効果ばっちり!小顔メイクの方法をアイテム別にご紹介♪

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-07-06 06:00
投稿日:2020-07-06 06:00
 女性なら誰もが、モデルのような「キレイな小顔」に憧れるでしょう。顔の大きさをすぐに変えることは難しくても、メイクで小顔を作ることは可能! そこで今回は、今すぐに実践できる小顔メイクの方法を、アイテム別に詳しくご紹介します。なんとなくいつも同じメイクになってしまっている方は、ぜひ、この機会にチャレンジしてみてくださいね。

【ベースメイク編】今すぐ実践できる小顔メイクの方法4選

「小顔メイク=シェーディング」と思っている人も多いと思いますが、実はそうではありません。小顔メイクを習得するには、ひとつひとつのアイテムを上手に使いこなすことが、とても大事なポイントになります。

 まずはじめに、小顔に仕上げるベースメイクの方法を見ていきましょう。

1. ファンデーションは2色使いに

 まず、普段お使いのファンデーションに加えて、ワントーン暗い色を用意します。自分の肌よりも暗すぎる色を選んでしまうと、不自然になってしまうので気をつけてくださいね。

 はじめに、暗い色のファンデーションをあごや頬骨など、気になる部分に塗っていきましょう。次に、いつも使用しているファンデーションを顔の中心から外側に向けて塗ります。陰影が重なる部分は、手で優しくぼかしながら丁寧に仕上げていきましょう。

2. シェーディングで影を作る

 小顔メイクで、重要な役割を果たすシェーディング。上手に入れるためには、フェイスラインの外側や頬骨の下、鼻筋の脇など、実際にくぼんでいる部分だけに影を作っていきましょう。

 鏡の前で口をすぼませると頬骨などの骨格が分かりやすいため、慣れるまでは確認しながら行うことをおすすめします。また、少し遠めで鏡を見るとわかりやすいですよ。

3. ハイライトで高さを作る

 小顔メイクを成功させるには、顔全体を立体的に仕上げることがポイント。シェーディングで顔全体に影を作ったら、ハイライトを使って顔に立体感を出しましょう。

 ハイライトは、頬骨の上から目尻にかけて外側に向かって乗せていき、境目を指で丁寧にぼかします。続いて、眉尻の下、目頭の膨らんでいる部分、鼻筋、唇の山の部分、あごの中心にも同じようにつけていきましょう。

4. チークの位置に注意

 チークは顔色を良く見せるだけでなく、小顔効果も期待できる優秀アイテムのひとつ。基本は、黒目の外側と小鼻と耳の中心を結んだ位置の重なった部分に入れるようにしましょう。

 この時、生え際からは指2本分は離し、頬骨よりも上には塗らないように気をつけることがポイント。また、小鼻よりも下に入れてしまうと顔が縦長に見えるため、十分に注意しましょう。

【ポイントメイク編】今すぐ実践できる小顔メイクの方法3選

 顔の余白部分が多いほど、顔が大きく見えてしまう可能性も高くなります。顔の余白を少なくするためにはベースメイクだけではなく、ポイントメイクも工夫することが大切!

 続いては、そんなポイントメイクで、さらに小顔を目指す方法を見ていきましょう。

1. 眉毛は最重要パーツ

 どんなにベースメイクで完璧に立体感を出していても、眉毛のメイク次第で顔全体の仕上がりが大きく変わる可能性があります。基本的に眉毛は、目の幅よりも長めに描きましょう。ペンシルだけでなく、パウダーや眉用マスカラも使用すると、立体感が出ます。

 はじめにパウダーで眉の形のベースを作ります。足りない部分は、ペンシルを細かく動かして描いていきましょう。細めのペンシルの方が、毛の流れを細かく描けるのでおすすめです。最後に、眉用のマスカラやアイブローコートを塗ったら完成です。

2. アイメイクで目を大きく見せる

 アイメイクで目を大きく見せることも、小顔メイクのポイントです。でも、黒いアイラインで目を囲んだり、濃いアイシャドーを塗ってしまうと逆に目が小さく見えてしまうことがあるため、やりすぎには注意!

 アイシャドーは、単色ではなくグラデーションにして立体感を出しましょう。アイラインは、まつ毛を埋めるように細めに描きます。マスカラは、ボリューム感よりも長さ重視のアイテムを使った方が目が大きく見えますよ。

3. リップは立体的に

 リップメイクは「サッと塗って終わり」という人も多いですが、それでは唇の形がぼやけてしまいます。気を抜かず、しっかり小顔効果を意識していきましょう。

 小顔に見せるリップメイクのポイントは、上唇をシャープに、下唇をぷっくり仕上げることです。最後に、ツヤのあるグロスを唇の中心に乗せると、さらに立体感が出るのでおすすめです。

小顔メイクの方法をマスターして理想の小顔を手に入れよう!

 完璧な小顔メイクに仕上げるためには、自分の顔を良く知ることがとても大事なポイントになります。コンプレックスだけでなく、自分の顔にどんな特徴があるのか、しっかりチェックしながらメイクしていきましょう。

 今回ご紹介した方法は、自宅にあるアイテムですぐに実践できる方法ばかりなので、しっかりマスターして理想の小顔を手に入れてくださいね♪

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

ビューティー 新着一覧


年齢はここに出る! 40代女性が気を付けたい「老け見えポイント」4つ
 最近では、昔に比べて年齢よりとても若く見える人が増えていますよね! 特に40代では差が出やすく、同じ年齢でもおしゃれで...
アイシャドウのパレットは“捨て色”覚悟で!今すぐできる垢抜けアイメイク
 アイメイクは大体いつも同じパターンになっていませんか?  目元は顔の印象を左右する大事なパーツ。アイメイ...
半信半疑なSHEINの美容グッズ…歯のホワイトニングシートで白くなる?
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
口臭・体臭・尿の悪臭…私のニオイの源は「糖質オフダイエット」が原因!?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
鹿ちゃんは関係ないよ! 話題の「シカクリーム」の人気の理由は?
 美容アイテムを売っているお店でよく見かける「シカクリーム」。はじめて見た人は「鹿のクリーム?」なんて想像した人もいるか...
2024-01-17 06:00 ビューティー
水蜜桃メイク知ってる?トレンドど真ん中、たった4︎分で叶う衝撃ハウツー
 水蜜桃メイクというメイク法をご存じですか? 中国発でSNSを中心に話題になっているトレンドメイクのひとつで、ピ...
まだまだ流行中のキャップ! 40代コーデで野球少年風を卒業するコツは?
 帽子コーデが好きな人が、必ず定番で持っているのがキャップです。でも、子供っぽくなったり、大人っぽいスタイルにどう合わせ...
30~40%の日本女性が整形!? それでも踏み切れない4つの理由
 今では、美しくなるための手段として珍しくなくなってきている整形。日本では30%〜40%の女性が、生涯のうちに1回は整形...
新年だしスッキリしよ! 昔の服が捨てられない人への処方箋
 必要最低限のお気に入りの持ち物で生活する「ミニマリスト」とは対照的に、「物を捨てられない」と悩む人はたくさんいますよね...
新年初買いはECサイトで30%オフのパンツ!プロの接客と裾上げにも涙…
 冬のセール真っ只中、仕事の合間にD2Cブランドのワイドサテンパンツをポチっとしました(笑)。で、手元に届いた“戦利品”...
【専門家監修】心を健康に! 自己肯定感を上げるセルフコンパッション術
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
奇抜とは限らない!40代加齢のドヨーン顔回避に「アシメ前髪」はいかが
 左右非対称の「アシメ前髪」は、少し個性的で奇抜だというイメージを持っている人もいるかもしれませんね。ましてや、若い子が...
ガタガタ眉でも諦めない!たった2分で誰でも左右対称の美眉になれるテク
 眉毛メイク、左右対称に描けていますか?  筆者は、メイクの中で眉毛に一番時間がかかってしまい、なかなか納...
チョロっと出てたら恥部!鼻毛のお手入れ頻度は?抜いたらダメ??
 日常生活で、見られたら絶対に恥ずかしいのが「鼻毛」です。見られた本人も恥ずかしいし、見てしまった人も指摘しにくい! で...
【2023年人気記事】尿のニオイでわかるサインと対処法(専門家監修)
 2023年は「コクハク」をご覧いただき、誠にありがとうございました。反響の大きかった記事を再掲載します。こちらの記事初...
【2023年人気記事】たかがパンツされどパンツ、30年ぶりのTバックで…
 あけましておめでとうございます。2023年は「コクハク」をご覧いただき、誠にありがとうございました。反響の大きかった記...