“ぽっちゃり”と“太ってる”の10の違い! 境界線ってどこ?

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-07-18 06:00
投稿日:2020-07-18 06:00
「男性はぽっちゃりした女性が好き」ということは良く聞く話ですが、「ぽっちゃり」と「太ってる」の境界線って、イマイチよくわからないですよね? そこで今回は、「ぽっちゃり」と「太ってる」の10の違いを徹底解析します!「私は太ってるから……」と落ち込む前に、自分がどちらのタイプなのかチェックしてみましょう。

体型でわかる“ぽっちゃり”と“太ってる”の違い

ぽっちゃり?それとも太ってる?(写真:iStock)
ぽっちゃり?それとも太ってる? (写真:iStock)

「ぽっちゃり」と「太ってる」の違いのほとんどは、見た目にあります。そこで、まずはじめに体型でわかる7つの違いをひとつずつ見ていきましょう。「自分はどっちなのか不安」という方は、鏡の前でチェックしながら読んでみてくださいね。

1. ウエストにくびれがあるかどうか

 ウエストにくびれがあるかどうかは、「ぽっちゃり」と「太ってる」を分ける、とても大きなポイントです! 多少体重が重くてもメリハリのある体型であれば、「ぽっちゃり」だと言えるでしょう。

 ウエスト以外に、ヒップも大事なチェックポイント。全身を横向きで見た時に腰の部分にくびれがあって、ヒップラインが明確にわかるかどうかも併せてチェックしてみてくださいね。

2. 胸よりもお腹が出ていないか

 同じように、全身を横向きで見た時に、「胸よりもお腹が出ていないか」という部分も見ていきましょう。胸よりもお腹が前に出ている場合は、残念ながら「ぽっちゃり」とは言えない状態です。

 しかし、下腹が出てしまう原因は、太っていることだけでなく「姿勢の悪さ」からきている場合も。いつも正しい姿勢で生活する習慣を身につけましょう。

この肉なんとかならないかな…(写真:iStock)
この肉なんとかならないかな… (写真:iStock)

3. ズボンに乗っているお肉の量

 立っている状態だと意外とわかりにくいのですが、座った状態だと急に存在感を表すのが、ズボンの上に乗るお肉。

 ぷにっと少し乗るくらいなら可愛いのですが、お肉の塊が乗ってしまうようだと見苦しさを感じてしまいます。ズボンに乗るお肉がどうしても気になる場合は、スカートやワンピースの方がカバーできるのでおすすめです。

4. 首・手首・足首のお肉のつき方

 基本的に、よほど太らない限り、首・手首・足首にお肉がついてしまうことはないでしょう。要するに、この部分は最後にお肉がつく場所だと言えます。

 首・手首・足首にお肉がついている場合は、ぽっちゃりとは言えません。逆に、多少太っていても首・手首・足首がキュッとしていると、それだけで痩せて見えるということになります。

5. 鎖骨が見えるかどうか

 自分ではあまり意識したことがないかもしれませんが、鎖骨が出ているかどうかも「ぽっちゃり」と「太ってる」を分ける大事なパーツ。特に、男性は女性の鎖骨に魅力を感じる人も多いので、良く見られている部分でもあります。

 中には痩せていても、姿勢の悪さで鎖骨部分が内側に入ってしまうこともあるそうなので、やはり日々の姿勢には注意が必要だと言えるでしょう。

6. 二重あごになっていないか

 下を向いたり、笑った時に二重あごになってしまうのはある程度仕方がありませんが、常に二重あごになっているのは危険サインです。正面から鏡を見るとわかりにくい場合もあるので、横向きで自分の顔をチェックしてみましょう。

目鼻立ちがはっきりしていれば「ぽっちゃり」(写真:iStock)
目鼻立ちがはっきりしていれば「ぽっちゃり」 (写真:iStock)

7. 目鼻立ちがハッキリしているかどうか

 太っていると瞼の上や頬にも脂肪がついてしまうので、顔のパーツが小さく見えてしまうことがあります。ですから、目鼻立ちがハッキリしているかどうかが、「ぽっちゃり」と「太ってる」を判断する決め手になるでしょう。

 日々のむくみなどが原因となることもあるため、フェイスマッサージなどを取り入れてみるのもおすすめです。

体型以外で判断される“ぽっちゃり”と“太ってる”の違い

健康的に見えればOK(写真:iStock)
健康的に見えればOK (写真:iStock)

「ぽっちゃり」と「太ってる」の境界線は見た目で判断されることが多いですが、体型以外でも分けるポイントがあります。続いては、体型以外で判断される「ぽっちゃり」と「太ってる」の3つの違いを見ていきましょう。

8. 清潔感があるか

 多少ふくよかでも清潔感がある女性は、男性から「女性らしい」と思われるので好感度がアップします。

 単純に体重が多い少ないだけでなく、清潔感があるかどうかも「ぽっちゃり」と「太ってる」を分ける大きな基準になっているようです。

9. 自分の体型に合うファッションをしているか

 自分の体型の良い部分とカバーしたい部分が明確にわかっている人は、欠点をカバーしながらも最大限に可愛く見せるファッションを知っています。

 つまりは、さほど太っていなくても、自分の体型に合わないファッションをしているだけで太って見えてしまう可能性もあるということ。定期的に、自分の体型をチェックするようにしましょう。

10. 健康的にみえるかどうか

「ぽっちゃり」と「太ってる」の違いは、健康的に見えるかどうかも決め手になります。

 多少太っていても、美肌で生き生きした雰囲気の女性は健康的に見えますし、同時にポジティブなイメージを持たれることが多いので、男女問わず人気者になることが多いです。

「可愛い♡」と思われるぽっちゃりのモテ女子になろう!

「痩せている=綺麗な女性」というイメージも多いと思いますが、実際にはそうとも限りません。健康的で清潔感のある女性は、ふくよかでも男性から人気がありますよね。

 しかし、その言葉に甘えて太りすぎるのは絶対に良くありません。「可愛い」と思われる、丁度良いぽっちゃりのモテ女子を目指しましょう♡

ビューティー 新着一覧


急なテカリに…あぶらとり紙の代用品として使えるアイテム4つ
 顔がテカった時に便利な「あぶらとり紙」ですが、うっかり忘れたり、切らしてしまうこともありますよね。でも実は、普段手元に...
メイクブラシのお手入れしてる? メリット&正しい洗い方♪
 メイクブラシは、毎日のメイクに欠かせないアイテムのひとつ。みなさんはしっかりお手入れしていますか? 汚れたメイクブラシ...
ヘアブラシの正しい選び方&ブラッシングするメリット4つ♡
 理想の美髪を目指して、シャンプーやトリートメントで念入りにヘアケアをしている人は多いでしょう。実は、美髪を目指すために...
スタイルが良く見える細見え服の選び方♡ コーデの4つのコツ
 女性だったら誰もが、細見えする服で少しでもスタイルを良く見せたいと思っているでしょう。今回は、スマートに見える細見え服...
ヘアオイルは朝と夜で使い方が違う!?理想のツヤ髪の作り方
 私たちの髪の毛は紫外線やドライヤーなど、さまざまなダメージにさらされています。ダメージから「髪を守りたい」と、ヘアオイ...
ブラトップはバストが垂れる? 原因&垂れないための予防法
「ブラトップ」は、ブラジャーとキャミソールがひとつになった便利なアイテム。着け心地が良く楽ちんなブラトップですが、「バス...
理学療法士が教える「寝ながら最強くびれ」エクササイズ5選
 ダイエットを頑張っている女性は多いと思いますが、痩せてただ体重を落としたいのではなく、どうせやるなら女性らしいメリハリ...
“ぽっちゃり”はどこから? “太ってる”との違い&男性の本音
 どこからどこまでが「ぽっちゃり」か「太ってる」かの認識は、人によって違います。BMIなどで明確に判断できる数値もありま...
ヘアオイルがベタつくのはなぜ?原因&ベタついた時の対処法
 最近は、髪が濡れたようなウェットスタイルで仕上げるのが流やっているため、ヘアオイルを使う人が増えています。でも、ヘアオ...
ガードルって履くべき? 5つの必要性&よくある疑問を解消!
 若い頃は「ガードルなんて必要ない!」と、思っていた人が多いでしょう。しかし、年齢とともに体は変わるもの。変化してきた体...
プチプラ優秀コスメで時短美容!「肌悩み別」おすすめ3品
 季節の変わり目、マスク生活、高い湿度に強い紫外線……など、肌不調のもととなるようなストレスを感じやすい今は、スキンケア...
日本人の平均は“7頭身”って本当? 測り方&小顔に見せる方法
 スタイルの良いモデルさんを見て、「何頭身なんだろう!?」なんて会話をしたことがある人は多いでしょう。でも、意外にこの「...
実は男ウケ最悪…男性が嫌いな女性のファッション&注意点
 女性の間では流行っているファッションでも、男性には「下品」「ダサい」「軽そう」なんて思われていることがあるようです。そ...
マスクの汗どうしてる?今すぐ試せる対策4つ&役立つアイテム
 コロナ禍の現代、マスクは生活の必需品となりました。マスクは自分を守るための大事なアイテムですが、暑い季節は汗をかきやす...
口紅やリップはいつ交換する? タイミング&正しい保管方法
 化粧品は食料品と違って使用期限が記載されていないため、いつまで使えるのか知らない人も多いでしょう。特に、デリケートな唇...
夕方に毛穴が目立つのはなぜ? 5つの原因別対処法をご紹介
「朝、完璧にメイクしたつもりが、夕方になると毛穴が目立ってしまう……」そんなお悩みはありませんか? 今回は、そんな夕方に...