

 アラフォーです、いいトシです。大それたものではなく、さり気なく、「ほんの気持ち」をブツ(!)で示せるようになれたらいいなあ。

 新潟・柏崎にIターンした学生時代の友人から送られてきた、地元の人気店「御菓子処すだ」の「エンガトルテ」。スイスのエンガディン地方に伝わる伝統菓子をアレンジした焼き菓子で、バターをふんだんに使ったリッチなクッキー生地の中に、生クリームのたっぷりのキャラメルにクルミがざっくざくと入った“骨太”系のスイーツです。

「リッチショコラ」(1個216円税込み・以下同)は3月15日までの期間限定商品(C)コクハク
「リッチショコラ」(1個216円税込み・以下同)は3月15日までの期間限定商品 (C)コクハク

 筆者は「リッチショコラ」という期間限定品をもらったのですが、コーヒーに合う! ちょうどいいサイズ感で、小腹が空いたときにもぴったりです。

 リッチショコラは、クルミのほかにヘーゼルナッツも入っているWナッツ仕様。生地もカカオ60%のチョコレートが練り込まれたココアタイプです。

かぶりつくのが正解かも?(C)コクハク
かぶりつくのが正解かも? (C)コクハク

 リピしたいと思い、店のHPを見ると実店舗は新潟県内に2店舗のみの展開。オンラインショップはあるものの、都内で買えないのね……と思うと、ありがたみもマシマシでした。5個入りで1050円。

京らく製あん所の「あんビスキュイ」

「あんビスキュイ」プレーン(黄)と抹茶(黄緑)4個入りで1350円(C)コクハク
「あんビスキュイ」プレーン(黄)と抹茶(黄緑)4個入りで1350円 (C)コクハク

 横浜在住の方と打ち合せした際にいただいたのが、京らく製あん所の「あんビスキュイ」です。京都に本社を構える製菓会社が打ち出すブランドの新商品。おしるこやもなかを販売している同会社は、和菓子の命ともいえるあんこは得意中の得意です。

つぶあんの中にオレンジピールの風味がほんの~り(C)コクハク
つぶあんの中にオレンジピールの風味がほんの~り (C)コクハク

 こだわりまくっている「餡」をバターをふんだんに使ったビスキュイ生地で挟んだ、これまたフィンガーサイズなのに“骨太”系のスイーツです。

 実店舗は京都、大阪、そして横浜のみ。オンラインでも購入オッケー。

ほんの気持ちとして「喜ばれるお菓子」7カ条

自分へのご褒美から始まる(?)贈り物上手への道(C)コクハク
自分へのご褒美から始まる(?)贈り物上手への道 (C)コクハク

 お菓子は、心温まる「ほんの気持ち」にぴったりの贈り物。そこにちょびっとだけ、特別感を出すにはどんな条件がいいのかしら……? まとめてみました。

1. オンラインでも購入できるけれど、店舗数や販売エリアが限られている
2. “知る人ぞ知る”感があったらなおよし
3. 上限1500円程度(2000円だと、ちょっと高いイメージ)
4. 自分自身に贈りたい(贈られたら嬉しい)と思うかどうか
5. 2週間から1カ月ぐらいは日持ちがする
6. 手乗りサイズの個包装(食べ過ぎ予防←ここ大事)

 そうそう。「息抜きもしてね」といったことばをかけていただきました。面と向かってではなくても、小さなカードを添えてもいいですね。さり気ない気遣いが感じられる「ことば」は大事であり、ジーーーンと響きます。

7. ことばを添える

 こちらも、加えまして。

 贈り物をする行為自体、“自己満”かもしれませんが、それをいっちゃあ、おしまいよ(苦笑)。7カ条を心に刻み、贈り物上手に近づけたらいいな、と思う今日この頃です。

 上記のお菓子はいずれもフィリングと生地の歯ざわり&コントラストが絶妙で、甘さの余韻も上品。ついつい手が伸びてしまいそうになる禁断のスイーツですので、「6. 手乗りサイズの個包装」は要注意です(苦笑)。

 でもって、「4. 自分自身に贈りたい」を実践されてもよろしいかと思っております。

(編集O)

関連キーワード

フード 新着一覧


「皮のぬた」魚の皮のイメージが変わった、ゼラチン最高!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・品川の「あじろ定置網」の西潟正人さんに、ゼ...
疲れた胃腸の救世主!「おかゆ」のススメ 2022.2.3(木)
 昨年末に盛大な食あたりをしてから、どうにも胃腸の調子が芳しくありません。先日も胃痛&下痢に悶絶しておりました。  し...
これもモヤシ!?「大鰐温泉もやし」でヘルシー常備菜♡
 もやしが好きです、好きで仕方がありません。お腹もココロも満たされるおつまみの代表格、焼きそば(時に焼うどん)はほんとー...
【カマの醤油焼き】漬けダレは醤油と酒を1対1でOK
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・品川の「あじろ定置網」の西潟正人さんに、ち...
【蒜泥黄瓜(キュウリのニンニク和え)】ビールと相性抜群
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・千歳烏山の台湾料理店「天天厨房」の謝天傑さ...
【豆鼓菜圃辣醤】台湾の食べるラー油はお酒が進む逸品
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・千歳烏山の台湾料理店「天天厨房」の謝天傑さ...
骨付き肉を食べるなら…サイゼリヤ一択! 2022.1.27(木)
 無性に骨付き肉が食べたくなる時があります。野生(?)の血が騒ぐのでしょうか。本能のままに肉にむしゃぶりつきたい。そんな...
【酸梅泡菜】台湾風漬物は酸味のある日本酒にピッタリ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・千歳烏山の台湾料理店「天天厨房」の謝天傑さ...
【ちりめんじゃこ山椒冷奴】たまり醤油は4、5回分けて差す
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は福岡・中央区にある「博多料亭 稚加榮」の平山克浩...
「旬のお野菜とフルーツとチーズ」チーズがこだわりの一皿
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・有楽町のフランス料理店「Restauran...
百均グッズでオリジナルシリアルバー作り 2021.1.20(木)
 以前ご紹介した「電子レンジチップスメーカー」に続き、ダイソーでお菓子作りグッズを発見しました。その名も「レンジで簡単シ...
「TOYOタッキー」特別な日のディナーにも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・有楽町のフランス料理店「Restauran...
「マグロとアボカドの磯辺和え」3つの工夫で極上のウマ味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・赤坂にある「多に川」の大森雄哉さんに「マグ...
「筋子とマッシュポテトのサンドイッチ」紅白で晴れやかに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
「白トリュフの塩パン」で“ジャにの”体験 2022.1.15(土)
 いまネット上で話題になっている、Truffle BAKERYの「白トリュフの塩パン」を知っていますか? 今回は、売り...
「骨付き鶏もも肉の源たれ煮」万能調味料に“おんぶにだっこ”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...